やけっぱちのマリア

やけっぱちのマリア』は、1970年4月から同年11月まで『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)に連載された手塚治虫少年漫画。青少年向けの性教育を意図して書かれた。

目次

概要編集

やけっぱちと対立する不良グループと、そのボスである影のスケ番とが入り乱れての、学園恋愛ドタバタナンセンスコメディ作品である。

同時期の『ハレンチ学園』に代表されるエログロナンセンス漫画の潮流に乗って書かれたが、結果的に性表現ブームの過熱や学園青春漫画における暴力表現などに、いくばくかの諷刺のこめられた内容となっている[1]

1970年8月27日、本作を掲載したことで『週刊少年チャンピオン』1970年8月23日号が福岡県児童福祉審議会から有害図書の指定を受けた[2][3]

あらすじ編集

父子家庭に育った暴れん坊の焼野矢八ことやけっぱちの体から、ある日エクトプラズムが産まれる。それはやけっぱちの親父のダッチワイフの身体に宿り、マリアと呼ばれて人間生活を送るようになる。しかしマリアは、「産みの親」のやけっぱちから、やんちゃな性格を受け継いでいた。

登場人物編集

やけっぱち
本名は焼野矢八(やけの・やはち)。市立第13中学1年生だが、2回落第している。母親を3つの時に亡くしており、父親と暮らす。学園の喧嘩番長だが一匹狼で、学園を支配するタテヨコの会と対立している。やけっぱちが産み出したエクトプラズムがダッチワイフに憑依して生まれたのがマリア。
マリア
やけっぱちが産み出したエクトプラズムがダッチワイフに憑依して生まれた。やけっぱちの気風のいい性格とやけっぱちの母親の仕草を受け継いでいる。
ヒゲオヤジ
やけっぱちの父親。ヒゲオヤジの喧嘩っ早い性格はやけっぱちとマリアに引き継がれている。息子のやけっぱちとも親子げんかが絶えない。
秋田先生
学校で問題ばかり起こしているやけっぱちの唯一の理解者。タテヨコの会に封建的に支配されている学園内で正しい男女関係のあり方を教えるために、BGクラブを作る。
雪杉みどり
タテヨコの会のボス・ナンバー1。中学3年生。美女で才女でブルジョア。性格は非常に悪く、自らの地位を守るためには卑劣な行為もいとわない。美貌と才知で学園の男子生徒を虜にしており、教師すら彼女には逆らえない。タテヨコの会に反抗するやけっぱちを服従させようと子分を差し向けるが、内心ではやけっぱちに惹かれており、マリアを抹殺しようと数々の卑劣な策を弄する。鼻が低いのが彼女のコンプレックス。口癖は「あなたは最高の最低」。
若松
タテヨコの会のボス・ナンバー2。中学3年生。雪杉みどりに思いを寄せており、彼女に絶対的な忠誠を尽くすが、卑怯なことは嫌いで時に彼女に諫言もしている。終盤において雪杉みどりがやけっぱちを恋していることを知り、実力で決着をつけようとやけっぱちと戦う。
幽霊
BGクラブの合宿中にマリアに取り憑いた幽霊。ブクブクと太っており、あまり怖い外見ではない。自らを崖から突き落として殺した「鈴木カッちゃん」に復讐しようとして、マリアのダッチワイフを宿り木とした。
1313号
タテヨコの会の計略でマリアが送られた網走刑務所に収監されている死刑囚。処刑も間近で、世を恨んで自暴自棄になっていたが、マリアとのふれあいで人間らしい心を取り戻していく。
羽澄マリ
秋田先生の縁故で学校に転校してきた。学園内におけるやけっぱちの数少ない理解者となる。終盤に雪杉みどりの罠で退学処分になったやけっぱちに、卑劣なタテヨコの会と戦うよう励ます。やけっぱちがマリに恋心を抱き、人間的に成長することで、やけっぱちの母代わりでもあったマリアの役目は終わる。

単行本編集

ラジオドラマ編集

2012年12月NHK-FM青春アドベンチャーにてラジオドラマ化された[4]。全10回。

キャスト編集

スタッフ編集

  • 原作:手塚治虫
  • 脚色:阿部美佳
  • 選曲:黒田賢一
  • 演出:木村明広
  • 技術:西田俊和、山田顕隆
  • 音響効果:米本満、岩崎進

出典編集

  1. ^ 公式サイト内作品ページ 2011年6月6日(日本時間)閲覧
  2. ^ 中村紀、大久保太郎「漫画の事件簿 漫画と社会、激闘の歴史50年」『まんが秘宝 つっぱりアナーキー王』洋泉社、1997年、p.197
  3. ^ 『朝日新聞』1970年8月27日夕刊
  4. ^ NHKFM 青春アドベンチャーにて『やけっぱちのマリア』放送決定!:ミテ☆ミテ:ニュース:TezukaOsamu.net(JP) 手塚治虫 公式サイト 2012年12月10日閲覧