アアルヴァニティック語

アアルヴァニティック語(アアルヴァニティックご 、[ˌɑːrvəˈnɪtɪkə] ; [4] アアルヴァニティック語:αρbε̰ρίσ̈τ, arbërisht  ; ギリシア語: αρβανίτικα, arvanítika;英語 Arvanitika、アアルヴァニティカとも)は、ギリシャの一少数民族であるアアルヴァニティーによって伝統的に話されているアルバニア語の近縁言語である。アアルヴァニティック語は、その話者がギリシャ語の使用に移行しており、民族の若者たちがもはやそれを話さなくなったため、危機に瀕している[5]

アアルヴァニティック語
αρbε̰ρίσ̈τ, arbërisht
発音 IPA: [aɾbəˈɾiʃt]
話される国 ギリシャの旗 ギリシャ
地域 アッティカ, ヴィオティア, エヴィア島南部, サロニカ諸島; 西トラキア; ペロポネソス半島;ギリシア北西部の数箇村; アンドロス島北部; 他 総計500 箇村[1]
民族 150,000 アアルヴァニティー (2000)[2]
話者数 50,000人 (2007)
言語系統
方言
表記体系 ギリシア文字アアルヴァニティック語拡張)、ラテン文字アアルヴァニティック語拡張
言語コード
ISO 639-1 sq
ISO 639-2 sqi
ISO 639-3 aat
Glottolog arva1236[3]
Linguasphere 55-AAA-ae
消滅危険度評価
Severely endangered (Moseley 2010)
Status-unesco-severely.svg
 
テンプレートを表示

名称編集

アアルヴァニティック、ないしアアルヴァニティカという名称[6]は、アアルヴァニティーという民族名に由来する。アアルヴァニティーは、今日のアルバニアのある地域を指す中世の地名であるArbëna(ギリシャ語:Άρβανα)に由来する[7](原語における)同義語(Arbërorë、Arbëreshëなど)は、以前は一般的にアルバニア人の自称である。

過去には、アアルヴァニティック語は「グレコ・アルバニア語(Graeco-Albanian)」などと記述されることもあったが(例えば、Furikis、1934など)、今日では、多くのアアルヴァニティーがそのような名前を攻撃的だと考えられており、避けられている。国籍としても民族としてもアルバニア人ではなく、ギリシャ人と見なしている[8]

概要編集

歴史・近縁関係編集

アアルヴァニティック語は、中世後期に、(今日の)アルバニアからの開拓者によってギリシャ南部に持って来られた。アアルヴァニティック語は、 イタリアにおけるのアルバニア語の近縁言語であるアアルバレイシュ語(Arbëresh)とも密接に関係しており、これは、ギリシャからのアアルヴァニティーの開拓者に主に遡る。イタリアアアルバレイシュ語は、ギリシャ語から借用したいくつかの単語を保持している(たとえば、特定の村では、ハリスティス 「ありがとう」、 ευχαριστώから、 dhrom 「道路」、 δρόμοςから、 Ne 「はい」、 ναιから)。アアルバレイシュ語とアアルヴァニティック語は相互に理解できる語彙ベースを持っている。2つの言語同士での理解できない要素は、(共通のネイティブ話者が存在しない)イタリア語またはギリシャ語の語彙等の使用に由来する。

話者編集

アアルヴァニティック語の話者の推定数は、3万人から15万人の間で大きく異なる。 これらの数字には、言語の不完全な知識技能を取得しただけで、それを将来の世代に渡す可能性が低い、若い世代の「末端話者」(Tsitsipis 1998)が含まれている。 伝統的なアアルヴァニティーの住民がいる村の数は、500を超えると推定されている。 現在、全員がギリシャ語のバイリンガルであるため、純粋なアアルヴァニティック語単独の話者はいない。 アアルヴァニティック語は、ここ数十年で末端話者の間でギリシャ語への大規模な言語シフトがあったため、絶滅危惧言語と見なされている[9]

分類編集

 
アルバニア語派におけるアアルヴァニティック語の場所
 
アルバニア語の方言・近縁言語の地理的分布

上位分類編集

アアルヴァニティック語は、トスク・アルバニア語の系統に属する。近縁関係を示すと次のようになる。

言語学会は全会一致でアアルヴァニティック語をアルバニア語の方言であると説明しているが[10]多くのアアルヴァニティーは、「アルバニア語」という名前を使用してそれを指定することを嫌っていると報告されている[8]。この問題には、アアルヴァニティーギリシャへのアイデンティティが深く関わっています。

下位分類編集

アアルヴァニティック語には、大きく分けて次のような方言区分が存在する。

また、これらの下に、さらにいくつもの方言が認められる。

ギリシャ南部におけるアアルヴァニティック語は、地方の方言に細かく分類されている。サッセ(1991)は、南部地域内で最大11の方言グループを区別している。

例えば、これらである。

社会言語学的アプローチ編集

「自律標準言語」と「孤立言語」編集

社会言語学の研究[11]は、「自律標準言語」と「 孤立言語」の概念的枠組みの中でアアルヴァニティック語を説明している[12]。「理解する」(言語システムの客観的な違い)という用語に関して、アアルヴァニティック語標準トスク・アルバニア語の相互理解度の言語学者による評価は、かなり高い[13]から部分的なもの(民族誌)までの範囲である。民族誌はまた、相互理解度がアアルヴァニティック語内の異なる方言の間でさえ問題があるかもしれないと述べている。標準トスク・アルバニア語とアアルヴァニティック語の間の相互理解度は、標準アルバニア語トスク・アルバニア語およびゲグ・アルバニア語内の2つの主要な言語間の了解度よりも高くなっている。3つの言語形式のサンプルテキストについては、以下を参照すること。 Trudgill(2004:5)は、「[l]言語学的に、『アアルヴァニティック語』がアルバニア語派の多様性であることは間違いない」と要約している。

自律標準言語編集

自律標準言語への伸展(ausbau)に関して、自律性の最も強力な指標は、ギリシャ文字ベースのアアルヴァニティック・アルファベットという独立した書記体系の存在である。 非常に類似した書記体系は、16世紀から18世紀の間には他のトスク・アルバニア語話者によって以前にも使用されていた[14] [15]。ただし、アアルヴァニティック語はほぼ専ら私的領域に限定された口語であるため、この文字が実際に使用されることはほぼない。 また、 ラテン文字を使って言語を書くべきかどうかについて、 アルーマニア人と同様に、アアルヴァニティーの間でも意見の相違がある[8]アアルヴァニティック語の口語は様々な方言で豊富に多様化されており、共通の(音声または書面による)標準アアルヴァニティック語も存在する。また同時に、アアルヴァニティー標準アルバニア語を母語として使用しない。これは、ラテン語に基づく標準アルバニア語の正書法では一般に読み書きができず、標準アルバニア語で話し言葉メディアを使用することが報告されていないためである。 この意味で、アアルヴァニティック語は、通常、同じ国の中で各国語の方言がそうであるように、dachsprache(「属言語(傘言語)」)として存在しており標準アルバニア語に従属しているわけではない。

方言編集

南部方言編集

ヴィオティア方言編集

アッティカ方言編集

サラミナ方言編集

エヴィア方言編集

トラキア方言編集

北西部方言編集

地理的分布編集

 
ギリシャ語以外の言語が伝統的に存在するギリシャの地域。緑の領域は、アアルヴァニティック語が話された場所を表す。
 
ペロポネソス半島の19世紀の民族地図。赤の領域は、アアルヴァニティック語が話された場所を表す。

集落群編集

ギリシャには3つの主要なグループのアアルヴァニティー集落群がある。ほとんどのアルヴァナイトはギリシャ南部のアッティカボイオティアペロポネソス半島およびいくつかの近隣地域と島々に住んでいる。2番目の小さなグループは、ギリシャの北西、アルバニア語圏と隣接する地域に住んでいる。3番目の遠方のグループは、ギリシャ北東部のトラキアのいくつかの村にある。

言語名の厳密な用法編集

一部の著者によると、「アアルヴァニティック語」という用語は、適切な意味で、南部方言[16]、または南部方言とトラキア方言の両方[17]にのみ適用される。すなわち、これらは何世紀もの間にわたって中核的なアルバニア諸語と隔絶されていた。

北西部方言は、アルバニア内の隣接するトスク・アルバニア語の諸方言や、同じ地域に住んでいた元イスラム教徒のチャメレイシュ語(Çamërishte、チャム・アルバニア人の言語)に類似していると報告されている[18]。しかし、これらの方言は、狭義の「アアルヴァニティック語」とは対照的に、エスノローグによってトスク・アルバニア語の一部として分類される[19]。母国語で、北西部の一部のグループは、自分の言語とアルバニア国民の言語を指すためにシシップ(Shqip、アルバニア諸語 )という用語を使用することが報告されており、これは、民族的にアルバニア人である[20]

特徴編集

アアルヴァニティック語は、アルバニア南部で話されているトスク・アルバニア語と多くの特徴を共有している。 ただし、 ギリシャ語からは多大な影響を受けており、その多くは語彙と音韻体系に関連している。 同時に、主流のトスク・アルバニア語で失われたいくつかの保守的な特徴を保存したと報告されており、 たとえば、標準のアルバニア語で簡略化された特定の音節頭文字の子音クラスターが保持されています(cf. gljuhë [ˈɡljuhə] '言語/舌'、対 標準的なアルバニア語のgyuhë [ˈɟuhə] )。

最近では、言語学者はギリシャ語への構造的収束の加速と言語の構造的単純化の兆候を観察しており、これは「言語消耗」の兆候、すなわち言語の絶滅につながる貧弱化の影響として解釈されている[21]

正書法編集

 
Karl Th.H.ラインホールドによって出版されたアアルヴァニティック語の民謡、ことわざ、語彙資料の集成であるNoctes Pelasgicae

アアルヴァニティック語は民族内部ではめったに書かれていない[22]。 伝えられるところによれば( GHM 1995 )、ギリシャ・アルファベット(多くの場合、文字b、d、e、j、または分音記号( [1] )が追加されている[2] )とラテン・アルファベットの両方で書かれている。正統派のトスク・アルバニア人も、同様の形式のギリシャ文字で書いていた(例[3] )。

アアルヴァニティック・アルファベットの一覧編集

アアルヴァニティック・ギリシア文字
Α Β Б Ϳ Γ Γ̇ Γ̇ϳ Δ D Ε Ε̱ Ζ Θ Ι Κ Κϳ Λ Λϳ Μ Ν Ν̇ Νϳ Ξ Ο Π Ρ Σ Σ̇ Σ̈ Τ Ȣ Υ Φ Χ̇ Χ
α β b ϳ γ γ̇ γ̇ϳ δ d ε ε̱ ζ θ ι κ κϳ λ λϳ μ ν ν̇ νϳ ξ ο π ρ σ σ̇ σ̈ τ ȣ υ φ χ̇ χ
アアルヴァニティック・ラテン文字
a v b j g g gj dh d e ë z th i k q l lj m n nj nj ks o p r s s sh t u y f h h

言語サンプル編集

文法編集

出典: Arvanitikos Syndesmos Ellados

代名詞編集

人称代名詞 所有代名詞
1人称単数 û ími 私の
2人称単数 ti あなた íti あなたの
3人称単数男性 ái atía 彼の
3人称単数女性 ajó 彼女 asája 彼女の
1人称複数 ne 私たち íni 私たちの
2人称複数 ju あなた júai あなたの
3人称複数男性 atá 彼ら(男) atíre 彼らの(男)
3人称複数女性 ató 彼ら(女) atíre 彼らの(女)

動詞の変化編集

  動詞HAVE 動詞BE
  現在形 アオリスト 接続法アオリスト 接続法完了形 現在形 アオリスト 接続法アオリスト 接続法完了形
1人称単数 kam keshë të kem të keshë jam jeshë të jem të jeshë
2人称単数 ke keshe të kesh të keshe je jeshe të jesh të jëshe
3人称単数 ka kish të ket të kish ishtë, është ish të jet të ish
1人称複数 kemi keshëm të kemi te keshëm jemi jeshëm të jeshëm të jeshëm
2人称複数 kine keshëtë të kini te keshëtë jini jeshëtë të jeshëtë të jeshëtë
3人称複数 kanë kishnë të kenë të kishnë janë ishnë të jenë të ishnë

他のアルバニア語との比較編集

主の祈り (Áti ýnë / Άτι ύνε̱) アアルヴァニティック語

標準トスク・アルバニア語  (赤)
ゲグ・アルバニア語  (緑)
アアルバレイシュ語  (青)


Áti ýnë që jé ndë qiéjet
Ãτι ύνε̱ κ̇ε̱ jέ νdε̱ κ̇ιέjετ
Ati ynë që je në qiell
Ati ynë që je në qiell
Tata ghine cë jee në chiex
Our father who art in heaven
ushënjtëróft' émëri ýt
ȣσ̈ε̱ν̇τε̱ρόφτ' έμε̱ρι ύτ
u shenjtëroftë emri yt
shënjtnue kjoftë emni yt
schetruarë clost embri ghit
hallowed be thy name
árthtë mbëretëría jóte
άρθτε̱ μbε̱ρετε̱ρία jότε
arthtë mbretëria jote
ardhtë m(b)retënia jote
jar reghria jòte (jar mbretëria jòte)
thy kingdom come
ubëftë dashurími ýt
ȣbε̱φτε̱ dασ̈ȣρίμι ύτ
u bëftë dashurimi yt (u bëftë vullnesa jote)
u baftë dashnimi yt (u baftë vullneti yt)
bûrë clost vulema jùte
thy will be done
si ndë qiél, edhé mbë dhét
σι νdε̱ κ̇ιέl, εδέ μbε̱ δέτ
si në qiell, edhe mbi dhe (si në qiell, ashtu në tokë)
si në qiell, edhe m(b)y dheu (si në qiell, ashtu në tokë)
si në chiext, astu në dee
on earth, as it is in heaven
búkënë tónë të përdítëshimen'
bȣ́κε̱νε̱ τόνε̱ τε̱ πε̱ρdίτε̱σ̈ιμεν
bukën tonë të përditëshme
bukën tonë të përditshmen
bucnë tënë tëdiscmen
our daily bread
ép-na néve sót
έπ-να νέβε σότ
na e jep sot
epna neve sod
emna sòt
give us this day
edhé fálj-na fájetë tóna
εδέ φάλ̇-να φάjετε̱ τόνα
edhe na i fal fajet tona
edhë falna fajët tona
e ndiena meatëtë tona
and forgive us our trespasses
sikúndrë edhé néve ua fáljmë
σικȣ́νdρε̱ εδέ νέβε ȣα φάλ̇με̱
sikundër edhe ne i falim
sikur edhe na ua falim
si (e) na ndicgnëmi
as we forgive those who
fajtórëvet tánë
φαjτόρε̱βετ τάνε̱
fajtorët tanë
fajtorëvet tanë
armikete tënë
trespass against us
edhé mos na shtiér ndë ngásie
εδέ μοσ να σ̈τιέρ νdε̱ νγάσιε
edhe mos na shtjerë në ngasje
(edhe mos na ler të biem në tundim)
e mos na shtinë në t'keq
etë mòj bieme ën pirasmô
and lead us not into temptation
pó shpëtó-na nga i ljígu
πό σ̈πε̱τό-να νγα ι λ̇ίγȣ
por shpëtona nga i ligu (por na liro nga i keqi)
po largona prej të keqit
ma lirona caa ghiet eliga
but deliver us from evil
sepsé jótia është mbëretëría
σεπσέ jότια ε̱σ̈τε̱ μbε̱ρετε̱ρία
sepse jotja është mbretëria
sepse e jotja âsht mretnia
for thine is the kingdom
e fuqía e ljavdía
ε φȣκ̇ία ε λ̇αβdία
e fuqia e lavdia
e fuqia e lavdia
and the power and the glory
ndë jétët të jétëvet.
νdε̱ jέτε̱τ τε̱ jέτε̱βετ.
në jetët të jetëvet.
në jetët të jetëvet.
for ever and ever.
Amín.
Αμίν.
Ashtu qoftë.
Ashtu kjoftë.
Astu-clost.
Amen.

Source: Η Καινή Διαθήκη στα Αρβανίτικα; "Christus Rex" website

いくつかの一般的なフレーズ編集

出典: Arvanitikos Syndesmos Ellados

Flet fare arbërisht? Do you speak Arvanitika at all?
Flas shumë pak. I speak very little.
Je mirë? Are you well?
Greki është "palikari" (That) Greek is a "palikari" ( young man )
Jam shumë mirë. I am very well.
Çë bën, je mir? How do you do?.
Si jam? Shum mir. How am I doing? Very well, thanks.
Ti si je? What about you?
Edhé un jam shum mir. I'm fine, too.
Si ishtë it at? How is your father?
Edhé aj isht shum mir. He's doing fine.
Thuai të faljtura. Give him my best regards.
Gruaja jote si ishtë? How about your wife?
Nani edhe ajo, ishtë mir, i shkoi sëmunda çë kej. Now she too is ok, the sickness is over.
T'i thuash tët atë, po do, të vemi nestrë të presmë dru, të më thret. Tell your father, if he wants to go tomorrow to cut wood let him call me.

出典編集

  1. ^ Skutsch, Carl (2005). Encyclopedia of the world's minorities. Routledge. p. 138. ISBN 978-1-57958-468-9. https://books.google.com/books?ei=2RshTaPdM4eh8QOo1PyxBQ&ct=result&id=Uy8OAQAAMAAJ&dq=Arvanite+villages&q=+500+villages+87#search_anchor 2011年1月3日閲覧。 
  2. ^ Gordon, Raymond G., ed (2005). Ethnologue: Languages of the World (15th ed.). Dallas, Texas: SIL International. https://www.ethnologue.com/15 
  3. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Arvanitika Albanian”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/arva1236 
  4. ^ "Arvanitika". Oxford English Dictionary (3rd ed.). Oxford University Press. September 2005. (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
  5. ^ Babiniotis, Lexicon of the Greek Language
  6. ^ Misspelled as Arberichte in the Ethnologue report, and in some other sources based on that.
  7. ^ Babiniotis 1998
  8. ^ a b c Greek Helsinki Monitor (1995): Report: The Arvanites
  9. ^ Salminen (1993) lists it as "seriously endangered" in the Unesco Red Book of Endangered Languages. (). See also Sasse (1992) and Tsitsipis (1981).
  10. ^ E.g. Haebler (1965); Trudgill (1976/77); Sasse (1985, 1991); Breu (1990); Furikis (1934), Babiniotis (1985: 41).
  11. ^ For detailed sociolinguistic studies of Arvanite speech communities, see Trudgill/Tzavaras 1977; Tsitsipis 1981, 1983, 1995, 1998; Banfi 1996, Botsi 2003.
  12. ^ Trudgill 2004 Archived 13 March 2006 at the Wayback Machine., citing the conceptual framework introduced by Kloss (1967).
  13. ^ Trudgill 2004: 5 Archived 13 March 2006 at the Wayback Machine., Botsi 2003
  14. ^ Albanian-Greek”. 2017年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年4月11日閲覧。
  15. ^ Albanian language, alphabets and pronunciation”. 2017年3月26日閲覧。
  16. ^ Botsi 2003: 21
  17. ^ Albanian, Arvanitika”. 2017年3月26日閲覧。
  18. ^ Euromosaic-Index1”. 2017年3月26日閲覧。
  19. ^ Albanian, Tosk”. 2017年3月26日閲覧。
  20. ^ GHM 1995, quoting Banfi 1994
  21. ^ Trudgill 1976/77; Thomason 2001 Archived 27 September 2007 at the Wayback Machine., quoting Sasse 1992
  22. ^ この言語がよく書記されるのは内外へのこの言語の振興の場合くらいである。cf. アアルヴァニティの民族音楽に関する資料群の歌詞など

参考文献編集

  • Babiniotis, Georgios (1985): Συνοπτική Ιστορία της ελληνικής γλώσσας με εισαγωγή στην ιστορικοσυγκριτική γλωσσολογία. ["A concise history of the Greek language, with an introduction to historical-comparative linguistics] Athens: Ellinika Grammata.
  • Babiniotis, Georgios (1998), Λεξικό της Νέας Ελληνικής Γλώσσας ["Dictionary of Modern Greek"]. Athens: Kentro Lexikologias.
  • Banfi, Emanuele (1994): "Minorités linguistiques en Grèce: Langues cachées, idéologie nationale, religion." ["Linguistic minorities in Greece: Hidden languages, national ideology, religion."] Paper presented at the Mercator Program Seminar at the Maison des Sciences de l’ Homme, on 6 June 1994, in Paris.
  • Banfi, Emanuele (1996), "Minoranze linguistiche in Grecia: problemi storico- e sociolinguistici" ["Linguistic minorities in Greece: Historical and sociolinguistic problems"]. In: C. Vallini (ed.), Minoranze e lingue minoritarie: convegno internazionale. Naples: Universitario Orientale. 89–115.
  • Botsi, Eleni (2003): Die sprachliche Selbst- und Fremdkonstruktion am Beispiel eines arvanitischen Dorfes Griechenlands: Eine soziolinguistische Studie. ("Linguistic construction of the self and the other in an Arvanite village in Greece: A sociolinguistic study"). PhD dissertation, University of Konstanz, Germany. Online text
  • Breu, Walter (1990): "Sprachliche Minderheiten in Italien und Griechenland." ["Linguistic minorities in Italy and Greece"]. In: B. Spillner (ed.), Interkulturelle Kommunikation. Frankfurt: Lang. 169–170.
  • Euromosaic (1996): "L'arvanite / albanais en Grèce". Report published by the Institut de Sociolingüística Catalana. Online version
  • Furikis, Petros (1934): "Η εν Αττική ελληνοαλβανική διάλεκτος". ["The Greek-Albanian dialect in Attica"] Αθήνα 45: 49–181.
  • GHM (=Greek Helsinki Monitor) (1995): "Report: The Arvanites". Online report
  • Haebler, Claus (1965): Grammatik der albanischen Mundarten von Salamis. ["Grammar of the Albanian dialects of Salamis"]. Wiesbaden: Harassowitz.
  • Hammarström, Harald (2005): Review of Ethnologue: Languages of the World, 15th Edition. LINGUIST List 16.2637 (5 Sept 2005). Online article
  • Joseph, Brian D. "Comparative perspectives on the place of Arvanitika within Greece and the Greek environment", 1999, pp. 208–214 in L. Tsitsipis (ed.), Arvanitika ke Elinika: Zitimata Poliglosikon ke Polipolitismikon Kinotiton Vol. II. Livadia: Exandas, 1999 PDF.
  • Η Καινή Διαθήκη στα Αρβανίτικα: Διάτα ε Ρε ['The New Testament in Arvanitika']. Athens: Ekdoseis Gerou. No date.
  • Kloss, Heinz (1967): "Abstand-languages and Ausbau-languages". Anthropological linguistics 9.
  • Salminen, Tapani (1993–1999): Unesco Red Book on Endangered Languages: Europe. [4].
  • Sasse, Hans-Jürgen (1985): "Sprachkontakt und Sprachwandel: Die Gräzisierung der albanischen Mundarten Griechenlands" ["Language contact and language change: The Hellenization of the Albanian dialects of Greece"]. Papiere zur Linguistik 32(1). 37–95.
  • Sasse, Hans-Jürgen (1991): Arvanitika: Die albanischen Sprachreste in Griechenland. ["Arvanitika: The Albanian language relics in Greece"]. Wiesbaden.
  • Sasse, Hans-Jürgen (1992): "Theory of language death". In: M. Brenzinger (ed.), Language death: Factual and theoretical explorations with special reference to East Africa. Berlin: Mouton de Gruyter. 7–30.
  • Sella-Mazi, Eleni (1997): "Διγλωσσία και ολιγώτερο ομιλούμενες γλώσσες στην Ελλάδα" ["Diglossia and lesser-spoken languages in Greece"]. In: K. Tsitselikis, D. Christopoulos (eds.), Το μειονοτικό φαινόμενο στην Ελλάδα ["The minority phenomenon in Greece"]. Athens: Ekdoseis Kritiki. 349–413.
  • Strauss, Dietrich (1978): "Scots is not alone: Further comparative considerations". Actes du 2e Colloque de langue et de littérature écossaises Strasbourg 1978. 80–97.
  • Thomason, Sarah G. (2001): Language contact: An introduction. Washington: Georgetown University Press. Online chapter
  • Trudgill, Peter (1976–77): "Creolization in reverse: reduction and simplification in the Albanian dialects of Greece", Transactions of the Philological Society, 32–50.
  • Trudgill, Peter (2004): "Glocalisation 〔ママ〕 and the Ausbau sociolinguistics of modern Europe". In: A. Duszak, U. Okulska (eds.), Speaking from the margin: Global English from a European perspective. Frankfurt: Peter Lang. Online article
  • Trudgill, Peter, George A. Tzavaras (1977): "Why Albanian-Greeks are not Albanians: Language shift in Attika and Biotia." In: H. Giles (ed.), Language, ethnicity and intergroup relations. London: Academic Press. 171–184.
  • Tsitsipis, Lukas (1981): Language change and language death in Albanian speech communities in Greece: A sociolinguistic study. PhD dissertation, University of Wisconsin, Madison.
  • Tsitsipis, Lukas (1983): "Language shift among the Albanian speakers of Greece." Anthropological Linguisitcs 25(3): 288–308.
  • Tsitsipis, Lukas (1995): "The coding of linguistic ideology in Arvanitika (Albanian): Language shift, congruent and contradictory discourse." Anthropological Linguistics 37: 541–577.
  • Tsitsipis, Lukas (1998a): Αρβανίτικα και Ελληνικά: Ζητήματα πολυγλωσσικών και πολυπολιτισμικών κοινοτήτων. ["Arvanitika and Greek: Issues of multilingual and multicultural communities"]. Vol. 1. Livadeia.
  • Tsitsipis, Lukas (1998b): A Linguistic Anthropology of Praxis and Language Shift: Arvanitika (Albanian) and Greek in Contact. Oxford: Oxford University Press. ISBN 0-19-823731-6. (Review by Alexander Rusakov on Linguist List.)
  • The bilingual New Testament: Η Καινή Διαθήκη του Κυρίου και Σωτήρος ημών Ιησού Χριστού Δίγλωττος τουτέστι Γραικική και Αλβανιτική. Dhjata e re e Zotit sonë që na shpëtoi, Iisu Hrishtoit mbë di gjuhë, do me thënë gërqishte e dhe shqipëtarçe. Επιστασία Γρηγορίου Αρχιεπισκόπου της Ευβοίας. Κορφοί. Εν τη τυπογραφία της Διοικήσεως. 1827