メインメニューを開く

もも(本名・松永 もも(まつなが もも)、女性、1993年4月9日 - )は、日本歌手。音楽ユニット「チャラン・ポ・ランタン」のメンバーで、姉は同じくメンバーの小春[2]。実母はイラストレーターデザイナー絵本作家まつながあき[3]

もも
出生名 松永 もも
生誕 (1993-04-09) 1993年4月9日(26歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県
学歴 和光高等学校[1]
ジャンル オルタナティブ
シャンソン
スカ
歌謡曲
職業 歌手
女優
担当楽器 ボーカル
活動期間 2004年 -
レーベル Mastard Records(2010年 - 2013年)
avex trax(2014年 - )
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ
共同作業者 小春チャラン・ポ・ランタン
公式サイト チャラン・ポ・ランタン オフィシャルサイト

神奈川県出身。血液型はA型

来歴編集

1993年4月9日神奈川県で生まれる。

2009年、姉の小春が自身のインストゥルメンタルバンド『マイノリティオーケストラ(MINORITY ORCHESTRA)』で初の歌詞付きの楽曲「親知らずのタンゴ」を制作。ボーカルが必要となったことから、実家で暇そうにしていた妹のももをゲスト・ボーカリストとして4月に加入させ[4]、同年7月19日に姉妹ユニット『チャラン・ポ・ランタン』を結成[5]2010年2月20日に、シングル「親知らずのタンゴ」でデビュー。

2014年7月9日に、シングル「忘れかけてた物語」で、チャラン・ポ・ランタンとしてメジャー・デビューを果たした[6]

2016年TBS水ドラ!!毒島ゆり子のせきらら日記』で、初のテレビドラマ単独出演を果たす[7]。同年10月期のTBS火曜ドラマ逃げるは恥だが役に立つ』のオープニングテーマに、自身が作詞を手掛けたチャラン・ポ・ランタン「進め、たまに逃げても」が起用された[8]女優として活動の機会も増え、2017年テレビ朝日帯ドラマ劇場トットちゃん!』では笠置シヅ子役として出演した[注釈 1]

2017年3月14日より一人舞台『チャラン・ポ・ランタンもものひとり芝居 あのさ、生まれ変わったら』を公演[9]

人物編集

  • が広い」ということを理由に、ライブやメディア出演時は黒髪ボブのウィッグを着用している[10]
  • 歌唱時にいつも抱えているブタぬいぐるみがトレードマークとなっている。これは、初ライブのリハーサル時におろおろしているのを見かねた小春が、緊張をカバーするために持たせたことに由来している[11]。なお、ブタのぬいぐるみには「白羽くん(しらはくん)」という名前がある[12]

作品編集

※以下は単独名義での作品を記載。チャラン・ポ・ランタンとしての作品は、チャラン・ポ・ランタン#ディスコグラフィーを参照。

プロデュースなど編集

出演編集

チャラン・ポ・ランタンとしての出演は、チャラン・ポ・ランタン#出演を参照。

テレビドラマ編集

映画編集

舞台編集

  • チャラン・ポ・ランタンもものひとり芝居『あのさ、生まれ変わったら』(2017年3月、劇場MOMO)[15]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ アコーディオン弾き役の小春と共に出演しており、キャストは「チャラン・ポ・ランタン」名義。

出典編集

  1. ^ 卒業生インタビューvol.29”. 和光学園 (2017年3月29日). 2019年8月10日閲覧。
  2. ^ “【ブレーク予報】チャラン・ポ・ランタン、「ピンク・フロイド」ギルモアも認めた”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2014年8月18日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20140818-OHT1T50091.html 2019年8月3日閲覧。 
  3. ^ あきについて - Aki Matsunaga 公式サイト . 2019年8月11日閲覧
  4. ^ “チャラン・ポ・ランタンってなんやねん?”. HMV&BOOKS onlineニュース (ローソンエンタテインメント). (2012年7月11日). https://www.hmv.co.jp/news/article/1207110024/ 2019年8月10日閲覧。 
  5. ^ チャラン・ポ・ランタン インタビュー 〜 小春ママの毒舌放談 〜”. フジロックフェスティバル公式ファンサイト fujirockers.org. SMASH. 2019年8月3日閲覧。
  6. ^ チャラン・ポ・ランタン、avex契約の真相&新作全曲解説”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2014年7月4日). 2019年8月3日閲覧。
  7. ^ a b チャランポもも、前田敦子主演ドラマで渡辺大知とバンド結成”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年3月28日). 2019年8月10日閲覧。
  8. ^ “「チャラン・ポ・ランタンが解散!? ソロ活動2016」 TOP3!”. エキサイトニュース (エキサイト). (2017年1月1日). https://www.excite.co.jp/news/article/TokyoFm_2xbMR9y8bs/ 2019年8月10日閲覧。 
  9. ^ “松井玲奈と渡辺大知が脚本担当、『チャランポもものひとり芝居』続報”. CINRA.NET (CINRA, inc.). (2017年1月17日). https://www.cinra.net/news/20170117-charanporantan 2019年8月10日閲覧。 
  10. ^ “チュートリアル徳井、チャラン・ポ・ランタンももと自宅デート”. NEWSポストセブン (小学館). (2018年5月9日). https://www.news-postseven.com/archives/20180509_672725.html/2 2019年8月10日閲覧。 
  11. ^ “チャラン・ポ・ランタン「女の46分」特集”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). https://natalie.mu/music/pp/charan-po-rantan04 2019年8月10日閲覧。 
  12. ^ “よみタイム ニューヨーク イベント情報 @yomitime”. よみタイム. (2015年10月16日). https://www.yomitime.com/101615/2201.html 2019年8月10日閲覧。 
  13. ^ “松井玲奈が大ファンのチャラン・ポ・ランタンとコラボ! チャールストン風哀愁ポップス“シャボン”の制作過程を3人が明かす”. リアルサウンド (タワーレコード). (2016年3月11日). http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/10921 2019年8月10日閲覧。 
  14. ^ “チャラン・ポ・ランタン もも、ベッキー、竹中直人が出演 『麻雀放浪記2020』第2弾キャスト発表”. リアルサウンド 映画部 (株式会社blueprint). (2018年11月20日). https://realsound.jp/movie/2018/11/post-280399.html 2019年8月10日閲覧。 
  15. ^ “渡辺大知&松井玲奈、チャランポもも1人芝居で脚本家デビュー”. 音楽ナタリー. (2017年1月17日). http://natalie.mu/music/news/217123 2019年8月10日閲覧。 

外部リンク編集