メインメニューを開く

めちゃ×2イケてるッ!のコーナー

めちゃ×2イケてるッ! > めちゃ×2イケてるッ!のコーナー

めちゃ²イケてるッ!のコーナーでは、『めちゃ²イケてるッ!』のコーナーを解説する。
これらはいずれも、ほとんどが本家の番組のパロディで、かつ本家の番組タイトルをもじって名づけられた。

本来の表記は「めちゃ²イケてるッ!のコーナー」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

その他企画についてはめちゃ²イケてるッ!の企画オカレモンを参照。
なお、非常に多いため数回のみ放送されたコーナーなどは省略する。

目次

めちゃイケ号でトーク編集

1996年10月19日初回のオープニングから始まった番組初期のコーナー。『めちゃモテ』の「モテたいッ!トーク」の流れを組み、ゲストを呼んで人生や笑いについて学ぶトークコーナー。『めちゃモテ』はスタジオで行っていたのに対し、本番組では番組ロゴが飾られた遊覧船での野外ロケに変わっている。 初回のゲスト出演は、笑福亭鶴瓶だった。ナイナイ2人に、『オールスターだったら負けとるやないかい‼︎』と怒鳴りに対し岡村は、『イチロー、松井対策でっせ!』(この日、裏番組の一つが日本テレビの「日本シリーズ 巨人VSオリックス戦」の中継だったため[1])と反論していた。

SHORT COOL編集

1996年~1999年頃の番組初期に放送されていたミニコントのコーナー。コントタイトルは主に『イケてる◯◯』。『めちゃモテ』では廃止されていたコントが事実上復活し、『とぶくすり』に参加していなかったメンバーもコントに参加している。『とぶくすり』の流れを汲み、セットは鉄骨に必要最低限の小道具という作りで、このコーナーから『プレッシャー星人』『爆裂お父さん』などが誕生した。また、このコーナーから独立して、『イケてる〇〇』のタイトルが外れ、コントコーナー化したコントもある。

コント作品一覧(放映順) ※( )内は、めちゃイケ大百科事典での記載名。

  • イケてる仮面ライダー (ライダーマン)
  • イケてるパフェ楽屋 ※大百科事典には未記載。
  • イケてる仮面ライダー② (ライダーマン2)
  • イケてるスタンプショー (THE STAMP SHOW!)
  • イケてる矢部家 (たつひろ)
  • イケてるお父さん (爆裂お父さん)
  • イケてる天才怪獣 (プレッシャー星人)
  • イケてる頭髪検査 (ダイブツくん)
  • イケてる中学生 (ダイブツくん2)
  • イケてる営業部長 (伊東部長)
  • イケてる大ピンチ!! (プレッシャー星人2)
  • イケてるセクシー泥棒 (キャッツアイ)
  • イケてる疑惑の真相!? (伊東部長2)
  • イケてる熱烈マニア (ダイブツくん3)
  • イケてる腐ったミカン (ダイブツくん4)
  • イケてるスペシャルな日 (ものまね兆治)
  • イケてる鉄人作家 (鉄人作家伊藤さん)
  • イケてる不自然な存在 (通訳のジョーンズさん)
  • イケてるやっちゃった男 (夫婦)
  • イケてるセクシー泥棒② (キャッツアイ2)
  • イケてる鉄人作家② (鉄人作家伊藤さん2)
  • イケてる鉄人作家③ (鉄人作家伊藤さん3)
  • イケてる鉄人作家④ (鉄人作家伊藤さん4 )
  • イケてるプロデューサー (こにしプロデューサー)
  • イケてるメイクミラクル (青田昇)
  • イケてるプロデューサー② (こにしプロデューサー2)
  • イケてる昭和55年製 (古田チック)
  • イケてるスピ~~~~ド (SPEEED)
  • イケてるスピ~~~~ド② (SPEEED2)
  • イケてる兆治先生 (ものまね兆治2)
  • イケてるスピ~~~~ド③ (SPEEED3)
  • イケてる出演希望 (きだ英蔵)
  • イケてる物欲戦士 (ハマディーン)
  • イケてる人命救助 (つばめ救助隊)
  • イケてるダディ (夫婦2)
  • イケてる超新米 (モリグチくん)
  • イケてる青年社長 (精神科医)
  • イケてる1973浦田 (マーシー)
  • イケてる横須賀物産 (横須賀社長)
  • イケてる夏のキャンペーン (銀行強盗)
  • イケてる兆治の最悪葬式 (ものまね兆治)
  • イケてる親権問題 (笑う男)
  • イケてる入社10ヵ月 (横須賀社長2)
  • イケてる人事異動 (モリグチくん2)
  • イケてるスカウト魂 (イケてるキャバクラスカウト)
  • イケてる入社丸1年 (横須賀社長3)
  • イケてる入社1年半 (横須賀社長4)
  • イケてるキャバクラスカウト ()と同じ

オカッチ&ミヤッチ編集

ディズニーのアニメーション映画『トイ・ストーリー』をモチーフにしたコーナー。コーナーレギュラーとして、雨上がり決死隊、平山綾(現・平山あや)が参加。正義の味方オカッチ(岡村隆史)と、オカッチにそっくりなミヤッチ(宮迫博之)が様々なゲームに挑戦し、どちらが真のヒーローであるかを競うが、正々堂々と戦うオカッチに対しミヤッチは暴力を振るい、力任せに勝利をもぎ取ろうとする為、他の出演者達や観客の子供達から顰蹙を買ったり、しっぺ返しを受けて酷い目に遭う事が多い。2002年より吉本印天然素材のメンバーが続々参加し、最終的にはへびいちごを除く五組が集結した。蛍原はホットドッグとして参加。最終回は、FUJIWARAの2人もハラニッチ(原西)とフジモンキー(藤本)として参加した。

CMパロディコント編集

「とぶくすり」、「めちゃ²モテたいッ!」の「てりっこ」(宝酒造みりん)のパロディから続くパロディもの。その時々の流行りのCMや人気のCMをメンバーが再現しつつ、番組や自身の身の回りのことに関して自虐を行ったり、ゲームを行う。

パロディにしたCM
  • TBCグループ - 常夏でメンバーが踊るCM。
  • マツモトキヨシ - 優香が出演したCMを本人出演のもとパロディ。
  • 全日本空輸 - SMAPが出演した沖縄キャンペーンをパロディ。同様に「お台場冒険王」の宣伝でも当時放送されていたCM風に著名人がめちゃイケブースを楽しむ様子が放送された。
  • 自由民主党 - 「pM8」の際、当時宮城県連が制作し物議をかもしたCMをパロディ
  • 消費者金融 - 同様に「pM8」の際、当時人気だったCMをパロディ。
  • キリンビバレッジ - 当時発売された炭酸飲料「NUDA」のCMをパロディ。メンバーがコントキャラに扮しダンスを行った。本家CMにも出演した岡村はパロディ内でもブレイクダンスを披露。また、この時に加藤が見せた「爆裂お父さん」が人気となり、再び復活する機運となった。
  • ホットペッパー - 当時人気だったアテレコシリーズ風に次回予告などを行った。
  • レモンガス - 当時のCMと同じように、本家にも出演したラップ娘(小島あやめ)が作業員に扮したメンバーの秘密を暴露する。
  • ソフトバンクグループ - 当時のソフトバンクモバイルのCMをパロディ。後にSMAPが出演した「COME ON」バージョン風にメンバーが歩く足元のベルトコンベアが高速で動き、遅れた人が水に「DOBON」するコーナーとしても行われた。
  • ソニー - 矢沢永吉が出演したブルーレイディスクレコーダーのCM風に、ものまねタレントの矢沢B吉が各コーナーでの失態などに「もったいない」とコメントした。
  • NTTぷらら - 当時のCMキャラ「ひかりカエサル」風に、岡村が声を当てる「わらわザル」を始め、「わらわネーコ」「わらわんゾウ」「わらわんワン」などが登場し、コーナー内での過激な言動に笑い込みでクレームやツッコミをつけていた。後に本家でも「わらわザル」を意識したCMが作られるカウンターも発生した。
  • ユニクロ - 「UT(プリントTシャツ)」のCM風に様々なコントキャラが登場。なお、これには複数のバージョンが存在するが、初期のバージョンには有野はいなかった(入院による一時降板の影響で)。
  • フジテレビ - 当時のキャッチコピーCM「生みます。フジテレビ」風に、雛形あきこ扮するアキコデラックスが当時加入したばかりの新メンバーや復帰した岡村を紹介した。
  • UHA味覚糖 - 当時AKB48が行い物議を醸した「口移し編」に、メンバー全員で挑戦した。
  • 日清食品 - 当時のスポンサーだった日清「チキンラーメン」のCM風に、「レモンガス編」同様ひよこに扮したメンバーの秘密を奥さん役のエキストラが暴露するパロディだった。

スモウライダー編集

「単位上等!爆走数取団」において20敗を喫した光(山本)が、関取団によって強制的にマワシ姿にされたことから生まれたヒーロー。先輩番組のスタッフが関わっていることから、「平成のタケちゃんマン」との異名を持つ。コーナーオープニングなどテイストは「仮面ライダー」をモチーフにしている。特に初期のオープニングテーマは曲調・歌詞ともに「レッツゴー!!ライダーキック」に酷似していたが、後にオリジナルのものに変更された。歌手は両バージョンとも石川英郎
毎回マワシ姿で街中にゲリラ的に出現し、関取団[2]による厳しい指令に従って行動してもらい、赤っ恥をかく姿を隠しカメラで撮影する。
コーナーとしては7回で終了したが、2006年3月11日放送の「雛祭り」にて「スモウライダー雛」として2年ぶりに復活。指令を出す関取団に代わり雛形が同行したが、ドSキャラである雛形のとった行動はスモウライダーの乳首や腋を弄る、集まった群衆に尻を向けさせ写メールを撮らせるなどといったものだった。

サブタイトル編集

  • 赤恥指令その1 恐怖マクドナルド新メニュー(2003年5月17日)
  • 赤恥指令その2 決闘エドウィン♪503(2003年6月21日)
  • 赤恥指令その3 怪奇クレープ狙われた原宿(2003年7月5日)
  • 赤恥指令その4 危うし銀座宝石戦争(2003年8月2日)
  • 赤恥指令その5 地獄スイマー世界征服(2003年8月30日)
  • 赤恥指令その6 必殺ドラッグ渋谷総攻撃(2003年12月6日)
  • 赤恥指令その7 悲劇クリスマス六本木心中(2004年1月24日)
  • 赤恥指令その1 恐怖関取団不在新スタイル(2006年3月11日、スモウライダー雛)

格闘女神MECHA/めちゃ日本女子プロレス編集

 
岡村四郎のモデルである
阿部四郎
2012年1月8日
ブル中野引退興行)
 
リングアナを務めた
今井良晴
2012年2月26日
大日本プロレス
  • めちゃイケ女子メンバーらが闘うプロレス企画。タイトルはフジテレビで放送されていた女子プロレス中継「格闘女神ATHENA」(2002年終了)が元ネタ。全日本女子プロレス全面バックアップの元で行われた。実況は志生野温夫、解説は矢部浩之・よゐこ(濱口は犬の着ぐるみを着用)、リングアナは主に今井良晴が務めた。
  • めちゃ日本女子プロレス」は、リングネーム・チャイナナイト光浦が率いる女子プロレス集団。
    • 光浦の他、堀越学園(堀越のりは光浦と対戦したがその後、光浦とタッグを組む)、キューセー大島(森三中大島美幸)らが在籍し、女子レギュラー入れ換えをかけて旬なアイドルと対戦。めちゃイケ正規軍とグラビアアイドル連合軍のレギュラー入れ替え戦を行う。
    • この試合はめちゃ女正規軍びいきの悪徳レフェリー岡村四郎がレフェリング(この企画の為に岡村は阿部四郎のレフェリングを徹底的に研究した)。流行したダンディ坂野長州小力など一発屋芸人が、乱入するのも恒例となった。
    • 時には実際に格闘技の心得がある対戦相手が登場する(例えば小野愛柔道経験者)。
    • めちゃ女正規軍の入場曲は早見優夏色のナンシーである。
  • 第2回からはメインイベントとして、極楽とんぼ扮する「極楽同盟」が本職の女子プロレスラー(アジャ・コング豊田真奈美ライオネス飛鳥長与千種等)と対決。
    • 山本・・・“豚足の破壊王”・ダンプ山本ダンプ松本がモデル)
    • 加藤・・・“ぜんそくの狂犬”・ブル加藤ブル中野がモデル)
    • 極楽同盟の試合では"元祖・悪徳レフェリー"・阿部四郎が登場(試合終盤から笹崎勝己に交代)し、極悪同盟時代を彷彿とさせる可変速カウントなどの極楽同盟びいきのレフェリングを披露している。
  • 試合は前座が芸人の乱入等による無効試合・メインが極楽同盟の敗北、というのがお決まり。その無効試合裁定後に登場する、大久保演じる「JR新大久保」や森三中・村上知子演じる「全身セイカン・タイダー」が名物キャラとなっている。メインイベントの終了後には「チビタイガーマスク」(岡村)が登場し、裸でブレイクダンスを踊る。
  • このコーナーは「セクシー泥棒キャッツアイ」ポカスカ殴って宝を探せ!キャッツアイリーダー決定戦(1997年7月12日&19日放送)(雛形と紗理奈が光浦をボコボコにした回)からの派生である(2006年3月11日放送の「雛祭り」格闘女神HINAで再び対決した)。


これまでの対戦編集

  1. 1999年5月22日放送
  2. 2000年2月26日放送
  3. 2000年6月3日放送
  4. 2001年3月3日放送
  5. 2001年12月29日放送
  6. 2003年3月8日放送
  7. 2005年3月5日放送

映像作品編集

2014年に、『めちゃイケ赤DVD 第5巻 めちゃイケ正規軍×グラビアアイドル連合軍 めちゃ日本女子プロレス 創世紀編』(EAN 4571487551317)と『めちゃイケ赤DVD 第6巻 めちゃイケ正規軍×グラビアアイドル連合軍 めちゃ日本女子プロレス2 新世紀編』(EAN 4571487551324)が発売された。第5巻(創世記編)には1999年から2001年(第1回〜第4回)が収録され、第6巻(新世紀編)には2001年から2005年(第5回〜第7回)が収録される。それぞれのDisc2には参考映像集(女芸人物、過去の番組経緯が中心)が収録される。

復活編集

 
新極楽同盟と対戦した
ジャガー横田
(2011年1月10日JWP

上記の赤DVDの発売に合わせ、「めちゃユル」内で復活を希望する声が上がったことから2014年5月31日に9年ぶりに復活した。

ファイナル編集

その後、2018年3月17日放送分にて「めちゃイケシュウ活プロジェクト」の第9弾「醜活」としてファイナル及び4年ぶりの復活を果たし、オープニングがアベンジャーズ風に始まった。
光浦が終了告知の際に「プロレスをやりたい」と語ったことから実現に至った。大久保、たんぽぽや親しい芸人でもある森三中黒沢かずこおかずクラブのオカリナ、椿鬼奴をセコンドに迎え、必死にトレーニングを行った。また、助っ人として過去に「リトルダディ」のビッグマミー役を演じた経験を持つおかずクラブのゆいP(ビッグマミーゆいP)と運動神経抜群の鈴木奈々(ニドシャベリ鈴木)が参戦し、「フレッシュギャルズ(終)」として登場した。一方、対戦相手であるAKB48の総監督の横山からは前回が無効試合に終わったことに遺恨があるとして、卒業した川栄・島田に代わりテレビ朝日の深夜ドラマ『豆腐プロレス』で実績がある小田えりな込山榛香の2人を迎え、「AKBフライングビーナス」とのラストマッチを行った。
この回の実況は佐野アナだった。志生野アナは特別ゲストとして放送席に迎えられ、前年4月に亡くなった阿部四郎レフェリーも遺影で登場した。
試合は例によってレフェリーの岡村四郎の妨害がありつつもAKB48側が有利に展開した。途中ではセコンドの女芸人たちも加わり横山を相手に1人ずつ挑むも倒され、さらに光浦は横山からの顔面キックを5回受け、岡村からも本気の心配をされた。が、突如として巨大な身長3m・体重500kgのエアーパンダである「アンドレ・ザ・ジャイアントパンダ」が光浦の援護として乱入し、AKB48と岡村を攻撃したあと、さらにAKB48側のセコンドであるディアナの面々によって岡村が負傷し公式記録としては結果的に今回も「無効試合」となった。
ところがそれでも試合が終わらずAKB48側の攻撃が続く中、突如として覆面をかぶった「JR新大久保」が乱入した。光浦に対し最初は「ゴクラク少年愚連隊」での加藤と山本のやり取りを再現するものの、光浦に対しマスク姿だからこそ言える尊敬と感謝の言葉を贈った。さらに光浦の先輩に似た「マスク・ド・みっちゃん」も乱入し、2015年の27時間テレビのようにノーサイドを弾き語り、セコンドの女芸人のみならずAKBももらい泣きする事態となった。
最後は「両者ノーサイド」として和解となり、さらに「マスク・ド・お母さん」(光浦の母親)からの花束贈呈を経て「1・2・3・ヤッチャン!!!」のコールで締められた。
2018年3月31日放送で、極楽同盟が13年ぶりに復活。井上京子紫雷イオと対戦し、レフェリーは、吉岡四郎(博多大吉)が務めた他、ジャイアント馬場の物真似をした関根勤が乱入した。

連続タライ小説「春よ来い」編集

連続テレビ小説春よ、来い」のパロディ。別名「ノーリアクションドラマ」で内容そのものは純粋なホームドラマだが、予告なしに天井から(タライ)が落下し続けており、出演者は盥が当たってもリアクションせずに演技を続行しなければならない。全3話から成るが、1998年に2話分が放送された後、娘役の雛形の結婚・産休で2年間中断され、2000年に完結した。タライ落下の元ネタは『8時だョ!全員集合』の「母ちゃんコント」である。2002年9月14日には木村拓哉・明石家さんま主演ドラマ「空から降る一億の星」のパロディ、連続タライ小説「空から降る一億のタライ」も放送された。ドリフのコントと同様に屋根裏にいるスタッフがドラマ展開のタイミングを見計らい、一斉に金ダライを落下させるというものであった。

シャンプー刑事シンディー&コーディー編集

加藤、武田がそれぞれ「コーディー」「シンディー」としてシャンプーの入った銃を片手に、治安を守る。後に「ミッツィー」こと光浦、さらには大久保も婦警として参加、後の「フジTV警察24時」の原型となった。ゲストとして筧利夫が「踊る大捜査線」の新城賢太郎役で参加している。武田がメインで登場する珍しいコントである。加藤と武田とゲストが、突然女性をシャンプーの入ったピストルで襲い、加藤の「徹底的に洗うぞ!」のセリフを合図に強制的にシャンプーを行う。時には加藤が暴走し、髪の毛を掴む等の暴挙に出ることもある。なお、襲われた女性はその後、美容院に行かせる対応をとっている。2018年3月31日の最終回で、復活した。

岡村隆史探検隊編集

川口浩探検隊の復活版として岡村をリーダーとする探検隊を結成、奇怪な生物こと有名人の楽屋を探検する。正式名称は「土曜スペシャル・岡村隆史探検隊」。1997年に2回放送され、2012年に復活した。企画コンセプトは後に始まった「フジTV警察24時」と共通している。 「ビッグフット」こと飯塚現子(和田アキ子)の捕獲は苦手な動物を和田の周辺に放出させて和田が混乱状態に陥ったところで動物を元に戻し、捕獲に成功(後に『ナインティナインのオールナイトニッポン』で告白したところによると、収録後岡村たちは和田に随分説教をされたらしい)。推定50cmの足跡を再現する為に小さいタバコを使用(和田の足は26.5cm)、ビッグフット研究家として西尾聖マネージャー(現・ホリプロ執行役員)が参加した。「ミニラ」こと北島三郎の捕獲に相次いで成功。小金沢昇司が参加。韓国にて、「少女部族」こと少女時代を捕獲。この回には新メンバーの後藤と白鳥、ゲストとして藤井隆も参加(2012年3月31日放送分)。

やべっち寿司編集

2003年に、「矢部オファーしちゃいました」でのかっぱ寿司からのオファーで矢部が創作寿司を作ることに目覚めたことから始まった企画。フジテレビの局内(タレントクローク)に出張板前として店舗を構え、廊下を通る芸能人を捕まえ、自慢の一品を振る舞いながらトークを行う。代表作にはかっぱ寿司で実際に市販されたコンビーフ寿司[6] がある。価格はすべて時価としているが、実際に代金を請求はしない。ファミリーマートで期間限定で『やべっち寿司詰め合わせ』と『シロワッサン』が販売されたことがある。一時期はかっぱ寿司で『コンビーフ寿司』を販売したが、現在は終了している。

岡村も出演し、『オレたちひょうきん族』でビートたけしが演じていたキャラクター・鬼瓦権造の扮装をしている(初期は矢部のみの出演)。また、『妖怪大戦争』で自身が演じていた小豆洗いの扮装で姿を現すこともある。

オープニングでは、矢部がタイトルコール後にどうでもいい近況情報を報告するのが恒例であった。

宣伝を兼ねて普段トーク番組に出演することのない俳優・女優・タレントや売出し中の若手タレント・フジテレビの新人アナウンサーの他に、海外の著名人も出演することがあり、そのうちデビッド・ベッカムトム・クルーズの来店記念座布団が椅子に置かれている。椅子は基本的に3つだが、ゲストに応じて増やしている。

2005年から2011年まで6年間は必ず、2時間以上のスペシャル時の恒例コーナーとなっていたが、中嶋プロデューサーが退任し3代目・明松プロデューサーになってからはスペシャル時はまちまちとなっていた。

2008年・2012年には、『FNS27時間テレビ』のコーナーとして登場している。2008年は総合司会の明石家さんまを中心に他のお笑い向上委員会のメンバー(当時ののお笑い芸人)、2012年は総合司会の森田一義を中心に他の笑っていいとも!のレギュラー陣全員(2012年春時点のメンバー)がゲストだった。

タレントクロークでの撮影なため、普通に撮影中に通行人がいる他、たまたま通りかかる芸能人を呼び込むこともある。タカアンドトシが出演した際に、ミッキーカーチスの話題になったら、別番組で宣伝のために来ていたミッキーカーチス本人が登場。ナインティナインも知らなかったため、「ミッキーカーチスさん、初めてお会いした…」と驚いていた。 ダウンタウン浜田雅功も、たびたび、このコーナーに乱入しており、その度に、ナイナイは驚愕していた。 モリエンテスと、ラウールが登場した際にはペナルティが通りかかり、サッカー経験者の2人は嬉しさのあまり握手した瞬間に腰が抜けた。

やべっち寿司の後ろで寿司の準備をしているらしく、AD鎌田が握っている(佐々木希が来店した際に判明)。

2014年1月25日を最後に同企画は放送されることはなく、2015年11月7日に岡村が主体の「空き時間っす!」へとリメイクされた。これにより「やべっち寿司」は事実上の終了を迎えた。

2017年11月25日の放送で約3年ぶりにコーナーが復活し、めちゃイケメンバー全員が集合し、改めて「めちゃイケシュウ活プロジェクト」を実行していくと宣言。やべっち寿司は「集」(あつまる)活として行われ、ゲストに坂上忍FUJIWARA梶原雄太キングコング)・板倉俊之インパルス)・河本準一次長課長)・カンニング竹山千鳥品川庄司ダイアンたむらけんじ蓬田修士を迎えた。

番組初期から『ヨモギダ少年愚連隊』企画で度々登場していた蓬田は、コーナー終盤で『めちゃイケ』に1年7ヶ月ぶりに出演。Instagramで「めちゃイケ」終了をオンエア前に“フライング発表”したたむらに対して、11月4日、自身のTwitterに、「そろそろ言ってもいいかな たむけんしばく」とツイート。かつての岡村と同じ流れで、番組で柔道対決になり、払い腰で一本を取り勝利。そして、めちゃイケの大ファンの2人は握手して和解した。

Mの三兄弟編集

「まぞのさんきょうだい」と読む。東京はお台場を根城にするヤクザの前田三兄弟(岡村が長男、加藤が次男、濱口が三男を演じる。途中から敦士も参加)。コワモテの外見をしてはいるが、実は極度のマゾヒストであり、毎回女優や女性アイドルに対して因縁をつけては、自分たちを痛めつけることを強制する。タイトルの「M」は「マゾ」「前田」の頭文字をかけたもの。三人で「やーんのか やーらへんのか どーっちやねーん」と歌い、アイドルに詰め寄る。

このコーナー内においては本来「サディズム」を表す「S」を「責めるタイプ(SEMERU-TYPE)」、本来「マゾヒズム」を表す「M」を「任せるタイプ(MAKASERU-TYPE)」と表現している。

イケてるッ!日本新記録編集

1996年10月19日(第1回放送)開始。コーナー名は、1975年10月〜1985年9月の10年間にわたって日本テレビ系列で放送された「びっくり日本新記録」(-にほんしんきろく)から。レギュラーメンバーや錦野旦らが巨大セットを使った多種多様な競技に挑む。いずれも失敗すると粉や水に落ちることとなり、それまでのタイムや距離、得点などをメンバーで競う。また、「師匠」として勝俣州和ダチョウ倶楽部が出演し、不甲斐ないメンバーに対して指摘を行うが、最後は「お手本」として師匠自らが挑戦することとなる。通算14回(実質15回)。実況は志生野温夫[7]。。

2005年7月9日には「イケてる!世界新記録」と題して復活。2006年12月2日にはチェ・ホンマンヒロミがゲストとして出演した。2012年11月3日にも「初心に戻る」ために放送された。ゲストは、ダチョウ倶楽部と有吉弘行が出演。有吉は猿岩石時代にも出演していた。

イケてるッ!CDTV編集

ツタンカーメンの部屋編集

濱口扮するツタンカーメン師匠(推定400歳)の家で迷える子羊(ゲスト)が悩みを打ち明ける。当初はアフリカマンの家で悩みを打ち明ける「アフリカマンの部屋」(初回1998年1月24日)だったが、5月30日放送で当時モーニング娘。のメンバーだった福田明日香が「アフリカマンきえろ」とアンケートに書いた回を最後にツタンカーメンの部屋(初回1998年10月24日)に変更となった。また、後に大久保がお隣に住んでいるスフィンクス役で登場した。

どぜうモン人生相談室編集

前身番組「とぶくすり」内で放送していたコントキャラクター「どぜう」が元になっている。この時は濱口が安来節に乗せてどじょうすくいを踊って救いようのないシチュエーションに現れるものだった。

2005年4月30日放送の有野の結婚披露宴で12年ぶりに復活し、好評を受けて2005年5月29日から「どぜうモン人生相談室」の放送を開始。ホリエモンライブドア社長(当時)・堀江貴文)に倣って改名した。

堀江やヨン様と同い年で世田谷区在住(現在は港区在住)。一般視聴者から提示された悩みにダジャレで答えて笑い飛ばす(どぜうモンは救ったものだと思っている)。毎回「しゅっくえーる、しゅっくえーる」と発しながら登場する。

どぜうモンは2005年8月に「お台場冒険王」にて安来節保存会より感謝状を授与された。

ナレーターは千野志麻倉田大誠アナウンサー、千野の退社後は佐藤里佳アナウンサー。

松竹DMC芸能プロジェクトの時には、キャラクターの商品化とアメリカでのアニメ化が提案された(もちろん企画自体が偽物である)。

2006年5月20日の放送では濱口の引越しに伴い、住所を世田谷区から港区に変更して復活したが、コーナーとしてはそれが最後となった。

また、お台場冒険王・お台場合衆国などのフジテレビのイベントでは、「バカパンケーキ」「バカドーナツ」などどぜうモン考案メニューによる飲食店を毎年出店していた。

2018年 72時間ホンネの旅にて濱口の扮装として復活した。

エガちゃんの一言物申す!編集

1996年10月の第1回から行われているコーナー。当初は海の中からクルーザーで現れた江頭が一言二言も物申して帰っていくのだが、業を煮やした江頭はロケ企画に変更。DA PUMPガチャピンムックなど様々な人物に物申してきた。

グアムロケで錦野旦とのビーチ・フラッグスに負けレギュラー脱退、シャ乱Qのたいせーとの相撲対決で負け芸能界引退、元めちゃイケプロデューサーの小西Pとの相撲対決に勝ちめちゃイケプロデューサーに。横浜銀蝿リーダーRUNとの相撲対決で勝ちメンバーとして行方不明のジョニーの代わりにジョニー2:50としてコンサート出演。のメンバー、ジャッキー・チェンファミリーになったことも。加藤出演の「人にやさしく」出演者に物申して以来(準最新作、2002年2月)行われていなかったが、2007年12月、5年ぶりに復活した(こちらを参照)。現在でもほぼ年1回ペースでゲスト(AKB48柴咲コウ市川海老蔵など)に対して乱入し類似企画を行っている。

ウマイムウマイム→ウマイム寺編集

フォークダンスの曲「マイムマイム」の替え歌にのせながら、目隠しをした一人に一口だけ料理を食べさせ、それが何か当てさせるゲーム。 岡村(「ウマイムウマイム」ではおっちゃん、「ウマイム寺」では神様である「ごちそう様」役)対めちゃイケメンバー(「ウマイムウマイム」では公園の子供、「ウマイム寺」では坊主役)の図式となっており、ゲストは「ウマイムウマイム」では「見回りに来た先生」としてメンバー側に、「ウマイム寺」では「ごちそう様のおかげでグルメになれた参拝客」として岡村側となる。

挑戦者が正解した場合は正解したチーム全員が料理を実食、不正解の場合は相手チームが料理を実食できる。

これらの企画やルールは「シンクロナイズドテイスティング」に受け継がれた。

なんでだろう?編集

テツandトモとナインティナインの4人が、「なんでだろう」と視聴者の質問に答えるコーナー。2002年から2003年まで放送、計5回。このテツandトモと岡村のくだりは2009年と2010年の爆笑ヒットパレードで共演した時にも行われる(二人で暴走したままCMに入るのが恒例である)。 テツと岡村は事前にほとんど打ち合わせをしていないぶっつけ本番状態でロケは行われるが、岡村のダンスとアドリブの上手さにより、矢部を除く3人が見事に一糸乱れぬパフォーマンスを見せ、矢部が呆れ半分で絶賛するというのが大まかなパターン。

岡田一少年の事件簿編集

ドラマ版『金田一少年の事件簿(堂本剛主演の第1期・第2期)』のパロディ。岡田一少年(岡村)が事件の謎を解く形で犯人として挙げられたメンバーの私情や失態を暴露。最後はやり玉に挙げられた犯人に対し「再びイケてる人間に戻ってもらう」ため「イケてるスーツ(内部が膨張し最終的に破裂する)」を着せられる。

番組開始時はレギュラーコーナーで、1997年以降は放送されなかったが、2000年・2001年に「謎のスクリームが襲撃し、メンバーを次々と手にかけていく」という形で2度復活。復活初回では当時準レギュラー扱いだった大久保が犯人となり、大久保がレギュラーメンバー入りとなるきっかけを作った。

カッコイイ男性の疲れを取るコーナー編集

大久保が扮する台湾人マッサージ師・黄貴妹(ホワン・クイメイ)さんが旬なカッコイイ男性をマッサージしてあげるコーナー。「台湾少年愚連隊」より、通算7回。基本的には本格的なマッサージをするものの、黄さんが所々でゲストにスカートの中をわざと見せようとするセクハラ企画である。黄貴妹のキャラクターはシンクロナイズドテイスティングに継承された。

こにしプロデューサー編集

1997年7月5日初登場。登場当初はSHORT COOLのキャラクターであった。1999年5月当時に番組プロデューサーだった小西康弘をモチーフとした全身剛毛の「こにしP」に岡村が扮し、様々な人や企画をプロデュースする(ただし、その演出手法はハチャメチャである)。語尾に「ですけど」、単語の語頭に「ナ」を必ずつけて話す。

毛の名刺「毛刺」、言えない毛を使用した指輪「毛ファニー」、BSCS150チャンネルを受信できる「毛ラボラアンテナ」などがある。

1998年、カセットミュージシャン・オカピー(岡田寿也、スタッフの項参照)を発掘、オカピーが「永遠より続くように」を熱唱。オカピーのカセットを紗理奈と濱口がHMV数寄屋橋店で1個98円で千枚発売、完売。そしてオカピーのアナログレコードを小中学校に無料配布。

2001年「EE JUMPのデビュー曲をプロデュース」以降、多忙のため姿を消していたが、2006年の「復活!シャ乱Qの新曲&新メンバーをプロデュース」にて復活した。

2018年 72時間ホンネの旅にて岡村の扮装として再登場した。

このコーナーの他、「鉄人作家・伊藤」や極楽とんぼの片山勝三マネージャーなど、スタッフもののコントも多数存在する。

ストーカー・危険な女編集

TBSのドラマ『ストーカー・誘う女』をモチーフにしたコーナー。全3回。雛形が本家でも演じたヒロイン・上原ミチルは、毎回岡村演じる森田柊志に無理難題(「顔や後頭部で瓦割り」「向かってくるオオトカゲをできるだけ直前で避ける」など)を吹っかけてくる。森田は最初は渋るのだが、ミチルにボコボコにされた挙句、やらされる羽目に。20周年記念のめちゃイケ郵送の企画の際、久しぶりに復活した。

笑う男編集

1999年初登場。元々はSHORT COOL内のキャラクター。シリアスなドラマの最中に、濱口扮するマッシュルームカットの男がおもむろに現れ、ただひたすら笑いながらその場を徘徊する。その場にいる者は釣られて笑ってはいけないのが掟だが、男の魔力に引きずり込まれるように笑ってしまう。

別のコーナー内でことあるごとに復活する。2007年春の紗理奈だまし(紗理奈VSほしのあき)や、2016年冬の君の心は。(岡村VSキングコング西野)2018年春、(矢部&敦士ニューヨーク旅行)では大オチを担当した。

めちゃイケギャンブラー矢部浩之の持ってけ100万円編集

人の往来の激しい場所に、封筒などの袋に入った矢部の持ち金を放置。30秒間誰も拾わなければ倍になって矢部に戻るが、拾われたらアウト・拾い主が全額獲得というコーナー。

正式なルールとして「30秒経過したらモニタリング場所から走って現金を取り戻しに行くが、その間に拾われてもアウト。」「到着時点で最終的に封筒を持っていた人が獲得。」「拾い主が佐野アナに封筒を返還した場合は佐野アナに現金の半分を貰える」「『ボーナスタイム』として通常の倍である60秒放置に成功したら賞金もさらに倍(4倍)。」がある。また、封筒が拾われた際は現場に急行し、改めて拾い主に対し企画の説明と拾った現金が矢部の物であること、「矢部からのプレゼント」として現金が拾い主の物になることを説明している

現金を置く担当は、毎回チャレンジ場所に因んてはいるものの、明らかに奇妙なコスプレをした佐野アナが行う。最初と2番目の場所は毎回同じで、最初の場所であるフジテレビ構内では現金を拾われず全勝であったが、2箇所目の早稲田大学で全額を放置するも常に学生に拾われ、持ち金が0円となっていた。その後、あさひ銀行(現・りそな銀行)早稲田支店で矢部の口座から大金をおろしてゲーム再開するという行動が定番となっていた。

めちゃモテ時代の1996年から1999年の大阪編まで年1回ペースで放送された。終了後の矢部メイン企画は矢部オファーしちゃいましたシリーズへ移行されることになる。

その後、2011年2月26日放送の「ナインティナイン20周年スペシャル 〜ありがとうって伝えたくて〜」スペシャルでは「100万円を取り戻したくて」として12年ぶりに復活。賭け金はこれまでの損失額102万8850円一発勝負。さらに勝った場合は番組の代わりに岡村が支払うというルールで実行。結果は勝利となり岡村から102万円を手に入れた(しかし、その後の企画で岡村に高級腕時計を買わされたため結果的に損している[8])。

さらに、2015年5月9日放送のスペシャルではそこから4年ぶりに復活。2015年の27時間テレビ総合司会を務める矢部に対し「本気を見せてほしい」として決行。加えて当企画で初めてゲストとしてギャンブラーとして知られる坂上忍も参加した。この回では基本ルールに加え「それぞれのポイントにおいて両者が交互に挑戦」という形式で行った。さらに、最終戦ではサドンデス方式として「両者の現金をAKB48のライブ中に放置。先に拾われた方が負けとなり、勝者はその後に拾われても全額番組が保証。90秒間拾われなければ両者勝利。」というルールで行われた。

めちゃイケアニメ劇場 ポパイ&オリーブ編集

1997年にスタート。岡村と雛形がメインで、岡村がポパイ、雛形がオリーブ、敵のブルートが山本として登場。アメリカのロングセラー漫画ポパイ』のパロディ。ブルートに食材などを盗まれ、それを取り返す名目でポパイが体を張ったゲームに挑む。前のコーナー「ストーカー・危険な女」の流れを引き継いでおり、オリーブがポパイをパンチやキックなどで痛め付け、ゲームコーナーでは、何故かオリーブと敵のブルートがコンビで更にポパイを痛めつける。

フジテレビ温泉編集

日本一周打ち上げの旅」(2004年12月放送)から派生したコーナー。。リハーサル室に作られた温泉セットに入ってきてだまされた男性タレントが、雛形・紗理奈・オアシズの「めちゃイケ4人娘」にひたすら体を洗わされる。洗われている間は番頭と丁稚が即興で盛り上げる。『シャンプー刑事』の企画から誕生している。

  • 番頭・岡村
  • 丁稚・山本
  • 矢部(実は被害者の1人、メンバーに対しツッコミを入れる)
  • 末娘(大久保):源氏名「チャーチル
  • 長女(光浦):源氏名「ブリトニー
  • 三女(紗理奈):源氏名「ジャネット
  • 養女(雛形):源氏名?「野田

め安箱編集

目安箱のパロディ。フジテレビの1Fに置かれた「め安箱」から送られた視聴者の質問にメンバー全員が箱の中から答える。主にメンバーごとに送られた質問を箱の中央の窓から顔を出し、回答すると窓が閉められる(閉められた後も他のメンバーや箱の中の回答者の発言は放送される)。

只今参上!色とり忍者編集

2006年11月25日開始。山本が不祥事により解雇された事からめちゃイケを一旦降板、同時に前身の「単位上等!爆走数取団」が途中打ち切りという形で終了したため、その後継コーナーとしてスタートした。めちゃイケの3代目のゲームコーナーである。メンバーの衣装やオープニングは仮面の忍者 赤影のパロディとなっている。前身の2コーナーのようにアクシデントで打ち切りになることはなく、2009年6月27日を最後に自然消滅した。それだけでなく、前身の2コーナーと違いめちゃイケ終盤でも復活しなかった(これは後の集中寺、めちゃギントンも同様)。

ルール
  • メンバーがそれぞれ忍者の格好をして片ひざ立ちし、第1章はツボ、第2章は巻物を囲むように円形になる。そして、「シュッシュッシュシュシュ」の掛け声で始める。まず「赤い野菜」など、色とジャンルを指定し、それから連想される単語・事柄を次のメンバーが答える。同じお題・答えは何度使ってもよい。数取団同様、誰かがミスをするまでエンドレスで繰り返す。
  • 第1ラウンド(潜入其一・修練其一)や、赤兵衛(加藤)が間違えた時は赤兵衛(加藤)からスタートする。それ以外は前ラウンドの敗者からスタートする。
  • 難解なお題のことを「裏切り」という(例:赤いきつね→うどん、緑のたぬき→そば、白いサンゴ礁ズー・ニー・ヴー、など)。
  • お題の答えが有名人などの人物(例:青い珊瑚礁松田聖子など)である場合、敬称は付けても付けなくても良い。しかし、あまりにも失礼だと判断された場合は[9]ゲームが途中で止まる事がある。
  • お題に対する答えがふさわしくない、答えを言えない、次のお題が言えない、お題・答えを噛む、お題に色が入っていない、お題と答えが混じったようなお題(ゲストによくあるミス)を出すなどをするとアウトとなり、お仕置きを受ける。なお、お題にふさわしい答えが無かった場合はお題を言った人がアウトとなる。
  • 第1章(2007年以前)はアウトの場合、「ツボ係」としてツボ押しジジイ率いるハゲの軍団(女性ゲストの場合はハゲの嫁はん軍団)に無理矢理ツボ押しをされていたが、第2章(2008年以降)はマッスル坂井扮する将軍徳川綱引との綱引きに変わり、綱引きで思いっきり引っ張られ、真ん中の庭を模様した白い粉に落下する罰ゲームに変更された[10]。後者の方では、足から着地する・腰元に攻撃する・綱引きを放棄する・フライングなどの反則行為をした場合は将軍が激怒し、手で掴まれて顔面から白い粉に無理矢理叩きつけられたり、ブレーンバスターを食らわされるなどの仕打ちを受ける羽目となり、レギュラーメンバーやゲストはもちろんのこと、たとえ女性であっても容赦はしない。罰ゲームのBGMは第1章ではおいなりーず「青汁ファイト!」の替え歌(原曲の「青汁」を「ツボ押し」に替えたもの)、第2章では世良公則&ツイスト銃爪」のサビ。


  • 第2弾のオープニングで最後に部屋に入ったものは遅刻とし、5個のお題の中から一つ選びモノマネをする「イロトリモネア」をやらされる。5人中3人笑わせればクリアー、笑わせなければ罰金1万円というペナルティが課せられる。
彩一族
  • 赤兵衛-加藤浩次 (第1章:6敗、第2章:6敗、合計:12敗、遅刻3回)

その他にも衣装に粉が付いているもカットされている場面が2回もあったので第2章で8敗していると思われる。

  • 黄太郎-濱口優 (第1章:5敗、第2章:1敗、合計:6敗、遅刻2回)

22話ではカットされているが少々粉が付いていたため1敗していると思われる。

  • 白佐衛門-矢部浩之 (第1章:7敗、第2章:1敗、合計:8敗、遅刻3回)
  • 緑吉-有野晋哉 (第1章:1敗、第2章:1敗、合計:2敗、エキシビション1回、遅刻3回、欠席1回)
  • 紫丸-武田真治 (第1章:1敗、第2章:ノーミス、合計:1敗、免れ1回、ビンタ2回、遅刻2回)
  • 青助-岡村隆史 (第1章:3敗、第2章:2敗、合計:5敗、免れ2回、遅刻2回)

中嶋デスノート編集

漫画『DEATH NOTE』のパロディ。ナイナイ扮するヤベ神月(やべがみ ライト)オカリュークが進行を務める。

当時のプロデューサーである中嶋優一が企画会議中、片岡飛鳥総監督を筆頭とするスタッフ陣(ディレクター構成作家など)の発言を基に、企画案や出演者・スタッフへの連絡事項をメモしているノート「中嶋デスノート」に書かれた文章をピックアップし、まだ実行されていない「ダメ企画」をやらせ、メンバーを『死亡』させるコーナー。

当然のことながら練られていない企画にメンバーが赤っ恥や大すべりをすることがほとんどであったが、『マシ・オカ出たい』という文章から『HEROES』に出演していたマシ・オカが実際に出演。かなりのめちゃイケファンであるマシ・オカのリクエストに応え、めちゃイケの名物企画を体験してもらう企画も行われた。

また、カガリDの『カガリ離婚→会社に報告』では、カガリDの元妻がフードコーディネーターシンクロナイズドテイスティングを担当しており、この離婚が元でコーナー自体が打ち切りになったことが発覚した(後に新年スペシャルのみで復活し、以降は年1回のペースで放送)。

B.C.ブサイク・コロシアム編集

B.C.ビューティー・コロシアム』のパロディ。容姿のコンプレックスに悩みを持つ相談者を美しく変身させる同番組とは逆で、バラエティ番組でもっとウケたいと願う美人タレントをブサイクな顔に変身させる、という名目で美人タレントを嘘の用件で呼び出し特殊メイクで無理やりブサイクに変身させるというもの(当然本人は拒否するが、後述のブサイクのプロフェッショナルや岡村により言いくるめられ結局メイクをされる)。テーマ曲は本家と同一のものが使われていた。岡村は本家で司会を務めていた和田アキ子に扮しているが、和田と岡村の身長の差を逆手に取って「小和田アキ子」と名乗っていた。本家における「美のプロフェッショナル」は、「ブサイクのプロフェッショナル」としてオアシズらブサイク枠の芸人が出演していた。

突然熱湯コマーシャル編集

日本テレビの『スーパージョッキー』の人気コーナー「熱湯コマーシャル」を元ネタにしたパロディ。元々は、岡村が出演した映画『少林少女』の宣伝企画として放送されたものが原型となっている。

レフェリーを矢部(本家でのガダルカナル・タカの役割)、「熱湯兄弟」に加藤・濱口・岡村(加藤と濱口は手ぬぐいとハッピを、岡村はハゲのカツラと「熱湯長女」と書かれた黄色いビキニを着用)が扮し、フジテレビ内の廊下などの床下に隠された熱湯風呂に突然はまった芸能人が、熱湯に浸かっていた時間を番組などの宣伝タイムとして獲得し、直後に宣伝してもらう。時間計測は本家とは違い、矢部がストップウオッチで計る。

また、落とし穴だけでなく移動用車両のバックドアが自動的に開き、後部座席が倒れてその座席に乗っていた人物が熱湯に落ちるパターンもある(この車両は他の企画やとんねるずのみなさんのおかげでした内の企画『全落・水落シリーズ』にも流用される)。

コーナーとして行われなくなってからは、他の企画に内包される形で不定期に行われた。

めちゃイケ自体の最終回である2018年3月31日に、復活兼コーナーの最終回が行われた。なお最終回では当時コーナーのレギュラーではなかった有野や山本も加わった。

容疑者Oの変身編集

山奥〜豚の乱〜』の流れを汲むコーナーで、タイトルは映画『容疑者Xの献身』のパロディ。大久保以外の9人が「ある事件の犯人」を目撃したことで、小野寺昭演じる刑事(通称・デンカ[11])に呼び出されたという設定で、隣の部屋で取調中の犯人らしき不審人物(大久保)の顔を見て犯人かどうかを確認する、いわゆる「面通し」を行う。しかしマジックミラー(実際は素通しであり、大久保が明らかに特定の出演者に目を合わせたりして笑わせにくることがある)越しの犯人は思わず笑ってしまいそうな変装をしており、メンバーは大久保の変装・行動・表情と小野寺が読み上げる容疑者の罪状・身の上の情報(こちらにも笑わせる要素が多分に含まれている)に対して笑ってしまわないように耐えなくてはならない。面通し終了後、一番笑いのひどかった目撃者は「被害者感情を傷つけた」として罰ゲームに被害者のマツイヨウコさんから強烈ビンタを食らわされる。

ビンタを喰らったメンバー

加藤浩次 濱口優 鈴木紗理奈 2回

岡村隆史 矢部浩之 1回

このコーナーで登場した「コシノジュンペイ(51歳・男)」はお台場合衆国でもMECHAIKE 21のデザインを手がけたという設定で再登場した。「コシノジュンペイ」は『ガリタ食堂』で人力車の運転手で登場した事もある。

集中寺(しゅうちゅうじ)編集

2010年2月20日開始。「芸能人が日頃の雑念を払いに来るお寺」という設定の架空の寺「集中寺」を舞台に「集中ゲーム」を行う。「只今参上!色とり忍者」に代わって放送が開始された。めちゃイケの4代目のゲームコーナーである[12]。オープニング映像やBGM等はJR東海のコマーシャル「そうだ 京都、行こう。」をモチーフにしている。

挑戦者は壁の方を向いて坐禅を組んで待機し、火の竜清徳扮する「平野和尚にタッチされた者が解答者となる。和尚はメンバーの後ろをゆっくりと巡回するが、稀に部屋を斜めに横切る、特定の参加者を睨み付ける、ムーンウォークをする、反対回りに巡回する、あっちこっち行ったり来たりとジグザグ歩きをするなど「コミカルな動き」をすることがある。

解答者は目をつぶった状態で、和尚にある物を手の上に落とされる。その後落とされた物が何かを触覚集中力のみで判断し、3秒(スペシャルでは5〜10秒)以内にその名称を口頭で答える。間違えた、または時間内に答えられなかった者)は和尚に警策で肩を強打されると同時に「喝」を入れられる。正解した場合はそのまま隣の解答者に出題、以下、誰かが叩かれるか全員正解するまで繰り返される。

基本的には正確な名称を挙げなければ不正解となるが、「数取団」などと同様に「みんなが納得する呼び名」であれば正解と認められる(例:「ナス」→「なすび」、「スクイーザー」→「レモン絞り器」、「ペッパーミル」→「胡椒挽き」、「天狗のお面」→「天狗の面」等)。

2010年7月に岡村の無期限休業に伴う番組コーナー再編により、僅か5ヶ月という早さで終了となった。

成績

みんなでデブエット編集

岡村が休養明けに減量に励む中、逆に標準体重よりも痩せすぎている矢部を太らせ、理想の体型にするという企画。いわば「太る方限定のダイエット」企画であるが、番組内では「デブエット」という造語が使用されている。ガリタ食堂」と称して、カガリP扮する栄養士ガリタさん(ガリ田ガリ子)と共に、ガリタが普段通っている飲食店を回っては、ガリタと同じ高カロリーメニューをただひたすら食べ続ける。当初は岡村のダイエットに合わせた単発のスペシャル企画だったが、好評であったためレギュラーコーナー化した。レギュラー化後は番宣目的のゲストをメインとしたコーナーになったため、矢部を太らせるという企画趣旨は形骸化したが、一応矢部は全回に参加している。当初は矢部とゲストの体重測定も行われ、より太った方が勝利という対決形式が行われた回もあったが、後に廃止された(なお、この対決企画が行われた2013年2月16日放送分にて、食事をしたにもかかわらずゲストの瑛太の体重が開始時より減るという珍事が起きたことがある)。

カガリPが常人の数倍の量を食べる大食漢であるため、矢部やゲストは1軒目から完食に苦労する。どうしても食べきれない場合は、ダイエット中の岡村が少し、残りはカガリ(第1回では、ガリタの助手として出演した高橋真麻アナ)が食べる。

1品食べるごとにカロリーが加算され、どの程度食べているのかが視聴者にもわかるようになっている。ロケで立ち寄った店には「ガリタ出没注意」という、カガリPが来店することを示すステッカーが貼られる。また、飲食店に行くだけでなく、ガリタの手料理を食べることもある。

この企画の放送以降「ガリタ」ことカガリPの人気が急上昇し、2013年3月30日には、東京ヤクルトスワローズ阪神タイガース戦で、カガリPがガリタの姿で始球式を行った。また、同年5月25日には、映画『体脂肪計タニタの社員食堂』の宣伝を兼ね、パロディ元である丸の内タニタ食堂とのコラボレーションを行った。同時期に「フジテレビワンツーネクスト」のイメージキャラクターに任命され、ポスターを飾った。

2013年7月にはandroidアプリとして、ガリタの出没した店舗を検索できる「ガリタマップ」がリリースされた。

2013年12月には、ドラマ『サザエさん』でガリタが本人役として出演した。

小栗旬が登場した回では岡村が紹介する『コリタ食堂』だった。お世話にも美味しいとは言えないお店に行くという企画であり、楽しみにしていた小栗はもちろん、カガリPや矢部もあまりの味に不満や怒りを漏らしていた。

2016年6月にカガリPが営業部に異動した事から、事実上コーナー終了となった。

クイズめちゃイケ編集

『スーパースター岡村感謝祭 めちゃイケNo.1決定戦』(2013年6月29日放送の『ガリタ食堂に月9が参戦 夏に食べたいもんSP!!』)で、珍解答を出して岡村を怒らせた(という設定の)大道具・アートフレームのスタッフに、めちゃイケ赤DVDを自腹で購入させ、そのDVDの中から問題が出題されるミニコーナー。

スタッフ以外にも、EXILE編に関連して関口メンディーGENERATIONS from EXILE TRIBE)、武田杏香E-girls)が、モーニング娘。編[13] に関連して生田衣梨奈工藤遥(いずれもモーニング娘。)ら現役モーニング娘。が答えている。『クイズダービー』の解答者席がベース。

めちゃギントン→めちゃギントン2編集

集中寺」に続くゲームコーナー。2013年6月1日放送開始。タイトル・設定は同じくフジテレビで放送されているイギリスのアニメ『チャギントン』のパロディで、オープニングで本家の映像が使われる、オープニング曲の替え歌が流される、ゲームの音楽にオープニング曲の一部が使われる他、メンバーも登場キャラクターを模した衣装とローラーシューズを着用している。「七人のしりとり侍」、「単位上等!爆走数取団」、「只今参上!色とり忍者」、「集中寺」に続くめちゃイケの5代目のゲームコーナーである。なお、ジャルジャル敦士が新たに参加している一方、初期メンバーであり、「しりとり侍」、「数取団」、「色とり忍者」、「集中寺」に参加していた武田真治、新メンバーの三中元克は不参加となっている。

リズムに合わせて「めーちゃギントン!」コールの後に前の解答者がお題を出し、次の解答者が、そのお題の鳴き声や状態を表すオノマトペ[14]、人名ならオノマトペに聞こえるフレーズ[15]、映画、アニメ、ドラマ名なら印象的なSEやフレーズで回答[16]。2015年5月23日放送分では、アメリカの大学を卒業した関根麻里の提案で、英語のお題は英語のオノマトペで答えるルールが追加された[17]。答えたら同じ要領で次の解答者にお題を出し、それを繰り返す。正誤判定は、出演者同士での合議制となっている。また、しりとり、数取、色とりでは、お題から回答の間に2拍の間があったが、めちゃギントンでは、お題と回答の間に間が無い為、瞬時のひらめきと回答が必要となり、難易度が上がっている。

良いオノマトペで答えると、青文字で「Alright!」、難解なお題を答えると、赤文字で「Fantastic!」のテロップが出され、それ以外でも特別なテロップが出される場合がある[18]。また、難解なお題の事を「特急券」と呼ぶ[19]

誤答、リズムを間違える、お題や解答を言えなかったり噛む、答えが無いお題[20] を出すとアウトになり、発車のベルが鳴り響いて駅員に捕まり、第1回から第15回は「太リーマン」(平均体重が110kgと言われる肥満体型のサラリーマン風の男性、ただし第4回は『ショムニ』の江角マキコ風、第5回と第15回は『EXILE』のHIRO風、第6回は清須会議風、第7回はふなっしー風のコスプレやメイクをしている)の集団(計20人)が乗る満員電車「ギューギュートレイン」(車両のデザインは『チャギントン』のキャラ、「エメリー」を模している)に強引に押し込められ、揉みくちゃにされた揚句外に放り出される。また第10回・第12回・第13回は放送日がスペシャル回であったため、酔客化していたりする。第16回は、「女性格闘家専用車両」からランダムに下車してくるオフィススーツ姿の女性格闘家[21] から技をかけられる内容となる。罰ゲームを受けた回数の単位は「出発進行・○両目(○は罰ゲームを受けた通算回数)」と表示される(シーズン2からは使われていない)。

罰ゲーム時のBGMは、1回目から4回目までは「グリグリおじさん」、5回目から15回目まで(第10回を除く)「Choo Choo TRAIN」(EXILE)の替え歌で、歌っているのはものまねお笑いコンビのダブルネームが担当している[22]。ただし第10回は、その回のゲストゴールデンボンバーの「女々しくて」、第16回はSMAPの「ダイナマイト」が使われた。何回か負けると、太リーマンからSuicaJR東日本のICカード)に似たICカード「Yabaca(ヤバカ)」を首に掛けられることがあり、それをセット内のカードリーダーにかざすと、モニターに「その人にとってヤバい写真や画像」が表示される。

2014年11月8日から「めちゃギントン2」として内容がリニューアルされ、めちゃギントンが好きでゲームに自信がある子供50人(後に60人)の「めちゃギントン チビッコ連合軍」がスタジオに集まり、その中からメンバーが挑戦者を4人選んでゲームを行う。2015年1月10日放送分から、チビッコ連合軍の中に子供に扮した大人ゲストが混ざっており[23]、子供と共にゲームに参加する。アウトになると、発車のベルが鳴り響いてハリセンを持ったなまはげ軍団の「ナマハゲー」が登場して、間違えた解答者が大人ならハリセンで叩かれ、子供なら威嚇しながら襲うが、捕まらなければ逃げても良い。2015年2月21日放送分からは、間違えた解答者が壁に寄せられ、リーダー格のナマハゲーが全力で突進して来る壁ドンで迫った後、間違えた事に対する謝罪やプライベートに関する謝罪を要求され、謝罪後に大人なら頭を叩かれ[24]、子供ならそのまま退場する[25]。その他のルールは同じ。

経費削減による番組改変に伴い、2015年11月21日の放送分を最後に(「色とり忍者」同様)自然消滅の形でコーナー終了。後続のゲームコーナーも設けられなかった為、「しりとり侍」より断続的に続いていためちゃイケのゲームコーナーシリーズはこれで打ち切りとなった。

2018年1月2日の72時間ホンネの旅にて敦士がチャッツワースの格好で登場した。

メンバー
  • ウィルソン・ヒロユキ - 矢部浩之(シーズン1:4両、シーズン2:1敗、合計:5敗)
  • ブルースター・コウジ - 加藤浩次(シーズン1:7両、シーズン2:3敗、合計:10敗)
  • チャッツワース・アツシ - 敦士(シーズン1:1両、シーズン2:1敗、合計:2敗)
  • ホッジ・ジュンペイ - 後藤淳平(シーズン1:4両、シーズン2:1敗、合計:5敗、免れ2回)
  • オルウィン・シンヤ - 有野晋哉(シーズン1:ノーミス、シーズン2:2敗、合計:2敗)
  • ムタンボ・フクトク - 福徳秀介(シーズン1:1両、シーズン2:ノーミス、合計:1敗)
  • ココ・マサル - 濱口優(シーズン1:3両、シーズン2:1敗、合計:4敗)
  • ピート・タカシ - 岡村隆史(シーズン1:7両、シーズン2:3敗、合計:10敗、巻き添え乗車2回)

めちゃギントンのゲストは「他の路線から皆が憧れるスター列車」という設定で電車の扮装で出演する。第5回から第11回まで、第15回以降のゲスト(第7回のふなっしーを除く)は、駅を訪れた客やサラリーマンという設定でスーツ姿で出演する。

人気者たかっしーが行く!編集

2013年11月30日開始。前述「めちゃギントン」2013年11月23日放送分で誕生した、一頭身ゆるキャラふなっしーに似せて作ったゆるキャラ「たかっしー」の中に岡村が入り、マネージャー役の矢部・加藤・有野・福徳が紹介する仕事をこなしていくコーナー。行く先々では濱口と後藤が「たかっしーのファン」に扮し絡んでくる。

たかっしーの目と口はマジックテープで剥がれる様になっており、そこから手を出したり顔を覗かせて直接話をしたり、手を出したりすることもできる。

本家のふなっしーとの共演歴がある他、ビートたけしが演じる「たけっしー」が登場したこともある。

めちゃユルアニメ (仮)兎マサル編集

メインのコーナーの間に流れるショートアニメ。タイトルには「(仮)」が付いているが、これが正式タイトルである。サブタイトルは『笑う夜には福来たるってマジっすか!?』。同局の『めざましテレビ』で放送されているアニメ『紙兎ロペ〜笑う朝には福来たるってマジっすか!?〜』のパロディ作品で、めちゃイケメンバーをモデルにしたキャラクターが登場し、その本人が声を担当して雑談風のトークを行う。

登場キャラクター編集

マサル
濱口をモデルにした紙兎。高校2年生。毎回「カトー電器店」の前で、タカシ先輩と遊んでいる。
タカシ先輩
岡村をモデルにした紙ザル。高校3年生。マサルは後輩であるが、よくからかわれている。
ニシ
フジテレビ大道具の西健太郎をモデルにしたマンモス。高校1年生で、マサルとタカシのパシリ
フクトク
福徳をモデルにしたネコ。高校1年生。
アリノ
有野をモデルにしたラマ。「ラマ課長」とも呼ばれる。カトー電器店の隣でクリーニング屋を営んでいる。
イガラシ先輩
オリジナルキャラクターのイノシシ。タカシとマサルの先輩で、怒らせると恐い元番長。タカシとマサルは「ガラシ先輩」と呼んでいる。卒業後は「お台場の業界人」になっている。
マエダ先輩
オリジナルキャラクターのリス。タカシとマサルの先輩。タカシとマサルは「マエダマエダ先輩」と呼んでいる。
ガリタ
『ガリタ食エスト』のキャラクター。同じくゲームに登場する「エービースー」の女性を侍らせて商店街をウロウロしている。
ロペ
紙兎ロペ〜笑う朝には福来たるってマジっすか!?〜』の兎のキャラクター[26]。服装と眉毛の太さ以外はマサルと同じ。
アキラ先輩[26]
『紙兎ロペ〜笑う朝には福来たるってマジっすか!?〜』のリスのキャラクター。マサルとタカシ先輩に、先輩風を吹かせながら激怒する。

情報ライブ オカネ屋編集

情報ライブ ミヤネ屋』のパロディコーナー。岡村扮する「オカネ誠司」が司会、永島優美アナウンサーがアシスタント、その他メンバーとゲストがパネラーとなり、出演者のお金にまつわる極秘情報に切り込んでいく。

元々はめちゃユルにて矢口真里が出演した際のパロディ企画(矢口は、本家「ミヤネ屋」で復帰出演をしている)をコンセプトを変えて輸入したものである。

オカネは本家に寄せるためにかなり研究しているらしく、宮根の癖や口調から、オープニングでの大阪の日常に関するお話、フロアADに対する叱咤なども忠実に再現しており、宮根本人もオンエアを見た後のミヤネ屋において「自分が向こうに寄せてるように感じるので困る」とコメントしている[27]2016年2月に本家ミヤネ屋でも、本コーナーが開始された。

2016年7月9日放送分で矢部がオカネ屋クルーとして取材していた番組冒頭をフリに、岡村紛する老い目の家主が住むというお台場のゴミ屋敷のゴミ撤去作業から芸人を発掘する演芸企画「ゴミ芸人屋敷」が、同7月1日付でフジテレビ営業局に人事異動された明松功送別会をオチとして放送された。

ほんとにあったフジ縛霊の怖い話編集

ほんとにあった怖い話』のパロディコーナー。お台場の外れにある立ち飲みバル「FUJI BAKUREI」を舞台に、以前にフジテレビの番組・企画・スタッフに対し酷い言動や仕打ちをされ怨みを持った芸人・タレントを「フジ縛霊」と称し、そのエピソードを再現ドラマで紹介。本人からそれらに対する怨みを語ってもらう。また、一部では逆にフジ縛霊の家族やスタッフがめちゃイケメンバーから恐怖を感じた体験が紹介されることもある。

矢部・濱口・大久保は店員。岡村は常連客の「岡村部長」、加藤・光浦・ジャルジャルはその部下として聞き手に回る。また、有野・後藤・たんぽぽは「フジ縛霊」の一員としても登場する。

「フジ縛霊」のメンバーには梶原雄太キングコング)、板倉俊之インパルス)などの「某扉」メンバー、はんにゃ藤崎マーケットなどの「某カーペット」「某劇場」メンバー、千鳥などの「某定理」メンバーなどが出演する。上記番組以外ではめちゃイケ新メンバーオーディションファイナリストのダイノジトミドコロ、元アイドリング!!!メンバー(朝日奈央大川藍酒井瞳横山ルリカ)も出演する。

元々はゼロテレビ「めちゃ×2ユルんでるッ!」内の企画「ヤミっていいとも!」「真冬の超常現象SP」「本当にあったゼロ縛霊の怖い話」、及び27時間テレビでの「お台場のカイダン 本当にあったフジ縛霊の怖い話」が元となっており、また、「めちゃユル」準レギュラーのトータルテンボスも「フジ縛霊」の一員として加わっている。また、ゼロテレビでは「めちゃ×2タメしてるッ!」にて「フジ縛霊予選会」を実施し、優勝した久保田和靖(とろサーモン)が本放送に出演した。

当コーナーで芸人・タレントの「フジ縛霊」が死に装束や紙冠(かみかぶり)を着用している事で視聴者から苦情が来た為、葬儀で紙冠を着用しない所が増えた。

空き時間っす!→日本一責任をとりたくない男編集

「やべっち寿司」のリメイクコーナー。岡村扮するチャラいプロデューサーこと「E村P(モデルは当時のめちゃイケプロデューサー・飯村徹郎)」が収録の空き時間に絡んでいく。めちゃイケのコンセプトである「攻める」にちなんでか、コーナーのBGMには「攻めていこーぜ!(斉藤和義)」が使われている。

当初はめちゃイケメンバーの楽屋に行き、最近のプライベートな話題を起点に絡んでいたが、その後はフジテレビの社員食堂でメンバー3人が食事休憩しているところにカレーを持って乱入。その後、近くのテーブルにいた有名人に対しめちゃイケに出演してもらうよう交渉するという体でトークを行う。

2016年12月3日からは飯村徹郎がCPに昇格したことを受け「E村サラリーマン日記 日本一責任をとりたくない男」へとリニューアル。E村のキャラクターもコンプライアンスを気にしすぎるキャラへと変化し、「問題があったら責任を取るのは番組で一番偉い俺だ」ということから、E村がゲストの持ちギャグやスタンスを「コンプライアンス的にアウト」と難癖をつけてわざと変えていこうとするコーナーに変わった。

その後、2017年6月に行われたフジテレビの異動により飯村CPも編成局に異動しめちゃイケスタッフを卒業したため、2017年8月19日放送分で最終回を迎える。最終話後には編成局で働くE村のもとへめちゃイケメンバーが訪れたが、そこではCP時代とはうって変わってスーツ姿で真面目に働くE村がいた。また、これまで番組では一切姿を見せなかった本物の飯村氏も出演した。

クイズ自分ショック編集

2016年11月19日放送分より開始。「クイズ$マジオネア」から続く暴露コーナー。タイトルやセット(時計台は本コーナー開始前に、2016年10月8日放送分の『めちゃイケ20周年記念抜き打ち中間テスト』で使用している)、システムは『クイズタイムショック』のパロディ。

岡村扮する「ドナルド・オカンプ(元ネタはアメリカのドナルド・トランプ大統領)」司会の下、ルーレットで選ばれたレギュラーの1人が挑戦する。また、第3回以降には偽の打ち合わせをしている(いた)芸能人を選び、「オカンプガード」と呼ばれる屈強な男たちによって強制連行されて挑戦する。オカンプの両隣には外国人美女がいる。

問題は1問につき6秒、1分で10問出題され、全問正解出来れば賞金100万円獲得。問題も9問目までは「自分の生年月日」「自分のコンビ名」など本人であれば非常に簡単な問題だが、最終問題「魔の10問目」には即答するには相当の覚悟がいる、本人が秘密にしていた事柄に関する問題が出され、そのまま答えることができずチャレンジ失敗となってしまう。 チャレンジ終了後は改めて正解の確認(真相の発表)を行う。その中で、内容が女性への度が過ぎたアプローチなどだった場合は、スマートフォン写真加工アプリ「SNOW (アプリケーション) 」風のカチューシャ「オカンプSNOW」を付けて謝罪を兼ねた写真撮影をするが、オカンプのスイッチによってカチューシャにショックが与えられるお仕置きとなっている。

また、オカンプに対し歯向かうような発言をした場合は、「オカンプショック」として座っている席に電流が流れるようになっている[28]

パチモンさりな with Tの尺とったったー!編集

2017年6月10日放送分より開始。メンバーがいるところや宣伝を兼ねてゲストとトークをしている所に、ブルゾンちえみ風のメイクとコスプレをした「パチモンさりな」が「with T」ことたむらけんじを従え、メンバーやゲストに絡んでいく。

元々紗理奈は素人時代にたむらと一時期交際しており、2007年にはやべっち寿司にて紗理奈が「芸能人になる前に真剣交際していた相手」として実名告白をしたが、その衝撃度や両者とも夫・妻がいたことから厳重な緘口令が敷かれ封印されていた。が、2013年に両者とも離婚したことにより番組内で事実を解禁。その際に両者がよりを戻すか否かたむらが告白する企画を設けた。結果は紗理奈が断ったものの両者の関係は仲良くなり、たむらも番組やゼロテレビに度々出演してエピソードを披露しており、本コーナーはその延長線上である。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『朝日新聞』1996年10月19日付朝刊、40面、テレビ欄。
  2. ^ ボイスチェンジャーを用いて声が分からなくなっているが、後に「めちゃめちゃタメしてる!」内で山本により、声の主が片岡総監督であることが明かされている。
  3. ^ 元全日本女子プロレスリングアナウンサー・今井良晴さん死去 ガキ使人気対決でもコール ORICON STYLE 2013年07月29日
  4. ^ ディアナ勢めちゃイケ出演情報! - ディアナ最新情報 2014年5月29日
  5. ^ “「極悪レフェリー」阿部四郎さん死去 クラッシュギャルズ苦しめる”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2017年4月25日). https://www.daily.co.jp/ring/2017/04/25/0010128654.shtml 2017年4月25日閲覧。 
  6. ^ 道場六三郎周富徳神田川俊郎平野レミ木村祐一ケンタロウ浜内千波などの料理関係の著名人が出演する際は改良案が提示され、うちいくつかはメニューとして採用されている。
  7. ^ 本家『びっくり日本新記録』でも実況を担当
  8. ^ だがその後の企画で矢部は岡村に〈同じ時計屋で〉高級腕時計を3つも買ってもらっていたため、最終的に岡村が損をしていた。
  9. ^ 答えとなる人物が先輩であり、かつゲストとして来ているにも関わらず呼び捨てにするなど。
  10. ^ 2007年10月20日放送の「イケメン色とりパラダイス」では、小栗旬高岡奏輔が数取団のファンだった事から、特別に関取団・火の竜が登場し相撲を取ったが、火の竜は赤兵衛を怒りの根源としてずっと挑みたがっていた。最終的に赤兵衛がお手付きした後、雪洞で顔を炙った。
  11. ^ 日本テレビ系のドラマ『太陽にほえろ!』での小野寺演じる島公之の愛称に由来。
  12. ^ しかし、他のゲームコーナーとゲーム内容が異なる事や、コーナー期間の短命さから、公式ではゲームコーナーとしてカウントされていない事がある。2018年3月31日の最終回にて放送されたしりとり侍最終回の中ではこのコーナーはゲームコーナーとしてカウントされていなかった。
  13. ^ 当時まだテレビ解禁されていなかった山本が映像に出る場合にはボカシ処理が施されている
  14. ^ 例:犬→ワンワンワン、猫→ニャーニャーニャー、焼肉→ジュージュージュー、雪→シンシンシン、江戸っ子→チャキチャキチャキ、パトカー→ウーウーウーなど
  15. ^ 例:アントニオ猪木→ダー!ダー!ダー!、ダンディ坂野→ゲッツ!ゲッツ!ゲッツ!、アラレちゃん→キーン、さかなクン→ギョギョギョ、ダチョウ倶楽部→ヤー!ヤー!、上島竜兵→くるりんぱ!、間寛平→アヘアヘアヘなど
  16. ^ 例:あまちゃん→じぇじぇじぇ、北斗の拳→あたたたたーっ!
  17. ^ 例:DOG(犬)→BOW,WOW,WOW(バウワウワウ)、CAT(猫)→MEOW,MEOW,MEOW(ミャオミャオミャオ)、PIG(豚)→OINK,OINK,OINK(オインクオインクオインク)など
  18. ^ 遠藤章造が元妻の千秋、ホッジがジャイアント馬場、ムタンボがカラスのお題で、ものまねが上手かった事から「うまい!」、ムタンボがせんだみつおのお題に「ナハナハナハナハ」と、ナハを一個余計に答えた事から「多い!」、定番お題の村上ショージを村上本人が答えた際は「ホンモノ!」と、それぞれ赤文字のテロップが出され、ムタンボの上手いカラスの鳴き声の後にピートが普通にカラスの鳴き声を答えた時は「逆にふつう!」と青文字のテロップが出され、声帯を痛めて声がガラガラの本間朋晃が猫のお題に答えた際は、聞き取りづらかったため「たぶん」と緑文字のテロップが出された。
  19. ^ 例:喫茶店→カランコロンカラン、キリン→モーモーモー、イルカ→キュイキュイキュイ、悪の道→ズルズルズル、ゴキブリ→カサカサカサ、入れ歯→カパカパカパなど
  20. ^ 遠藤章造が「ゲッツー」のお題を出してホッジが答えられなかった際、遠藤の考えた解答は「ロクヨンサン」であったが、ロクヨンサン(6、4、3)は守備のポジションを数字で表したものであり(6はショート、4はセカンド、3はファーストを表す)、オノマトペではないので、遠藤がアウトとなっている。
  21. ^ 種目はプロレスラーやキックボクサー、総合格闘家など様々(罰執行人、横瀬いつか世羅りさ藤本つかさ伊藤薫)。
  22. ^ ダブルネームのジョーが 自身のTwitter にて、質問に答える形で証言している。
  23. ^ 2015年1月31日放送分で「めちゃイケPTA」として出演した他のレギュラーメンバーは、三中以外はスーツ姿で登場した。
  24. ^ 謝罪しない場合は平手打ちされる。
  25. ^ コーナーレギュラーで、リーダーのししまるは頭を叩かれた。
  26. ^ a b 『紙兎ロペ』と『(仮)兎マサル』がコラボ!2話完結ストーリー放送 2014年8月16日
  27. ^ 宮根誠司氏が「情報ライブ オカネ屋」での岡村隆史のモノマネに困惑「いつものように動けない」
  28. ^ 加藤曰く「剣山みたいのがガガガガッって」。稀に発言したメンバーとは違うメンバーに「オカンプショック」が流れることがある。