メインメニューを開く
集英社漫画レーベル一覧 > 集英社の漫画レーベル > りぼんマスコットコミックス

りぼんマスコットコミックス(RIBON MASCOT COMICS)は、集英社が発行する日本漫画単行本レーベル。同社の少女漫画雑誌りぼん』に掲載された作品を主に、『Cookie』などに掲載された作品(マーガレットコミックスから発売される場合もある)も収録している。略称は「RMC」。

かつては、『りぼんコミック』・『りぼんオリジナル』(ともに現在は休刊)などにの派生誌に掲載された作品もこのレーベルから刊行されていた。

歴史編集

1970年に創刊された。最初のタイトルは、井出ちかえの『ビバ!バレーボール』1巻 (RMC-1)。「マーガレットコミックス」とは異なり、創刊当初から紙カバーで刊行されている。また、『ビバ!バレーボール』などの初期のタイトルには、「マーガレットコミックス」と同様に「〜の巻」などのサブタイトルがつけられている。

1970年代の半ばには、一部のタイトルが「マーガレットコミックス」と同様、白泉社の「花とゆめコミックス」に移動した。ただし、表紙のイラストが「花とゆめコミックス」の版では変更されている。また、1976年から刊行された集英社漫画文庫にも、『陽気な転校生』(巴里夫)など一部のタイトルが移動している。

月刊誌の『りぼん』に掲載された作品が中心ということもあり、当初は10巻を超えるような巻数の多いシリーズものはなかった。しかし、1980年代以降、テレビアニメ化された作品を中心に10巻以上のタイトルも登場しており、その中でも1982年から刊行された『ときめきトゥナイト』(池野恋)は30巻に達している(完結編の「星のゆくえ」を含めると全31冊)。

紳士同盟†』10巻において、初めて特装版を発行した。なお、小中学生向け少女漫画雑誌で連載された作品の特装版は、『講談社コミックスなかよし』での実例がある。

デザイン編集

2002年5月まで採用されていたコミックスのデザインには、

  • 四角の枠内にイラストを配置、その上部にタイトルと巻数、下部に右寄せで作者名をそれぞれ記載という表紙スタイル。
  • コミックス上部に、緑、ピンク、紫、青の4色の横線・それに重なり "RIBON MASCOT COMICS" という表記。
  • コミックス裏面の中央に丸枠・その中にイラストを記載。

などの統一された特徴があった。「花とゆめコミックス」も背表紙がよく似ているが、これは『花とゆめ』を出版している白泉社が集英社のグループで、創刊当時は『りぼん』と同年齢層を狙っていた頃の名残である。

ただし、1995年以降に刊行されたコミックスでは、タイトル書体がオリジナルの作品も存在していた(『こどものおもちゃ』、『神風怪盗ジャンヌ』など)。

2000年に創刊されたCookieに掲載された作品のコミックス(『NANA』『カラフル・パレット』など)では、全面にイラストを配置するという新たなデザインが採用された。通常のりぼんマスコットコミックスにおいても、2002年6月発行のコミックス(『満月をさがして』1巻など)からは同様のデザインへと変更されていった。

さらに、2006年7月発行のコミックス(『たらんたランタ』1巻など)からは上部の横線をなくすなど、さらに自由度の高いデザインが採用され、同社刊の少年誌週刊少年ジャンプやSQのジャンプコミックスに類似している。区別を付ける為、上部あるいは下部、中央部に楕円形のRMCりぼん(基本色はピンク。作者が色指定ができ、中には紫、オレンジなどのカラーマークが付く。背表紙に付くりぼんガールも同様。)Cookieの場合は、RMC Cookieと表記される。

ただし、新たなデザインが採用された後も、デザイン変更をはさんで発行される連載作品のコミックスは、基本的に1巻のデザインのままで発売される(つまり、デザイン変更以前に1巻が、デザイン変更後に2巻が発売された場合、2巻のデザインは1巻のデザインに合わせ、デザイン変更以前のものとなる。『紳士同盟†』など)。

ロゴキャラは、りぼんを上に付けた少女のマーク(りぼんガール)であるのが特徴。

上記のルールに当てはまらない例:『アニマル横町』(前川涼
  • 1巻(2001年2月発行)から11巻(2010年12月発行)まで初期のデザインが適用されていたが、12巻(2011年12月発行)以降は全面にイラストの描かれているデザインに変更されている。(ただし、3巻(2003年1月発行)以降は、四角の枠外にもイラストが配置されるデザインに変更された。)

新人まんが家デビュー作品シリーズ編集

1980年代初頭から、新人漫画家のデビュー作のみをまとめたコミックスを定期的に出していた。これは毎回約5,6人の新人のデビュー作を1冊にまとめ、その中で一番期待度の高い新人が表紙を描きおろしているもので、「新人まんが家デビュー作品シリーズ」としてシリーズ化されていたものだった。過去には『りぼん新人まんが傑作集』の名で一条ゆかり池野恋が編集を担当していたが、『ほっぷすてっぷデビュー!』では「りぼん特別編集」となっている。2005年4月に刊行された『ほっぷすてっぷデビュー!』5巻を最後に刊行されていない。

現在連載中の作品編集

Cookieで連載している作品編集

りぼんで連載している作品編集

過去のヒット作編集

脚注編集

[ヘルプ]