メインメニューを開く

は、日本語音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図の第7行第3段(ま行う段)に位置する。

平仮名
文字
字源 武の草書体
JIS X 0213 1-4-64
Unicode U+3080
片仮名
文字
字源 牟の部分
JIS X 0213 1-5-64
Unicode U+30E0
言語
言語 ja, ain
ローマ字
ヘボン式 MU
訓令式 MU
JIS X 4063 mu
アイヌ語 MU
発音
IPA mɯ̹
種別
清音

字形編集

 
「む」の筆順
 
「ム」の筆順

平仮名「む」は「武」の草体片仮名の「ム」は「牟」の上半である。

順序編集

五十音順では第33位。いろは順では第23位で、「」の次、「」の前である。

音荷編集

1子音と1母音からなる。

現代標準語では、音素は/mu/、音韻[mɯ]。両唇を閉じて鼻から声を出す有声両唇鼻音/m/[m]ま行子音)と、非円唇後舌狭母音/u/[ɯ])からなる。

実際の音声は、  [ヘルプ/ファイル]

平安時代には「ん」という文字が無かったため、「む」が(/mu/の他に)撥音をも表した。

文字転写編集

む に関わる諸事項編集

  • 漢字の部首「厶部」は片仮名の「ム」と似た字形をしているため、「む」という部首名で呼ばれる。