もみじ」は、高野辰之作詞、岡野貞一作曲の唱歌である。1911年(明治44年)『尋常小学唱歌(二)』にて発表された。

みんなのうた
紅葉
歌手 女声合唱団「渚」
作詞者 高野辰之
作曲者 岡野貞一
編曲者 三枝成章
映像 アニメーション
映像制作者 鈴木康彦
初放送月 1979年10月-11月
その他 2012年3月25日の『発掘スペシャル』で再放送。
テンプレートを表示

概要編集

作詞者の高野辰之は、碓氷峠にある信越本線熊ノ平駅(現在は廃線)から紅葉を眺め、その美しさに惹かれてこの詞を作ったという。

2007年(平成19年)に日本の歌百選の1曲に選ばれた。

フジテレビの子供向け番組『じゃじゃじゃじゃ〜ン!』で、町あかりが「歌のお姉さん」として替え歌「そういえば… もみじ」を歌い、2019年発売のアルバム『あかりおねえさんのニコニコへんなうた』に収録された[1]

 

歌詞編集

  1. 秋の夕日に 照る山紅葉もみじ
    濃いも薄いも 数ある中に
    松をいろどる 
    山のふもとの 裾模様
  2. たにの流れに 散り浮く紅葉
    波に揺られて 離れて寄って
    黄色の 色さまざまに
    水の上にも 織る

合唱とハーモニー編集

「もみじ」は唱歌の中では初期に作られた合唱曲である。1951年(昭和26年)から小学3年生もしくは4年生の音楽の教科書に採用され[2]、幅広く小学校で歌われているが、ハーモニーについて勉強できる曲である。

二部合唱で、前半の8小節(2行)は、低音部が高音部の1小節後ろを追いかけてゆくカノン形式、3行目の4小節は、低音部が高音部の3度下を唄うというように、様々な合唱の要素が含まれている。

編曲編集

みんなのうた編集

NHKの『みんなのうた』では、『紅葉』というタイトルで1979年10月-11月に紹介、三枝成章(現:成彰)編曲による日本童謡第3弾で、女声合唱団「渚」が歌った。アニメーションは鈴木康彦の担当で、映像にはリスミノムシを始め、ハチを狙うクモや、虫の結婚を祝うキリギリスなどの動物が登場する。

「みんなのうた発掘プロジェクト」で映像が発見され、2012年3月25日深夜(3月26日未明)放送の『みんなのうた発掘スペシャル』で再放送された。

脚注編集

参考文献編集

外部リンク編集