もしもツアーズ

もしもツアーズ』は、フジテレビと一部のフジテレビ系列2002年10月5日から毎週土曜日 18:30 - 19:00(JST)に放送されている旅行バラエティ番組である。正式名称は『もしもツアーズ 〜the tour makes your Sunday Happy〜』( - ザ・ツアー・メイクス・ユア・サンデー・ハッピー)。通称『もしツア』。ハイビジョン制作2008年3月29日より)、番組連動データ放送あり。2017年10月の放送で15周年を迎えた。後述の通り、レギュラー放送は全国ネットではない。

もしもツアーズ
〜the tour makes your Sunday Happy〜
ジャンル 紀行番組 / バラエティ番組
放送時間 土曜日 18:30 - 19:00(30分)
放送期間 2002年10月5日 - 現在(688回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 浅井企画
演出 佐々木繁雄(CD)
石川祐樹
監修 黒木彰一(アドバイス)
プロデューサー 朝妻一佐久間茂
西敏也
濱野貴敏CP
出演者 キャイ〜ン
ウド鈴木天野ひろゆき
三瓶
Kis-My-Ft2
はんにゃ
金田哲川島章良
ほか
ナレーター 柳原可奈子
音声 モノラル放送
(モノステレオ放送)[1]
字幕 文字多重放送
データ放送 番組連動データ放送
エンディング Kis-My-Ft2All Around The World
外部リンク 公式サイト

特記事項:
放送回数は2017年11月11日放送分まで。
テンプレートを表示

目次

概要編集

当番組は、キャイ〜ンら出演者がちょっとした工夫やアイデアを加えた『家族でできる面白ツアー』を体験し、視聴者に向けて『もしもの日曜日お出かけツアー』を伝える全編ロケ番組である。この番組コンセプトは、当番組のサブタイトル「the tour makes your Sunday Happy」(「ツアーはあなたの日曜日を幸せにする」という意味)にも表れている。

ツアーは番組のオリジナルバス「もしツアバス」で出掛ける。

ツアー先は東京から日帰り旅行ができる範囲を基準としており、関東地方伊豆半島を取り上げることがほとんどであるが、スペシャル時は北海道関西地方沖縄県を回ることもある。日帰りを前提としているため、宿泊のためのホテルや旅館は紹介されない。ただし、取り上げた旅行箇所近辺のホテル宿泊券等の視聴者プレゼントは毎回ではないがある。

毎回ツアーのテーマがあり、そのテーマに関するエキスパートがツアープレゼンターで登場し、ツアーガイド役とともに行く先々を紹介する。

「もしツアルーレット」を使い、レギュラーとゲストのうち料理や温泉等を楽しめない人を決める。逆に、「もしツアルーレット」に自分が当たった人のみ料理や温泉を楽しめるパターンもある。また、寿司の場合は食べられないだけではなく、自腹でメンバー全員の分も払うのも恒例。なお、ルーレットは通常エキスパートが回す。

「もしツアルーレット」の時の掛け声『もしツア、もしツア、ルーレットスタート! 』と振り付けは天野ひろゆきが考えたものである。レギュラーになる前のKABA.ちゃんがゲストに来た時に提案した振り付けをしていた時期もあるが、現在はまた天野バージョンに戻っている。

番組の最後について、初期はウド鈴木によるダジャレで締めていたが、2005年4月から2011年3月はウドによる当該時期の19時台番組の類似企画(『脳内エステ IQサプリ』にちなむ「ウドQサプリ」→「ウドQサッパリ」、『爆笑レッドカーペット』にちなむウドが登場土地の物をお題にゲストとのダジャレで締める「ウッドカーペット」、『人志松本の○○な話』にちなむウドが旅行に関する話をで述べる「鈴木ウドの○○な話」、『(株)世界衝撃映像社』にちなむ旅行に関する映像を公開する「(株)ウド小撃現像社」)が行われるのが恒例だった。2011年4月からは再び初期に行われていたウドのダジャレで締める演出に戻っている。 2005年4月から2011年3月までのウドのコーナーは、19時からの番組がプロ野球中継特別番組等で、通常の放送がない週でも行われる。

スペシャル時の場合、東海テレビ関西テレビなど大半が同時間帯における自社番組を放送するために19:00開始の短縮版にするケースがほとんどである。これは改編期に見られる。

なお、番組内に出てくるイラストはウドが書いたものである。また、収録は基本的に毎週水曜日に行う。

直後の土曜19時台の番組への接続は、原則としてジャンクション・ステブレ入りだが、不定期にステブレレス接続になることもある。

番組史編集

2004年10月23日新潟県中越地震の『FNN報道特別番組』のため同時ネット局のみ休止。

2005年10月1日 18:30 - 20:54、番組初の2時間半スペシャル放送。また、番組初のゴールデンタイムプライムタイムでの放送となった。

新ドラマスタート時には、レギュラーメンバーが新ドラマの撮影現場を巡る特別番組「ドラマツアーズ」が2005年頃まで放送された後一時休止されていたが、2010年1月23日に「もしもツアーズ特別編」としてチャンネルΣ枠にて約5年ぶりに放送された。

2006年3月18日 18:30 - 19:57、キャイ〜ンによるツアー案プレゼン対決がスペシャル(1時間半)恒例となり、その年の12月23日 18:30 - 20:54には2度目の2時間半スペシャルとして放送された。

2006年4月22日放送では、「サザエさん生誕60周年記念ツアー」(桜新町)のため、番組内ではアニメ版「サザエさん」の世界に「もしツア」出演者がアニメで登場した(アニメ制作はエイケン)。アニメキャラとの共演はこれが初だった[2]

2008年3月29日放送のスペシャル「春の房総 頭が良くなるIQサプリツアー」からハイビジョン制作に移行(アナログ放送は4:3サイドカット)。

2008年4月12日放送では、3本のうち2本のロケでツアーガイド役の坂下が欠席し、松尾翠戸部洋子が代役としてそれぞれのロケを担当。その後4月14日に坂下は第1子の妊娠を発表した。4月26日放送では正式に産休を発表し、以後2009年3月14日放送までの間は各回毎にタレントもしくはフジテレビアナウンサーがツアーガイド役を担当していた。

2008年5月3日の松尾がツアーガイド代役の回では、前々日放送の『めざにゅ〜』のコーナー「ココCHECKチアキアルキ」のロケ日とこの本番組のロケ日が重なり、松尾と当時『めざにゅ〜』木・金・土曜日のお天気担当の岩崎千明がロケ中に遭遇した。[3]

2008年8月23日 15:00 - 15:26に、「もしもツアーズ特別編」(一部地域を除く)を放送。

2009年3月21日放送のスペシャル「観光バスが集まる!焼津・築地・松島 3大市場ツアー」よりツアーガイド役の坂下が復帰。

2009年3月28日放送により、放送回数300回を迎えた。この日の放送はもしツアルーレットが行われなかった。

2009年4月18日放送から、もしツアルーレットが復活した。さらに、この日から新コーナー「ウッドカーペット」が始まった(後番組が『爆笑レッドカーペット』だったことに因んだ企画)。

2009年10月10日は「箱根スペシャル」を90分スペシャルで放送。

2009年12月19日 「もしもツアーズ 冬の京都人気おみやげ100品を1日で食べつくすぞ!SP」(18:30-19:57)

2010年1月16日西伊豆2010円ツアー」を放送。

2010年5月8日より、新コーナー「鈴木ウドの○○な話」が始まった(後発番組が『人志松本の○○な話』だったことに因んだ企画)。

2010年5月15日放送分でツアーガイド役の坂下が第2子の妊娠を発表。その為同年5月22日放送より産休に入り、以降ツアーガイド役は再びタレントもしくはフジテレビアナウンサーが担当していた。

2010年7月10日放送より、地上アナログ放送では16:9レターボックスサイズに移行した。

2010年10月16日放送より、新コーナー「(株)ウド小撃現像社」が始まった(後発番組が「(株)世界衝撃映像社」だったことに因んだ企画)。

2011年3月12日、前日午後に発生した東日本大震災に関するFNN報道特別番組放送のため休止した。翌週3月19日の2時間半スペシャルでは番組中盤でキャイ〜ンと三瓶[4]が被災者へのメッセージを宛てた。

2011年5月7日放送にて、2度目の産休明けの坂下がゲストとして番組に復帰した。なおレギュラーからは降板したことを同日放送分の収録について記した坂下本人のブログで明かした。これによりツアーガイド役は正式に各回ごとにタレントもしくはフジテレビ女性アナウンサーが担当することとなり同年9月24日まで続いた。

2011年10月1日放送から新レギュラーとしてはんにゃKis-My-Ft2が、坂下に替わる2代目のツアーガイドに平愛梨が加わり、大幅リニューアルとなる。

2013年3月16日 13:30 - 15:25に当番組をベースとした特別番組「芸能人親子ツアーズ」が関東地区で放送された。出演はキャイ〜ンとずん飯尾和樹やす)、ツアーゲストの内藤大助親子、八木真澄サバンナ)親子、田中卓志アンガールズ)親子、ナレーターの柳原のみで、キャイ〜ン以外のレギュラー陣の出演はなかった。

2014年2月22日放送分(東京駅祝100周年 今夜決定!史上最強の駅弁No.1決定戦SP)の終盤で天野が元アナウンサーの荒井千里と結婚したことを報告した。

2014年8月19日、「もしツア特別編 夏休みまだまだ楽しめる日本一だらけのお得ツアーズ」を『カスペ!』枠にて全国ネット放送[5]した。この特番は生放送で行われ、連動データ放送を使用した視聴者プレゼント企画が実施された。またナレーターは武田祐子と真地勇志が担当し、通常回で担当している柳原は休み[6]となった。  

2015年3月7日・2016年5月14日は平が不在のため、三瓶が代理ツアーガイドを担当した。

2015年4月4日 18:30 - 19:57に放送された1時間半スペシャルには、直後の『めちゃ2イケてるッ!』の3時間スペシャル(19:57 - 23:10)とのコラボレーションとして、当番組にめちゃイケメンバーがゲスト出演した。

2017年2月4日サッカー日本代表長友佑都との結婚によるイタリア移住に伴い、平が番組を降板。以降は坂下の時と同様ツアーガイド役は各回ごとにタレントが担当していた[7]

2017年4月15日放送より、3代目ツアーガイドに福原遥、週替わりレギュラーとしてフェアリーズ伊藤萌々香[8]平祐奈[9]が出演。

FNS27時間テレビ』の放送開始が19:00の時は、その年の総合司会やコーナー出演者などが登場していた。2006年では高島彩(当時フジテレビアナウンサー)が冒頭のみ登場、中居正広SMAP)がVTRでの出演、2007年では東国原英夫(当時宮崎県知事)が出演した。2008年では高島・中野美奈子(当時フジテレビアナウンサー)が冒頭から登場し終盤に明石家さんまが登場した。2009年では里田まいスザンヌ南明奈が冒頭から登場し、後半にはめちゃイケメンバー[10]が登場した。2010年ではスザンヌがツアーガイドとして登場し、庄司智春品川庄司)がゲストとして登場した。2011年以降は18:30開始との体制になったため、番組自体は休止となっている。

出演者編集

レギュラー編集

など その他に、ゲストや毎回その旅のテーマに詳しいエキスパートが出演している[12]

ナレーション編集

  • 柳原可奈子(2代目ナレーション、2011年10月1日から。週によりフジテレビのアナウンサーが担当する場合もある)

過去の出演者編集

  • セイン・カミュ(隔週、- 2005年3月 ※降板後も2011年9月までタイトルコールの英語部分はセインの声が使用されていた。現在は天野が担当している。)
  • 関根勤(隔週、- 2008年9月)
  • KABA.ちゃん(隔週、2005年4月 - 2008年9月)
  • 坂下千里子(初代ツアーガイド、-2010年、※2度目の産休時に降板。)
  • 武田祐子(フジテレビアナウンサー、初代ナレーション、 - 2011年9月24日・2013年4月23日…『カスペ!』枠・2014年8月19日…『カスペ!』枠 ※産休を期に降板。またメンバーとして番組に出演した事もあり、その時は同じフジテレビアナウンサーだった中村仁美がナレーションを担当した。2013年4月23日のカスペ!枠でのSPは柳原が裏番組出演のため、同年7月13日は柳原が体調不良のため、それぞれ代役で復帰した。)
  • 平愛梨(2代目ツアーガイド、2011年10月1日 - 2017年2月4日、※結婚及びイタリア移住のため降板。)

変遷編集

担当 出演者
2002年10月 - 2005年3月
ガイド 坂下千里子
レギュラー 毎週 キャイ〜ン/三瓶
隔週 セイン・カミュ/関根勤
ナレーション 武田祐子
2005年4月 - 2008年9月
ガイド 坂下千里子
レギュラー 毎週 キャイ〜ン/三瓶
隔週 KABA.ちゃん/関根勤
ナレーション 武田祐子
2008年10月 - 2010年12月
ガイド 坂下千里子
レギュラー キャイ〜ン/三瓶
ナレーション 武田祐子
2011年1月 - 2011年9月
レギュラー キャイ〜ン/三瓶
ナレーション 武田祐子
2011年10月1日 - 2017年2月4日
ガイド 平愛梨
レギュラー 毎週 キャイ〜ン/三瓶
週替わり Kis-My-Ft2/はんにゃ
ナレーション 柳原可奈子
2017年4月15日 -
ガイド 福原遥
レギュラー 毎週 キャイ〜ン/三瓶
週替わり Kis-My-Ft2/はんにゃ/平祐奈/伊藤萌々香
ナレーション 柳原可奈子

ネット局編集

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ 備考
関東広域圏 フジテレビ フジテレビ系列 土曜 18:30 - 19:00 同時ネット 制作局
北海道 北海道文化放送 [13]
秋田県 秋田テレビ [14]
山形県 さくらんぼテレビ
福島県 福島テレビ
富山県 富山テレビ [15]
鳥取県島根県 山陰中央テレビ
愛媛県 テレビ愛媛 [16]
宮城県 仙台放送 土曜 17:00 - 17:30 遅れネット [17][18]
新潟県 新潟総合テレビ 日曜 9:30 - 10:00 [19]
長野県 長野放送 土曜 17:00 - 17:30 [20][21]
静岡県 テレビ静岡 [22][23]
岡山県・香川県 岡山放送 土曜 1:05 - 1:35(金曜深夜) [24]
高知県 高知さんさんテレビ 金曜 15:30 - 16:00 [25]
佐賀県 サガテレビ 日曜 8:25 - 8:55 [26][27]
  • この他、アメリカ合衆国でも、フジテレビが現地ケーブルテレビ局を通じ、ロサンゼルス(現地時間金曜日)およびホノルル(同土曜日)で同番組を放送している。
  • 遅れネット局での拡大版は同時ネットを行うが、土曜18:30からフルネットを行う局と19:00以降から飛び乗りを行う局とで対応が分かれる。テレビ大分では19時台は日本テレビとネットを組んでいるため、同時ネットを一切行わない。

非ネット・不定期ネット局編集

これらの局では主に穴埋め番組として放送。

  • 青森放送 - 日本テレビ系列
  • 岩手めんこいテレビ - 2008年6月までは金曜 0:45 - 1:15(木曜深夜)、2008年7月からは土曜 16:00 - 16:30、2009年4月からは月曜 0:25 - 0:55(日曜深夜)に放送し、2009年12月28日の放送で一旦打ち切り。2010年11月2日から火曜 17:24 - 17:54にて放送を再開するも、2011年1月25日の放送で再度打ち切り。2012年4月2日からは月曜 16:23 - 16:53で遅れネットで再び放送再開。2012年10月29日から不定期放送。2014年4月12日から土曜 11:15 - 11:45にて放送を再開するも、2014年10月から再び不定期放送。
  • 山梨放送 - 日本テレビ系列
  • 石川テレビ - 2008年3月までは土曜 16:00 - 16:30、2008年4月 - 2013年3月は日曜 9:30 - 10:00、2013年4月7日 - 2015年6月27日は土曜 9:55 - 10:25、2015年7月 - 2015年9月までは不定期放送。2015年10月より金曜 1:40 - 2:10(木曜深夜)で定期放送を再開し、2016年4月より火曜 1:40 - 2:10(月曜深夜)、2017年1月より水曜 1:40 - 2:10(火曜深夜)に移動したが、2017年3月で再度打ち切り。スペシャル放送時は同時ネット。
  • 福井テレビ - 2015年3月まで同時ネット、2015年4月から木曜15:53 - 16:23に移動したが、2015年9月3日で打ち切り。
  • 東海テレビ - 主に日曜夕方に放送。2011年4月4日に限り同時ネット。
  • 関西テレビ - 2013年5月より不定期で遅れネットで放送されている。数年前にも週末の夕方に不定期放送されていた。
  • テレビ新広島 - 特番(30分カット短縮版)のみ同時ネットし、通常版を不定期放送しながら自社制作番組を長年放送していたが、『サタ・スポ』終了後の2008年1月19日放送分から同時ネット。2015年4月11日から同時間帯に自社制作番組『行きたがリーノ』(3月までは土曜16:30 - 17:00で放送)が移動したことよりレギュラー放送としては打ち切り、再度平日午後枠を中心とした不定期放送に降格。
  • テレビ山口 - TBS系列(ただし2004年10月から2005年3月までは日曜11:00 - 11:30に、2007年7月30日から9月25日までは月曜 23:55 - 翌0:25に、いずれも定期番組として放送されたことがある)
  • テレビ西日本 - 2002年10月12日から放送していたが、半年余りでレギュラーネット打ち切り。その後も、番組の空き時間に不定期に放送していた。2013年3月30日放送分(フジテレビ)から放送が再開され、2013年10月までは金曜 19:28 - 19:57に、2013年11月9日から12月29日までは土曜17:00 - 17:30に枠移動して放送されていた。2013年12月29日(フジテレビでは、2013年12月14日放送分)を最後に不定期放送に戻った。2015年10月以降は土曜 18:30 - 19:00の番組が休止の場合の穴埋めとして放送されている。まれに同時ネットで放送される。
  • テレビ長崎 - 2010年9月25日までは土曜 17:00 - 17:30だったが、『さんまのまんま』と枠を交換し、2010年10月2日から2013年3月まで同時ネットしていた。2013年7月6日のみ、『超潜入!リアルスコープHYPER』とのコラボ合体スペシャルにて本番組をフルネットで放送した。
  • テレビ熊本 - 2011年9月まで同時ネットしていたが、打ち切り。2016年4月より日曜 8:25 - 8:55で放送再開。2016年10月29日より同時ネットに戻ったが、2017年4月22日をもって再度打ち切り。
  • テレビ大分 - 日本テレビ系列とのクロスネット局。2014年3月12日まで水曜 16:21 - 16:50に放送していた。
  • テレビ宮崎 - 日本テレビ系列テレビ朝日系列とのクロスネット局。本来の時間には自社制作番組『U-doki』を放送。2009年5月15日 - 2010年4月9日は月曜 15:54 - 16:23→金曜 15:54 - 16:23、2010年4月13日 - 2014年9月30日は火曜 10:45 - 11:1、2008年3月までは土曜 11:00 - 11:30、同年10月までは木曜 10:45 - 11:15、2014年10月28日から2015年3月24日まで火曜 14:55 - 15:25に放送していた。
  • 鹿児島テレビ - 2013年7月6日のみ、『超潜入!リアルスコープHYPER』とのコラボ合体スペシャルにて本番組をフルネットで放送した。
  • 沖縄テレビ - 本来の時間には自社制作番組『ひーぷー☆ホップ』を放送。開始当初から同時ネットで放送されていたが、左記の番組の1時間化により、2009年9月26日より遅れネット。以前は土曜15:55 - 16:25に放送していた。土曜 9:55 - 10:25に放送していたが、2013年9月をもって打ち切り。

スタッフ編集

  • ナレーション:柳原可奈子
  • 構成:堀田延村上卓史天野慎也、塩沢航、岸本浩二
  • イラスト:ウド鈴木
  • リサーチ:堀内大希
  • 美術プロデューサー:古江学
  • 美術進行:鈴木あみ
  • デザイン:武田麻衣子
  • スタイリスト:角田今日子
  • メイク:丹澤由梨子
  • CG:宮門裕(Lefty's)
  • タイトル:岩本麻子
  • 広報:春日由美
  • 車輌:渡會隆
  • カメラ:酒井博、羽鳥慎一郎
  • 音声:玉城善彦、丸山博充
  • 技術協力:スウィッシュ・ジャパンIMAGICA、Lefty's
  • 編集:山家良平、藤本麻衣子
  • MA:鈴木久美子
  • 音響効果:秋山武(SAVAN)
  • TK:水越理恵
  • デスク:古賀美由紀(以前は連絡)
  • 企画協力:浅井企画
  • 制作協力:BEE BRAIN
  • アドバイス:黒木彰一(2014年11月15日 - 、以前はアドバイザー → CP → スーパーバイザー → CP)
  • AP:笹崎明奈(2017年4月 - )
  • ディレクター:寺田裕、小倉伸一、佐々木崇人、内田光
  • チーフディレクター:佐々木繁雄(2017年4月 - 、以前はディレクター)
  • 制作プロデューサー:栗原志帆、亀森幸二(以前はディレクター → 制作進行 → AP)
  • 演出:石川祐樹(以前はディレクター → チーフディレクター)
  • プロデューサー:朝妻一(2015年9月26日 - 以前は演出・P → 一時離脱)、佐久間茂(2017年8月頃 - )、西敏也
  • チーフプロデューサー:濱野貴敏(2015年1月 - 、以前はプロデューサー → 演出・P → 一時離脱 → 演出・P)
  • 制作:フジテレビ編成局制作センター第二制作室(旧バラエティ制作センター → 制作局第二制作センター)
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ編集

  • ナレーション:武田祐子
  • 構成 : 鈴木おさむ樋口卓治
  • チーフプロデューサー:石井浩二、清水泰貴
  • プロデューサー:笹川正平、挟間英行(挟間→2016年8月頃 - 2017年8月頃、以前は演出・P)
  • 演出:中村肇、古澤光広(末期はアドバイザー)
  • チーフディレクター:石武士(2015年9月26日 - )
  • 制作プロデューサー:松本明美
  • ディレクター:蓑島敦子、桑原正史、杉原裕一、吉澤聡史、川瀬貴裕、大平進士、名城ラリータ、荻原啓太、堀田大輔、熊澤美麗、田中美咲、小柴享之、内田義之
  • 制作進行:黒柳法子
  • アシスタントプロデューサー:石橋裕子
  • TK:高木美紀
  • 編成:坪田譲治(坪田→以前はプロデューサー)、後藤博幸、中島寛朗、金井卓也、成河広明、佐々木渉、加藤達也、吉田寛生
  • 広報:北野あすか、小中ももこ、島谷真理、渡辺朱織、鈴木はるか、高橋慶哉
  • CG:小山未来、岡本英士
  • 編集:深澤義輝
  • MA:円城寺暁
  • タイトル:岩崎光明、山口希緒子
  • アクリル装飾:橋本順、相原加奈、川満貴志
  • セットデザイン:桐山三千代
  • 美術プロデューサー:片岡浩美
  • 美術進行:矢野雄一郎
  • メイク:宮崎香、山中朋子
  • 音声:山本賢
  • リサーチ:フォーミュレーション、クリーク・アンド・リバー社

番組テーマ曲編集

雑誌編集

  • キャイ〜ンのこちらもしもツアーズTVぴあ出張所(TVぴあ

CD編集

パロディ編集

  • フジテレビ系『めちゃ×2イケてるッ!』では過去に「極楽ツアーズ」「めちゃ×2ツアーズ」といったパロディ企画を放送。
  • キャイ〜ンがレギュラー出演していたTBS系『リンカーン』において「もしかしてツアーズ」なるパロディ企画を放送。ただしフジテレビ側の許可を得た上で行われた公認パロディである。
  • 日本テレビ系『おもいッきりDON!』の2009年7月31日放送分にておりも政夫東京ディズニーシーリポートを「おりもツアーズ」と題して放送した。
  • 8月8日(2009年は8月7日)に、もしもツアーズ公認のフジテレビ社内ツアー縄電車が行われている。
  • かつての当番組の後座番組である『爆笑レッドカーペット』の2010年4月25日の放送で、ゴールデンウィークの予定が決まっていない今田耕司のために高橋克実が「かつみツアーズ」を提案したもののツアー料金が32万8000円だったため、「ぼったくり」と言われた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 地上デジタル放送の場合。『FNSの日』内特番放送時はステレオ放送を実施。
  2. ^ 出演者の中でウド鈴木のみ、後に2013年12月1日放映の実写版では占い師役としての出演経験があり、アニメ版と実写版を両方かかわることとなった。
  3. ^ 実は高尾山で:ヒ・ミ・ツのにゅ〜ストーリー(2008.05.01)
  4. ^ 福島県出身。
  5. ^ テレビ西日本はプロ野球中継『enjoy! Baseball Live2014福岡ソフトバンク×埼玉西武」を放送のため8月23日に遅れネット予定、また北海道文化放送も当初はプロ野球中継『BASEBALL SPECIAL2014・北海道日本ハム×東北楽天』を放送のため8月23日に遅れネット予定だっだが、試合が天候不良で中止になったため同時ネットに切り替えた。
  6. ^ 柳原がナレーターを務めるBSデジタル局紀行番組と放送日時が一部重なったことによる配慮と見られる
  7. ^ 2月11日放送分では伊藤萌々香(週替わりレギュラー加入前)、2月18日放送分では滝沢カレン、2月25日放送分と4月15日放送分の2時間半スペシャルでは稲村亜美(キャイ〜ンが所属する浅井企画と業務提携)、3月11日放送分では平野ノラ、3月18日放送分ではANZEN漫才のみやぞん(浅井企画所属)、3月25日放送分ではレギュラーであるKis-My-Ft2の北山宏光、4月15日放送分の2時間半スペシャルでは山村紅葉も担当。
  8. ^ 平愛梨と同じライジングプロダクション所属。
  9. ^ a b 2代目ガイド・平愛梨の妹。
  10. ^ メンバーは2006年8月-2010年9月時点のメンバーで『FNSの日』本編では「真夜中の大かま騒ぎ」を放送したため、武田真治雛形あきこ鈴木紗理奈オアシズは出演していない。
  11. ^ キスマイは、メンバー全員ではなく、前3人(北山、藤ヶ谷、玉森)または、舞祭組(千賀、宮田、横尾、二階堂)のうちの一人が出る事が多い。
  12. ^ 2012年11月10日のゲストに友近扮する水谷千重子がゲスト出演したが、当日の地上デジタル放送の番組表には水谷重子がゲストと誤表記されていた。
  13. ^ 一時期は平日の午前帯や午後・夕方に遅れネットしていたが、途中で打ち切られた。最初の打ち切り以降はスペシャルのみ放送していたが、2013年10月25日から毎週金曜 10:45 - 11:15でレギュラー放送を再開。その後、2014年3月28日で2度目の打ち切りとなったが、同年5月17日から毎週土曜 11:10 - 11:40で3度目の放送再開(ただし、月末最終土曜日の同時間帯〈11:10 - 11:40〉に自社制作番組『エコチルテレビ』が放送されるため休止となっていた。)となったが、同年9月13日(フジテレビ・2014年9月6日放送分)を最後に一旦ネット休止、2015年1月10日から毎週土曜 10:25 - 10:55で4度目の放送再開となったが、2015年3月を最後に再び遅れネットを休止。その後、2016年5月28日の13:00 - 13:30(フジテレビ・2016年5月7日放送分)に単発放送。2017年10月7日から同時刻に放送されていた『おかべろ』の枠移動に伴い、同時ネットに変更して放送を再開する予定。
  14. ^ 未明(深夜)帯で放映されていた時期もあった。スポンサーが異なるため、一旦裏送りのものを放映している。
  15. ^ 2008年3月末までは、火曜 16:00 - 16:30の時差ネットであった。同時刻に放送されていた『さんまのまんま』の枠移動に伴い、同年4月より同時ネット。
  16. ^ 2008年3月までは日曜9:00 - 9:30、2009年3月までは日曜 9:30 - 10:00に放送していた。2009年4月5日より『太一×ケンタロウ 男子ごはん』のネットを開始するため打ち切ったが、2011年4月より日曜6:30 - 7:00に放送再開。2011年8月7日より『男子ごはん』と放送枠を入れ替え、金曜 15:30 - 15:56で放送した。2012年4月より『知りたがり!・第1部』ネットのために再度打ち切り。2013年1月12日より土曜 11:00 - 11:30で放送再開。2013年7月6日のみ、『超潜入!リアルスコープHYPER』とのコラボ合体スペシャルにて本番組を同時ネットで放送した。2013年10月5日より、『決定版!チョーさんの釣り情報』の放送時間が日曜朝に変更になったため、同時ネットへ移行した。
  17. ^ 本来の時間には自社制作番組『スポルたん!LIVE』を放送。
  18. ^ 2004年10月から2006年3月25日までは同時ネットで放送したが、一旦打ち切り。2006年11月から土曜16:55 - 17:25で放送を再開し、2007年4月以降は週によって時間が異なっていたが、2009年3月14日の放送で再び打ち切り。『めざましどようびメガ』の終了に伴い、2012年4月7日より放送を再開。2013年7月6日のみ、『超潜入!リアルスコープHYPER』とのコラボ合体スペシャルにて本番組を同時ネットで放送した。
  19. ^ 本来の時間には自社制作番組『スマイルスタジアム』を放送。
  20. ^ 本来の時間には自社制作番組『土曜はこれダネッ!』を放送。
  21. ^ 2004年4月3日までは同時ネット。2004年4月25日 - 2006年9月までは日曜 13:00 - 13:30、2006年10月1日のみ日曜 14:30 - 15:00、2006年10月8日 - 2013年3月31日までは日曜 9:30 - 10:00に放送。2013年4月7日 - 9月22日までは『ONE PIECE』の同時ネット化により日曜14:00 - 14:30に放送。2013年10月3日 - 2014年3月27日までは木曜 15:25 - 15:55に放送。2014年4月11日 - 2016年12月24日までは土曜 0:55 - 1:25(金曜深夜)に放送。2017年1月21日から現在の時間で放送。2013年7月6日のみ、『超潜入!リアルスコープHYPER』とのコラボ合体スペシャルにて本番組を同時ネットで放送した。
  22. ^ 本来の時間には自社制作番組『くさデカ』を放送。
  23. ^ 2017年1月14日までは土曜 14:25 - 14:55に放送(前番組によって多少放送時間が前後することがあった)。
  24. ^ 2008年3月までは土曜 1:05 - 1:35(金曜深夜)だったが、『特報ズバッ!』終了後の2008年4月 - 2011年9月24日まで同時ネットであった。2011年10月22日から土曜 10:15 - 10:45に枠移動。2014年12月13日より、土曜 1:05 - 1:35(金曜深夜)へ再度枠移動。スペシャル放送時のみ同時ネットする場合がある。
  25. ^ 2008年9月までは木曜 15:30 - 16:00、2009年12月までは日曜 9:30 - 10:00、2010年9月までは日曜 13:00 - 13:30に放送していた。
  26. ^ 2013年7月6日のみ、『超潜入!リアルスコープHYPER』とのコラボ合体スペシャルにて本番組を同時ネットで放送した。
  27. ^ かつては木曜 15:27 - 15:56に放送していた。

外部リンク編集

フジテレビ 土曜18:30 - 19:00枠
前番組 番組名 次番組
熱血!サンタマリア
(2002年7月13日 - 2002年9月28日)
もしもツアーズ
-