メインメニューを開く

もろさわ ようこ1925年2月13日 - )は、日本の女性史研究家。本名は両沢葉子。

もろさわ ようこ
生誕 両沢葉子
(1925-02-13) 1925年2月13日(94歳)
長野県望月町(現・佐久市
国籍 日本の旗 日本
肩書き 女性史研究家
受賞 毎日出版文化賞(1969年)
信毎賞(2005年)

概要編集

長野県望月町(現・佐久市)生まれ。生家が没落し、女中奉公をしながら小学校を卒業、旧制専門学校入学者検定合格。陸軍士官学校の事務員、北信日日新聞記者、鐘紡丸子高等文化学院教員、『婦人展望』編集者などをつとめた[1]

1951年に市川房枝主宰の日本婦人有権者同盟本部事務局に入り、女性史研究家となる。庶民世界での近代女性史に関する著書多数、女性解放運動に力を注ぐ。1969年、『信濃のおんな』で毎日出版文化賞受賞。

1972年4月、長野県における全国婦人集会で「職場で社会主義や共産主義を唱えている活動家に部落問題を尺度にあてたら、それが本物か偽物かわかります。さらに、部落解放運動をしている方に女性問題を尺度にあてたら、それが本物か偽物かわかります」と発言したため、部落解放同盟中央本部から「部落解放同盟の中に分断を持ち込んだ」との理由で締め出され、すべての部落解放同盟支部でもろさわの講演が差し止められたことがある[2]。のちにもろさわは「部落解放同盟には女性蔑視がある」と批判した[3]

1982年郷里の望月町に「歴史をひらくはじめの家」を開設した。2005年、信毎賞受賞。

著書編集

  • おんなの歴史 愛のすがたと家庭のかたち 合同出版, 1965
  • 信濃のおんな 未來社, 1969
  • おんなの歴史 未來社, 1970
  • おんなの戦後史 未來社, 1971
  • わわしい女たち 狂言・御伽草子にみる庶民像 三省堂ブックス, 1972
  • おんな・部落・沖縄 女性史をとおして 未來社, 1974
  • わが旅… 沖縄・信濃・断想 未來社, 1976
  • おんなろん序説 未來社, 1981
  • 解放の光と影 おんなたちの歩んだ戦後 ドメス出版, 1983
  • おんな・愛と抗い 近・現代のあゆみ ドメス出版, 1984
  • もろさわようこの今昔物語集 集英社, 1986(わたしの古典) のち文庫
  • いのちに光あれ 女性史と差別 径書房, 1992
  • オルタナティブのおんな論 ドメス出版, 1994

編纂・共著編集

  • ドキュメント女の百年 1-6 平凡社, 1978-79
  • 人間に光あれ 森田益子共著 径書房, 1991

脚注編集

  1. ^ もろさわようこさん | 『ジェンダー研究を継承する』アーカイブ特設サイト | ジェンダー社会科学研究センター
  2. ^ 森田益子『自力自闘の解放運動の軌跡』p.293(解放出版社、2012年)
  3. ^ 森田益子『自力自闘の解放運動の軌跡』p.294(解放出版社、2012年)

参考文献編集