メインメニューを開く

わたしが・棄てた・女』(わたしが・すてた・おんな)は、遠藤周作の長編小説。1963年発表。

ハンセン病と診断された森田ミツの一生を描き、その一途な愛と悲劇が主な内容となっている。遠藤の著した中間小説の中でも代表的な一作である。

目次

あらすじ編集

大学生の吉岡努は、拾った芸能雑誌の文通欄に名前のあった森田ミツと知り合い、2度目のデートの際、裏通りの安旅館に連れ込み、強引に体を奪う。しかし、やや小太りで田舎臭いミツに魅力を感じるどころか嫌悪感すら覚えた吉岡は、以後一切彼女に会うことをしなくなった。吉岡を一途に愛し続けるミツであったが、彼女の手首には赤いあざがあった。

大学を卒業した吉岡は、勤め先の社長の姪である三浦マリ子と親しくなり、かつてマリ子がミツと共に同じ石鹸工場で働いていたことを知る。さらに当時開業したばかりのトルコ風呂へ行き、トルコ嬢から、ミツがここでも働いていたと知る。気になった吉岡は、ある日ミツと再会するが、彼女はハンセン病の疑いから、御殿場の病院で精密検査を受けなければならないと涙ながらに訴える。そんなミツに対し吉岡は、おざなりな言葉をかけ、逃げるようにその場を立ち去った。

始めは病院に強い抵抗を抱いていたミツであったが次第に溶け込むようになり、程なくして自身のハンセン病は誤診だとが分かる。それまでにない喜びを感じ東京へと戻ろうとするミツだったが、急に孤独感を深め、今度は奉仕の日々を送る修道女たちを手伝うために再び病院へと戻ってしまう。マリ子と結婚した吉岡は、ミツのことが気になり年賀状を送るが、ひとりの修道女から返事が届き、ミツが交通事故で死亡したことを知る。その長い手紙には、ミツが死ぬ間際に遺した言葉が記されていた。

作品解説編集

この作品は吉岡努の視線から描いた「ぼくの手記」と森田ミツの視線から描いた「手首のあざ」の二つの視点で描かれている。遠藤周作の作品のうち、純文学作品に対して軽小説に位置づけられる作品の中で、広く読まれている小説である。

作者によれば、ベルナノスの『田舎司祭の日記』やモーリヤックの『仔羊』といった作品の主人公を一般的に描こうとしたのが、先のユーモア小説『おバカさん』であるという。この作品で失敗した点を、『わたしが・棄てた・女』で克服しようとしている。純粋に人を愛し続けるミツはイエス像に結びついており、その主題はのちに『沈黙』に結実する。

ヒロインの森田ミツは、実際にハンセン病と誤診され、後に看護婦となった経歴を持つ井深八重がモデルとなっている。遠藤自身が最も好きな登場人物であると語り、後の作品にも同名の人物が度々登場する。

現行の講談社文庫版、『遠藤周作文学全集』所収の版では「トルコ風呂」が「ソープランド」に書き換えられている。これは1984年にトルコ人青年からの抗議で同施設が改名されたことによるが、開業当初のトルコ風呂は現在のソープランドのような性風俗施設ではないため、不適切な改変だという指摘もある[注 1]

初出・書誌編集

1963年に『主婦の友』1月号から12月号まで連載された。その後、1964年に文藝春秋新社から刊行された。

刊行本

  • 『わたしが・棄てた・女』(1964年3月、文藝春秋新社)
  • 『わたしが・棄てた・女』(1969年8月、講談社)
  • 『わたしが・棄てた・女』(1972年12月、講談社〈講談社文庫〉/ISBN 9784061311411
  • 『現代日本キリスト教文学全集』第12巻収録(1973年12月、教文館)
  • 『わたしが・棄てた・女』(1976年、講談社〈遠藤周作文庫〉)
  • 『遠藤周作文学全集』第5巻収録(1999年9月、新潮社/ISBN 9784106407253

映像化・舞台化作品編集

映画編集

原作の時代設定、その精神などから距離を置くことなく忠実に映像化した作品は、今のところ現われていない。

私が棄てた女
監督 浦山桐郎
脚本 山内久
原作 遠藤周作
出演者 河原崎長一郎
浅丘ルリ子
加藤治子
小林トシ江
加藤武
岸輝子
音楽 黛敏郎
撮影 安藤庄平
製作会社 日活
配給 日活
公開   1969年9月3日
上映時間 116分
テンプレートを表示

1969年9月3日日活の製作・配給。河原崎長一郎主演、浦山桐郎監督。

公開から50年後の2019年9月3日幻の映画復刻レーベルDIGから初DVD化された。

キャスト編集

スタッフ編集

製作編集

キャスティング編集

浦山桐郎監督の当初のイメージは、吉岡が小林旭、ミツは都はるみだったという[1]。結局、ギャラの問題などもあり、河原崎長一郎小林トシ江が演じた。原作者の遠藤が医者役でカメオ出演している。

企画して完成まで足かけ5年かかり、河原崎のスケジュールの都合で、1969年に入って撮影準備を始め[2]、同年年5月に完成した[2]

興行編集

しかし完成した折には日活は題名から内容まで徹底的に東映作品のマネをした映画製作に転換し[2][3][4]、これが思いもほか成功[5][6]、日活はヤクザ映画オンリーになっていた[5][7]。浦山の「くずれた世相の中で、現代人がもがき苦しむ愛の断片を描く異色ドラマ」なる意図はラインから外れた[4][7]。日活は折角ヤクザ路線で客足に安定性が生まれつつある時だけに、それと『私が棄てた女』を併映して客を減らしては困るという心配があり公開が決まらずおクラ入りした[2][4]

腹を立てた浦山は、併映作なしでの一本立てロードショーを主張したが埒が明かず、ATG系での上映を働きかけたが[2]、ATGから「『心中天網島』を年内いっぱい上映を予定しているので公開は1970年以降になる」と回答された[2]。『私が棄てた女』は日本映画輸出振興協会から1億二千万円の融資を受けており[8]、1969年中に公開しなければならない事情があった[8]。仕方なく自ら日活の試写室を借りてマスコミや映画評論家を集め試写を行ったり、ホールを借りて試写会を行ったり必死の努力を続けた[2][7]。マスコミや評論家から「久しぶりに見ごたえがある意欲作。早い時期に公開すべき」と激賞され[8]、「なぜ公開しないのか」「上映しろ」と投書が日活に舞い込むようになった[2]。1969年8月6日に堀久作社長も出席して全国配給会議が開かれ[8]、議論百出の末、社長一任となり、堀が「配給せず」と断を下した。ところが翌8月7日に至り、社長の断で「上映する」となり、急遽1969年9月3日の封切が決まった[7]。頑固親父の堀社長の断が二日でコロリと全く反対のものに変わったことにマスコミは宣伝大芝居だろうと推察した[7]。公開されるや、おクラ入り騒ぎが格好の宣伝になり予想外の大ヒット[2]。浦山は「映画界には企画の波があるのが常だが、監督として大事なのは波に足元をすくわれない主体性だ。監督が主体性を失っては、映画は結局滅びるだろう」などと意気上がったが[2]、堀雅彦常務は「話題になったからたまたま当たっただけ。今後は浦山君にも日活の基本線に沿って任侠映画を撮らせる」と反論[2]。浦山は「わたしにやくざ映画が作れるわけがない。作ろうとも思わない。会社の方がエロと暴力以外には、客が来ないという動脈硬化症に陥っている」とさらに反論した[2]。この一件で日活の若手監督で結成しているグループ・ふるるプロなどが浦山に賛同し、会社の路線とは別に独自の動きをするようになった[2]


テレビドラマ編集

舞台作品編集

  • 音楽座ミュージカル泣かないで』(1994年)
    • 初演を観劇した遠藤周作が「自分の作品で泣いたのは初めてだ」と語り、亡くなる直前までこのミュージカルのビデオを何回も見ていたという[9]。1994年以降も幾度か再演されている。

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 小谷野敦『反=文藝評論』、伊藤裕也『娼婦学ノート』より。なお、小谷野も伊藤も、吉岡が1950年にトルコ風呂へ行ったと見て、トルコ風呂開業は1951年なのでおかしいと指摘しているが、これはテクストの誤読で、1951年以降と読むことができる。

出典編集

  1. ^ 田山力哉『小説 浦山桐郎 夏草の道』(講談社。文庫版も同社から発売)より。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m “奇妙!不況下の"おクラ"続出 こんどは日活『私が棄てた女』 怒る監督や主演者 理由も不鮮明 『観客層に合わない』”. 東京タイムズ (東京タイムズ社): p. 7. (1969年6月30日) “『私が棄てた女』ヒットの波紋 よい映画を作ろう 日活製作陣にヤングパワー 妥協せず独自の企画『朝霧』上映運動も準備”. 東京タイムズ (東京タイムズ社): p. 10. (1969年10月31日) 
  3. ^ 小林旭『永遠のマイトガイ 小林旭』たちばな出版、2011年、134頁。「日活"マネマネ路線"に屈した本家東映」『週刊読売1969年昭和44年)7月25日号 31頁、読売新聞社
  4. ^ a b c 「"やくざ路線"ハネ飛ばされた浦山桐郎監督 一年越しの『私が棄てた女』おクラに」『週刊朝日1969年昭和44年)7月11日号、朝日新聞社、 107頁。「"貧すれば…"か、日活ヤクザ、ピンクに転向」『週刊朝日1969年昭和44年)7月4日号、朝日新聞社、 113頁。
  5. ^ a b “任侠映画で激しく対立 日活、東映のスパイ合戦マネ? とんでもないお株奪う日活、あわてる東映 防衛策として奥の手”. 内外タイムス (内外タイムス社): p. 5. (1969年7月18日) 
  6. ^ 「映画界東西南北談議情報 業界の上昇ムードの材料が豊富」『映画時報』1969年7月号、映画時報社、 32頁。「スタープロの作品の登場で刺激剤キャストの強化などで作品を大型化"第二東映"で結構稼ぐ日活」『映画時報』1969年9月10号、映画時報社、 7頁。“東映、岡田映画本部長(常務) 来季の製作構想を語る”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 5. (1969年6月21日) 
  7. ^ a b c d e “今週のことども 『日活浦山監督自主上映執念』”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 1. (1969年7月5日) “今週のことども 『私が棄てた女』宣伝演技見事”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 1. (1969年9月6日) 
  8. ^ a b c d “葬られた社会派、文芸映画その事情と裏側は『私が―』など五本バカにできぬ製作費”. 内外タイムス (内外タイムス社): p. 5. (1969年7月23日) 
  9. ^ 順子夫人の著書「夫の宿題」より


TBS 近鉄金曜劇場(1964年12月25日)
前番組 番組名 次番組
わたしが棄てた女

外部リンク編集