みんなのテレビ (テレビ新広島)

tss みんなのテレビ』(ティーエスエス みんなのテレビ)は、テレビ新広島(tss)にて2015年3月30日放送開始の自社制作のローカル報道番組

tss みんなのテレビ
ジャンル 報道番組
放送時間 平日 16:48 - 19:00(132分)
放送期間 2015年3月30日 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ新広島
音声 ステレオ放送
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

目次

概要編集

キー局・フジテレビが『(FNN)みんなのニュース』をスタートさせることに伴い、『TSSスーパーニュース』を改題して放送開始。 なお、同じフジテレビ系列の北海道文化放送(UHB)が同名の『みんなのテレビ』を同じ日にスタートしたが、当番組とは無関係。

放送時間編集

平日 16:48 - 19:00[1]

2015年10月2日までは17:00 - 18:15をフジテレビからのネット受けとしていたが、10月5日から17:25 - 17:54の「空の伝言板」および「ワイドの通やく」部分をローカル内容に差し変え、広島駅前からの中継や日替わりのレギュラーコーナー(17時台・18時台)などを新設した。
さらに、2016年8月1日からは「ワイドの通やく」のネット受けを再開したため、ローカル部分は17:12頃 -17:32頃に移動。これにより今度は「みんなのふるさと」がネット打ち切り(広島県を取り上げる回を除く)となった。
2016年10月3日からはローカル部分は16:48 -17:10に移動、これにより「みんなのニュース」のネット時間は再度変更になり、17:10 - 18:14及び18:50.30 - 19:00となった。

出演者編集

平日編集

ポジション 担当曜日
メインキャスター(MC) 金田祐幸衣笠梨代[2]
サブキャスター 天野陽子[3]西山穂乃加
解説委員 福田康浩[4]
広島駅前中継(ロケ) バーゲルルミ[5]下程ひかり(隔週交代)
※2016年3月まではバーゲル・深井瞬の隔週交代を基本に
時折西山穂乃加も担当
みんなのスポーツ 山内泰幸[6]中島浩司[7]
※不定期出演。
みんなの天気 山本剛弘[8] 中谷雪乃[9][10] 田代香子[11]

※担当曜日については、変動することがある。

土・日編集

  • TSSアナウンサーのシフト勤務。時折平日メインキャスターの金田・衣笠各アナが担当する場合がある。

過去の出演者編集

  • 若木憲子(TSS報道部記者)※メインキャスター。2015年10月2日まで担当。翌週以降は金曜日のコーナー『酒場見聞録』リポーターとして不定期出演。
  • 波田健一(気象予報士。TSS報道部所属)※2016年1月28日まで木曜日の天気を担当。

演出編集

テーマ曲
ロゴタイプ・テロップ、番組冒頭のオープニングムービーとテーマ音楽は『みんなのニュース』と同一デザインの物を使用している。2015年10月5日から2016年3月まで16:48のオープニングは、オリジナルのオープニングムービーとテーマ音楽を使用していた。17時台のローカルコーナーのテロップの色はオレンジ色基調とし、18時台とは差異をつけている。

みんなのテレビナイター編集

前番組に引き続き、19:00からTSS制作のプロ野球中継を放送する場合、みんなのテレビに内包してトップナイターが放送される。それまでは第2部の途中(18:33 / 42など不定)からの放送しかなかったが、「みんなのテレビ」放送開始以降は第2部冒頭(18:16)から放送している。

東海テレビ制作の対中日戦ビジターゲームについては、2015年は東海テレビ内でローカルニュースに内包しての中継を行わないため、トップナイターに限りTSSがテロップ出しと実況を行っていた[12]。2016年からは『みんなのニュース One』でトップナイターの中継を行うが、TSSでは引き続きトップナイターのみ自社でテロップ出しと実況を行う。また東海テレビに派遣されたカープ側のリポーターがトップナイターに出演するようになった。

2016年8月26日(金曜)に放送の同カードは、事実上東海テレビの制作ながら三重テレビ独立局)で『三重テレビナイター』としての放送となるため、TSSが東海テレビ(三重テレビ)から映像提供を受けた上で全編自社での実況(解説:山内、実況:深井)に差し替えて放送する。なお、翌27日(土曜)のデーゲームについては東海テレビから『DRAGONS LIVE 2016』の同時ネットでの放送となる(副音声にはTSSからも出演)。2017年も三重テレビでの中継該当時に同様の形態での放送を行うことがある。

カンテレ制作の対阪神戦ビジターゲームについては、2015年は広島戦では土曜日のデーゲームのみ中継。2016年4月8日(金曜日)はナイターの中継を自社制作したため全編TSSがテロップ出しと実況を行った[13]。このため、カンテレ制作の中継をネット受けする際に18時台のみ自社制作またはネット受けした実績はない。なお、カンテレでは阪神戦を『みんなのニュース ワンダー』に内包して中継している。また2017年はデーゲームもTSSでの実況差し替えを実施するようになった。


また交流戦でのパ・リーグ球団主催ゲームも2015年までの時点ではTSSでの放送実績がなかった(オープン戦はソフトバンク主催ゲームをテレビ西日本からのネット受けで放送)。2016年には対日本ハム戦を北海道文化放送からのネット受けで放送した(解説:山内・建山義紀、実況:廣岡俊光 (UHB))。これまでにトップナイターを行った実績が無かったUHBはこの試合で初めてトップナイターを編成。UHBと同内容で全国ネット枠の終了時刻である18:14から野球中継を行った。なお、2017年6月5日の同カードはTSSが球団公式映像の配給を受ける形で独自制作を行い、オフチューブによる実況で放送した。この関係で制作著作にはTSSとともに「北海道日本ハムファイターズ」もクレジットされた[14]

2016年4月からは『みんなのテレビ』から19時台の番組がステブレレスとなったため、18時台と19時台の区切りのCMがなくなった。また全国ネット枠は18:14までに2分短縮したため、18:14に球場映像を背景とした提供クレジットを出した後、CMを挟んで18:16から『みんなのテレビナイター』開始という体裁を取っているが、前述のUHBなど系列局からのネット時には制作局に合わせて18:14開始となる場合がある。また、『こんやのニュース』→『ユアタイム クイック』も野球中継に差し替えている。

2016年10月17日に予定されていたクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第6戦の中継権をフジテレビ系列が獲得[15]した(解説:江本孟紀(CX)、実況:深井)[16]。TSSでは全国ネット枠の開始前に、通常通りこの枠を使って中継する予定だった。しかし、第4戦で広島の3勝(優勝チームの1勝アドバンテージのため4勝)1敗で決着したため、中継は幻に終わった。なお、フジテレビ・TSSは日本シリーズの放送権を獲得して全国ネットで放送した。

出演者編集

TSSが自社制作を行う試合の出演者について述べる。系列局からの出演者については、野球道 (フジテレビ系列)の各系列局の節を参照。

解説
  • 山内泰幸
  • 笘篠賢治(文化放送・フジテレビONE他解説者)
  • 西山秀二(GAORA・RFラジオ日本他解説者)
    • 基本的に山内と笘篠・西山(2016年のみ達川も)とのいずれかとの2人で担当するが、ビジターゲームは山内単独の場合がある。前番組まではフジテレビ系列各局の解説者が出演した例があったが『みんなのテレビ』移行後の2015から2016年は実績がなかった。2017年は対中日戦で山崎武司(6月30日)・山本昌(7月1日デーゲーム)と山内との2人解説がある。
実況・ベンチリポート
  • 深井瞬(TSSアナウンサー)
  • 青坂匠(同上)- ベンチリポート専任の後、2016年8月9日の対阪神戦で初実況。
  • 加藤雅也(同上)- 2017年5月23日の対ヤクルト戦でベンチリポートに初登場。
  • ビジター側ベンチリポート担当のフジテレビ系列各局アナウンサー(ビジター地元局への同時ネット時を中心に出演)
過去の出演者
  • 金田祐幸(TSSアナウンサー) - 金田が実況またはリポートを担当する場合、第1部は若木とバーゲル・衣笠とのどちらかとの2人のみで担当した。2016年は担当実績なし。
  • 金本知憲(解説。2015年。後に阪神タイガース監督)
  • 達川光男(出演当時フジテレビ・RCCラジオ他解説者。元TSS専属解説者。2016年に本数契約で出演。後に福岡ソフトバンクホークスヘッドコーチ)[17]

タイムテーブル(2016年10月現在)編集

時間 放送内容 備考
16:48 TSSみんなのテレビ① オープニング

スーパー中継

視聴者電話

17:10 みんなのニュース(東京発) 〈任意ネット枠〉

17:18頃ケイゾク

17:25頃「上を向いて歩こう!」(気象情報)

17:35頃 やくさん(芸能情報)

17:50頃 ニュース(1本)

17:53 FNNみんなのニュース(東京発) 〈全国ニュース枠〉
18:14 TSSみんなのテレビ②
プロ野球中継編成時は、ここから『みんなのテレビナイター』
オープニング

▽ローカルニュース・特集・スポーツ・天気 他

18:26頃 みんなのカープ

18:50.30 みんなのニュース(東京発) 〈任意ネット枠〉

全国ニュース エンディング(キー局同様ステブレレスによりCM無しで次の番組が始まる。)

特別番組編集

以下、「1時間拡大」としたもののうち、特記ないものは15:50から16:48までの再放送枠を休止したものである。

  • 2015年8月6日は『ひろしま満点ママ!!』を休止し、10:45 - 11:25に『TSSみんなのテレビ ~ヒロシマ70年目の夏~』を放送した。通常の枠も1時間拡大し『TSSみんなのテレビ ~被爆70年 ヒロシマを伝える~』を放送した。
  • 2015年8月12日、『TSS全力応援!みんなのテレビSP』として1時間拡大した。このうち18:17からは『みんなのテレビナイター』を内包。
  • 広島土砂災害から丸1年となった2015年8月20日、『みんなのテレビ特番〜広島土砂災害から一年〜』として1時間拡大。
  • 2015年8月25日は12日と同様の放送を予定していたが、このうち『みんなのテレビナイター』は雨天中止となった。当日の中継にはサンフレッチェ広島の佐藤寿人が出演予定だった。
  • 2016年10月18日は当初予定していた『優しい人なら解ける クイズやさしいね・2時間SP』を差し替えし、19:00 - 20:54に『緊急特番!TSSみんなのテレビ カープ黒田博樹投手引退会見』を放送。当日の通常枠から引き続き達川光男をゲストに招いて、黒田の引退会見の模様などを伝えた。平均視聴率は19.2%(ビデオリサーチ調べ、広島地区)だった[18]
  • 2016年10月21日は『カープ新たな伝説へ!日本シリーズ前夜祭 みんテレ&スポラバSP』と題し、『全力応援 スポーツLOVERS』とのコラボ番組を途中全国ニュースを挟みながら19:57まで放送する。

tss歴代の夕方ニュース編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 途中、『(FNN)みんなのニュース』を内包。2015年10月2日までは16:50開始だった。
  2. ^ 2015年9月までは木・金サブキャスター
  3. ^ 衣笠が『FNNスピーク』フジテレビ発全国ニュース・関東ローカルの代役を務める2016年8月22 -26日はメインキャスターを担当。
  4. ^ TSS報道部
  5. ^ 2015年9月までは月~水サブキャスター
  6. ^ 広島東洋カープ投手・コーチ、TSS野球解説者。
  7. ^ ベガルタ仙台サンフレッチェ広島他選手。
  8. ^ 気象予報士。元日本気象協会。
  9. ^ 気象予報士。
  10. ^ 2016年1月までは波田健一が、2016年2月から3月は山本・田代のいずれかが担当。
  11. ^ 気象予報士。元広島ホームテレビアナウンサー。2016年1月までは金曜のみ担当。
  12. ^ 19:00からの東海テレビ制作の中継にはTSSから解説者が派遣されない(土曜日のデーゲームでは副音声に派遣される場合がある。2016年7月現在、TSSが東海テレビに解説者を派遣した上で、トップナイターをスポット契約のフリー解説者・フジテレビ系列各局の解説者と、またはアナウンサー単独で『みんなのテレビナイター』担当した実例はない)。また、東海テレビ向けに派遣したTSSのベンチリポーターも、2015年はトップナイターには出演していなかった。
  13. ^ カンテレから映像素材の配信を受け、TSSのスタジオからオフチューブで中継し(解説:山内、実況:深井)、ベンチリポートは配置しなかった。中継中では一度映像切り替えミスでカンテレの放送席が映った(解説:田尾安志・達川、実況:石田一洋)。また東海テレビからの映像配信時と同様球速表示がなかった。
  14. ^ 北海道では北海道テレビ放送が、無料BS放送ではBS朝日が放送した(いずれもテレビ朝日系列)。
  15. ^ クライマックスシリーズはキー局でなくても中継権を獲得できるが、この試合はフジテレビが中継権を獲得し全国ネットで中継予定としていた。
  16. ^ 当初公式ホームページには各チームベンチ解説の担当として山内と高木豊の名前が記述されていたが、放送予定からフジテレビONEを削除する修正を行った際に同時に削除されたため、両者の出演があるかは未定となっていた。
  17. ^ 2016年4月8日、TSSが自社制作を行った阪神対広島戦では、カンテレの中継に達川が出演した。
  18. ^ 黒田引退会見 テレビ新広島の緊急生中継19.2!“達川特番”と話題

外部リンク編集

テレビ新広島 平日18時台のtssニュース
前番組 番組名 次番組
tss みんなのテレビ
-----
テレビ新広島 平日17時台枠
tssスーパーニュース
tss みんなのテレビ
-----
テレビ新広島 週末夕方のtssニュース
tssスーパーニュースWEEKEND
tssみんなのニュース FNN
-----