みづき 水脈(みづき みお)は、日本漫画家神奈川県横浜市出身。神奈川県立横浜緑ケ丘高等学校青山学院大学出身[1]。1990年、『月刊少女フレンド』でデビュー。『デザート』などで活動。

みづき みお
みづき 水脈
生誕 日本神奈川県横浜市
職業 漫画家
ジャンル 少女漫画
女性漫画
テンプレートを表示

作品リスト 編集

書籍 編集

  • 『+1 あたしの中のアイツ』(1993年)
  • 『手をつないだままで』(1994年)
  • 『明るい家族計画』(1995年、全2巻)
  • 『エンゲージ・マニュアル』(1995年)
  • 『フレンズ』(1996年、原作:小松江里子) - ドラマ「セカンド・チャンス」番外編
  • 若葉のころ』(1996年、原作:小松江里子)
  • 『早春シンデレラ』(1997年)
  • 『横浜無印少年』(1998年)
  • 『BIG SMILE!』(1998年 - 1999年、全2巻)
  • 『恋愛中毒症(ラブジャンキー)』(1999年)
  • 『彼がふりむく女になる』(2000年)
  • 『モテる女になる』(2001年)
  • インストール』(2003年、原作:綿矢りさ
  • 『綾。ホステス、18歳。』(2002年 - 2006年、全7巻、原案:藤森直子)
  • 『I.Q』(2007年、全3巻、『デザート』、講談社
  • 『アイのリラ〜一分間だけ』(2008年 - 2009年、全2巻、デザート、講談社、原作:原田マハ
  • 『綾。ホステス、22歳。』(2009年 -、既刊2巻、デザート、講談社)
  • 『はぴナビ!』(2010年 - 、既刊2巻、デザート、講談社、原案:石田衣良『シューカツ!』)
  • 総理の夫』(2011年 - 2013年、月刊ジェイ・ノベル実業之日本社、原作:原田マハ)
  • 『アイスノオト』(2012年 - 2013年、全2巻、『THEデザート』、講談社)
  • 『砂と太陽の国で』(2013年、ハーレクイン、原案:ジェイン・ポーター)
  • 『ひと月だけの愛の嘘』(2015年、ハーレクイン、原案:トリッシュ・モーリ)
  • 『ギリシアの悪魔の花嫁』(2015年、ハーレクイン、原案:テッサ・ラドリー)
  • 『秘書に哀れみのキスを』(2016年、ハーレクイン、原案:キャシー・ウィリアムズ)
  • 『ヒールの折れたシンデレラ』(2016年 - 2017年、全3巻、comic Berry’s、スターツ出版、原案:高田ちさき) - 電子書籍限定刊行。
  • 『ギリシアの悪魔の花嫁』(2021年、ハーレクイン、原案:テッサ ラドリー)
  • 『秘書に哀れみのキスを』(2022年、ハーレクイン、原作:キャシー・ウィリアムズ[2]

活動 編集

2016年1月31日、TOKYO CULTURE CULTUREにて開催された『週刊少女フレンド』の漫画家によるトークイベント「お台場『プラチナフレンド』ナイト」に出演[3]

脚注 編集

  1. ^ facebookプロフィール
  2. ^ 秘書に哀れみのキスを”. ハーレクイン. 2022年7月13日閲覧。
  3. ^ “少女フレンドの作家が再集結!栗原まもるや寄田みゆきが連載当時などを語る”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年1月26日). https://natalie.mu/comic/news/173821 2021年10月11日閲覧。 

外部リンク 編集