メインメニューを開く

わたり むつこ1939年昭和14年〉8月8日 - )は、日本絵本作家児童文学作家宮城県白石市出身[1]。本名、池田睦子。

東京女子大学日本文学科卒業後、児童図書編集に携わった後に創作に転ずる。結婚してアラスカに2年居住し[1]1971年に「アラスカの七つ星」でデビューする。長編ファンタジー「はなはなみんみ物語」で1980年サンケイ児童出版文化賞[1]、「もりのおとぶくろ」で2011年サンケイ児童出版文化賞ニッポン放送賞をそれぞれ受賞した。

作品編集

  • 『もりのおとぶくろ』(絵:出久根育 / のら書店)
  • 『もめんのろばさん』(絵:降矢奈々 / ポプラ社
  • 『こよみともだち』(絵:真島節子 / 福音館書店
  • 『くまたのねんがじょう』(絵:山本祐司 / 童心社
  • 『があこちゃん』(絵:はたこうしろう / 教育画劇)
  • 『ボーボだいすき』(絵:真島節子 / PHP研究所
  • 『ふゆごもりのひまで』(絵:本庄久子 / リブリオ出版)
  • 『おつきみパーティー』 (絵:本庄久子 / リブリオ出版)
  • 『なつのぼうけん』(絵:本庄久子 / リブリオ出版)
  • 『いちばんすてきなひ』(絵:本庄久子 / リブリオ出版)
  • 『びっくりおかお』(絵:どいかや / ポプラ社)
  • 『おめんがぱっ!』(絵:どいかや / ポプラ社)
  • 『いないいないだあれ』(絵:どいかや / ポプラ社)
  • 『にゃにゃのまほうのふろしき』(絵:どいかや / ポプラ社)
  • 『ななのタンスはふしぎがいっぱい』(絵:中村悦子 / 教育画劇)
  • 『そらからきたボーボ』(絵:真島節子 / PHP研究所)
  • 『ペペとチッチ』(絵:降矢奈々 / あかね書房
  • 『そでふりすずめ』(絵:真島節子 / 福音館書店)
  • 『ふくねずみすごろくばなし』(絵:真島節子 / 福音館書店)
  • 『ゆきこんこまつりの日』(絵:真島節子 / PHP研究所)
  • 『金色の時間』(絵:鹿目佳代子 / 文渓堂
  • 『ゆらは11ばんめ』(絵:田中秀幸 / 学研マーケティング)
  • 『まわれ!青いまほう玉』(絵:スズキコージ / あかね書房)
  • 『あかいくまくんいいにおい!』(絵:津尾美智子 / 国土社)
  • 『じゃんけんぽんでかくれんぼ!』(絵:津尾美智子 / 国土社)
  • 『マウスアイランドのなつやすみ』(絵:真島節子 / PHP研究所)
  • 『あかいくまくんこんにちは!』(絵:津尾美智子 / 国土社)
  • 『ちゅっちゅっポルカでポポをさがせ』(絵:真島節子 / PHP研究所)
  • 『手のひらカスタネット』(絵:黒岩章人 / 国土社)
  • 『どうぶつ山のクリスマス』(絵:久保雅勇 / 童心社)
  • 『おさかなぼうやとっぺくん』(絵:真島節子 / 講談社)
  • 『てんさらばさらてんさらばさら』(絵:真島節子 / 福音館書店)
  • 『げんきさんからのてがみ』(絵:浜田桂子 / あかね書房)
  • 『ようふくぱーてぃひらきます』(絵:わたりむつこ / 童心社)
  • 『月魔法』(絵:高田美苗 / ケイエス企画〈東京〉、偕成社)
  • 『霧に消えた少女』(絵:秋元純子 / 国土社)
  • 『ミミナガさんの耳はマジック』(絵:東逸子 / フレーベル館
  • 『たんじょうのきろく』(絵:本庄久子 / リブリオ出版)
  • 『いちごばたけのちいさなおばあさん』(絵:中谷千代子 / 福音館書店)
  • 『防波堤』(絵:鹿目佳代子 / 小学館
  • 『とっかりこっこのこもりうた』(絵:鹿目佳代子 / リブリオ出版)
  • 『があこちゃんのたんじょうび』(絵:中島潔 / フレーベル館)
  • 『あかやねさん』(絵:斎藤としひろ / 小学館)
  • 『はなはなみんみ物語』(絵:本庄久子 / リブリオ出版)
  • 『ゆらぎの詩の物語』(絵:本庄久子 / リブリオ出版)
  • 『よみがえる魔法の物語』(絵:本庄久子 / リブリオ出版)
  • 『ふしぎなエレベーター』(絵:佐々木マキ / フレーベル館)
  • 『おすましがあこちゃん』(絵:山本かずこ / フレーベル館)
  • 『空にのぼったクッキーおばさん』(絵:真島節子 / 太平出版社)
  • 『くうちゃん』(絵:鹿目佳代子 / 太平出版社)
  • 『おくりものをもらったサンタさん』(絵:小太刀克夫 / 太平出版社)
  • 『アラスカの七つ星』(絵:依光隆 / 毎日新聞社

脚注編集

  1. ^ a b c 児童文学事典』日本児童文学学会、東京書籍、1988年、841頁。