メインメニューを開く

アイゲウス古希: Αἰγεύς, Aigeus, ラテン語: Aegius) は、ギリシア神話の登場人物。アテーナイの王[1]パンディーオーンの息子[1]トロイゼーンピッテウスの娘アイトラーとの間に英雄テーセウスをもうけた。テーセウスの父はポセイドーンともいわれる[2]

目次

神話編集

アテーナイ王アイゲウスは、最初の妻メーター(Meta)とのあいだでも、第二の妻カルキオペー(Khalkiope)とのあいだにおいても子に恵まれず、相続についての紛争を恐れたため[3]、その理由を尋ねてデルポイに神託を求めた[3][4]。しかし、彼は神託の内容を理解できず、アテーナイへ帰還する[3][4]

デルポイからの帰途、彼がトロイゼーンを訪ね、ピッテウスに神託の件を話すと、ピッテウスは即座にその意味を理解した[3][5]。ピッテウスはアイゲウスに酒をふるまって酔わせ、夜半にアイゲウスの寝所に彼の娘アイトラーを送った[3][5]。こうしてアイトラーはテーセウスを身籠もったとされる。

ただし、テーセウスはポセイドーンの子という伝承もあり、これに説明をつけるためか、アイゲウスがトロイゼーンを訪れる前日に、アテーナ―によって島[注 1]に犠牲をささげるために遣わされ、そこでポセイドーンと交わり、同日アイゲウスとも交わったとされる場合もある[6]。また、ポセイドーンの話は、ピッテウスが娘の評判を守るために作ったのだとされる場合もある[6]呉茂一は、アイゲウスはこの出来事では「影の人物」で、主役は、アイガイア海の主神ポセイドーンであり、「ポセイドーン・アイゲウス」という神の名乗り名が実体だとも述べている[3]。同様に高津春繁は、テーセウスの真の父親がポセイドーンであるという説が示す通り、アイゲウス自身がポセイドーンの分身とも考えられるとしている[7]

 
岩を持ち上げるテーセウス

アイゲウスはトロイゼーンを去る前に、巨岩の下に剣とサンダルを隠し、アイトラーには「生まれてくる子が男の子あったら、父親の名を教えてはならない。この巨岩を動かせるほどにその子が強くなったとき、初めて父の名を教え、この品々を持たせてアテーナイへ送り出すように」と言い残した[3][5]。そうして生まれたのがテーセウスである[3]。アイゲウスがアテーナイに帰って後、アイトラーはトロイゼーンに留まり、テーセウスを育てた。アイゲウスは彼の甥に当たる、パラースの息子たちを恐れて、テーセウスをアテーナイに呼ぼうとしなかったので、テーセウスはトロイゼーンに居住していた。

後にテーセウスが父である彼に会いにトロイゼーンから徒歩ではるばる来た際[8]、アイゲウスは、コリントスから逃れてきたメーデイアと結婚していた[7][9]。メーデイアはテーセウスが自分に不利益を与える人間だと見抜き、アイゲウスに対して「彼はアテーナイの王位を狙う不届きものである」と讒訴した[10]。彼はテーセウスを息子とは知らずに恐れ、マラトーンにイノシシ狩りに行かせたが、テーセウスはイノシシを殺し無事に帰還した[9][10]。メーデイアはアイゲウスをそそのかして、酒に毒を混入させ、帰ってきたテーセウスに飲ませようとした[10]。まさにその時、テーセウスは彼の息子である証拠の、トロイゼーンの岩の下に隠しておいた刀を彼に贈った[9]。これを見るやアイゲウスは毒薬をその手から叩き落とし[10]、メーデイアを追放した[9][注 2]

アイゲウスの名はエーゲ海の語源となった[1][7]。息子のテーセウスがクレータ島の怪物ミーノータウロスを退治して帰還した時、テーセウスが無事にミーノータウロスを退治できた場合には船に白い帆を張って帰還すると約束していたにもかかわらず、テーセウスは誤って黒い帆を張ったまま帰還したため、アイゲウスはテーセウスが死んだものと勘違いし、絶望して海へ投身自殺した[11]。その後、この海は彼の名に因んで「エーゲ海」と名付けられたという。

系図編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
エリクトニオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイオロス
 
 
 
 
 
パンディーオーン
 
ゼウクシッペー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
デーイオーン
 
 
 
エレクテウス
 
 
 
ピロメーラー
 
プロクネー
 
テーレウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ケパロス
 
プロクリス
 
オーレイテュイア
 
ボレアース
 
ケクロプス
 
クスートス
 
クレウーサ
 
メーティオーン
 
クトニアー
 
ブーテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレオパトラー
 
カライス
 
ゼーテース
 
パンディーオーン
 
アカイオス
 
イオーン
 
エウパラモス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プレークシッポス
 
パンディーオーン
 
 
 
 
 
 
パラース
 
リュコス
 
ニーソス
 
 
 
ペルディクス
 
ダイダロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キオネー
 
ポセイドーン
 
アイトラー
 
アイゲウス
 
メーデイア
 
 
スキュラ
 
エウリュノメー
 
タロース
 
イーカロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウモルポス
 
アンティオペー
 
テーセウス
 
 
 
パイドラー
 
 
 
 
 
 
 
ベレロポーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒッポリュトス
 
アカマース
 
デーモポーン
 


脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ヒエラ、あるいはスパイリアの島。
  2. ^ 呉茂一は、メーデイアは追放されたのではなく、自らアテーナイを去ったとしている[10]

出典編集

  1. ^ a b c Aegeus|Greek mythology”. Encyclopædia Britannica. 2018年5月10日閲覧。
  2. ^ Theseus | Greek hero”. Encyclopædia Britannica. 2018年5月10日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 、pp.76-77。
  4. ^ a b ギリシア神話』、三巻XV-6。
  5. ^ a b c ギリシア神話』、三巻XV-7。
  6. ^ a b 高津、p.6。
  7. ^ a b c 高津、p.5。
  8. ^ ギリシア神話』、三巻XVI-2。
  9. ^ a b c d ギリシア神話』、概要I.5。
  10. ^ a b c d e 、pp.83-84。
  11. ^ ギリシア神話』、概要I.7-11。

参考文献編集

  • アポロドーロス『ギリシア神話』高津春繁訳、岩波書店、1953年。ISBN 4-00-321101-4
  • 呉茂一 『ギリシア神話(下)』 新潮社、1979年ISBN 978-4-10-122402-2
  • 高津春繁 『ギリシア・ローマ神話辞典』 岩波書店、1960年ISBN 4-00-080013-2