アイセーポス古希: Αἴσηπος, Aisēpos)は、ギリシア神話の神あるいは人物である。長音を省略してアイセポスとも表記される。主に、

現在のアイセーポス川。

が知られている。以下に説明する。

オーケアノスの子編集

このアイセーポスは、オーケアノスとテーテュースの3000の息子の1人である[1]トローアス地方西部あるいはミューシア地方を流れてマルマラ海に注ぐアイセーポス川英語版[2][3][4]の河神。下流域に同名の都市アイセーポスがあった(現在のギョネン英語版)。

ブーコリオーンの子編集

このアイセーポスは、トロイアーの王ラーオメドーンの子ブーコリオーンと泉のニュムペーのアバルバレエーの子で、ペーダソス双子の兄弟。兄弟はトロイア戦争で戦ったが、『イーリアス』初日の戦闘でペーダソスとともにエウリュアロスに討たれた[5]

脚注編集

  1. ^ ヘーシオドス、342行。
  2. ^ 『イーリアス』2巻825行。
  3. ^ ストラボン、13巻1・45。
  4. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.5b。
  5. ^ 『イーリアス』6巻21行-26行。

参考文献編集