アイちゃんが行く!

アイちゃんが行く!』(アイちゃんがいく)は、1972年9月1日から1973年3月30日までフジテレビ系列局で放送されていたテレビドラマである。フジテレビ大映テレビの共同製作。江崎グリコの一社提供。全26話。

アイちゃんが行く!
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜 19:00 - 19:30(30分)
放送期間 1972年9月1日 - 1973年3月30日(26回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
大映テレビ
監督 ゆあさのりあき
青野暉
岡屋竜一
帯盛迪彦
脚本 佐々木守
長野洋
才賀明
出演者 坂口良子
本郷直樹
吉田次昭
鈴木ひろみつ
ほか
テンプレートを表示

目次

概要編集

物語前半は、主演の坂口良子演じるアイちゃんが2人の若者と一緒に父親を探して日本各地を巡るロードムービー。物語後半は、父親と出会ったアイちゃんがお手伝いさんにいじめられながらも奮闘する根性もののストーリーになっている。本作は坂口の初主演作である。前半でアイちゃんと一緒に旅する若者の役だった吉田次昭は、番組開始直後にスポンサーのライバル会社であるロッテのCMに出演したために途中降板し、代わりに鈴木ひろみつがレギュラーに加わった。

それまで同時間帯に放送されていたグリコ提供番組と異なり、本番組ではオープニングのラストに主題歌のメロオケが続いたまま画面に「提供 江崎グリコ」のテロップが出た後、ブルーバックを背景に当時のグリコのマークが映し出された。後年地上波で再放送される際にはこの部分はカットされているが、CS放送ファミリー劇場で放送された際にはカットされずにそのまま流された。

本作をネットした放送局は、「製作協力」という形でクレジットされていた(IBC岩手放送などのフジテレビ系列以外の局がクレジットされる場合もあり)。また本放送当時、北海道地区では既にフジテレビ系のフルネット局である北海道文化放送が開局していたが、スポンサー・江崎グリコの意向もあって[要出典]日本テレビ系列札幌テレビで放送されていた(次番組の『GO!GOスカイヤー』からは北海道文化放送がネット)。

放送データ編集

  • 放送日時:毎週金曜 19:00 - 19:30
  • 放送期間:1972年9月1日 - 1973年3月30日
  • 放送回数:全26回
  • 放送系列:フジテレビ系列
  • 放送形態:カラーフィルム作品

キャスト編集

スタッフ編集

主題歌編集

「二人のフィーリング」
作詞:山上路夫 / 作・編曲:都倉俊一 / 歌:本郷直樹(RCAレコード
「アイちゃんが行く!」
作詞:山上路夫 / 作曲:鈴木邦彦 / 歌:本郷直樹(RCAレコード)

漫画編集

本作は複数の女性漫画家たちによるコミカライズが行われ、小学館の『週刊少女コミック』および小学館の学年別学習雑誌に連載されていた。

外部リンク編集

フジテレビ系列 金曜19:00枠
江崎グリコ一社提供枠】
前番組 番組名 次番組
コートにかける青春
(1971年9月3日 - 1972年8月25日)
アイちゃんが行く!
(1972年9月1日 - 1973年3月30日)
GO!GOスカイヤー
(1973年4月6日 - 1973年5月11日)