メインメニューを開く

よるのないくに2 〜新月の花嫁〜』(よるのないくにツー シンゲツノハナヨメ)は、コーエーテクモゲームスガストブランドより2017年8月31日[1][2]に発売されたゲームソフト。PlayStation 4PlayStation VitaNintendo Switchのマルチプラットフォームで、PS4版とVita版は両機種間のクロスセーブにも対応予定。Microsoft WindowsSteam用)では2017年10月24日に配信開始した。

よるのないくに2 〜新月の花嫁〜
ジャンル 美少女従魔RPG
対応機種 PlayStation 4
PlayStation Vita
Nintendo Switch
Microsoft WindowsSteam用)
開発元 ガスト
発売元 コーエーテクモゲームス
プロデューサー 菊地啓介
ディレクター 柴田誠
シナリオ 片岡宏
藤咲淳一
美術 四々九
人数 1人
メディア [PS4] BD-ROM
[Vita] PSVitaカード
[Switch] Nintendo Switch専用ゲームカード
[共通] ダウンロード販売
発売日 [PS4/Vita/Switch] 2017年8月31日
[Windows] 2017年10月24日
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
ESRBT(13歳以上)
USK12(12歳未満提供禁止)
PEGI12
ACB:M
コンテンツ
アイコン
[CERO]セクシャル
ダウンロード
コンテンツ
対応予定
その他 クロスセーブ対応(PS4/Vita)
テンプレートを表示

目次

概要編集

2015年に発売されたアクションRPGの『よるのないくに』の続編。「よるのないくに」の主人公・アーナスやクリストフォロスといった前作のキャラクターも登場する。

フィリスのアトリエ』、『ブルー リフレクション』と同時期に「ガスト美少女祭り」第2弾として発表された[3]

システム編集

本作では『リリィ』というシステムが導入された。これはアルーシェの協力者であるヒロインたちの中から一人を選び、共闘を通じてアルーシェとのきずなを深めるというものであり、プレイヤーは状況に応じてリリィを選ぶことができる。 リリィたちの性能には個人差があるほか、ピンチ時に発動する特殊スキルや戦闘中にある条件を満たすと発動する連携攻撃「ダブルチェイス」もリリィごとに異なる。 一定以上きずなが深まると、アルーシェとリリィが互いのきずなを確かめ合うイベントが発生する。

従魔のシステムは全く変化しており、2体だけ選択して連れていく仕様となっている。また、常時召喚されている状態で戦闘を行い、撃破されるとしばらく戦線を離脱する。それぞれL2,R2を押すことで固有のスキルを使うことができる他、一部の従魔はフィールド上の防壁を破壊することができる。

あらすじ編集

教皇庁の騎士アルーシェは、幼馴染である巫女リリアーナの護衛を任せられた。

邪妖を払いのけて教皇庁に来た二人は、リリアーナが“月の女王”に捧げられる生贄「刻の花嫁」として選ばれたことを告げられた。 悩みつつも、アルーシェはリリアーナを月の女王の居城へ連れて行ったが、アルーシェは強大な妖魔に襲われて死亡したかに思われた。 だが、カミラ・有角なる研究者によってアルーシェは人工的な半妖として蘇生させられた。 カミラはアルーシェにリリアーナは廃都に連れ去れたのではないかと告げ、アルーシェは幼馴染の救出に向かった。

キャラクター編集

主人公とリリィたち編集

アルーシェ・アナトミア
- 千本木彩花
本作の主人公。教皇庁に念願の聖騎士に任命され、その最初の任務として刻の花嫁を護衛を命じられ、向かった先でリリアーナやルーエンハイドと再会する。イメージカラーは赤。前向きで考えるより行動するタイプ。
リリアーナ、ルーエンハイドとは同じ街で育ち同じ学校に通った幼馴染で、子供の頃はよく一緒に遊んでいて学校でも同じ部屋で生活していた。
任務中に突如現れた月の女王によって心臓を貫かれ、一度は命を落とすがカミラ博士の蒼い血を利用して人工半妖化させる治療と貫かれた心臓の代わりを移植する手術を受けて蘇生する。その代償として半妖となり、人の血を求める吸血衝動が起こるようになってしまうが新たに妖魔としての力と蒼い血を吸血する能力を得た。
激化する戦いの中で、蒼い血を取り込み続けたその体は完全に妖魔のものとなってしまうも、人の心を保ち続けた。しかし、月の女王「マルヴァジーア」の真の計画によって新月の花嫁として彼女に体を乗っ取られてしまう。そこで、悲壮な決意を決めたルーエの手で遠隔装置が起動され、心臓に埋め込まれた自滅装置によって結晶化し、月の女王ともども消滅した(ノーマルエンド時)。
トゥルーエンドでは何とか月の女王を打ち倒すが、直後に時間を遅らせる能力によって覚醒した月の女王を抑え込むリリアーナと遭遇。リリアーナが自分が死亡した時からずっと月の女王の覚醒を食い止めていた事、能力によって周辺地域はリリアーナの夢の中となり今まで行動していたリリアーナは意識のみの存在だった事を知る。そして限界を迎えつつあるリリアーナに代わり、次は自分が時間を遅らせて月の女王を抑え込むと告げて2人一緒に姿を消した。
貧しい家庭に育ち、その事でコンプレックスを抱いていたがリリアーナとルーエンハイドと共に過ごすうちに克服し、2人とは固い絆で結ばれている。学生時代は勉強が大の苦手で、学園の歴史に残る程の悲惨な成績だったが何とか卒業した。
リリアーナ・セルフィン
声 - 茅野愛衣
アルーシェの幼馴染で、教皇庁に所属する巫女。巫女としての力は歴代で最高クラスと言われており、初代聖女に匹敵するとされる。
教皇庁によって月の女王に捧げる「刻の花嫁」に選ばれ、時間を遅らせる特殊能力を持つ。アルーシェ死亡後に行方不明となり、何故か街を経てかつて通った学園へと移動していた。その後、保護されたことで仲間に加わる。
トゥルーエンドルートにて、(そもそも彼女の狙う「花嫁」がアルーシェであったためか)実はアルーシェ死亡時に月の女王は覚醒してしまっていたことが判明。それを止めるために自身の能力を極限まで発動した結果、周辺地域が朝を迎えることのできない異世界と化したのだった。本来の彼女は現実世界で月の女王をその居城で封印している状態にあり、アルーシェ死亡後における作中の彼女はやり残した事を成し遂げるための、彼女の意識を持った虚構に過ぎない。
その後、アルーシェと共に月の女王を封印し続ける道を選び2人は姿を消した。
ノーマルエンドでは無事に生き残るも愛するアルーシェを失い、ルーエンハイドと悲しみに暮れていた。
ルーエンハイド・アリアロド
声 - 小松未可子
教皇庁に対抗する組織「ルルド教団」に属する少女。リリアーナとアルーシェの幼馴染で、根は素直だが中々それを表現できず曲がった事が嫌い。所謂お嬢様で豪華なホテルの設備にも動じていない。
元は教皇庁の騎士であったが刻の花嫁を生贄に捧げる方針に疑問を抱き、リリアーナを生贄にすることを阻止すべく教皇庁を離反した。その後ルルド教団に入団し教皇庁所属の騎士であるアルーシェと対立する。体重を気にしており、アルーシェにつられてチョコを食べ過ぎてしまうのが悩みでたびたび運動にアルーシェを付き合わせる。
しかし、存在を危険視された「花嫁」とは実際にはアルーシェのことであり、その対立は実質的に無意味であった。
物語序盤でアルーシェが半妖になった事を知り、動揺するが今までと全く変わらず接して半妖だろうと関係ないと告げ、アルーシェを元気づけた。中盤でカミラ博士からアルーシェの体の秘密を聞かされ、緊急時用の自滅装置のスイッチを託された。
実はアルーシェに恋心を抱いているが、リリアーナの存在があるので諦めてはいる。しかし、アルーシェはそんなことを察せず親しく接してくるため、都度悩みを巡らせている状態である。最終的に彼女に与えられた立場は、アルーシェの隣にいることではなく、止めを刺す権利であった。ノーマルエンドでは自らの手で月の女王を打ち倒すが、アルーシェも失いリリアーナと共に悲しみに暮れた。
トゥルーエンドでは2人で月の女王を食い止める姿を見届け、他の仲間たちと共にいつか2人が帰ってくる日を待ちながらルルド教団の一員として戦い続ける。
カミラ・有角(あるかど)
声 - 山村響
アルーシェを半妖として蘇らせた教皇庁専属の天才研究者で、ホテルを拠点に活動している。戦闘時は銃で戦う。前作に出てきた有角教授との関連は不明。ちなみに、アルーシェたちが滞在するホテルのオーナー。
蒼い血の持つ大きな力を他に応用する一環として人工半妖化の研究を行っており、その実験でアルーシェを蘇生した。研究者らしく冷静で感情をあらわにする事は少なく、淡々とアルーシェを最高傑作と呼びデータ収集等を行わせるが、人間としてのアルーシェにも向き合う温かさも持つ。
直接のかかわりはないがかつてアルーシェ達と同じ学校を卒業しており、3人は後輩にあたる。
実はルルド教団のトップであるロエルジリスを教皇庁から密かに逃がした事があり、それ以来ロエルジリスと個人的に親しくしており今もその関係は途絶えてはいない。
アルーシェを妖魔化させるにあたって使用された心臓は実は彼女から摘出されたもので、現在の彼女は科学技術による疑似心臓で活動している(戦闘に影響はない模様)。序盤にて、彼女の血がアルーシェと相性がいいと言っているのも、おそらくはこれが理由。また、移植の際に万が一アルーシェが妖魔となり暴走した際の保険として教皇庁からの指示で遠隔式の自滅装置を組み込んでおり、終盤その起動装置をルーエに渡す。
また、アルーシェを半妖にする以前、「邪妖の脅威に対抗できる、半妖の聖騎士が必要」という理由でミュベールを半妖化させるのに関わった当事者であり、そのミュベールが失踪した末妖魔の側に付いたことに責任を感じている。
ノーマルエンドでは事の顛末を教皇へ報告する際アルーシェを失った事に心を痛ませ、涙した。トゥルーエンドでは長年の研究が実り、街を邪妖から解放する事に成功。そして2人の帰ってくる場所を用意するため、改めてホテルの営業を再開。エレノアと共に帰りを待ち続ける。
エレノア・エルネスト
声 - 田中あいみ
ホテルに雇われたパティシエ兼ショップ担当で、ウェルカムドリンクとして供されるチョコレートドリンクも手掛ける。天真爛漫で明るい性格。ちなみにカナヅチ。
チョコレート作りに情熱を捧げ、究極のチョコの材料を求めて世界中を旅しており、商人として物資を届けにホテルへやってきた。商人としての活動はあくまでチョコのためであり、その稼ぎはチョコに費やされる。
元は街の住人で、首都移転騒ぎの際に腰を痛めた祖母の作るチョコがきっかけでチョコレート作りを始めた。夢は食べた人みんなが笑顔になるチョコを作り、世界を救う事で至高のチョコで魔の者たちとの間も含めて争いをなくせたらと真剣に考えている。
そんな夢を抱き、ホテルで専属ショコラティエを務めるだけあってそのチョコの実力は芸術的で、邪妖を手なずけ妖魔の間でもショコラティエ・エレノアの名前が知れ渡る程の評判がある。クリスはお忍びで買いに来るファンの一人。
小柄な外見に似合わず、メイスを振るう。他の面々や人外と違いただの一般人であるはずであるが、チョコを使って周囲にダメージを与えたり武器を精製したりと何気に一番の謎スキルの持ち主。
ヴェルーシュカ
声 - 富田美憂
ルルド教団のエージェント。女性であるが、一人称は「俺」。アーナスの命を狙って襲撃してくるも撃退され、そのまま捕縛される。後に、アーナスの話を聞いてひとまずは状況を見極めるために行動を共にすることになる。
ルルド教団に来る前は某国で行われた蒼い血を使った兵器開発の実験台として様々な人体改造(カミラ曰くかなり無茶苦茶なもの)を施され、そのため寿命が削られてしまっている。また、人間的な感情が乏しく機械的。しかし、アルーシェとの交流で感情を少しずつであるが取り戻していき、リリアーナらとの関係を羨ましく思うようになる。
ミュベール・フォーリン・ルー
声 - 古木のぞみ
アルーシェの先輩騎士だった女妖魔で、身体の一部が翼のようになっている。人工的な半妖化に成功した聖騎士として邪妖に立ち向かっていたが、あることを機に妖魔となった。それ以来、同じく半妖化したアルーシェに対して妖魔にならないかと勧誘してくる。
彼女を妖魔へと落としたのは月の女王の配下であるヴァルデロッサ。毒の拷問によって精神を犯されて妖魔へと落ちるも、アルーシェに撃破され、妖魔の血を吸われたことで正気に戻る。
アルーシェが学園に在籍していた頃の先輩でもあり、当時の生徒会長。実は入学試験に失敗していたアルーシェを、何か面白いことを起こしてくれそうだという理由で特権によって入学させた。ただし、様々な騒動を起こしたので時折後悔もしていたらしい。
アーナス
声 - M・A・O
前作の主人公。かつては「夜の君」として妖魔を統べ、邪妖の被害から人間を守り、長い間戦ってきた半妖の少女。「夜の君」としてその絶大な力を持って、アルーシェのもとに現れた。現在ではかつて行動を共にした黒猫(本来の夜の君)はその姿を見ることはない。
実は月の女王によってとらえられ、彼女の大事な人を殺したと吹き込まれたことで暴走状態にある。しかし、その当人の指輪を見つけ出していたことで正気に戻り、以降は仲間として行動する(指輪を見つけていなかった場合、正気に戻せないまま姿を見失う)。アルーシェに、寿命が異なる半妖と人間の恋の難しさを語る。
クリストフォロス
声 - 黒沢ともよ
純血の妖魔。愛称はクリス。アルーシェに興味があるらしく、事あるごとにアルーシェの前に現れる。目的や真意がわからず謎が多い。
元々彼女が夜の君に反対していたのは、永遠の夜の到来によって夜の君の支配する世界と化すことを否としていたためである。そのため、永遠の夜を迎える気のないアーナスには純粋に忠誠を抱いており、暴走してしまった彼女を救うために行動している。なお、前作にあった記憶消去の障害は今回ではその兆候は見られない。
マルヴァジーア
声 - 嶋村侑
かつての「夜の君」やアーナスに取って代わって、現在の妖魔や邪妖を統べる「月の女王」。完全に復活すると世界は闇に包まれてしまうため、定期的に封印されている。
実はその生態を探るために一度人間(カミラの言等から教皇庁の関係者である模様)に捕えられて生体実験を受けている。それにあたって居城などを知られてしまっている様子。
かつて、人間の女性「アルストロメリア」と愛し合っていたが、周囲から理解を得ることができず人間に迫害され、それに耐えられずアルストロメリアの手で心臓を貫かれて一度死亡。アルストロメリアも後を追うように自害した。しかし、完全に消滅したわけではなく、後に復活。彼女との約束を果たすため、また彼女を死に追いやった人間への憎悪を晴らすために「花嫁」を得る行動を開始する。
ヴァルデロッサ
声 - たかはし智秋
マルヴァジーアに仕える、蜘蛛の姿をした妖魔。かつて人間に捕まったマルヴァジーアを救出し、それ以降彼女に仕えている。この時の経験から「人間と妖魔は共存できない」と考えており、マルヴァジーアへの忠義心と人間、とりわけ教皇庁への敵愾心を持つ。
サディスティックな性格で、敵対者を捕えて自らの毒で拷問にかけ、心をへし折って妖魔化させており、ミュベールもこの方法で妖魔化させた。マルヴァジーアからアルーシェを苦しめるよう命を受けた事で、ミュベールを尖兵として使うのみならず、ルーエンハイドをも狙う。
アルストロメリア
かつてマルヴァジーアの恋人であった女性。故人。
迫害に耐えかね、マルヴァジーアを殺した後に自害した。この際、復活した後に、生まれ変わっているであろう自分を見つけ出してほしいと頼んでいる。アルーシェがその生まれ変わり「新月の花嫁」であり、そのためかアルーシェの外見はアルストロメリアそっくりである(彼女との血縁は不明)。

スタッフ編集

プロデューサーは前作と同じ菊地啓介だが、制作スタッフを一新しようということでディレクターは元オメガフォースで『戦国無双Chronicle』シリーズを手掛けた片岡宏が抜擢された。シナリオはTeam NINJAから『』、『影牢』シリーズといった女性同士の掛け合いが得意な柴田誠が選ばれた。さらに、シナリオのクオリティを高めるため、美少女が戦うダークファンタジーに強い人材が求められ、外部スタッフとして『BLOOD+』を制作したProduction I.G.藤咲淳一がシナリオ監修として参加している。イラストレーターは前作に引き続き四々九が担当している[4]

漫画編集

2017年7月5日から12月20日まで、『水曜日のシリウス』で漫画「よるのないくに2 〜日々花盛り〜」(よるのないくにツー ヒビハナザカリ)が連載された。作画は戸野タエ。

出典編集

  1. ^ 発売日が延期されている(2016年12月25日 → 2017年2月 → 2017年内 → 2017年8月31日)
  2. ^ 『よるのないくに2』の発売日が8月31日に決定。リリィや従魔と協力して戦うバトルを確認できる動画公開 電撃オンライン 2017年5月29日
  3. ^ ガスト美少女祭り第2弾は『よるのないくに2』! 3人の少女たちの想いが複雑に絡み合う新たな物語 電撃オンライン 2016年8月23日
  4. ^ 『電撃PlayStation Vol.621』カドカワ、2016年8月25日発行。

外部リンク編集