メインメニューを開く

ろばの会(ろばのかい)は、1955年に、磯部俶による提案を受けた中田喜直を中心に、宇賀神光利中田一次大中恩の合わせて5人の作曲家たちが[1][2][3]、「こどものうた」の創作を目指して結成したグループ[4]。結成当時、メンバーはいずれも30代の若手作曲家であり[5]、彼らは、「子供たちのために、いい詩と、いい音楽を」、「頼まれて作曲するのではなく、自分たちで納得のいく音楽を」をモットーに掲げていた[2]

作曲のために詩を提供した詩人には、サトウハチロー小林純一まど・みちお[6]佐藤義美[7]や、大中の従弟であった阪田寛夫[3][8]らがいた。詩人たちから提供された詩を5人で合議し、希望者が曲を付けるという形で作曲がおこなわれ、時には一つの詩に複数人が曲を付けて、いずれが優れているかと議論を重ねることもあったという[6][7]

この会の活動を通して、「サッちゃん」(阪田寛夫 作詞、大中恩 作曲)、「犬のおまわりさん」(佐藤義美 作詞、大中恩 作曲)、「ちいさい秋みつけた」(サトウハチロー 作詞、中田喜直 作曲)、「おなかのへるうた」(阪田寛夫 作詞、大中恩 作曲)[2]、「ドロップスのうた」(まど・みちお 作詞、大中恩 作曲)[9]をはじめ、多数の楽曲が創作され、広く親しまれた[2]。当時、キング・レコード童謡担当ディレクターだった長田暁二は、ろばの会が生み出した作品のレコード化を積極的に進めた[10]。レコードの他にも、会として新作を中心としたコンサートを開催したり、楽譜集を出版することがあった[1]

1978年には、楽曲集『ろばの会のうた』(音楽之友社)の刊行と、これに関連する演奏会とレコードの発表に対し、第8回日本童謡賞が授与された[11]

ろばの会は、2000年3月に解散コンサートをおこない、中田喜直は同年5月3日に死去した[2]。その後、中田を偲ぶ「水芭蕉コンサート」が毎年5月に開かれるようになったが、2015年の「水芭蕉コンサート」は、<「ろばの会」結成60周年>と銘打っておこなわれた[2]

おもな出版物編集

  • ろばの会のうた、音楽之友社、1978年

おもなレコード作品編集

  • ろばの会のうた、ポリドール、1978年
  • ろばの会童謡名曲集、キング、2000年

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 坂本, 2015, p.63.
  2. ^ a b c d e f 富樫鉄火 (2015年5月21日). “富樫鉄火のグル新 第127回 「ろばの会」60年”. BAND POWER/POWER HOUSE. 2019年1月13日閲覧。
  3. ^ a b 大中恩 「ろばの会」の結成”. JASRAC. 2019年1月13日閲覧。
  4. ^ 世界大百科事典『ろばの会』 - コトバンク
  5. ^ 薩摩林淑子「中田喜直の童謡作品の音楽的特質と現代における意義:楽曲分析を通して」『鎌倉女子大学紀要』第23号、2016年、 18頁。 NAID 120006211547
  6. ^ a b 大地, 2018, p.76.
  7. ^ a b 谷口康雄 (2015年12月4日). “【話の肖像画】作曲家・大中恩(91)(5)いつも言葉を届けたい”. 産経新聞/産経デジタル. 2019年1月13日閲覧。
  8. ^ 大地, 2018, p.77.
  9. ^ 大地, 2018, p.79.
  10. ^ 長田暁二 (2018年12月12日). “ホームソング、優しく新しく 作曲家・大中恩さんを悼む”. 朝日新聞・朝刊: p. 31  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  11. ^ 日本童謡賞・サトウハチロー賞の記録 (PDF)”. 日本童謡協会. 2019年1月13日閲覧。

参考文献編集

  • 坂本久美子「まど・みちおの詩による子どもの歌に関する一考察」『山口学芸研究』第4号、山口学芸大学、2013年、 61-79頁。 NAID /110009586590(論文本体の表題では「まど・みちおの詩による子どもの歌に関する一考察」と中黒が入っているが、CiNiiでは中黒が脱落している。)
  • 大地宏子「NHKラジオ放送の子ども番組にみる「童謡」の音楽的変容 : 戦後の童謡を中心に」『現代教育学部紀要』第10号、中部大学、2018年、 69-82頁。 NAID 120006520718