わんぱく大昔クムクム

アニメ:わんぱく大昔クムクム
原作 安彦良和
監督 りんたろう
脚本 多地映一、吉田喜昭、安彦良和
キャラクターデザイン 安彦良和
音楽 宇野正寛
アニメーション制作 創映社
製作 毎日放送、ITCジャパン
放送局 TBS系列
放送期間 1975年10月3日 - 1976年3月26日
話数 全26話
その他 第6話までは『クムクム』と題して放送。
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ漫画
ポータル アニメ漫画

わんぱく大昔クムクム』(わんぱくおおむかしクムクム)は、1975年10月3日から1976年3月26日までTBS系列局で放送されていたテレビアニメである。毎日放送とITCジャパンの共同製作。放送時間は毎週金曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。

目次

概要編集

恐竜人間が共存する世界を舞台にした作品。

毎日放送が1975年3月の朝日放送とのネットチェンジ後に製作した、TBS系アニメの第1号である。アニメーション制作は創映社(現・サンライズ)が担当。企画ならびにキャラクターデザインは安彦良和が、監督はりんたろうが、音楽は宇野正寛が担当した。

第6話(1975年11月7日放送分)までは『クムクム』というタイトルで放送されていたが、第7話(同年11月14日放送分)をもって『わんぱく大昔クムクム』と改題。さらに改題後には、オープニングの「わんぱく大昔」の文字の前に「まんが」が入って「まんが・わんぱく大昔クムクム」と表記されていた。

あらすじ編集

原始時代、わんぱくな男の子・クムクムは仲間の子どもたちと身近な冒険[要説明]を繰り広げる。時には村を訪れるどこかあやしげな訪問者に惹かれたり、大人たちに叱られたりしながらクムクムたちは成長していく。

登場人物編集

クムクム
- 田上和枝
本作の主人公の少年。好奇心旺盛。いたずらが過ぎて親から「おしおき穴」に閉じこめられることもある。
パルパル
声 - 富田耕生
クムクムの父。威厳があるが、酒に酔うとだらしない一面も見せる。
マルマル
声 - 友部光子
クムクムの母。パルパルとは対照的に優しい。
フルフル
声 - 麻上洋子
クムクムの姉。思春期で、パルパルとは対立することもある。
トルトル
声 - 千々松幸子
クムクムの弟。まだ赤ん坊に近い。
チルチル
声 - 秋山照子
クムクムのガールフレンド。父親をなくしており、母(シャベリーヌ)との二人暮らし。
アロン
声 - 太田淑子
クムクムの遊び仲間の一人。ゴロンの弟。
モチモチ
声 - 菊池紘子
クムクムの遊び仲間の一人。少し気が弱い。
シャベリーヌ
声 - 京田尚子
チルチルの母。おしゃべり好き。
ゴロン
声 - 西尾徳
アロンの兄。力持ちで頭が少し弱いが感受性が高く、詩のような言葉をつぶやく。
クロペディア
声 - 槐柳二
村一番の物知り爺さん。石の板に書かれた書物に囲まれて暮らしている。
ローマン
声 - 竹尾智晴
クロペディアの息子。父に反発して長く放浪してきたが村に戻ってきた。最後はフルフルと結婚する。
シャーマ
声 - 京田尚子
女性の占い師。占いの当たり具合については秘かに疑われている。
サウルス
村の近くの池に棲む恐竜。クムクムたちの友達。ブロントサウルスに似ているが、詳細は不明。

スタッフ編集

  • プロデューサー - 柴山達雄
  • 監督 - りんたろう
  • 原作・キャラクターデザイン - 安彦良和
  • 音楽 - 宇野正寛
  • 美術監督 - 半藤克美、伴一成
  • 音響監督 - 加藤敏
  • 音響制作担当 - 沼田かずみ
  • 脚本 - 多地映一、吉田喜昭、安彦良和
  • 作画監督 - 矢沢則夫、森田浩光、安彦良和
  • 制作 - 毎日放送、ITCジャパン

主題歌編集

オープニングテーマ「クムクムのうた」
作詞 - 木島始 / 作曲 - すぎやまこういち / 編曲 - あかのたちお / 歌 - 堀江美都子コロムビアゆりかご会
エンディングテーマ「サウルスくん」
作詞 - 木島始 / 作曲 - すぎやまこういち / 編曲 - あかのたちお / 歌 - 堀江美都子、岸龍也、コロムビアゆりかご会
イメージソング
「あそぼう」
作詞 - 田沼勝美 / 作曲 - すぎやまこういち / 編曲 - 小六禮次郎 / 歌 - 堀江美都子
「わんぱくクムクム」
作詞 - 田沼勝美 / 作曲 - すぎやまこういち / 編曲 - 小六禮次郎 / 歌 - コロムビアゆりかご会、こおろぎ'73

各話リスト編集

  1. オーイ集れ!ぼくらは原始っ子
  2. ダチョウになったパルパル
  3. 南から来た少女メルシー
  4. はねろ!虹色の大魚
  5. 帰ってきた旅の子ローマン
  6. ピョンキーのふしぎな贈り物
  7. ぼくらの村にお湯が出た
  8. 月にのぼったうさぎ
  9. ゴロンがつくった首かざり
  10. クロペディアのあとつぎ探し
  11. おこれ!恐竜サウルス
  12. 冬の神をよぶ雪虫
  13. 謎の魔法使いグロータ
  14. ファイトだ!小さなお父さん
  15. マンモスの牙の秘密
  16. 家へなんか帰らない
  17. サウルスが死んだ?
  18. 人喰いグマをたおせ!
  19. 出てこいローマン決闘だ!
  20. 出たあ!山の怪物モンガー
  21. ピョンキー・ポンキー大決戦
  22. チルチルも父さんがほしい
  23. いたずらガラスをやっつけろ
  24. シャーマの六つ子こもり歌
  25. ローマンを追いかけろ!
  26. フルフルはお嫁さんになった

漫画編集

アニメの放送開始後、講談社の『テレビマガジン』で永田竹丸によるコミカライズ版の連載が開始された(1975年12月号 - )。タイトルは、アニメ第6話までのタイトルと同じく『クムクム』。

またアニメ放送当時、『毎日新聞』大阪本社発行版には本作の4コマ漫画が定期的に掲載されていた。

エピソード編集

  • もともとは、比較的殺伐としたメカものの作品に多く携わっていた安彦が「もっと違ったものをやりたい」と創映社で話したところ、「なら自分で作れ」と言われて考案したものが発端。これがたまたま江崎グリコの目に止まり、ペロティチョコへの起用が決まってアニメ化の運びとなった。
  • 当初は安彦が監督を引き受けるつもりでいたが、経験がないという理由でりんが起用された。また、商品化の過程でキャラクターのデザインや設定がかなり変更されている。
  • また、当初は安彦の別名義である「秋津円」が企画・キャラクターデザインにクレジットされる予定が、結局は安彦名義でクレジットされることになった。
  • 安彦は上記のような事情で、自作がアニメ化されるという当初の意気込みが、作品の放送に至る頃にはかなり失われてしまったことを後年述懐している[どこ?]。その後、第12話「冬の神を呼ぶ雪虫」の脚本・演出・作画をすべて手掛けるなどして作品に愛着を持つようになった。
  • りんの監督ぶりについて安彦は、1981年に刊行された『ロマンアルバム』のりんとの対談ではかなり評価する発言をしていた(脚本家と対立しても筋を曲げず、脚本家が降板した等)が、1990年代になって書いたもの[どれ?]では自らの意向にそぐわない演出をされたと記している。
  • 上記の対談によると、クムクムの家出の話(第16話「家へなんか帰らない」)には局やスポンサーサイドから強い内容変更の要請がされたが、りんは「これはやらなくてはならない」と抵抗し、放送に持ち込んだ。
  • 第1話は、何の説明もなくいきなりクムクムが親に許され、「おしおき穴」(押入や物置に入れられる罰を置き換えたもの)から出てくる場面で始まった。最終回では「穴で始まったから、やっぱり穴で終わらせよう」という趣向で、クムクムが「おしおき穴」に入れられるところで終わっている。
  • 本作の裏では、同じく安彦がキャラクターデザインを担当した創映社制作の『勇者ライディーン』がNETテレビ(現・テレビ朝日)で放送されていた。
  • 漫画版は、サッカーアルゼンチン代表選手のセルヒオ・アグエロが少年時代、サッカーの練習を抜け出して見るほどに熱中していた漫画である。アグエロの愛称である「クン」は、「クムクム」を「クンクン」と発音していたことから付いたものである。

参考文献編集

  • 『ロマンアルバムデラックス 41 わんぱく大昔クムクム』(徳間書店、1981年)

外部リンク編集

TBS系列 金曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
ちびっこアベック歌合戦
(1975年4月4日 - 1975年9月26日)
クムクム
(1975年10月3日 - 1975年11月7日)

わんぱく大昔クムクム
(1975年11月14日 - 1976年3月26日)
宇宙鉄人キョーダイン
(1976年4月2日 - 1977年3月11日)