よしもとよしとも

よしもと よしとも(男性、1964年3月14日 - )は、日本の漫画家神奈川県出身。血液型はAB型。既婚。

神奈川大学中退。漫画家の石渡治は実兄。過去に『日刊吉本良明』という作品を発表しているが、「吉本良明」は本名ではない。広末涼子NTTドコモポケベルCMなどの演出を手がけている映像作家中村佳代merimeriyeahドラム石渡朔子[1]

略歴編集

1985年、大学在学中に執筆した私生活暴露ネタ4コマ『日刊吉本良明(りょうめい)』で第1回あすかまんがスクールに入選しデビュー。続いて発表された長編『レッツゴー武芸帖』『東京防衛軍』では、望月峯太郎等のニュー・ウェーブ派の影響を受けた絵柄での、狂騒的なギャグ漫画を展開。また、『東京防衛軍』では、東京ロッカーズなど80年代初頭のインディーズへの愛情を表現している。

その後は、完成度の高い短編を多数発表、発狂寸前の若者の感情を物静かな描写で描き、オシャレな青少年の共感を呼んだ。代表作は、『青い車』『よいこの街角(補習授業)』など。絵柄は少女漫画青年漫画の中間に位置している。

青い車』は2005年奥原浩志監督によって映画化されている。なお『青い車』のタイトルはスピッツの同名シングル曲から。

寡作であることで知られており、短編発表の間に数年経つことが何度もある。ただし未単行本化作品も多い。

岡崎京子の『セカンド・バージン』のアシスタントを務めた事があり、その単行本には“H・イシワタ”と名がクレジットされている。

音楽好きであり、曲を聴きながらネームを描くことがある。

2009年8月21日発売の文芸誌パンドラVol.4(講談社)にて、「魔法の国のルル」以来約8年ぶりとなる新作「見張り塔からずっと」を発表する。

2010年、漫画作品「噛みながら」(長嶋有の小説の漫画化)を発表。大胆なアレンジと完成度の高さで健在ぶりを示した。

2017年、twitterにて、今後も自身の作品の電子書籍化は一切しません[2]。と発表。

2020年、講談社の「MANGA Day to Day」Twitterにて「OHANAMI2020」を発表。

作品リスト編集

単行本編集

その他の漫画作品(未単行本化作品も含む)編集

  • バナナブレッド'95(1994年、『COMIC CUE』vol.1)
  • The God Dogs(1995年、週刊ヤングマガジン4週集中連載)
  • あさがお(1997年、『COMIC CUE』vol.4)作画:黒田硫黄、ネーム部分を担当。1999年、黒田硫黄『大王』に収録。
  • 4分33秒(1999年、『COMIC CUE』Vol.9)
  • 世界終末3分前(2001年、『コミックH』Vol.3)
  • ファミリー・アフェア(2002年、『コミックH』)作画:衿沢世衣子、ネーム部分を担当。2005年、衿沢世衣子『おかえりピアニカ』に収録。
  • 魔法の国のルル (2002年、『COMIC CUE』vol.200)前編のみ発表、未完。
  • 見張り塔からずっと(2009年、『パンドラ』Vol.4)小説漫画ハイブリッド作品。(財)文字・活字文化推進機構のキャンペーン、「コトバダイブしよう。」のCM中で少年が読んでいる作品に、加筆修正を加えて紙面化したもの。
  • 噛みながら(2010年、『小説宝石』9〜10月号)原作:長嶋有。2012年、加筆修正を加えコミカライズ集『長嶋有漫画化計画』に収録。
  • OHANAMI2020(2020年9月20日、【MANGA Day to Day#8-❷】

小説編集

  • 寂しき4番街(2003年、『文藝』秋季号)
  • 西荻タワー(2004年、文藝別冊『KAWADE夢ムック やまだないと』)

CDジャケット編集

デザイン編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集