メインメニューを開く

むつ総合病院(むつそうごうびょういん)は、青森県むつ市にある医療機関。むつ市・大間町東通村風間浦村佐井村で構成する一部事務組合、下北医療センターが運営する公立の病院である。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg むつ総合病院
情報
正式名称 一部事務組合下北医療センター むつ総合病院
英語名称 Mutsu General Hospital
前身 市立むつ総合病院
標榜診療科 内科、神経内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、リウマチ科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、メンタルヘルス科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、歯科口腔外科
許可病床数

434床
一般病床:376床
精神病床:54床


感染症病床:4床
職員数 706
機能評価 一般・精神200床以上500床未満:Ver6.0
開設者 下北医療センター
管理者 橋爪正(病院長)
地方公営企業法 一部適用
開設年月日 1971年4月10日
所在地
035-8601
青森県むつ市小川町1-2-8
二次医療圏 下北
PJ 医療機関
テンプレートを表示

概要編集

1960年、むつ市が誕生したことによりこれまで公立田名部病院、市立大湊田名部病院と名前を変えてきた公立病院が市立むつ病院と名称変更した。その後むつ市以外の各自治体も参加する一部事務組合下北医療センター設立により、組合に移管、基幹病院となり1971年「むつ総合病院」と改称。1994年病院の大幅改修を行い、創立120周年に合わせて新むつ総合病院が完成した。下北地方における重要な二次救急指定病院であり、唯一の災害拠点病院でもある[1]

沿革編集

  • 1874年 - 旧青森町の私立病院済衆社田名部分院が起源[2]
  • 1876年 - 県に移管され公立青森病院田名部分院と改称。
  • 1879年 - 公立青森病院が県立青森病院に改組されたため公立田名部病院として独立。
  • 1889年 - 区立田名部病院に改称。
  • 1898年 - 村立田名部病院に改称。
  • 1899年 - 町立田名部病院に改称。
  • 1912年 - 建物設備内容等の基準不適格のため、町立田名部医院に改称。
  • 1936年 - 院舎新築落成に伴い組織を変更公立田名部病院に改称。
  • 1959年 - 市政移行に伴い市立大湊田名部病院に改称。
  • 1960年 - 市名変更により市立むつ病院に改称。
  • 1972年 - 救急病院に指定される。
  • 1974年 - 旧医療法の規定により総合病院化。市立むつ総合病院に改称。
  • 1978年 - 一部事務組合下北医療センター設立により、組合に移管、基幹病院となりむつ総合病院に改称。
  • 1982年 - へき地中核病院指定。
  • 1995年 - 新病院完成。
  • 2014年 - 青森県DMAT指定病院に認定。
  • 2015年 - 医療事故により入院患者2人が死亡。後和解[3]

診療科等編集

医療機関の指定等編集

交通アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 病院の概要むつ総合病院
  2. ^ 沿革むつ総合病院
  3. ^ 医療ミス2人死亡 カテーテル挿入誤る Archived 2016年5月18日, at the Wayback Machine.河北新報2015年12月1日付

関連項目編集

外部リンク編集