アイスホッケー・ワールドカップ

ワールドカップ・オブ・ホッケー(World Cup of Hockey)はアイスホッケーの世界大会。毎年開催されているアイスホッケー世界選手権とは異なり国際アイスホッケー連盟ではなくNHLNHL選手会が主催している大会である。従ってルールは国際ルールではなくNHLルールに従って行われる。また世界選手権がNHLのプレーオフシーズンに行われるのに対して、オフシーズンに行われNHLの全てのトップ選手が出場することが可能になっている。

1996年のワールドカップトロフィー

歴史編集

前身は1972年のサミット・シリーズの4年後に初開催したカナダカップであり、カナダチェコスロバキアスウェーデンソビエト連邦アメリカ合衆国フィンランド(1984年のみ出場)、西ドイツなどが参加していた。1987年の大会ではカナダがウェイン・グレツキーマリオ・ルミューの活躍で2勝1敗(全ての試合のスコアが6-5、2試合は延長で決着がついた。)でソビエト連邦との対戦を下した。

ワールドカップに改称した後、1996年、2004年に開催され、2016年はカナダ・トロントで開催された。

2004年大会では建築家のフランク・ゲーリーのデザインした優勝トロフィーが使われるようになった。

NHLとNHL選手会は次回大会を2020年に開催すると発表した[1]。2020年大会は欧州選手権も含む予定だった[1]が、2019年1月にNHLとNHL選手会の間で包括交渉が成立せず、計画が中止された[2]。2019年8月、包括交渉が成立した場合は2020年ではなく2021年2月に次回大会が開催予定となった[3]が、その後撤回された[4]。その後、リーグは次回大会を2024年に開催する意向を示した[4]

歴代成績編集

優勝 準優勝 準決勝敗退国
1996   アメリカ合衆国   カナダ   ロシア  スウェーデン
2004   カナダ   フィンランド   チェコ  アメリカ合衆国
2016   カナダ   欧州連合[5]   ロシア  スウェーデン

脚注編集

  1. ^ a b New-look World Cup of hockey back for 2016”. Sportsnet.ca. 2015年1月24日閲覧。
  2. ^ NHL, NHLPA abandon plans for 2020 World Cup of Hockey”. TSN.ca (2019年1月16日). 2019年1月17日閲覧。
  3. ^ 'Cautiously optimistic' NHL CBA talks could result in 2021 World Cup”. SportsNet (2019年8月16日). 2019年8月23日閲覧。
  4. ^ a b There will be no World Cup of Hockey during 2021 season”. NBC Sports (2019年12月10日). 2019年12月11日閲覧。
  5. ^ ドイツ、オーストリア、スイス、スロバキア、スロベニア、イタリア、ノルウェーの8カ国の混成チーム。

外部リンク編集