メインメニューを開く

もう一度夜を止めて」(もういちどよるをとめて)は、1987年10月21日に発売された崎谷健次郎の通算3枚目のシングル[1]。「HALF MOON」(ハーフ・ムーン)をカップリング曲に収録している。なお、同年12月5日には、「夏のポラロイド」「思いがけないSITUATION」を併せて収録したシングルCD3として発売されている。

もう一度夜を止めて
崎谷健次郎シングル
初出アルバム『Realism
KENJIRO SAKIYA COMPLETE BEST Love Ballads
B面 HALF MOON
リリース
規格 シングルレコード
シングルカセット
録音 1986年-1987年
Two-Two-One.Studio
ジャンル J-POP
時間
レーベル PONY CANYON SEE・SAW
シングルレコード:7A-0773
シングルカセット:10P-3154
作詞・作曲 秋元康有木林子
崎谷健次郎武部聡志
プロデュース 秋元康、崎谷健次郎
チャート最高順位
崎谷健次郎 シングル 年表
夏のポラロイド
(1987年)
もう一度夜を止めて
(1987年)
THIS TIME
1988年
テンプレートを表示
もう一度夜を止めて
崎谷健次郎シングル
初出アルバム『Realism
KENJIRO SAKIYA COMPLETE BEST Love Ballads
A面 もう一度夜を止めて
夏のポラロイド
思いがけないSITUATION
リリース
規格 シングルCD3
録音 1986年-1987年
Two-Two-One.Studio,
Moon.Studio,
SEDIC.Studio
ジャンル J-POP
時間
レーベル PONY CANYON SEE-SAW
シングルCD3:D15A-0337
作詞・作曲 秋元康崎谷健次郎武部聡志
プロデュース 秋元康、崎谷健次郎
チャート最高順位
  • 週間25位(オリコン)
崎谷健次郎 シングル 年表
夏のポラロイド
(1987年)
もう一度夜を止めて
(1987年)
THIS TIME
1988年
テンプレートを表示

目次

解説編集

  1. もう一度夜を止めて
    • シチズン「ライトハウス」のテレビコマーシャルイメージソング(1987年)として起用された。
    • 映画『いとしのエリー』(1987年、東宝、監督:佐藤雅道、主演:前田耕陽国生さゆり)挿入曲。
    • 映画『孔雀王』(1988年東宝)では、「IF EVER YOU FALL」(英語詞:BANDIT)の英語ヴァージョンが挿入歌として起用された[2]
    • テレビドラマ『東京ラブストーリー』(1990年、フジテレビ)挿入曲。
    • テレビドラマ『恋する日曜日』(2003年、BS-i)主題歌。
    • 崎谷が21歳での制作作品である[3]
    • Two-Two-One.スタジオにて、収録された[2]
    • レコードジャケットは、暖色に照らされた部屋に置かれた丸テーブルに握りこぶしの右手を伸ばしたジャケット姿の崎谷が左下に視線を下して着席する姿を写し出している。CD3も同じである[4]。シングルカセットでは、握りこぶしではなく右手は頬杖を突いている姿で異なる[5]
    • 1st.アルバム『DIFFERENCE』に収録する予定であったがシングル発売時期の関係で見送られ、2nd.アルバム『Realism』に弾き語りによるrequestバージョンが収録されている[2]
    • 10th.アルバム『PIECE OF DREAMS』には、2010ver.と同instrumentalを収録している。
    • 12th.アルバム『SIGNS』には、2017ver.を収録している。
    • 2nd.ベストアルバム『KENJIRO SAKIYA COMPLETE BEST Love Ballads』にシングルバージョンを収録している。
    • 3rd.ベストアルバム『崎谷健次郎 BEST COLLECTION』にシングルバージョンが収録されている。
    • 4th.ベストアルバム『崎谷健次郎 GOLDEN☆BEST』にシングルバージョンが収録されている。
    • 5th.ベストアルバム『プラチナムベスト 崎谷健次郎〜Mellow Groove Collection〜』にシングルバージョンが収録されている。
    • 2nd.インストゥルメンタルアルバム『KENJIRO SAKIYA HAND MADE MUSIC BOX "BRIDAL EDITION" 』にはオルゴールバージョンが収録されている。
    • 3rd.インストゥルメンタルアルバム『SAKIYA PLAYS HIS SONGS / piano instrumental "PIANISM"』にはピアノ・インストゥルメンタルバージョンが収録されている。
    • 4th.インストゥルメンタルアルバム『PIANOIR ~Sakiya plays his songs~』にはピアノ・インストゥルメンタルバージョンが収録されている。
    • 5th.インストゥルメンタルアルバム『BOSSA DRIVE』にはピアノ・インストゥルメンタル・ボサノババージョンが収録されている。
    • オムニバスアルバム『孔雀王サウンドトラック』には、「IF YOU EVER FALL」として英語ヴァージョンが収録されている。
    • 多くのアーティストによって、カヴァーされている。
      • 1992年9月11日軽井沢プリンスホテルで開催されたライヴ"ANOTHER SCENE IN KARUIZAWA vol.2"で、楠瀬誠志郎がカヴァーを披露した[6]
      • 1995年7月1日、リゾナーレビブレクラブ小淵沢で開催されたアコースティック・ライヴ"ANOTHER SCENE IN RESONARE vol.4 "で、かとうれいこがカヴァーを披露した[7]
      • 1999年7月7日、BLUES ALLEY JAPANで開催されたライヴ"Ken's Bar"で、平井堅がカヴァーを披露した[8]
      • 2005年11月9日Skoop On Somebodyが両A面シングル「誰かが君を想ってる」に、ライヴで好評だったため、「もう一度夜をとめて」としてカヴァー収録している[9]
      • 2006年2月22日、Skoop On Somebodyが7th.アルバム『Pianoforte』に、「もう一度夜をとめて(club SOS version)」をカヴァー収録している[10]
      • 2009年2月7日東京文化会館で開催されたコンサート"POPULAR WEEK produced by 大友直人武部聡志×川江美奈子」"では、川江がピアノ弾き語りカヴァーで披露した[11]
      • 2010年9月1日、10th.アルバム『PIECE OF DREAMS』に「もう一度夜を止めて(2010ver.)」「同〜instrumental〜」として崎谷自身が23年ぶりにリメイクし、収録している[12]
      • 2012年2月29日、東京・世田谷ZESTで開催されたライヴ"名手久詞&成田圭LIVE"で、成田圭がカヴァーを披露した[13]
      • 2013年11月20日ダイアモンド☆ユカイがカヴァーアルバム『RESPECTⅡ』に「もう一度夜を止めて」を収録している。ユカイは「俺が歌うとロッドスチュワートのような雰囲気になるんじゃないかと思って歌ってみたら予想通り、ロックのバラードになったぜ。自分自身、かなり気に入っている!」[14]ため、"男が惚れる男の歌"として集めたアルバムの代表曲として、PVを制作し、広告媒体にも用いている。
      • 2017年9月6日、12th.アルバム『SIGNS』に「もう一度夜を止めて(2017ver.)」として2年ぶりにリメイクし、収録している。[15]
  2. HALF MOON
    • 1st.アルバム『DIFFERENCE』に収録されている。

収録曲編集

シングルレコード
  1. もう一度夜を止めて
    作詞:秋元康、作曲:崎谷健次郎、編曲:崎谷健次郎 / 武部聡志
  2. HALF MOON
    作詞:有木林子、作曲 / 編曲:崎谷健次郎
シングルCD3
  1. もう一度夜を止めて
    作詞:秋元康、作曲:崎谷健次郎、編曲:崎谷健次郎 / 武部聡志
  2. 夏のポラロイド
    作詞:秋元康、作曲:崎谷健次郎、編曲:崎谷健次郎 / 武部聡志
  3. 思いがけないSITUATION
    作詞:秋元康、作曲 / 編曲:崎谷健次郎

関連作品編集

脚注編集

  1. ^ 崎谷健次郎公式ウェブサイト『kenjirosakiya.com』「Discography もう一度夜を止めて」
  2. ^ a b c 『Special Comments Of KENJIRO SAKIYA Complete Best"LOVE BALLADS"』「もう一度夜を止めて」(moonlighting 2003年3月19日発行)
  3. ^ 『Special Comments Of KENJIRO SAKIYA Complete Best"LOVE BALLADS"』「KISSの花束」(moonlighting 2003年3月19日発行)
  4. ^ 当該レコードおよびCDジャケット参照。
  5. ^ 当該カセットジャケット参照。
  6. ^ GUITAR BOOK』第15巻第12号「崎谷健次郎 CHEERS!KARUIZAWA」(ソニー・マガジンズ 1992年12月1日発行)
  7. ^ NHK-BS2『崎谷健次郎 with かとうれいこ アコースティック・ライブ in 小淵沢』(1996年2月20日放映)
  8. ^ 平井堅ファンウェブサイト『gaining_through_losing』「Ken's Bar」
  9. ^ ソニーミュージック公式ウェブサイト内『Skoop On Somebody』「誰かが君を想ってる」
  10. ^ ソニーミュージック公式ウェブサイト内『Skoop On Somebody』「Pianoforte」
  11. ^ 『LUCID NOTE SHIBUYA』ウェブサイト「POPULAR WEEK 2009 Produced by 大友直人」(2009年2月7日付)
  12. ^ 崎谷健次郎公式ウェブサイト『kenjirosakiya.com』「Discography PIECE OF DREAMS」
  13. ^ 成田圭旧公式ブログ『とっぴんぱらりのぷー』「4年に一度」(2012年2月22日付)[リンク切れ]
  14. ^ ダイアモンド☆ユカイ公式ブログ『ゆかいなサムシング』「もう一度夜を止めて」(2013年12月3日付)
  15. ^ 『崎谷健次郎30周年記念アルバム公式ウェブサイト SIGNS』「TOP」(KenjiroSakiya.com)