メインメニューを開く

みんなで出よう55号決定版!』(みんなででようごじゅうごごうけっていばん)は、1969年6月10日から1975年9月23日までTBS系列局(一部を除く)で放送されていたバラエティ番組である。トクホン本舗(鈴木日本堂=現・トクホン)の一社提供。放送時間は毎週火曜 19:30 - 20:00 (日本標準時)。

みんなで出よう55号決定版!

55号決定版!
ジャンル バラエティ番組
出演者 コント55号
制作 TBSTBS系列加盟局の持ち回り
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1969年6月10日 - 1975年9月23日
放送時間 火曜 19:30 - 20:00
放送分 30分

1970年中頃からは新聞のテレビ欄で「55号決定版!」と表記されることが多くなり、そして番組自体も後に『55号決定版!』と改題した。

目次

概要編集

前々番組『チータ55号』に出演していたコント55号を再度起用した番組で、日本各地の公会堂で公開生放送を行っていた。同系列局で放送の『家族そろって歌合戦』などと同様に、本番組もTBSTBS系列加盟局が持ち回りで番組製作を担当していたが、後述の理由から製作局では録画時差ネットになることもあった。

番組は大別して、坂上二郎の「赤忍者」コントのようなコント55号が演じるコントのコーナーと、視聴者の欠点を紹介する「55号欠点版」(タイトルのもじり)などの視聴者参加型コーナーで構成されていた。2つのコーナーの間にはトクホンの生コマーシャルがあった。

番組の終了後、コント55号は後番組の『ぴったし カン・カン』にもレギュラーパネラーとして出演した。

出演者編集

ほか

ネット局に関する備考編集

  • この番組が放送されていた火曜19:30枠は、TBSやスポンサーのトクホン本舗が系列局の少ない地域や自社製作能力の高い基幹局に配慮したためか、一部地域で自社製作番組・遅れネット番組への差し替えを可能としていたが、番組ネット局は同時・遅れを問わず、基本的にトクホン本舗のスポンサードネットだった模様。
  • 北海道放送はこの時間帯に、朝日放送製作の『プロポーズ大作戦』を遅れネットで放送していたが、同番組の放映権が腸捻転の解消によって北海道テレビへ移行したため、本番組は同局でも同時ネットでの放送に昇格した。
  • 中部日本放送(現:CBCテレビ)はこの時間帯に『エレファント・ボーイ』を放送していたため、月曜18:00枠に本番組の遅れネットを放送していた。
  • 1975年4月の腸捻転の解消以前にネットしていた朝日放送は、TBS製作土曜19:30枠のロート製薬一社提供番組『お笑い頭の体操』をこの時間帯で3日遅れのスポンサードネットで放送(朝日放送は当時土曜19:30枠で自社製作のテレビドラマ『部長刑事』を放送)していた関係上、土曜18:00枠を使って本番組の4日遅れでのスポンサードネットで放送していた。なお、朝日放送に代わってネット局になった毎日放送は本番組を同時ネットで放送するようになった。
  • RKB毎日放送はこの時間帯に東京12チャンネル(現:テレビ東京)製作の『なつかしの歌声』や大石吾朗が司会のクイズ番組『ドッキング10』をネットしていたため、日曜18:00枠に本番組の遅れネットを放送していた。
  • テレビ山口はこの時間帯に、特に1974年10月から毎日放送製作土曜19:00枠 → 金曜19:00枠の『ちびっこアベック歌合戦』をNETテレビ系列時代から遅れネットで放送していた(土曜19:00枠はNETテレビ系列時代、金曜19:00枠はTBS系列時代)。
  • テレビ高知はこの時間帯に、特に1974年10月から朝日放送製作土曜19:00枠のテレビアニメ『はじめ人間ギャートルズ』を遅れネットで放送していた。
  • 北陸放送と上記のRKB毎日放送を除く九州・沖縄地方のTBS系列局はこの時間帯に読売テレビ製作月曜19:30枠 → 日曜19:00枠の『全日本歌謡選手権』を遅れネットで放送していた。このうち、長崎放送熊本放送は、1日遅れの水曜18:00枠に本番組の遅れネットを放送していた。
  • 上記の局が製作局になった場合には、TBS経由で裏送り配信された。そのため、TBS及び同時ネット局では先行ネットという形になった。

参考文献編集

TBS 火曜19:30枠
トクホン本舗一社提供枠】
前番組 番組名 次番組
突撃!ドリフターズ
(1968年12月10日 - 1969年6月3日)
みんなで出よう55号決定版!

55号決定版!
(1969年6月10日 - 1975年9月23日)
ぴったし カン・カン
(1975年10月7日 - 1984年9月25日)