メインメニューを開く

らくラクはりまは、西日本旅客鉄道(JR西日本)が大阪駅 - 姫路駅間を東海道本線及び山陽本線JR神戸線)経由で運行している特急列車(通勤特急)[1][2][3]

らくラクはりま
使用車両の289系
使用車両の289系
概要
日本の旗 日本
種類 特別急行列車(通勤特急)
現況 運行中
地域 大阪府兵庫県
運行開始 2019年3月18日
運営者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
路線
起点 大阪駅
終点 姫路駅
営業距離 87.9km
使用路線 東海道本線山陽本線JR神戸線
技術
車両 289系電車吹田総合車両所京都支所)
軌間 1,067 mm
電化 直流1,500V
テンプレートを表示

目次

概要編集

平日朝と夕方に運転される通勤特急である[3]。この列車の登場により、平日の18時から20時の間に大阪駅から姫路駅方面に向かう特急列車の間隔が毎時1本となる[4]。大阪駅から姫路駅までの所要時間は新快速より5分から10分程度早い約1時間[5]。特急料金はJ-WESTカード会員向けの「J-WESTチケットレス」を利用すると割安になるよう設定される[3][6]

特急列車では、びわこエクスプレスはるかと同様にアーバンネットワーク内で運行が完結する。近畿圏を発着する特急列車の登場は2003年の「びわこエクスプレス」以来16年ぶりとなる[5]

運行形態編集

平日のみの運行で、朝の通勤時間帯に姫路発大阪行きを1本、夕方の通勤時間帯に大阪発姫路行きを1本運行する[1][2]

停車駅編集

大阪駅 - 三ノ宮駅 - 神戸駅 - 明石駅 - 西明石駅 - 加古川駅 - 姫路駅[1][2][3]


使用車両・編成編集

編成図
らくラクはりま
← 姫路
大阪 →
289系
1 2 3 4 5 6
G F (指)
  • 全車禁煙。
  • 各車両の最前部と最後部、グリーン席の全席にはコンセントがある。

凡例

吹田総合車両所京都支所に所属する、289系電車6両編成を使用する[1][3]

沿革編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e “「らくラク」通勤で、毎日に充実したひとときを。JR神戸線に通勤特急がデビューします!” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2018年11月30日), http://www.westjr.co.jp/press/article/2018/11/page_13475.html 2018年12月5日閲覧。 
  2. ^ a b c d e 2019年春ダイヤ改正(3月16日【土曜日】) (PDF)”. 西日本旅客鉄道 (2018年12月14日). 2018年12月14日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 2019年3月16日にダイヤ改正を実施します (PDF)”. 西日本旅客鉄道 近畿統括本部. 2018年12月15日閲覧。
  4. ^ “JR西日本、新快速Aシート&「らくラクはりま」で座席サービス充実”. マイナビニュース. (2018年12月14日). https://news.mynavi.jp/article/jrdiagram2019-2/ 2018年12月15日閲覧。 
  5. ^ a b “JR神戸線に通勤特急「らくラクはりま」 来春デビュー”. 朝日新聞デジタル. (2018年12月7日). https://www.asahi.com/articles/ASLCZ4W0BLCZPTIL01K.html 2018年12月15日閲覧。 
  6. ^ “通勤特急「らくラクはりま」JR神戸線に2019年春デビュー JR西日本”. 乗りものニュース. (2018年11月30日). https://trafficnews.jp/post/82226 2018年12月15日閲覧。 

外部リンク編集