らーめん才遊記』(らーめんさいゆうき)は、原作:久部緑郎、作画:河合単による日本漫画作品。『ビッグコミックスペリオール』(小学館)2009年17号から2014年5号まで連載された。ラーメンを題材とした料理・グルメ漫画であり、『ラーメン発見伝』の登場人物の一部が引き続き登場する外伝的な続編にあたる[1]。全11巻。続編となる『らーめん再遊記』が2020年2月より『ビッグコミックスペリオール』で連載されている[2]

らーめん才遊記
ジャンル 青年漫画料理・グルメ漫画
漫画:らーめん才遊記
原作・原案など 久部緑郎(原作)、石神秀幸(原作協力)
作画 河合単
出版社 小学館
掲載誌 ビッグコミックスペリオール
レーベル ビッグコミックス
発表号 2009年17号 - 2014年5号
発表期間 2009年8月14日 - 2014年2月14日
巻数 全11巻
話数 全107話
テレビドラマ:行列の女神〜らーめん才遊記〜
原作 久部緑郎(原作)、河合単(画)
監督 星護、池澤辰也、吉川厚志
脚本 古家和尚
制作 テレパック
放送局 テレビ東京
放送期間 2020年4月20日 - 6月8日
話数 全8話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画テレビドラマ
ポータル 漫画テレビドラマ

テレビドラマ化され、2020年4月から6月まで放送された[3]

あらすじ編集

「らあめん清流房」のオーナーでラーメン界のカリスマである芹沢達也は、ラーメン向けフード・コンサルティング会社「清流企画」を設立していた。また、実験的ラーメン発表の場としてセカンドブランドの「麺屋せりざわ」も開業していた。皆が絶賛する芹沢の月替わりラーメンだったが、「今イチ」だと述べる若い女性客が現れた。その女性客はタマネギのみじん切り炒めを乗せるという手法で月替わりラーメンの味を向上させた。

その女性客の名は、汐見ゆとり。清流企画の入社試験のために面接に来たところだった。

清流企画の同僚と共にいくつかのラーメン店のコンサルティング案件を解決してきたゆとりだったが、そこに「ラーメンなでしこ選手権」とい女性ラーメン職人の選手権の話が舞い込んでくる。

有名料理研究家である母・汐見ようことの確執から、ゆとりは選手権で優勝できなければ清流企画を辞め、ようこの後継となるべく戻る約束をしてしまう。選手権決勝では1票差で石原麻琴に敗れるものの、「無効票の2票があれば自分の勝ち」とゆとりはめげない。

そこで、ついにはゆとりとようこの親娘で「ワクワク・ラーメン対決」が開催されることになる。ラーメンの成立の経緯から「ラーメンはフェイク」として1980年代の総決算のようなラーメンを出してきたようこに対し、ゆとりはこれからのワクワクを提示したラーメンで審査員から圧倒的な支持を受け勝利する。

そして、ゆとりは芹沢に優勝したときのお願いとして、女性スタッフのみによる創作ラーメン屋「麺屋なでしこ」をゆとりが店長、夏川が副店長、「ラーメンなでしこ選手権」で競った石原麻琴や西園寺由真と共に開業。芹沢や石原麻琴の父が苦心していた「ラーメン、1000円の壁」もあっさり乗り越え、日替わりラーメンを1000円で提供する店となる。

ゆとりは、芹沢を伴って、自分が初めてラーメンを食べた店を再び来訪する。芹沢はその店を見て「いい店だ」「本物のラーメン屋だ」と評し、2人でその店「ラーメンふじもと」の扉をくぐるのだった。

登場人物編集

清流企画編集

汐見ゆとり〈22〉
本編の主人公。
母は有名料理研究家の汐見ようこであり、食に関する技法や味覚はしっかり育てられている。
母の食育の影響で、ラーメンなどいわゆるジャンクフードを食べたことが無かったが、母の敷いたレールのままフランスの料理学校へ留学するのに疑問を持って家出し、離婚していた実父の元へ。
実父に連れられて初めて食べたラーメンに感動し、「清流企画」の面接を受けにくる。
おおよそ社会常識や人間関係の機微を読むという能力に欠けており、本人に悪気はなくとも率直すぎる発言が他人を苛々させることもしばしばある。
料理そのものへの知識や感覚は非凡で。味覚も鋭いが、食したラーメンを「トボトボ」「ワクワク」と表現するなど言語化、客観化できていないことが多い。
芹沢からも「ワクワクとはなんだ?」という宿題を出され、なでしこラーメン選手権予選中に「料理はバランスだが、ラーメンはアンバランス」とその「ワクワク」の正体を自覚することになる。
新作ラーメンやコンサルタントのアイデアをひらめいた際には「ピッコーン!」の声と共に指1本たてた両腕を伸ばす。これは他の登場人物にも揶揄されている。
芹沢達也
フード・コンサルティング会社「清流企画」の社長。前作『ラーメン発見伝』の主要登場人物。
前作に引き続きラーメンに対する飽くなき探究心と知識・能力を見せ、さらに今作ではフード・コンサルタントとしての卓越した手腕も発揮する。
ゆとりに対しては彼女の言動に苛立ちつつもその能力は認め、フード・コンサルタントとして指導していく。
ラーメン調理時に万が一でも髪の毛が入らないようにスキンヘッドにしているとは作中での本人の弁。
河上堅吾〈40〉
「清流企画」社員。温厚な常識人でゆとりに親身に接する。既婚者。
「らあめん清流房」の看板メニュー「濃口醤油らあめん」の弱点に気づいているなど、舌は鋭敏なものを持っている。
芹沢と安本との確執を知らないため、十年前には在籍していないことがわかる。
白坂隼人〈34〉
「清流企画」社員。
数多くの女性と付き合っており、女性のラーメン事情などに詳しい。
気さくな人柄ではあるが、二股をかけていたり人妻と不倫していたりなど、女性関係については不義理が目立つ。
また、不義理が原因でゆとりが白坂の二股の相手と勘違いされるなど迷惑を被ることも。
夏川彩〈26〉
「清流企画」社員。
茨城の実家でラーメン屋「夏川食堂」を営んでいた両親の姿を見て育ち、自らもその跡を継ぎたいと考えていた。
しかし、彩が中学一年の頃、父親がガンで死去し店も閉店してしまう。
店舗そのものは物置として残っており、もう一度再開させるのが夢。
もともとはそのための修行として芹沢が店主のラーメン屋「らあめん清流房」にスタッフとして勤めていたが、人事異動で清流企画に配属されたため、清流房に戻りたいと考えている。
須田正史〈24〉
「清流企画」社員。気弱な性格の元ラーメンオタク。ゆとりと共に仕事をする場合に業界事情を解説することも多い。
夏川ともども酒癖が悪く、後述の武田剛三は夏川や須田らを誘って呑んだ際に被害に合い、以後は一緒に呑むことを拒絶されている。

清流企画のクライアント編集

「京来軒」店主夫妻
清流企画に入社したゆとりが勝手に安価でコンサルティングの依頼を取り付けたラーメン屋夫妻。
名前は公開されておらず、店主は「ジイさん」「オジイちゃん」と呼ばれている。
作るラーメンはパンチにかける、ゆとり曰く「トボトボした寂しいラーメン」であったが、濃い味付けのもやし炒めを乗せた「もやしめん」が偶然にもいい出来であったため、それを軸にコンサルティングを進めていくことになる。
結果的に立て直しには成功したが、芹沢には「能無しの怠け者」呼ばわりされている。
坂口辰巳・恵夫妻
Noodle Cafe AAA」店主夫妻。夏川のクライアント。
当初は夏川と店主が共に考えた「イタリア風ラーメン」での再起を狙ったが思うようにいかず、夏川を責めるような口調も見受けられた。
その後、「女性もたくさん食べたいし、言い訳要素も必要」という助言と、たまたま入ったイタリア料理店がヒントとなり、ゆとりが「バーニャカウダ風つけ麺」製作。
芹沢のお墨付きもあり、夏川とも和解している。
相川鉄也
元は単なるラーメン好きだったが、テレビで「年商50億になったラーメン屋」の話を見て、それを「ラーメン・ドリーム」と形容し、自らもラーメン屋になることを志す。ラーメン店の経営に対する知識はゼロに近い。
通常のラーメン店を開店するには資金が足りないため、「さかな居酒屋ほんだ」の店舗を日中だけ借りて「ラーメン相川」を開店。当初は問題が多々あったものの、最終的にはゆとりと須田の協力を経て本格的にラーメン屋としての人生を始めた。
良くも悪くも豪快でカラッとした性格であり、知り合った当初からゆとりとは意気投合する。またラーメン相川の開店に協力した須田を含めた、三人でつるんで食べ歩きをすることもある。
中原昌英
「麺房なかはら」の店主であり、ニューウェイブ系ラーメン店の店主として芹沢とはライバルと呼べる関係であったが、ラーメン集合施設「ラーメン完食街」に出店した際に客足に悩まされ相談しに来た。
店の問題解決後もゆとりの相談相手としてたびたび登場し、ベテランラーメン職人や店の主人としての立場でゆとりに助言している。
稲本昭一
「懐麺ちゃるめら屋」→「酒麺処ちゃるめら屋」店主。
ラーメン好きと長年の夢が高じて、思い切って脱サラし自分の店を持つが、雑居ビルの4階という最悪の立地で、店には閑古鳥が鳴いていた。
稲本の身の上に感動した須田と夏川が勢いでコンサルティングを約束し、最終的には武田の助言もあり「食べ放題飲み放題で〆に本格的なラーメンを食べられる居酒屋」として、きちんとした店を持つまでの資金集めができるまでになった。
大平茂幸・芳江夫妻
「おおひら食堂」を経営する店主夫妻。クライアントとしては珍しく経営は傾いておらず、後継者探しの依頼のために清流企画を訪れた。
若手社員四人での後継者コンペを行い、最終的にはゆとりが偶然知り合った外食業界のカリスマ・鷹野研次郎が後継者となった。
安西徳之
「つけ麺あんざい」店主。
集客に悩んでいたところで清流企画にコンサルティングを依頼するが、同時に妻が味惑コーポレーションにコンサルティングを依頼。
両社がバッティングしたことが、ゆとりと難波の出会いとなる。
ゆとりと難波で新作ラーメンのコンペを行った結果、「つけ麺あんざい」はトンコツラーメン屋として再出発。
コンペのラーメンの味では圧勝だったものの、その後の手回しも含めてゆとりは敗北を喫している。
蒲生博昭
「楽麺フーズ(株)」社長。
「駅前にボリューム系ラーメン店を作りたい」ということで、清流企画と味惑コーポレーションの二社でコンペを行うこととなる。
そこで再度ゆとりと難波が対決することになり、ゆとりはリベンジに燃える。
最終的には多数決と蒲生の今後の展望の期待により、ゆとりの「オコゲ・ラーメン」がコンペを勝ち取ることとなり、リベンジに成功している。
丸山太志
「麺屋ぷんぷん」店主。
「魔のテナント」と呼ばれる店舗に出店したことにより客が来ず、悪酔いして宴会の席で暴れたことによりゆとりたちと知り合う。
問題の原因は立地と看板の目立ちやすさであり、元々味ではライバル店に負けていなかったため、新しい目立つ看板を立てることにより客足は回復した。
なお、「魔のテナント」とはライバル店である「ラーメン東海道」店主の母親が、そのテナントに飲食店ができる度にそう言って脅しているだけであった。
(実際に看板などの対策を講じなければ客のまったく入らないテナントであったことには代わりはない)
内藤進介
呉越市役所の観光課。西呉町出身。ご当地B級グルメを製作するために清流企画に依頼し、ゆとりが出向することになる。
西呉町と真越町とのいざこざで真越町出身の幼馴染、高倉綾乃と対立しあい、どちらの町のラーメンがご当地ラーメンとして相応しいかで勝負することに。
結果、ご当地ラーメンづくりは失敗し、「呉越市ではよく見られるが、全国的には珍しい」として「どん焼き(うどんをお好み焼き風に焼いたもの)」をご当地B級グルメとして売り出すこととなった。
綾乃とは和解し、これからは西呉町と真越町で協力し合うことを約束した。
高路雄五
「ラーメンのりちゃん」店主。
店主に惚れ込んでしまった夏川が、店を立て直そうと奔走する。
実は既婚者であり、店が傾いたのもラーメンの味作りと接客を行っていた妻が夫に愛想を尽かし、出ていったから。
最終的には白坂の機転で妻を連れてくることで、店の立て直しはとりあえず成功し、夏川の恋も冷めることとなった。
牧原弘貴
「麺工房まきはら」→「油そば専門店まきはら」店主。
須田の友人のラーメン・フリークであり、ゆとりを唸らせるほどの創作ラーメンを作る腕も持っている。
しかし、向かいにできた「つけめんぶっとい軒」に好意を寄せていたバイトと客を取られ、自暴自棄になってしまう。
「ぶっとい軒」の店長に煽られた結果ヤケになり、芹沢のテコ入れもあってトッピング盛り放題、麺大盛り無料の油そば専門店として再起。
バイトの子も戻ってきて順風満帆の様子であった。
ドラマ版では白坂の友人に改変され、油そば専門店で稼いだ金を元手に創作系ラーメン店として再出発している。
伊本秋夫
「麺屋いもとん」店主。「麺屋ぷんぷん」の元従業員であり、丸山の紹介で清流企画にコンサルティングを依頼した。
伊本の店は客の治安が悪い「呪われたラーメン屋」であり、本人の気性もあり無法地帯と化していた。
注意の張り紙などをするも大した効果は得られなかったが、武田の毅然とした(やりすぎのきらいもある)迷惑客への対応や「麺屋せりざわ」の客の雰囲気を見て、勇気を振るって対応することを決意してコンサルティングは終了した。
しかし、芹沢は本人の気性ゆえすぐに限界が来ることを見通していて、アフターフォローをする算段を付けている。

その他の人々編集

汐見ようこ
ゆとりの母。「カリスマ」とまで形容される料理研究家。テレビなどにも出演する有名人。
ゆとりを自らの後継者にすると決めている。
自然派料理を推すキャラクターづくりの一環として、娘のゆとりにもジャンクフードなどは食べさせずに育てたが、若い頃はラーメンなどのジャンクフードもかなり食べこんでいる。
橋爪亮二
ゆとりの父。プロカメラマン。
ようことは本編開始の数年前に離婚しており、家出したゆとりを匿う形で自宅に住まわせている。
温和な性格ではあるが、厳しい性格のようこにも物怖じせずに言葉を伝える強かさも持っている。
有栖涼
売れっ子のラーメン評論家。
芹沢とは懇意の関係で、そのラーメンに対する味覚の確かさと知識の広さは、芹沢をして「信頼できる」と言わしめるほど。
美味いラーメンを食べると「大仏顔」と呼ばれる満面の笑顔をしながら独特な言い回しで味を表現し、美味くないラーメンを食べると「大魔神」と呼ばれる怒髪天を突くような形相をする。
前作『ラーメン発見伝』にも登場。
山下麗華
ようこの部下。
ラーメンで激太りして悩んでいたところをようこのダイエットメニューによって救われた過去を持ち、ようこに心酔している。
元々はボリューム系ラーメンのチェーン店「だいまる家」で店長候補となるまでの腕を持っており、背脂ラーメン作りにおいてはかなりの腕前を持つ。
本田信和
「さかな居酒屋ほんだ」店主。
昼間、相川に店を貸している居酒屋の店主。
若く、様々な失敗もする相川を時に叱り、時に励ましながら成長を見守っている。
武田剛三
チェーン店「らーめん厨房どきゅん」のオーナー店主。ふとしたことでゆとりと知り合う。芹沢とも顔見知り。
前作『ラーメン発見伝』にも登場し、どきゅん開店当初の様子などが描かれる。
芹沢からは「商売の本質を掴んでいる」とその能力を評価されており、ゆとり達が成果を出せない案件に対して的確なアドバイスを出したこともある。
鷹野研次郎
「おおひら食堂」後継者コンペでゆとりが連れてきた候補者。
候補者選びで悩んでいたゆとりが偶然行き倒れていた鷹野と出会い、その縁で候補者となる。
実はわずか8坪の居酒屋であった「居酒屋たかけん」を全国200店舗を超える巨大チェーンに急成長させた飲食業界のカリスマ。
鮮やかな手腕で「おおひら食堂」の後継者となり、松井・板垣も店で雇うことで白坂・夏川の面目を立たせた。
松井正弘
「おおひら食堂」後継者コンペで白坂が連れてきた候補者。
大手ラーメンチェーンや中華料理チェーンの店長を経験しており、調理・接客をハイレベルでこなせるマルチ・プレイヤー。
しかし、言われたことを言われた通りにしかできないため「店長」としては優秀だが「店主」の器ではなかったため、落選。
その後は鷹野に「おおひら食堂」の店員として雇われている。
小森仁志
「おおひら食堂」後継者コンペで須田が連れてきた候補者。
元々は須田のラーメン・フリーク仲間であり、名店「神麺亭」に務めていることから候補者に選ばれた。
しかし、行ったことはテーブルを全て片付けてあぶれた客を行列にする、食品偽装の広告、ラーメンの量を減らすなどやりたい放題。
「神麺亭」勤務の情報も一週間だけバイトしたことがある程度だったことが発覚し、芹沢に叩き出されている。
板垣勇次
「おおひら食堂」後継者コンペで夏川が連れてきた候補者。
様々な中華料理店の厨房を経験してきた経歴を持ち、名物タンメンの味を一段階上に上げるなど調理技術は高い。
しかし、厨房での衛生意識の低さや、完成した料理を運ばず放置していたことで落選。
その後は鷹野に「おおひら食堂」の店員として雇われている。
難波倫子
大手フードコンサルティング会社「味惑コーポレーション」の新入社員。仕事の上で、たびたびゆとりとぶつかる。
普段は猫を被っているが、かなりガラが悪い。ラーメン職人としての発想力、腕前やコンサルティング業としての能力は高い。
「なでしこラーメン選手権」にも出場したが決勝までは残れなかった。
福花康男
「味惑コーポレーション」社長。
社長と新入社員という立ち位置だが、難波の強気の姿勢と剣幕には押されがち。
石原麻琴
伝説的な名店「菜妙軒」の娘。ラーメン創作に関してはゆとり以上の才能を持つが、接客能力はダメダメ。
ラーメンのアイデアが浮かんだ際には「麺神降臨!」の掛け声とともに眼鏡のレンズが割れ飛び散る。
父(菜妙軒の店主)は芹沢がラーメン店を志したきっかけともなっている。
西園寺由真
「麺屋XXX」の店員でGカップの巨乳。
「なでしこラーメン選手権」のお色気担当要員(ビキニ水着で調理など)としてテレビ映えのために招聘されたが、ラーメンの創作力は本物で決勝に進出する。
喜久沢友恵
繁盛店「ラーメン暖優亭」の店主。「ラーメン界のおっかさん」と呼ばれる。
「なでしこラーメン選手権」には参加予定者の急病による代打出場となったが、その腕は芹沢も高く評価しており、事実、決勝まで進んだ。
安本高治
ラーメンチェーン「麺獄グループ」の社長。
かつて芹沢の「らあめん清流房」で支店を任されるほどだったが、らあめん清流房の看板メニュー「鮎の煮干しの濃口らあめん」の欺瞞に気づき、材料を横流ししていたことから解雇された過去を持つ。
その恨みから、らあめん清流房の各店を潰すべく画策する。

単行本編集

  1. 2010年 2月27日発売 ISBN 978-4091830401
  2. 2010年 6月30日発売 ISBN 978-4091832061
  3. 2010年10月29日発売 ISBN 978-4091835055
  4. 2011年 2月26日発売 ISBN 978-4091836670
  5. 2011年 8月30日発売 ISBN 978-4091840455
  6. 2012年 2月29日発売 ISBN 978-4091842800
  7. 2012年 6月29日発売 ISBN 978-4091845252
  8. 2012年 12月27日発売 ISBN 978-4091848000
  9. 2013年 4月30日発売 ISBN 978-4091852052
  10. 2013年 10月30日発売 ISBN 978-4091855954
  11. 2014年 3月28日発売 ISBN 978-4091860484
  • らーめん才遊記の芹沢さん 2020年 4月10日発売 ISBN 978-4098606634
    芹沢のエピソードの選集[4]

テレビドラマ編集

行列の女神
〜らーめん才遊記〜
ジャンル 連続ドラマ
原作 久部緑郎(作)
河合単(画)
『らーめん才遊記』
脚本 古家和尚
監督 星護
池澤辰也(テレパック)
吉川厚志(テレパック)
監修 はんつ遠藤(ラーメン)
出演者 鈴木京香
黒島結菜
高橋メアリージュン
小関裕太
前野朋哉
杉本哲太
石塚英彦
ナレーター 石丸謙二郎
音楽 佐橋俊彦
オープニング LOVE PSYCHEDELICO 「Swingin'」
エンディング THEイナズマ戦隊
「WABISABIの唄」
国・地域   日本
言語 日本語
チーフ・
プロデューサー
浅野太(テレビ東京)
プロデューサー 中川順平(テレビ東京)
倉地雄大(テレビ東京)
黒沢淳(テレパック)
雫石瑞穂(テレパック)
制作 テレパック(協力)
製作 テレビ東京
放送
放送チャンネル テレビ東京系
映像形式 文字多重放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域   日本
放送期間 2020年4月20日 - 6月8日
放送時間 月曜 22:00 - 22:54
放送枠 ドラマBiz
放送分 54分
回数 8
公式サイト
テンプレートを表示

行列の女神〜らーめん才遊記〜』(ぎょうれつのめがみ らーめんさいゆうき)のタイトルで、2020年4月20日から6月8日までテレビ東京系「ドラマBiz」で放送された[3]。主演は鈴木京香[3]。 劇中に登場するラーメンの作製は「中華そば勝本」の佐藤店主が担当した[5]

新型コロナウイルス感染拡大防止による撮影スケジュールの影響で、ほとんどのドラマが放送開始が延期になったり、放送を途中で見合せる中、全話撮影済みであった本作は予定通りに放送を終了し、2020年4月期、地上波ゴールデン・プライムタイム枠のドラマの中で最も早く最終回を迎えた[6][7]。また、「ドラマBiz」最後の作品となった。

原作では男性だった芹沢達也が、ドラマでは女性の芹沢達美に変更されている[3]

キャスト編集

清流企画
味惑コーポレーション
橋爪クッキングスクール
その他

ゲスト編集

1杯目
2杯目
  • 坂口琢磨(「とんこつラーメンさかぐち」改め「noodle Cafe TMY」店主) - 浅利陽介 *第7話の回想シーンにも出演
  • 坂口恵(琢磨の妻) - 金澤美穂 *第7話の回想シーンにも出演
  • 坂口雄大(坂口夫妻の息子) - 千葉新
3杯目
  • 安西徳之(「つけ麺あんざい」店主) - 窪塚俊介[9] *第4話、第6話の回想シーンにも出演
  • 安西絵里(徳之の妻) - 林田岬優[9] *第6話の回想シーンにも出演
  • 久保 - 谷川昭一朗
  • 中村有志(「テレビ☆チャレンジャー」司会) - 中村ゆうじ[11]
4杯目
  • 相川鉄也("ラーメンドリーム"を目指す青年) - 堀井新太[9]
  • 本多信和(「さかな居酒屋ほんだ」店主) - 大友康平[9]
5杯目
6杯目
  • 牧原弘貴(「麵屋まっきぃ」店主、白坂の大学の先輩) - 金井勇太
  • 蒲生博昭(「楽麺フーズ(株)」社長) - マギー
7杯目
  • 中原昌英(「麺房なかはら」店主) - 石黒賢
8杯目(最終話)

スタッフ編集

放送日程編集

話数 放送日 ラテ欄[12] 監督 提案メニュー
1杯目 4月20日 美味しいヒットの法則 伝説女が貧乏救う! 星護 もやしめん
2杯目 4月27日 主婦の本音VSガラガラ店…逆転(秘)策 父と娘“涙の一杯” バーニャ・カウダ風つけ麺
3杯目 5月04日 最強の宿敵はヘルシー料理の女王! 母と娘…壮絶バトル 池澤辰也 毛血旺中国語版つけ麺
4杯目 5月11日 素人が大逆転 50万で店を開く裏技!? 涙のワンコイン麺… 竹岡式ラーメン
5杯目 5月18日 名店の後継者コンペに仕掛けた罠!? 天敵から第3の刺客 星護
6杯目 5月25日 激戦区バトル “2度美味い”秘策!? カリスマが流した涙 池澤辰也 オコゲ・ラーメン
7杯目 6月01日 ついに最終章 激突! 2人のカリスマ 客ゼロ? 鶏塩麺の謎 吉川厚志
8杯目
(最終話)
6月08日 閉店の危機! 3人の最強刺客
復讐のカッコウ作戦!? 逆転“幻の醤油麺”
池澤辰也

関連企画編集

小学館「スペリオールらーめん祭り2020」[2]

  • 『ビッグコミックスペリオール5号』(2020年2月14日発売)にて「らーめん才遊記」のドラマ化を記念して展開。
  • 原作の続編となる「らーめん再遊記」の連載を開始。
  • ラーメンをテーマにした池上遼一津村マミの読み切り作品等も掲載。

日本経済新聞社「ラーメン・レシピ・コンテスト」[13]

  • 番組の特別企画として、自慢のオリジナルラーメンのレシピを一般からネットで募集(2020年4月13日 - 5月8日)。
    グランプリ(賞品:ご当地銘店ラーメンカタログギフト9万円分)他を決定する。
  • 辻調理師専門学校の協力を得て審査(①調理法、②味・おいしさ、③盛り付け、④栄養面、⑤メニューコンセプト等)。
  • 最終審査会(2020年5月31日予定)の様子は、テレビ東京の生活情報番組『よじごじDays』内で放送予定。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 山本ジョージ (2018年5月23日). “感覚ではない、ロジックとしてのラーメン漫画『らーめん才遊記』”. マンガ新聞. 2020年3月17日閲覧。
  2. ^ a b 感伝説の男を新たに描く「らーめん再遊記」始動、池上遼一のラーメン読切も掲載”. コミックナタリー (2020年2月14日). 2020年3月17日閲覧。
  3. ^ a b c d “鈴木京香主演で『らーめん才遊記』ドラマ化「おいしい一杯を極めます」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年1月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2154119/full/ 2020年1月28日閲覧。 
  4. ^ “「らーめん才遊記」芹沢さんにスポットを当てたセレクト版、2冊同発”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年4月10日). https://natalie.mu/comic/news/374770 2020年4月10日閲覧。 
  5. ^ a b 公式twitter - 2020年4月30日午後9:13
  6. ^ “コロナ禍で番組収録の自粛が長期化 大河、朝ドラ、連ドラも放送中断へ”. 毎日新聞. (2020年5月4日). https://mainichi.jp/articles/20200504/k00/00m/040/103000c 2020年5月22日閲覧。 
  7. ^ “7月期あきらめた作品も、困難極めるドラマ編成事情”. 日刊スポーツ. (2020年5月8日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202005070000497.html 2020年5月22日閲覧。 
  8. ^ a b c d e “高橋メアリージュン、小関裕太、前野朋哉らドラマ「らーめん才遊記」に出演”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年3月9日). https://natalie.mu/eiga/news/370394 2020年3月9日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f “松井玲奈、ドラマ『行列の女神』第3話から登場 黒島結菜のライバル役に”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年4月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2160959/full/ 2020年4月29日閲覧。 
  10. ^ a b “ドラマ「らーめん才遊記」ポスタービジュ解禁、追加キャストに高畑淳子・利重剛”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年4月8日). https://natalie.mu/comic/news/374538 2020年4月10日閲覧。 
  11. ^ https://www.tv-tokyo.co.jp/information/2020/05/04/220261.html
  12. ^ 該当各日 『読売新聞』 テレビ欄。
  13. ^ ラーメン・レシピ・コンテスト”. NIKKEI STYLE (2020年4月13日). 2020年5月5日閲覧。

外部リンク編集

漫画
テレビドラマ
テレビ東京 ドラマBiz
前番組 番組名 次番組
行列の女神〜らーめん才遊記〜
(2020年4月20日 - 6月8日)
廃枠
テレビ東京系列 月曜22:00 - 22:54
病院の治しかた〜ドクター有原の挑戦〜
(2020年1月20日 - 3月9日)
行列の女神〜らーめん才遊記〜
(2020年4月20日 - 6月8日)
【ここまで『ドラマBiz』枠】
未定