メインメニューを開く

アイちゃんが行く!』(アイちゃんがいく)は、1972年9月1日から1973年3月30日までフジテレビ系列局で放送されていたテレビドラマである。フジテレビ大映テレビの共同製作。江崎グリコの一社提供。全31話。

アイちゃんが行く!
ジャンル テレビドラマ
脚本 佐々木守
長野洋
才賀明
監督 ゆあさのりあき
青野暉
岡屋竜一
帯盛迪彦
出演者 坂口良子
本郷直樹
吉田次昭
鈴木ヒロミツ
ほか
制作 フジテレビ
大映テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1972年9月1日 - 1973年3月30日
放送時間 金曜 19:00 - 19:30
放送枠 フジテレビ金曜7時枠の連続ドラマ
放送分 30分
回数 31
テンプレートを表示

概要編集

第19話までは、本作がデビュー作となる坂口良子が演じるアイちゃんが、2人の若者と一緒に父親を探して日本各地を巡るロードムービー[1]

第20話以降は、第19話で父親である花村修一と出会ったアイちゃんが、父親の養女となった義姉・和美をはじめ、その家政婦たちにいじめられながらも奮闘する根性もののストーリーである。

第4話までアイちゃんと一緒に旅する若者の役だった吉田次昭は、番組開始直後にスポンサーのライバル会社であるロッテCMに出演したために途中降板し、第7話より鈴木ヒロミツがレギュラーに加わった。

それまで同時間帯に放送されていたグリコ提供番組と異なり、本番組ではオープニングのラストに主題歌のメロオケが続いたまま画面に「提供 江崎グリコ」のテロップが出た後、ブルーバックを背景に当時のグリコのマークが映し出された。後年地上波で再放送される際にはこの部分はカットされているが、CS放送ファミリー劇場で放送された際にはカットされずにそのまま流された。

放送データ編集

  • 放送日時:毎週金曜 19:00 - 19:30
  • 放送期間:1972年9月1日 - 1973年3月30日
  • 放送回数:全31回
  • 放送系列:フジテレビ系列
  • 放送形態:カラーフィルム作品

キャスト編集

スタッフ編集

主題歌・挿入歌編集

  • 挿入歌「二人のフィーリング」
    作詞:山上路夫/作曲・編曲:都倉俊一/歌:本郷直樹

放送リスト編集

  • 放送日程参考:『読売新聞』1972年9月1日 - 1973年3月30日付朝刊、テレビ欄。
  • ゲスト出演者参考:『福島民報』1972年9月6日 - 1973年4月4日付朝刊および夕刊、テレビ欄。
話数 放送日 サブタイトル ゲスト(役名)
1 1972年
9月1日
旅に出ちゃおう 野際陽子高橋悦史進藤英太郎
2 9月8日 心のパパに会っちゃった 田崎潤(斉藤修平)、青木和子(斉藤佐代子)
小倉一郎(山野次郎)、斎藤こず恵
3 9月15日 ママチックなひと 小山明子(田島孝子)、渡辺篤史(淳一)、本沢佳子(田島恵子)
4 9月22日 倉敷で恋人ゴッコ 三ツ矢歌子(中村夏江)、佐々木剛(浩二)
吉田義夫山下雄大(中村孝)
5 9月29日 出雲の出会いと別れ 川口恒(井上英助)、藤田みどり(井上孝子)
高橋昌也小林昭二、土方弘、武田正信
6 10月6日 初恋! 越前竹人形 弓恵子(松波正子)、大門正明(松波敏夫)、中山麻理(鈴木杏子)
7 10月13日 飛騨で会ったヘンなヤツ 柳川慶子(柳瀬安子)、内田喜郎(若杉和夫)、児島美ゆき(大津妙子)
8 10月20日 東京のお父さん 内藤武敏(小田切修平)、春川ますみ(小田切の妻)
北城真記子(磯村先生)、佐藤輝昭(サブ)
西真澄(小田切涼子)、小山いく子(ヨーコ)
9 10月27日 なまはげ・ヘンシン・男鹿半島 藤村有弘(花田一平)、岸部シロー(山上志郎)
10 11月3日 八幡平の恋人たち 緑魔子(山本弓江)、立花直樹(工藤健一)、相原ふさ子(ミドリ)
笹原光子(秋子)、塩沢とき、曽我廼家一二三
11 11月10日 北の港はお祭り騒ぎ 加賀ちか子(脇坂和歌子)、林由里(脇坂久美子)、下條アトム
12 11月17日 ここは仙台・青葉城 横山道代(北村久美子)、外山高士(下川)
野呂圭介佐山俊二、吉永慶
13 11月24日 会津磐梯山の泣き虫男 津島恵子(雪子)、福田豊土(島崎茂)、津々井和枝(島崎幸子)
14 12月1日 赤城山の穴ほり男 南原宏治(千々岩力)、松坂慶子(かおり)、浜田光夫
15 12月8日 信州のリンゴおやじ 玉川良一(新村仁助)、小畠絹子(新村公子)
16 12月15日 木曽路のダメおやじ 小松方正(日野英夫)、沖雅也(日野敏之)、梅津栄(山田玄三)
17 12月22日 名代なる東海道 江波多寛児(木田喜太郎)
18 12月29日 鳥羽のめぐり会い
19 1973年
1月5日
やっとお父さんに 宍戸錠(山野俊夫)、楠トシエ(山野陽子)
20 1月12日 アイちゃんを追い出せ!
21 1月19日 誤解されたアイちゃん
22 1月26日 シンデレラなんか知らない
23 2月2日 わるだくみは破れた
24 2月9日 この家はだれのもの? 関千恵子(竜夫の母)
25 2月16日 アイちゃんが殺される!?
26 2月23日 社交界へデビュー
27 3月2日 一番星みつけた
28 3月9日 雨、のち晴れ
29 3月16日 また一人、味方に 佐々木孝丸(鬼丸鉄之助)、北林早苗(中原綾子)
30 3月23日 男の戦い・女の戦い 露原千草(竜夫の祖母)
31 3月30日 長い旅の終わり

放送局 編集

本作をネットした放送局は、「製作協力」という形でクレジットされていた(IBC岩手放送などのフジテレビ系列以外の局がクレジットされる場合もあり)。また本放送当時、北海道では既にフジテレビ系フルネット局北海道文化放送が開局していたが、このエリアでは日本テレビ系列札幌テレビで放送されていた(次番組の『GO!GOスカイヤー』のみ北海道文化放送がネット)。

漫画編集

本作は複数の女性漫画家たちによるコミカライズが行われ、小学館の『週刊少女コミック』および小学館の学年別学習雑誌に連載されていた。

脚注編集

  1. ^ 『読売新聞』1972年9月1日付朝刊テレビ欄。本作紹介記事より。
  2. ^ a b c d 『河北新報』1972年9月1日 - 1973年3月30日付朝刊、テレビ欄。
  3. ^ 『河北新報』1972年9月20日 - 1973年4月18日付朝刊、テレビ欄。
  4. ^ 『福島民報』1972年9月6日 - 1973年4月4日付朝刊、テレビ欄。

外部リンク編集

フジテレビ系列 金曜19:00枠
江崎グリコ一社提供枠】
前番組 番組名 次番組
コートにかける青春
(1971年9月3日 - 1972年8月25日)
アイちゃんが行く!
(1972年9月1日 - 1973年3月30日)
GO!GOスカイヤー
(1973年4月6日 - 1973年5月11日)