メインメニューを開く

わたしの紙風船」(わたしのかみふうせん)は、日本の歌。作詞:嶋岡晨、作編曲:越部信義

わたしの紙風船
赤い鳥楽曲
収録アルバム 赤い鳥 コンプリート・コレクション 1969-1974(ディスク12)
リリース 2003年7月9日
規格 CDアルバム
ジャンル フォークソング
レーベル ソニー・ミュージックハウス
作詞者 嶋岡晨
作曲者 越部信義

赤い鳥 コンプリート・コレクション 1969-1974(ディスク12)収録順

窓に明りがともる時(第2回世界歌謡祭ライブ・バージョン)
(18)
わたしの紙風船
(19)
月ぬ美しゃ〜月がきれいなのは〜
(20)
みんなのうた
わたしの紙風船
歌手 赤い鳥(*1)
紙ふうせん(*2)
作詞者 嶋岡晨
作曲者 越部信義
編曲者 越部信義
映像 アニメーション
映像制作者 毛利厚(*1)
柳瀬譲二(*2)
初放送月 1971年2月-3月(*1)
1983年4月-5月(*2)
再放送月 別項
テンプレートを表示

目次

概要編集

1971年2月-3月、NHKみんなのうた』で紹介。嶋岡晨が当時小学生だった娘を励ますために作った歌で、「心」を紙風船に例えた。当初は赤い鳥が歌い、アニメーションは毛利厚が担当した。『みんなのうた』での放送後、大きな反響があった曲の一つである[1]

その後1983年4月-5月に、元赤い鳥のメンバーだった紙ふうせんが歌い、アニメーションを柳瀬譲二が担当したリメイク版が放送された。後年の再放送では紙ふうせん版のみを放送、赤い鳥版は約35年も再放送されていない。なお赤い鳥版は、2003年発売の12枚組CD-BOX『赤い鳥 コンプリート・コレクション 1969-1974』に放送時の音源で収録されている。

おかあさんといっしょ』にて、坂田おさむ神崎ゆう子が歌唱したバージョンもある。

再放送編集

▲マークはラジオのみ。

赤い鳥版編集

紙ふうせん版編集

カバー編集

脚注編集

  1. ^ 「NHK『みんなのうた』名曲、愛唱歌生み35年 母と子へ966のメロディー」『読売新聞』1996年3月27日付東京夕刊、9頁。

関連項目編集

外部リンク編集