メインメニューを開く

アイクぬわら

日本のお笑いタレント、俳優、ナレーター

アイクぬわら1986年6月5日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州マンハッタン出身ワシントン州シアトル育ち、日本お笑い芸人俳優ナレーターワタナベエンターテインメント所属。本名、アイク・ヌワラ (Ike Nwala)。『ぬわら』は苗字である。

アイクぬわら
本名 アイク・ヌワラ (Ike Nwala)
ニックネーム アイク
生年月日 (1986-06-05) 1986年6月5日(32歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
血液型 B型
身長 180cm
言語 英語日本語
方言 関西弁
最終学歴 ワシントン州私立工科大学卒業
出身 オーディション (ワタナベコメディスクール14期生と同期)
コンビ名 ぬわらし[1]
グループ名 超新塾[2]
相方 イーグル溝神、タイガー福田
サンキュー安富、ブー藤原
コアラ小嵐超新塾ぬわらし
芸風 漫才コント漫談
立ち位置
事務所 ワタナベエンターテインメント
活動時期 2011年 -
同期 コロコロチキチキペッパーズパーマ大佐, なんぶ桜、ゴールデンエイジ、チュランペット
現在の代表番組 レギュラー番組
TVチャンピオン極 〜KIWAMI〜
おはスタ
快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー
5時に夢中!
Love music
基礎英語0〜世界エイゴミッション〜
公式サイト 公式プロフィール

目次

略歴編集

大学時代にシアトルのチャイナタウンにある日本のビデオ屋で、お笑い番組「天才・たけしの元気が出るテレビ!!高田純次の早朝バズーカのコーナーに衝撃を受け、お笑い芸人を目指す大きなきっかけになった[3]

リチャードホール」で山崎弘也が演じた「栗井ムネ男」と「下衆ヤバ夫」を観たとき、何を言っているかは理解できなかったものの「コミカルで面白い!」と感じ、お笑いへの関心が高まった。

高田純次アンタッチャブルおぎやはぎナインティナインダウンタウンくりぃむしちゅー等、店員に勧められるがままに観漁ったのち、日本でお笑い芸人になるという夢を持って大学卒業1週間後に来日。大阪市平野区で生活を始め、お笑いを観ながら独学で日本語関西弁の勉強をした[3]

来日して5年ほど過ぎた頃、俳優渡部豪太の勧めで超新塾のオーディションに参加[3]、2011年9月29日オーディションで選ばれ、超新塾[2]に加入。

人物編集

身長180cm、体重75kg、血液型B型。9歳から趣味でITを続けていた。18歳の時、ITエンジニア関係を学ぶためワシントン州の私立工科大学入学。2年飛び級し、20歳で卒業した。その後、外資大手証券会社ゴールドマン・サックスデータセンターエンジニアとして勤務した[3]

9歳の時、マイケル・ジャクソンBillie Jeanを見て感銘を受け、彼のダンスを真似したり、様々なジャンルのダンスを始めた。高校時代にはブレイクダンスフリースタイルダンスで他校のダンスバトルに参戦。

ストレートパーマをかけている。特技はスケートボードボイスパーカッションダンス、IT。

魅力的な低音ボイス生かした声優やナレーションの仕事も多数こなしている。

俳優の渡部豪太[4]、歌手の谷村奈南とは仲の良い友達である[5]。また山下智久とも仲がよく、山下の人柄について「本当にやさしい生き物」と語っている。

芸風編集

超新塾編集

日本の文化に無理矢理馴染もうとするボケが多い。アメリカンジョークをメンバーのタイガー福田が吹き替えにしてネタに盛り込む。オチでダンテ・カーヴァーウサイン・ボルトタイガー・ウッズなどの真似をすることもある。メンバーのコアラ小嵐と二人でぬわらしの芸名でコンビ活動もしている。

漫才中で披露した「摩訶不思議アドベンチャー」を発音よく歌うネタが動画ソーシャルアプリTikTokで話題となり、歌手のGACKTなども投稿した。

ぬわらし編集

代表的なネタとして、南京玉簾をアメリカンスタイルに作ったものがある。"Oh!" "Yeah!" "Come on!" とネタ中に多用する。ネタは相方であるコアラ小嵐が作る。 またTBS有田チルドレン』などにおいて披露した、股間を叩いてボイスパーカッションを発するリズムネタ「ポコチンドラム」があり[3]、Yahoo検索ワードで6位を記録し、話題を集めた。

ピン活動編集

おはスタ」のバイリンガルMCとして出演中。

おはスタ 担当コーナー名 内容
すぐに使える! カッコエ〜語!!! 学校で教わらない日常で使う英語をハイテンションで教える
ヌワラチャレンジ バク転、ブレイクダンス、リフティングなど様々なことに挑戦
ドン・ヌワラ博士のサイエンスワールド サイエンスを使って不思議な現象を紹介するコーナー
ヌワラーマン!! パーフェクト超人ヌワラーマンがみんなでも気軽に出来るミッションに挑戦するコーナー

5時に夢中』では毎週水曜日の黒船特派員を担当。エディ・マーフィのような陽気なキャラでふかわりょうのふりにアメリカンジョークや下ネタで切り返す。

「東京ディズニーシーの入口のアナウンス」というモノマネネタがあり、第21回細かすぎて伝わらないモノマネ選手権でこれが放送されたことをキッカケに一時Twitterなどで話題となった。

2016上半期テレビタレント番組出演本数ランキング「ブレイクタレント」部門10位にランクインし、注目を集めている。[6]

その後も出演番組本数を順調に伸ばし、前年は13本だった出演番組数が175本にまで増加し、2016年ブレイクタレント部門6位にランクインした。[7]


エピソード編集

ロッチ中岡率いる「中岡一般」編集

  • 同じ事務所の先輩芸人ロッチ中岡創一と非常に仲が良く[8]、元あめんキューティー上木ミリオンズのそぼくと共に「中岡一般」のメンバーである。
  • ハートが弱い中岡をひたすら褒めて持ちあげる。中岡の好きな女の子に会う時も中岡の長所を褒めまくり彼氏として強く勧める。このようにどこでも中岡を褒め続けているため、ついにはドランクドラゴン鈴木拓にまで中岡を勧める始末である。
  • 中岡と町を歩いていると「え、中岡さんSPつけてるんですか?」や「英語の先生ですか?」と言われる。
  • 中岡と映画を観に行った際、上映中に大きな声やリアクションをとり周囲に迷惑をかけるが本人にその自覚はなく、さらにエンドロールになり退席しようと立ち上がったのを「最後まで観ようや」と中岡に引き止められ「エンドロール読めるんですか?全部英語ですよ?」と返答し、中岡をいらつかせた。
  • 内村さまぁーずで我が家谷田部がハワイでの結婚式を撮影したビデオに長岡と出ていた為、問題にされ「従兄弟のビニー」や「コカドの相方」と3人にいじられまくった。本人はTwitterで喜んでいた。

外国人エピソード編集

  • タイガー福田の「日本語うまくなりすぎるとウケへんから絶対に勉強するな」という言い付けをしっかり守っていたが、後輩の厚切りジェイソンが漢字ネタでブレイクしたため、日本語を勉強しようか真剣に悩んでいる。
  • 共演者に「ホームパーティーしましょうよ!」という定番ネタを持っており、実際に知人を集めて定期的にホームパーティーを開催している。
  • お笑い芸人になりたての頃、クラブ感覚で友達数十人に「"アイク"と言ったらチケットがタダになるから」と事務所のお笑いライブに誘い、事務所の管理者に叱責された。
  • 同じ事務所の先輩アンガールズ山根の結婚式に招待されてもいないのに勝手に参加した。席がないと慌て心配したロッチ中岡が「招待状もらった?」と聞くと「貰ってない。普通に行けるじゃないですか?」と答えてわざわざ料理と席を用意させた。
  • 珍プレー好プレー」に芸人としてではなく、クロマティの通訳として呼ばれた。しかしクロマティのほうが日本語がうまく、途中からはクロマティが日本語で話すのをずっと横で見ているだけであった。
  • 本人曰く「黒人なのにスポーツがすごく苦手」で、おはスタの企画で50メートルを全力で走ったにもかかわらず、記録は10秒フラットであった。ちなみにこの記録は日本の小3男子の平均とほぼ同じ。
  • 祖父がナイジェリアの村長であった。それをすべて相続したため、ナイジェリアに広大な土地を所有する大地主であるが、本人は行ったことがない。

天然KYキャラ編集

  • 上記のように、お笑い芸人・外国人タレント枠の中でもかなり個性的な性格・経歴にもかかわらず、本人は「キャラがない」と悩んでおり、三四郎の小宮に相談したことがある。
  • 有吉の壁に異常なまでに出たがっており、別局であるおはスタの収録現場でも「有吉の壁出たいなぁ」とつぶやき続けるという無礼を働いている。
  • 「変顔などのわかりやすい顔芸で笑いを取りたい」と語る反面、なぜか真顔や落ち込んだ顔のほうがウケることに本人は悩んでいる。
  • 2017年3月現在、アルカリ性の食品しか口にしない「アルカリ性ダイエット」を実践しており、おはスタレギュラーである三四郎の相田と花江夏樹(はなちゃん)と飲み会を開いた際、自分でお店を手配したにも関わらず「アルカリ性じゃないから食べれません」と言い出し、結局お通しのひじきとお冷にしか口をつけず、相田をイラつかせた。
  • カミナリの石田が明石家さんまを思いっきりひっぱたくというくだりを見て「日本にきて一番笑った」と語るほど気に入っており、それに感化されたのか、最近では「やっぱり売れるには大御所をぶん殴るしかないですね」と言いはじめ周囲を戸惑わせている。

出版編集

新聞編集

  • The Japan Times(2017年11月29日)"The consummation of cool is a funny business for comedian Ike Nwala"[9]

雑誌編集

  • 週刊大衆(2017年10月16日号)"アイクぬわら「アメリカ人として最強のエンターテイナーに」笑わせる人間力"[10]

ディスコグラフィ編集

参加作品編集

発売日 アーティスト アルバム名 品番 曲名 収録された作品
2016年9月21日 team THIRD WAVE シングル iTunes ID1148459555 君にサード・ウェーブ [11] 曲のリードボーカル
2016年1月27日 氣志團 不良品 AVCD-93336/B ツッパリHigh School Musical(登場編) イントロにて氣志團を紹介

出演番組編集

テレビドラマ編集

テレビ編集

現在のレギュラー番組編集

過去のレギュラー番組編集

レギュラー

準レギュラー

過去の出演番組編集

声優編集

劇場アニメ編集

現在のレギュラー番組編集

過去の出演番組編集

ラジオ編集

Web配信編集

過去の出演番組編集

舞台編集

個人ライブ編集

ゲスト出演編集

イベント編集

  • 2016年8月21日 「ROCKETMAN SUMMER FES' 2016 『thank you for the music!』」(東京・恵比寿ザ・ガーデンホール)[23] (ピン)
  • 2016年5月8日「ダイナマイト関西2016~オープントーナメント前夜祭~」(ルミネtheよしもと[24] (ピン)

広告編集

CM編集

Web編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 明日放送「うつけもん」にうつけ外国人&うつけ高齢者登場”. お笑いナタリー (2014年5月27日). 2014年5月27日閲覧。
  2. ^ a b 6人で初トークライブ開催、超新塾新メンバーの名前が決定”. お笑いナタリー (2011年10月26日). 2011年10月26日閲覧。
  3. ^ a b c d e 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(55)】「おはスタ」などで活躍する米国出身の元証券マンIT系芸人、アイクぬわら。あらゆるものがネットでつながるIoT(Internet of Things)をお笑いでも実現する!”. サンケイスポーツ (2016年7月2日). 2016年7月3日閲覧。
  4. ^ アイクぬわら(超新塾/ぬわらし)twitter(2014年10月31日)(2016年7月2日閲覧)
  5. ^ アイクぬわら(超新塾/ぬわらし)twitter(2013年4月15日 )(2016年7月2日閲覧)
  6. ^ 【上半期TV出演本数】りゅうちぇる、大ブレイクで113番組出演 前年同期は「0」”. oricon (2016年7月12日). 2016年7月12日閲覧。
  7. ^ http://www.oricon.co.jp/news/2082928/full/
  8. ^ ロッチ中岡創一 「キングオブコント」から一夜明けおかしな行動”. livedoorNEWS (2015年10月12日). 2016年7月3日閲覧。
  9. ^ The consummation of cool is a funny business for comedian Ike Nwala”. the japan times (2017年11月29日). 2017年11月29日閲覧。
  10. ^ アイクぬわら「アメリカ人として最強のエンターテイナーに」笑わせる人間力”. taishu (2017年10月16日). 2017年10月18日閲覧。
  11. ^ 第670回「キミにサード・ウェーブ」”. ふかわりょう (2016年8月8日). 2016年8月8日閲覧。
  12. ^ “超新塾アイクがスーパー戦隊シリーズに出演、警察戦隊を管理する和菓子好き”. お笑いナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年1月12日). https://natalie.mu/owarai/news/264842 2018年1月12日閲覧。 
  13. ^ “新戦隊「ルパンレンジャーVSパトレンジャー」キャスト発表、元モー娘。工藤遥も”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年1月12日). https://natalie.mu/eiga/news/264852 2018年1月12日閲覧。 
  14. ^ アイクぬわら、帰ってきた「TVチャンピオン」の熱戦に『ファンタスティック』連呼”. thetv.jp (2017年3月18日). 2017年3月18日閲覧。
  15. ^ 『TVチャンピオン』10年ぶり復活の狙い 新スター誕生にプロデューサーも期待”. Yahoo! JAPAN (2017年3月18日). 2017年3月18日閲覧。
  16. ^ リニューアル「おはスタ」初生放送”. デイリースポーツ (2016年1月5日). 2016年4月6日閲覧。
  17. ^ 「元日テレ・上田まりえアナ、フリー転身後初レギュラー”. ORICON STYLE (2016年3月3日). 2016年3月3日閲覧。
  18. ^ 「アイクぬわら、関西学院大外国籍講師の“差別ジョーク”に怒り「全然面白く無い」”. Yahoo! JAPAN (2017年2月22日). 2017年3月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年2月22日閲覧。
  19. ^ Meet the black comedian who has become Japan’s most unlikely star”. Vice News Tonight (2017年5月3日). 2017年5月3日閲覧。
  20. ^ 藤田紀子&花田虎上親子共演「28年ぶり母の手料理」”. Walkerplus (2016年1月5日). 2016年1月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年1月5日閲覧。
  21. ^ とに安、三四郎、トレエンら21人の若手と6人の先輩「有吉の壁」に挑戦”. お笑いナタリー (2015年7月19日). 2015年7月19日閲覧。
  22. ^ アイクぬわら(超新塾)twitter(2017年10月12日)
  23. ^ ふかわりょう主催の夏フェス今年も開催、平野ノラやアイクぬわら参加”. お笑いナタリー (2016年8月21日). 2016年8月21日閲覧。
  24. ^ 「D関」前夜祭でケンコバがザ☆忍者大久保にどハマり、超新塾アイクも活躍”. お笑いナタリー (2016年5月10日). 2016年5月10日閲覧。
  25. ^ 「DMM英会話」新CMで矢作&アイクがコント”. お笑いナタリー (2014年10月20日). 2014年10月20日閲覧。
  26. ^ 矢作初監督CM「DMM英会話」本日スタート”. お笑いナタリー (2014年10月24日). 2014年10月24日閲覧。

外部リンク編集