メインメニューを開く

アイアンガール ULTIMATE WEAPON』(アイアンガール アルティメット ウェポン)は、明日花キララ主演のSFアクション映画。監督・藤原健一、脚本・村川康敏。製作は「IRON GIRL 2」製作委員会。

アイアンガール ULTIMATE WEAPON
IRON GIRL ULTIMATE WEAPON
監督 藤原健一
脚本 村川康敏
製作 金澤宏次
梅村昭夫
多井久晃
アントニオ・ブルワー
出演者 明日花キララ
岩永洋昭
岸明日香
河合龍之介
亜紗美
森下悠里
音楽 與語一平
主題歌 Milky Bunny
Wishing upon a magical star
撮影 今井哲郎
編集 石井塁
製作会社 ユニオン映画
配給 渋谷プロダクション
公開 日本の旗 2015年1月17日
上映時間 84分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 アイアンガール
次作 アイアンガール FINAL WARS
テンプレートを表示

概要編集

2012年に公開された前作『アイアンガール』から世界観を一新し、主演のみ引き継いだ[1]SFアクション映画第2弾。

公開当時、「史上初!会いにいける劇場体感型MOVIE!」と題して「明日花キララと5番勝負!」などのイベントが行われた[2]

国内での公開後、韓国、アメリカ、香港、タイで上映。国内以上にアジア圏で人気を博した[3]

ストーリー編集

近未来。第三次世界大戦の末、日本に「核の冬」が訪れた。政府は崩壊し、日本は野盗たちが跋扈する「無法地帯」となっていた。その野盗たちを狩るのが、バウンティハンター(賞金稼ぎ)である。中でも、最強といわれているクリスは、底知れぬパワーを誇るアーマードスーツを装着し、次から次へと無法者たちを倒していた。民衆は彼女を“アイアンガール”と呼んでいた。クリスは名前を除く一切の他の記憶を失っている。自分は誰なのか? どこから来て、どこへ向かおうとしていたのか? 記憶を取り戻すべく、彼女は孤独な戦いを続ける。 しかし、マッド・シティを牛耳る「スパルティ連合」が、クリスを見過ごす筈がなかった。凄腕の刺客、キルやポイズンがアイアンガールに襲いかかる。やがて、安住の地であったコロニーまでが襲撃され、クリスを姉と慕うミリアまでが深手を負ってしまった。新たな相棒・ケントと共に、決戦へと赴くクリス。彼女の前に謎の美女ジュリアが立ちはだかる。見え始めた“真実”と見失った“愛”に葛藤しながらも、クリスは野盗のボス、スパルティとの決戦に挑む。

キャスト編集

スタッフ編集

  • 監督 - 藤原健一
  • 脚本 - 村川康敏
  • アクション監督 - 柴原孝典
  • コスチュームデザイン - JUN@1
  • 音楽 - 與語一平
  • 製作 - 金澤宏次、梅村昭夫、多井久晃、アントニオ・ブルワー
  • 企画 - 斎藤正明、西谷正仁、小林俊宏
  • プロデューサー - 元信克則
  • 撮影・照明 - 今井哲郎
  • 録音 - 山口勉
  • 美術 - 貝原クリス亮
  • 衣装 - 小海綾美
  • ヘアメイク - 中尾あい
  • ガンエフェクト - 芦野弘忠
  • 助監督 - 伊藤一平
  • メイキング担当 - 加藤晋也
  • 制作プロダクション - ユニオン映画
  • 制作協力 - ANGLE
  • 配給 - 渋谷プロダクション
  • 製作 - IRON GIRL2製作委員会(ユニオン映画、クレイ、ワコー、プラステス)
  • 宣伝 - ブラウニー

主題歌編集

脚注編集

外部リンク編集