アイスバーグ (バラ)

アイスバーグ Rosa Icebergはバラ園芸品種の一つであり、1983年世界バラ会議で殿堂入りした[1]白バラの名花である。

アイスバーグ (バラ)
Rose Iceberg バラ アイスバーグ (5677728343).jpg
アイスバーグの花
バラ属 Rosa
セイヨウバラ (Rosa hybrida L.)
交配 ロビンフッド( 'Robin Hood' HMskヴィルゴ('Virgo' HT)
品種群 フロリバンダ Floribunda
品種 シュネービッチェン Schneewittchen
商品名 アイスバーグ Rosa Iceberg
開発 タンタウ(ドイツ) 1958年
テンプレートを表示
スタンダード仕立てのアイスバーグ

概要編集

アイスバーグは木立性で半八重の8㎝程度の花を咲かせる。四季咲き性。花形は丸弁平咲きで、房状に花をつけるフロリバンダに分類される。花色は白だが気温が低くなると薄い桃色が差すこともある。多花性で咲く姿は名前の通り氷山の様になる。香りはほのかなティー香。黒点病に罹り易いが、樹勢が強いため葉を落としても芽吹きやすい。枝はしなやかで棘が少なく、葉は半光沢。また耐陰性に優れる。

枝変わりとして、つるアイスバーグ、バーガンディアイスバーグ、ピンクアイスバーグ、ブリリアントピンクアイスバーグ、ブラッシングアイスバーグがある。 ヘリテージ、グラハム・トーマスといったイングリッシュローズの交配親となった。

別名、「シュネーヴィッチェン(ドイツ語で白雪姫)」。

脚注編集

  1. ^ [1]世界バラ会連合(2014年11月18日閲覧)

参考文献編集

バラの系譜編集委員会 「オールドローズと現代バラの系譜」2009年 ISBN 978-4-416-40905-3 

外部リンク編集