アイアン・バタフライ

アイアン・バタフライ (Iron Butterfly) は、アメリカ合衆国出身のサイケデリック・ロックバンド

アイアン・バタフライ
Iron Butterfly
Iron Butterfly color photo 1969.jpg
1969年のグループショット。
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンディエゴ
ジャンル サイケデリック・ロック
活動期間 1966年 - 1971年
1974年 - 1985年
1987年 - 2012年
2015年 - 現在
レーベル アトコ・レコード
MCAレコード
公式サイト ironbutterfly.com
メンバー ロン・ブッシー (Ds)
エリク・バーネット (G)
マイク・グリーン (Vo)
デイヴ・メロス (B)
フィル・パーラピアーノ (Key)
レイ・ウェストン (Ds)
旧メンバー ダグ・イングル (Vo/Key)
リー・ドーマン (B)
エリク・ブラン (G)
マイク・ピネラ (G)
ラリー・ラインハート (G)
ほか別記参照

ハードロックプログレッシブ・ロックのルーツともされるグループの一つで、アルバム『ガダ・ダ・ヴィダ』のヒットでも知られる。最初の解散以降から再集合を繰り返しながら、過去作品からのリバイバルを主体に活動している。

概要・歴史編集

1966年サンディエゴで、ダグ・イングルと後に「ライノセロス(en」へ行くダニー・ウェイスを中心に結成した。ウェイスはレコード・デビュー前に抜け、ファースト・アルバム『ヘヴィ』発表後ダリル・デローチが脱退、1969年末までイングル、リー・ドーマン、ロン・ブッシー、エリック・ブランの4人で活動する。

次作となるセカンド・アルバムのタイトル・トラック、17分におよぶ「ガダ・ダ・ヴィダ (In-A-Gadda-Da-Vida)」がヒットして注目された。サード・アルバム『ボール』発表後にブランが脱退、マイク・ピネラ、ラリー・ラインハルトが加入するも、1971年に解散する。ピネラは「カクタス」など、ドーマン、ラインハルトは「キャプテン・ビヨンド」に参加した。

1974年にロン・ブッシーとエリック・ブランにより再結成。解散前のメインのソングライターであったダグ・イングルとリー・ドーマンが不在のため、発表された2作品は、解散前とは異なる音楽性の作品となった。一時1986年は完全休止したがライブ中心に活動。2002年から2012年までの中心メンバーはロン・ブッシー、リー・ドーマン、チャーリー・マリンコビッチ、マーティン・ガーシュウィッツ。

2003年7月25日、エリック・ブラン死去[1]

2012年12月21日、リー・ドーマンが死去[2]。70歳没。

2015年の再始動から、オリジナル・メンバーはロン・ブッシーのみ籍を残しているが、ライブには不参加の状態となっている。

メンバー編集

 
ドイツ公演 (2005年5月)

現ラインナップ編集

 
ロン・ブッシー(Ds) 2005年
  • ロン・ブッシー (Ron Bushy) – ドラムス (1966年–1971年、1974年–1977年、1978年–1979年、1987年–1988年、1993年– )
  • エリク・バーネット (Eric Barnett) – ギター (1995年-2002年、2015年– )
  • マイク・グリーン (Mike Green) – ボーカルパーカッション (2015年– )
  • デイヴ・メロス (Dave Meros) – ベース (2015年– )
  • フィル・パーラピアーノ (Phil Parlapiano) – キーボード (2015年– )
  • レイ・ウェストン (Ray Weston) – ドラムス (2015年– )

旧メンバー編集

  • ダグ・イングル (Doug Ingle) – ボーカル、オルガン (1966年–1971年、1978年–1979年、1983年–1985年、1987年–1988年、1994年–1999年)
  • ダニー・ウェイス (Danny Weis) – ギター (1966年-1967年)
  • ジャック・ピネー (Jack Pinney) – ドラムス (1966年)
  • マイケル・ルーズ (Michael Loose) – ベース (1966年) ※2016年死去
  • ダリル・デローチ (Darryl DeLoach) – ボーカル (1966年-1967年) ※2002年死去
  • ジェリー・ペンロッド (Jerry Penrod) – ベース (1966年-1967年)
  • ブルース・モールス (Bruce Morse) – ドラムス (1966年)
  • リー・ドーマン (Lee Dorman) – ベース (1967年–1971年、1977年–1985年、1987年-2012年) ※2012年死去
  • エリク・ブラン (Erik Brann) – ギター (1967年–1969年、1974年–1980年、1982年、1987年–1989年) ※2003年死去
  • マイク・ピネラ (Mike Pinera) - ギター (1970年-1972年、1978年-1979年、1982年、1987年、1993年)
  • ラリー・ラインハート (Larry "Rhino" Reinhardt) – ギター (1969年–1971年、1977年–1979年、1981年–1984年、1988年–1993年) ※2012年死去
  • フィリップ・テイラー・クラマー (Philip Taylor Kramer) – ベース、キーボード (1974年–1977年) ※1995年死去
  • ハワード・レイツ (Howard Reitzes) – キーボード (1974年–1975年)
  • ビル・デマルティネス (Bill DeMartines) – キーボード (1975年–1977年、1987年)
  • ケビン・カラミットロス (Kevin Karamitros) – ドラムス (1977年–1978年)
  • ジミー・ヘンダーソン (Jimi Henderson) – ボーカル (1977年–1978年)
  • ラリー・キアナン (Larry Kiernan) – キーボード (1977年–1978年)
  • デヴィット・ラヴ (David Love) – ギター (1977年–1978年)
  • ジョン・ライムスダー (John Leimsider) – キーボード (1978年、1979年、1981年–1982年)
  • キース・エリス (Keith Ellis) – ベース (1978年) RIP.1978年
  • ケビン・ロバーツ (Kevin Roberts) – ドラムス (1978年–1979年)
  • ボビー・コールドウェル (Bobby Caldwell) – ドラムス (1979年)
  • ボビー・ハスブルック (Bobby Hasbrook) – ギター (1978年–1982年)
  • ネイサン・ピノ (Nathan Pino) – キーボード (1979年)
  • ザム・ジョンソン (Zam Johnson) – ドラムス (1980年)
  • ティム・キスラン (Tim Kislan) – キーボード (1980年)
  • スターズ・ヴァンデロケット (Starz Vanderlocket) – ボーカル、パーカッション (1980年)
  • ルーク (Luke) – パーカッション (1981年–1983年)
  • ジミー・ロック (Jimmy Rock) – ドラムス (1981年–1982年)
  • ランディー・スカーバン (Randy Skirvin) – ギター (1981年–1982年)
  • ガイ・ベビロン (Guy Babylon) – キーボード (1982年–1983年) ※2009年死去
  • ジャン・ユーベナ (Jan Uvena) – ドラムス (1982年)
  • ジョン・シアラー (John Shearer) – ドラムス (1982年–1983年)
  • ジェリー・サマーズ (Jerry Sommers) – ドラムス (1983年)
  • リック・ロタンテ (Rick Rotante) – ドラムス (1983年–1984年)
  • レニー・カンパネロ (Lenny Campanero) – ドラムス (1984年–1985年)
  • スティーヴ・フィスター (Steve Fister) – ギター (1984年–1985年)
  • カーティス・ティール (Kurtis Teal) – ベース (1985年) ※1985年死去
  • ケリー・ルーベンズ (Kelly Reubens) – ベース (1987年)
  • ティム・ボン・ホフマン (Tim Von Hoffman) – キーボード (1987年)
  • グレン・ラポルト (Glen Rappold) – ギター、ベース (1987年)
  • エース・ベイカー (Ace Baker) – キーボード (1987年)
  • サル・ロドリゲス (Sal Rodriguez) – ドラムス (1987年、1988年)
  • ジム・フォン・ビューロー (Jim Von Buelow) – ギター (1987年)
  • ボブ・バーチ (Bob Birch) – ベース (1987年) ※2012年死去
  • ダグ・ジャクソン (Doug Jackson) – ギター (1987年)
  • ライル・T・ウェスト (Lyle T. West) – ボーカル (1987年)
  • デレク・ヒランド (Derek Hilland) – キーボード (1988年–1990年、1993年–1997年)
  • ケニー・スアレズ (Kenny Suarez) – ドラムス (1988年–1992年)
  • スティーヴ・フェルドマン (Steve "Mick" Feldman) – ボーカル (1988年–1990年)
  • ロバート・テッパー (Robert Tepper) – ボーカル (1990年–1992年)
  • バート・ディアス (Burt Diaz) – キーボード (1993年)
  • デニー・アルタッチ (Denny Artache) – ギター (1993年)
  • ダグ・ボッセ (Doug Bossey) – ギター (1994年–1995年)
  • ダミアン・ブジャンダ (Damian Bujanda) – キーボード (1999年)
  • ラリー・ラスト (Larry Rust) – キーボード (1999年-2005年) ※2016年死去
  • チャーリー・マリンコービック (Charlie Marinkovich) – ギター (2002年–2012年)
  • マーティン・ガシュヴィッツ (Martin Gerschwitz) – キーボード (2005年–2012年)

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『ヘヴィ』 - Heavy (1968年)
  • 『ガダ・ダ・ヴィダ』 - In-A-Gadda-Da-Vida (1968年) ※累計3000万枚という記録的なセールスを挙げた。
  • 『ボール』 - Ball (1969年)
  • 『変身』 - Metamorphosis (1970年)
  • 『スコーチング・ビューティー』 - Scorching Beauty (1975年)
  • 『サン・アンド・スクィール』 - Sun and Steel (1975年)

ライブ・アルバム編集

  • 『アイアン・バタフライ・ライヴ』 - Iron Butterfly Live (1970年)
  • Fillmore East 1968 (2011年)
  • Live at the Galaxy 1967 (2014年)
  • Live in Copenhagen 1971 (2014年)
  • Live in Sweden 1971 (2014年)

コンピレーション・アルバム編集

  • 『ベスト・オブ・アイアン・バタフライ』 - Evolution: The Best of Iron Butterfly (1971年)
  • Light & Heavy: The Best of Iron Butterfly (1993年)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ アイアン・バタフライ、「In-A-Gadda-Da-Vida」のギタリストが死亡”. BARKS (2003年7月30日). 2017年11月17日閲覧。
  2. ^ Iron Butterfly bassist Lee Dorman dies at age 70[リンク切れ] 毎日jp 2012年12月22日閲覧

外部リンク編集