めぐーる(地域図柄ナンバープレート使用車両)
松任駅前で待機中の車両
車体側面

めぐーるは、石川県白山市コミュニティバス加賀白山バスに運行を委託している。

概要編集

2007年4月1日に運行を開始。『めぐーる』の名は、市内各地を「めぐる」ことから名づけられた。実際は白山市は広いので、『めぐーる』は合併前の旧市町村内をそれぞれ巡回し、地域同士を路線バス(加賀白山バス)がつなぐ形を採用している。

松任地域のまっとう循環バス鳥越地域の鳥越委託バスなどのコミュニティバスを再編し、白山市誕生前にはコミュニティバスが運行されていなかった美川地域にも運行されるようになった。ただし、白峰地域は現在も運行されていない(金沢市内 - 瀬女間を加賀白山バスの通常路線として運行した後、系統変更し、白峰車庫まで「めぐーる」として営業運転している便が一時期存在した)。

1台のバスで加賀白山バスの通常路線バスとして運行した後、方向幕を変更しコミュニティバス扱いで運行する便も存在している[1]

車両は、主に日野・ポンチョを使用している。松任・美川・尾口地域は、白山アサガオ(旧松任市の推奨花で現在は白山市の花)のイラストをあしらったバスが走っている。このバスのデザインは、3地区の中学生から募集し選ばれた。

松任地域の「金沢脳神経外科病院」・「野々市駅北口」バス停で野々市市のコミュニティバス「のっティ」、美川地域(美川・湊ルート)の「湊健康増進センター」・「小舞子駅」バス停で能美市のコミュニティバス「のみバス」と連絡している。また、2012年からは、「公立松任石川中央病院」バス停では、「シャトルバス のんキー」との連絡も開始した。

沿革編集

  • 2007年4月1日:めぐーるを6地域で運行開始。
  • 2008年4月1日:白山ろく地域でデマンド方式による運行を開始。
  • 2008年10月1日:路線改定により、石川郡野々市町(当時)の金沢脳神経外科病院への乗り入れを開始。初めて白山市外にバス停を設置。
  • 2011年4月1日:美川地域の美川コースと湊コースを統合。
  • 2011年8月13日:松任地域での土曜・日曜の試験運行を実施(同年9月11日まで)。
  • 2012年4月1日:白山市外では2番目となるバス停をJR野々市駅に設置。
  • 2012年10月1日:北陸鉄道の金沢地区バス会社合併に伴い、松任・美川地域の運行委託を北鉄金沢バス、白山ろく地域の各路線の運行委託を加賀白山バス(新会社)に変更。
  • 2015年4月1日:鶴来地区でめぐーるの運転開始。
  • 2018年4月:運行事業者を加賀白山バスに統一。

運賃・乗車券編集

運賃

  • 全区間1乗車につき100円で未就学児は無料。また、例年4月1日から4月14日までの運行休止日を除く期間は運賃が無料となる。

乗車券

  • 回数券:1000円(11枚綴り)
  • 乗り放題券:3000円(1か月)、15000円(6か月)、24000円(1年)

運行日編集

各ルートとも月曜日から金曜日の運行で、土曜・日曜・祝日と1月1日から1月3日は運休。また、白山ろく地区ルート(河内、尾口、上野・阿手、診療所・温泉の各ルート)の一部の時間帯は予約制(デマンド方式)になっている。

なお、2011年度までは、松任・美川・吉野谷地域(吉野保育所、診療所・温泉ルート)および公立つるぎ病院ルートは月曜日から金曜日までの運行(吉野谷地区は12月30日から1月3日)、白山ろく地域ルート(河内、尾口、上野・阿手の各ルート)は原則として毎日運行していた(ただし、12月30日から1月3日は日曜・祝日ダイヤ)。

路線編集

いずれも主要バス停のみ記載。

松任地域編集

 
バス停の一例(松任駅)
北循環ルート
  • 松任駅 - 北安田- 千代野小学校前 - 相木団地 - 松任駅北口 - 八ツ矢 - 松任駅
南循環ルート
北ルート
  • 白山警察署 - 公立松任石川中央病院 - 松任駅 - 宮永 - 八田 - 浜八田 - 緑風台
東ルート
  • 松任駅 - 公立松任石川中央病院 - 橋爪 - 長竹東 - 金沢脳神経外科病院 - 横江 - 野々市駅北口
南ルート
  • 松任駅 - 公立松任石川中央病院 - みずほ - 山島台 - 吉田 - よらんかいね広場
南西ルート
  • 松任駅 - 公立松任石川中央病院 - 島田 - 石川新区中 - 福留
西ルート
北西ルート
  • 公立松任石川中央病院 - 松任駅 - 蕪城団地 - 中相川 - 海浜温泉 - 上小川 - 松任駅
松任・美川ルート
  • 福祉ふれあいセンター - ラスパ白山 - 松任駅 - 金城大学 - 加賀笠間駅 - 鹿島平 - 美川駅

美川地域編集

美川・湊ルート
  • 美川駅 - 湊町→湊小学校前→湊健康増進センター前→小舞子駅→湊町 - 美川小学校前 - 美川駅(右回り、一部は美川中学校前行き)
  • 美川駅 - 湊町→小舞子駅→湊健康増進センター前→湊小学校前→湊町 - 美川小学校前 - 美川駅(左回り)
中央病院ルート
  • 美川駅 - 本吉町 - 宮丸 - 公立松任石川中央病院 - 市役所

鶴来地域編集

白山ルート
  • レッツ - 白山警察署鶴来庁舎前 - 鶴来駅前 - 石川県ふれあい昆虫館前 - 白山町 - レッツ(右回り)
  • 一ノ宮公民館前 - 石川県ふれあい昆虫館前 - 鶴来駅前 - つるぎ病院前 - 鶴来駅前(左回り)
舘畑ルート
  • レッツ - 鶴来駅前 - 明島台 - コア前 - クレイン - 富光寺住宅 - クレイン - よらんかいね広場 - 鶴来駅前 - レッツ
蔵山・林ルート
  • レッツ - 鶴来駅前 - クレイン - 池田病院(当バス停は金沢市内に所在) - 陽羽里駅 - コア前 - 鶴来駅前 - レッツ

白山ろく地域編集

公立つるぎ病院ルート以外の路線の一部は予約制が採用されている。

公立つるぎ病院ルート

釜清水 - 鶴来駅間は路線バスと同等の運賃となる。

  • 鶴来駅 - 公立つるぎ病院 - 江津 - 釜清水 - 上野
河内ルート

2系統、朝夕は河内小学校・鳥越中学校・かわち保育園のスクールバスとしても利用。

  • 口直海 - 板尾 - 千丈温泉
  • 口直海 - 江津 - 吉岡
上野・阿手ルート(鳥越地域)
  • 釜清水 - 上野 - 別宮 - 神子清水 - 阿手
尾口ルート(尾口地域)
  • JA白山手取支店/吉野保育所 - 木滑新 - 瀬女 - 白山一里野 - 中宮温泉(冬季運休)
診療所・温泉ルート(2系統、鳥越・吉野地域)
  • 吉野谷診療所 - 河原山 - 木滑新 - 吉野谷診療所
  • 釜清水 - 上吉野 - 吉野谷診療所
とりごえ保育園ルート

広瀬方面と河原山方面の2系統。予約制。

利用状況編集

平成29年度白山市統計書(2017年)によると、2012年から2016年までの運行日1日あたりの乗客数は以下のとおりとなっている[2]

乗車人数推移
年度 1日平均人数 松任地域 美川地域 鶴来地域 白山ろく地域
2012年 535 275 49 - 211
2013年 509 274 53 - 182
2014年 533 284 57 - 192
2015年 592 246 77 87 182
2016年 583 250 57 120 156

鶴来地域は2015年からの統計。特に美川地域の利用者数の少なさが目立っている。2016年度の美川地域の利用者数は、白山ろく地域の約3分の1、松任地域の約5分の1程度となっている。

脚注編集

[ヘルプ]

関連項目編集

外部リンク編集