われに撃つ用意あり

われに撃つ用意あり』(われにうつよういあり)は、1990年11月17日公開の日本映画。監督は若松孝二松竹若松プロダクションが共同製作し、松竹の配給により公開された。カラー、ビスタ。上映時間106分。

われに撃つ用意あり
READY TO SHOOT
監督 若松孝二
脚本 丸内敏治
原作 佐々木譲
製作 若松孝二
出演者 原田芳雄
桃井かおり
音楽 梅津和時
撮影 伊東英男
田中一成
佐久間栄一
編集 鈴木歓、遠山千秋
製作会社 松竹
若松プロダクション
配給 松竹
公開 日本の旗 1990年11月17日
上映時間 106分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

概要編集

新宿の歌舞伎町を舞台に全共闘世代へのシンパシーが全篇にあふれるハードボイルドアクション。全共闘の熱い時代の若者たちに熱狂的に支持された若松孝二監督が、社会派エンターテインメント作家佐々木譲の小説『真夜中の遠い彼方』を原作に、原田芳雄桃井かおりを主演に迎え映画化した。香港の映画スター、ルー・シュウリンを加え、男と女の鮮烈なバイオレンスシーンが展開する。

ストーリー編集

郷田はヤクザに追われる外国人女性ヤン・メイランをかくまうことにした。彼女は密入国したベトナム難民で警察にも追われており、再びメイランはヤクザに捕まってしまう。郷田は、経営しているスナックに集った常連客で、かつて学生運動時代の全共闘の仲間たちとともにメイランの救出に奔走するが…。

スタッフ編集

  • 企画・製作:若松孝二
  • プロデューサー:清水一夫
  • 原作:佐々木譲「真夜中の遠い彼方」(集英社文庫
    • (1996年に「新宿のありふれた夜」と改題し再発売)
  • 脚本:丸内敏治
  • 音楽:梅津和時
  • 撮影:伊東英男、田中一成、佐久間栄一
    • 撮影助手:新妻宏昭、中川克也、田中益浩、森下彰三
  • 照明:安河内央之
  • 録音:栗林豊彦、岩橋政志、滝澤修、西田健一、榎本一郎
  • 編集:鈴木歓、遠山千秋
    • ネガ編集:三陽編集室
  • 助監督:田代廣孝、増本千尋、井上淳一、嶋公浩、譜久原尚樹、末永尊之
  • 宣伝プロデューサー:丸山富之
  • メイク:大石聖子
  • スチール:佐々木美智子
  • 効果:井橋正美
  • タイミング:新井喜久也
  • タイトル:道川昭
  • 通訳:神谷晶子
  • デスク:伊藤孝美
  • ガンアドバイザー:BIG SHOT(納富貴久男、唐沢裕一、今関謙一)
  • 製作進行:松本裕一
  • 製作協力:花田企画

協力編集

  • アイリスメガネ渋谷店
  • 学校法人河合塾
  • 随園別館
  • ヨーガン・レール
  • Emy's Shop
  • ピースボート
  • 早稲田大学シネマ研究会
  • 早稲田大学映画研究会
  • 早稲田大学テレビ放送研究会
  • 早稲田大学演劇倶楽部
  • 映画「怒りをうたえ」

監督編集

監督:若松孝二

主題歌・挿入歌編集

  • 挿入歌「女一代」
    • 作詞・作曲:賀川幸星 編曲:池多孝春 唄:佐賀紀三江

キャスト編集

受賞編集

同時公開編集

『さわこの恋 上手な嘘の恋愛講座』

  • 松竹系配給劇場で1990年11月17日同日2本立て公開
  • 学研クリエイティブ、鎌倉スーパーステーション(現・softgarage
  • 監督:広木隆一 主演:斉藤慶子

外部リンク編集