もとぶ (輸送艦)

海上自衛隊の輸送艦。あつみ型輸送艦の2番艦

もとぶローマ字JDS Motobu, LST-4102)は、海上自衛隊輸送艦あつみ型輸送艦の2番艦。艦名は本部半島に由来する。

もとぶ
基本情報
建造所 佐世保重工業
運用者  海上自衛隊
艦種 輸送艦
級名 あつみ型
艦歴
計画 昭和47年度計画
発注 1972年
起工 1973年4月23日
進水 1973年8月3日
就役 1973年12月21日
除籍 1999年4月12日
要目
排水量 基準 1,550トン
満載 2,400トン
全長 89.0m
最大幅 13.0m
深さ 7.2m
吃水 2.6m
機関 川崎MAN V8V22/30ATLディーゼル × 2基
出力 4,400PS
推進器 スクリュープロペラ × 2軸
速力 最大速 14ノット
乗員 100名
兵装 Mk.1 40mm連装機銃 × 1基
レーダー OPS-9 対水上
Mk.51 射撃指揮装置 × 2基
テンプレートを表示

艦歴 編集

「もとぶ」は、第4次防衛力整備計画に基づく昭和47年度計画輸送艦4102号艦として、佐世保重工業で1973年4月23日に起工され、1973年8月3日に進水、1973年12月21日に就役し佐世保地方隊に編入された。

1999年4月12日、除籍。

参考文献 編集

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)

関連項目 編集