やす

日本のお笑い芸人

やす1969年11月18日 - )は、日本お笑い芸人。コンビ・ずんツッコミ担当。本名、藍木 靖英(あいき やすひで)。相方は飯尾和樹。

やす
本名 藍木 靖英(あいき やすひで)
ニックネーム ずんのやす
生年月日 (1969-11-18) 1969年11月18日(51歳)[1]
出身地 日本の旗 日本宮崎県児湯郡高鍋町
血液型 A型[1]
身長 174cm
言語 日本語
方言 標準語
最終学歴 国際武道大学中退
コンビ名 ずん
相方 飯尾和樹
事務所 浅井企画
活動時期 1992年[2]-
同期 くりぃむしちゅー土田晃之など
配偶者 未婚
受賞歴
テンプレートを表示

宮崎県児湯郡高鍋町出身。浅井企画所属。国際武道大学中退。

来歴・人物編集

1992年、飯田英明[3]と「ヘーシンク」を結成し、活動していたが解散。その後2000年に1年先輩の飯尾和樹と「ずん」を結成、その地味さからその年の『カンコンキンシアター』のサブタイトルが「飯尾より地味なヤツ入りました」にされた。

当初は相方の飯尾の単独活動が多かったためテレビ出演がほとんどなかったが、2004年元日放送の『平成あっぱれテレビ』(日本テレビ系)の「芸人柔道王決定戦」にて柔道二段の腕を披露して優勝し、同番組に出演していたさまぁ〜ず三村マサカズが「ずんのやす!」と変な掛け声で煽ったことがきっかけで人気が出る。その後『内村プロデュース』(テレビ朝日系)に出演するたびにつかみネタにされている。ちなみに柔道は学生時代に九州大会で1位になる実績を残しており、大学にも柔道による特待生として入学している。

正月特番での芸人柔道大会で優勝して得たお年玉100万円を出演者に「縁起物ですから」と配ってまわり、先輩芸人には「奥様へ」と言ってやはり配ってまわったという逸話がある。[4]

番組出演時に着用している柔道着には「ずんのやす トークライブ」と刺繍されている。店頭で「ずん」とネーム入れを頼む際に、ずんのトークライブのチラシを見ながら説明したため、店員が間違って「トークライブ」の部分まで刺繍してしまったとか。しかし結構高価な柔道着であるため泣く泣く着用している。

爆笑レッドカーペット』出演時には高橋克実のモノマネをしていた。

2012年2月2日、フジテレビとんねるずのみなさんのおかげでした』の企画で新潟県内のスキー場での収録中にゲレンデを水上スキー用のゴムボートで走行、スピードが出過ぎていたため雪で作った停止点で止まることができず、その先のトタンに腰を強打、腰の骨を折るケガをした[5]

全身麻痺で体は殆ど動かせず、一時は復帰も絶望視されていたが、その後、順調な回復を見せ2012年8月3日公演の舞台『カンコンキンシアター クドい!』にて仕事復帰することが所属事務所ホームページで告知された。2012年12月6日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』のコーナー「とんねるずを泊めよう!」でテレビ出演の復活を果たした。以降は石橋貴明がやすを見て「誰だっけ?」ととぼけると、やすが「一番忘れちゃいけない人でしょ」と突っ込む流れが出来た。

2018年10月13日放送のテレビ東京出川哲朗の充電させてもらえませんか?スペシャル』で電動バイクに乗るはずだったが、いつもは財布に入れてある運転免許を自宅へ忘れ、出川が宿泊した施設から借りた自転車で出演した。

2020年8月23日Twitterを開始(正確には再開)している。

11月18日、新型コロナウイルスへの感染を公表。12月4日、活動再開を報告。

柔道関連編集

フジテレビ『とんねるずのみなさんのおかげでした』内の「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」で、「空手技を試みるも失敗し、無理やりやろうとする師範代シリーズ」を演じ、好評を博している。第4回大会優勝者(選考理由は上記の刺繍のいきさつとの噂も)でもある。

キャイ〜ンウド鈴木も有段者だが、柔道ネタをふられると「やすさんには敵わないです! 神のような人です!」と言い、相方の天野ひろゆきも「あの人九州大会で優勝してるんです」と笑いながら答えている。

テレビ朝日虎の門』の柔道シリーズでは「サンタ柔道チャンピオン」「フレッシュマン柔道大会」「ケンカ柔道王」のいずれも優勝し、3連覇を成し遂げる。これは大会名に関したオリジナルの柔道着(例えばケンカ柔道王では特攻服を模したもの)を着用して柔道を行うというもの。ケンカ柔道王では他の出場者(つぶやきシロー・元猿岩石有吉弘行バッドボーイズの佐田正樹)はヤンキーのようなメイクをし、メンチ切りをしていたのだが、やすだけは「ケガのないようにしたいと思います」とにこやかに抱負を述べた。しかし、シリーズ第4弾となった「おばけ柔道大会」では、準決勝にてガリットチュウ福島に敗れ、4連覇とはならなかった。

テレビ東京やりすぎコージー』の「やりすぎ格闘王決定戦」では同大会2連覇の前歴を持ち、格闘家芸人の異名を持つバイキングアキから勝利をおさめ、決勝戦で有酸素運動マンと対戦し勝利、同大会初制覇を果たしている。

たまに篠原信一のモノマネを行うことがある。テレビ朝日『お試しかっ!』で披露した際はタカアンドトシ関根勤にはウケたが、その時点ではマイナーなせいか一般審査員の反応はイマイチだった。のちに篠原がタレントに転身したため、モノマネを披露する機会は増えている。

篠原信一のものまねで、大分県出身の世界柔道金メダリスト、元ロンドン五輪選手の穴井隆将のことを指導する場面があり、「穴井!穴井!」と呼びながら、次第に白熱すると「隆将!!」と名前で呼ぶところを真似したことがある。

出演編集

テレビ編集

ラジオ編集

CM編集

BOAT RACE振興会「ハートに炎を。BOAT is HEART」(2020年)[6] -のインターネット限定のスピンオフエピソードに助演。 飯尾和樹武田玲奈と共演。

インターネットテレビ編集

映画編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ a b 『テレビ・タレント人名事典(第6版)』 日外アソシエーツ、2004年6月、頁。ISBN 978-4-8169-1852-0
  2. ^ https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/279312
  3. ^ 現在はマンモウ飯田名義に変更し、ゆうがたGet!レギュラーなど長野県ローカルタレントとして活動中。解散した現在でも飯田とは親交があり、当番組に度々ゲストとして登場しているほか、テレビ信州では共同の冠番組「ずんマンモウ」を持つ。
  4. ^ 木曜Junk さまぁ〜ずの逆にアレだろ!?より
  5. ^ 「ずん」のやす 番組収録中に腰椎骨折の大ケガ 2012年2月3日スポーツニッポン
  6. ^ ボートレース 新CMシリーズ「ハートに炎を。BOAT is HEART」1月9日(木)より公開!~全10話 感動あり、笑いあり、涙ありのストーリーで新たにスタート~”. BOAT RACE振興会 (2020年1月9日). 2020年1月10日閲覧。