メインメニューを開く

みんな〜やってるか!』(英題:Getting Any?)は、ビートたけし監督による日本映画で初コメディ映画監督作品。1995年2月11日公開。

みんな~やってるか!
Getting Any?
監督 ビートたけし
脚本 ビートたけし
出演者 ダンカン
白竜
ビートたけし
撮影 柳島克己
編集 太田義則
配給 日本ヘラルド映画
公開 日本の旗 1995年2月11日
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

「北野武」名義も含めた場合は5作目に当たる。それまでは「北野武」名義で映画監督を行ってきたが、本作は初の「ビートたけし」名義での製作となった[1]。そのため「ビートたけし第一回監督作品」と銘打たれる(日本国外では、北野武名義の作品となっている)。

後述通り、監督自身の自己評価は高いものの一般観客及び多くの映画評論家からはほとんど黙殺されたが、淀川長治は「斎藤寅次郎マック・セネットの再来」と評価した。

目次

作品解説編集

「女とヤリたい」というモヤモヤした欲望から、主人公・朝男が異常な行動へ駆り立てられていくさまを描いた映画である。

"帝銀事件"に"三億円事件"といった史実事件から「座頭市」「ザ・フライ」などの創作ものに至るまで様々なパロディが作中に展開された。

バイク事故を起こす直前に完成、復帰後に公開された。北野映画初のコメディとして注目された映画であるが、たけし自身が「反応自体がない」「良いという評判もないけれど、要は悪口も聞かなかった」[2]と語るように反応は薄かった。

その一方で、監督自身はロシア版での映画の特典インタビューにて、「自分の部屋で一人でお酒飲みながら見てるとこれほど楽しい映画はない」「いままで十本映画Dollsまで撮った[3]んだけれども、そうですね、3本の指に入る大傑作だと思うね」「お笑い自体も馬鹿にした」「ギャグ自体もいい加減に作ったという一周りしたらとんでもない前衛的な作品」[2]と肯定的な評価を述べている。 また、映画評論家の淀川長治は、たけしのこの作品に置ける筋立てや演出には、サイレント映画時代の短編コメディの集中上演会であるニコニコ大会と共通する部分が多いと評しており、ダンカンが性的な妄想を行い、それが現実の形として描写される場面などもサイレント映画のコメディ俳優にも類似した演出がしばしば見られたとしている。淀川はたけしが無数の笑いのアイデアを次々に作中に投入しながらも破綻無く仕上げている点が、フェデリコ・フェリーニの「8 1/2」やジュリアン・デュヴィヴィエの「舞踏会の手帖」に通じる所があるとも述べており、たけし流のエロティックな演出を除いては、サイレント時代のコメディの要素と本質的には同じであったと肯定的な評価を残している[4]

「ビーチク(乳首)」や「ポンギー(六本木)」「ルービー(ビール)」、「ナオン(女・女性)」等の業界用語やその他の字幕に映画字幕翻訳者である「戸田奈津子」の名前が登場する。

その他の事項として、通常、劇場にて販売される映画パンフレットや、サウンド・トラック盤CDが、存在しない。

出演者編集

主題歌編集

挿入歌編集

映像ソフト編集

DVD版ではVHS版に収録されたエンドロール後にあったおまけ映像が削除されている。

脚注編集

  1. ^ エンドロールでは北野武とクレジットされている。
  2. ^ a b Снял кого-нибудь? (DVD)”. www.golddisk.ru. 2019年3月12日閲覧。
  3. ^ インタビュー撮影当時(2002年)
  4. ^ 「淀川長治 北野映画を語る/みんな〜やってるか!」1997年4月11日、WOWOW

外部リンク編集