るし長者とは天竺にいたという伝説上の人物、ならびにそれを主人公とした物語である。表記は盧至長者留志長者とも。

『盧至長者因縁経』、『法苑珠林』、『今昔物語集』巻3第22話「盧至長者語」、『古本説話集』「留志長者事」、『宇治拾遺物語』第6巻3話「るし長者のこと」、などに見られ、それらを素材として奈良絵本などもつくられている。

概要編集

天竺るし長者という非情に慳貪(けんどん)な富豪が住んでいたが、その有り様を目にした帝釈天が、長者の姿そっくりに変化して現われてをひらかせ、彼の財産をすべて他人に分け与えてしまう。るし長者は改心し慳貪の(ごう)によって地獄道(あるいは餓鬼道)に落ちる事をまぬがれ、家族にも優しくなる。

参考文献編集

脚注編集

関連項目編集