メインメニューを開く

みなぎ台

兵庫県三木市吉川町にある郊外型住宅地
日本 > 兵庫県 > 三木市 > みなぎ台

みなぎ台(美奈木台)は兵庫県三木市吉川町にある郊外型住宅地ニュータウン)である。郵便番号は673-1117。

吉川町みなぎ台
吉川町みなぎ台の位置(兵庫県内)
吉川町みなぎ台
吉川町みなぎ台
北緯34度52分30.58秒 東経135度6分31.71秒 / 北緯34.8751611度 東経135.1088083度 / 34.8751611; 135.1088083
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Hyogo Prefecture.svg兵庫県
市町村 Flag of Miki, Hyogo.svg三木市
地区 吉川地区
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
673-1117
市外局番 0794
吉川ニュータウン美奈木台
Minagidai-1choume.JPG
みなぎ台の街並み
所在地 兵庫県 三木市
範囲地域 吉川町みなぎ台
開発規模 約44.7ha
整備主体 株式会社大倉
計画人口 約3,000人
現在の人口 2,121人
(2017年3月現在)
現在の世帯数 722世帯
(2017年3月現在)
テンプレートを表示

概要編集

吉川ニュータウン美奈木台として開発造成された、総区画数804区画、計画人口3000人程の住宅地区である。[1]「自然に抱かれ人と共に成長する街」をキャッチフレーズに神戸市三田市大阪市ベッドタウンとして大倉建設(株式会社大倉)によって造成され、1994年に当時の美嚢郡吉川町に街開きした。街開き後、吉川町では人口が減少していたのが一転し、増加した。[2]しかし1999年に開発を終えたものの、後に造成された2期区画を中心に空き区画が目立っており、最近では都心回帰などにより2007年をピークに人口は減少している。

一部の商業兼用地域を除く全域が戸建て住宅のみで占められており、アパート等集合住宅は一切存在しない。

地理編集

 
開発前のみなぎ台付近。黄枠で囲まれた部分が現在のみなぎ台のおおよその範囲。 1974年度撮影
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

中国自動車道吉川ICの南西の丘陵地にあり、周囲は雑木林里山)やに囲まれている。地域は南北に長く、山の北斜面に位置しているため南へ行くほど標高が上がる。そのため特に勾配のある1丁目全域と2丁目の一部はやや坂が急であり、幹線道路には8%の勾配道路標識が設置されている。

場所的には、旧中吉川村の区域である中吉川地区域内に位置する。

沿革編集

地域編集

 
近隣センター(商業兼用)地域
商店など利便施設が集積している地域であるが、医療施設用地については2013年現在も更地のままである。
 
みなぎ台小学校前の街並み

みなぎ台地区全域を対象に、住環境保全を目的として当初より建築協定が定められていたが、2013年10月よりそれを継承する形で地区計画が運用されている。 地域の北東部の一部を近隣センター地区(商業兼用地域)として、それ以外の全域を住宅専用地区として用途指定されている。なお、住宅地区の住居建物は戸建てしか認められていない。[11]

地域の人口編集

2007年3月の2489人をピークに、以降人口は減少傾向である。

  • 2017年3月末時点の世帯数と人口[12]
  • みなぎ台1丁目 446世帯 1223人
  • みなぎ台2丁目 276世帯 898人  計2121人

人口の変遷編集

国勢調査による地域内の人口の変遷を示す。[13]

1995年(平成7年) 160人
2000年(平成12年) 2,114人
2005年(平成17年) 2,406人
2010年(平成22年) 2,268人
2015年(平成27年) 2,019人
  • 1995年入居開始から2000年にかけて入居のピークであったことから、急激な人口増加により吉川町の人口を押し上げ、吉川町はこの間の兵庫県内市町単位における人口増加率1位となった。[14]

地区編集

  • 地域内には、みなぎ台北、みなぎ台東、みなぎ台南、みなぎ台中、みなぎ台第5の計5地区(自治会)が存在する。

施設編集

 
よかわ認定こども園
吉川町域唯一の幼保一体園である

教育機関編集

商業施設編集

  • メルカート美奈木台店

公園編集

地区内の公園はすべて街区公園である。

  • ひつじ公園 (みなぎ台北)
  • パンダ公園 (みなぎ台中)
  • うぐいす公園 (みなぎ台第5)
  • カメ公園 (みなぎ台第5)
  • ライオン公園 (みなぎ台第5)
  • うさぎ公園 (みなぎ台東)
  • ゴリラ公園 (みなぎ台南)
  • ひばり公園 (みなぎ台第5)
  • リス公園 (みなぎ台第5)

水道施設編集

  • みなぎ台配水池

校区編集

 
みなぎ台小学校
大字 丁目 番地 小学校[15] 中学校[15]
みなぎ台 1丁目 全域 三木市立みなぎ台小学校 三木市立吉川中学校
2丁目 全域

道路編集

公共交通機関編集

 
美奈木台仕様の神姫バス車両
三田駅-美奈木台線向けに登場した車両で側面にMINAGIDAIの文字が入っている。

鉄道が近くにはなくバスに依存しているが、バスを利用している人は多くなく、自家用車による移動が中心となっている。JR神戸電鉄の駅とはバスで連絡している。

路線バス編集

街開き当初から運行されている三田駅線は、赤松台経由の便を除き途中中国自動車道を経由しており、みなぎ台 - 三田駅間を約30分で結んでいる[16]。朝晩は三田駅と直通運行され、通勤時間帯以外の便(8時台-18時台)は途中、大型ショッピングセンター等があるフラワータウンセンターを経由し、買い物等の利便性を持たせた運行がなされている。
また、地区の南側には神姫バス三田営業所三木営業所共用の車庫が設置されている。
  • 11系統(準急):新三田駅 - センチュリープラザ前 - 関西学院前 - 吉川庁舎前 - みなぎ台 - 渡瀬
  • 12系統:社 - 嬉野台生涯教育センター - 天神 - 渡瀬 - みなぎ台
  • 17系統:三木営業所 - 豊地 - 東条口 - 渡瀬 - みなぎ台
  • 18系統:三田駅 - 市立図書館前 - フラワータウンセンター -(赤松台北) - みなぎ台
  • 19系統(直行):三田駅 - 市立図書館前 - みなぎ台
  • 31系統:社 - 久米 - 天神 - 渡瀬 - みなぎ台
  • 109系統:北播磨総合医療センター - 高畑 - みなぎ台 - 吉川庁舎前
  • 117系統:北播磨総合医療センター - 高篠 - みなぎ台 - 吉川庁舎前
  • 三宮 - 淡河本町 - みなぎ台 - 吉川庁舎前
  • ルート4(上松・みなぎ台ルート)
月~金曜日のみの運行で、運行方向は、大洞辻・みなぎ台2丁目方面からみなぎ台1丁目方向への一方のみである。
  • 渡瀬 - みなぎ台 - 吉川庁舎前 - イオンモール神戸北
日曜日のみの運行

バス停編集

神姫バスとみっきぃよかたんバス共用で、それぞれ全てのバスが停車する。

  • みなぎ台(美奈木台車庫) - みなぎ台2丁目 - みなぎ台1丁目
    • 団地内住民だけでなく周辺地域の住民にもバスを利用しやすいよう、1丁目バス停付近にバス利用者用向けの無料の駐車場が、当時の吉川町によって設置されており、以前はその駐車場に北播磨総合医療センター直通バスのバス停が設置されていた。
    • 2015年(平成27年)10月の改正より時刻表やバスの表示が「美奈木台」の漢字表記から「みなぎ台」へと変更された。

祭事・イベント編集

みなぎ台夏祭り編集

毎年7月下旬または8月上旬に、みなぎ台小学校グラウンドを会場にみなぎ台全5自治会共催で開かれている夏祭りイベントである。

  • 夜店屋台は自治会やPTA、近隣の商店・飲食店が出店している。
  • 会場に設けられたステージでは、地元を中心とした団体による踊りや太鼓演奏などのアトラクションや、 ビンゴゲームなどといったイベントが行われている。

メディア編集

コミュニティラジオ編集

  • 近隣に吉川中継局の送信所があり、受信は比較的良好である。

ケーブルテレビ編集

  • みなぎ台CATV
  • 地域の大部分が地上波テレビ放送の送信所に対し、山陰となり難視聴地域となっている為、共聴アンテナを設置し各戸に再送信されている。

周辺編集

脚注編集

  1. ^ 美奈木台物件概要 -(株)大倉
  2. ^ 吉川町平成15年度統計書-人口”. (2003年12月12日時点のアーカイブ). 2003年12月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年7月14日閲覧。
  3. ^ 広報よかわ1994年5月号 p11
  4. ^ a b 広報よかわ1995年9月号 p5
  5. ^ a b c 吉川町平成15年度統計書-その他”. (2003年12月11日時点のアーカイブ). 2003年12月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年6月10日閲覧。
  6. ^ 広報よかわ1997年8月号 p2
  7. ^ 広報よかわ1998年3月号 p4
  8. ^ 広報よかわ1998年8月号 p3
  9. ^ 広報よかわ1999年1月号 p4
  10. ^ 広報よかわ1999年5月号 p5
  11. ^ みなぎ台地区地区計画の概要”. 三木市. 2013年10月14日閲覧。
  12. ^ 地区別人口及び世帯数(三木市企画調整課)”. 2017年4月23日閲覧。
  13. ^ 政府統計の総合窓口(e-Stat)”. 2017年4月23日閲覧。
  14. ^ 平成12年国勢調査(Excelファイル)”. 2014年2月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年2月22日閲覧。
  15. ^ a b 三木市立小学校・中学校校区”. 三木市. 2012年7月17日閲覧。
  16. ^ 三田営業所で、この路線のほかに高速道路を走行しているのは特急38系統三ノ宮線がある

関連項目編集