アイドルレスラー

アイドルレスラーとは、アイドル的な芸能活動を行う女子プロレスラー。また単に容姿の美しさやスター性などからそう称される場合もある。

アメリカのプロレス団体「WWE」では、総称して「ディーヴァ(女神)」と呼ばれていた。

概要編集

1974年に女子プロレスデビューしたマッハ文朱が先駆けとされる[1][2]。元々マッハはアイドル歌手志望だったが、オーディション番組で落選しプロレス入りした。そのアイドル性からそれまでの女子プロレスの風景を大きく変え、短い活動期間ながら団体の隆盛に大きく貢献した。

1976年にジャッキー佐藤マキ上田により結成されたビューティ・ペアは人気を博して女子プロレスのブームを呼び、同年発売のシングル『かけめぐる青春』は大ヒット曲となった。1984年8月にに長与千種ライオネス飛鳥により結成されたクラッシュギャルズは『炎の聖書』などのレコードをリリースし、ビューティ・ペア以来のブームを作り出した。

1978年にアイドル歌手からプロレスへ転向したミミ萩原は人気を獲得し「アイドルレスラー」と呼ばれ、以降は写真集やレコード発売などアイドルと重なる芸能活動を行う選手が誕生した。正統派アイドル路線の流れを汲むレスラーとして、1986年にデビューしたキューティー鈴木[2]などがいる。

2010年代からのグループアイドルブームを受け、アイドルグループを卒業しプロレスに転向した選手、アイドルグループに在籍しながらプロレスラーとしても活動する選手など、アイドル業界側からのアプローチも増えている。

1980年代以降編集

1980年代以降の主なアイドルレスラーとデビュー年の一覧。

1980年代編集

1990年代編集

2000年代編集

アストレス

2010年代編集

東京女子プロレス
スターダム
アクトレスガールズ

アイドルレスラーを扱った作品編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 北斗晶とタッグチーム「海狼組」(マリン・ウルフ)を結成していたが、鈴香とは対照的に北斗はボーイッシュさを売りにしていた。
  2. ^ キッスの世界」というユニットでCDデビューをしている。なお脇澤美穂とのアイドルタッグ「ミホカヨ」も組んでいたが、脇澤は「変態アイドル」と呼ばれ、アイドル系というより、三枚目路線のキャラだった。
  3. ^ 前述の「キッスの世界」の追加メンバーであった。
  4. ^ 覆面レスラーではあるがグラビア写真集やイメージビデオなどを出版している、K-DOJO初期に参戦していた、セクシー系レスラーのRyokoと同一人物であるという説もあるが、真相は不明。
  5. ^ モデル活動を経てからレスラーとして活動。
  6. ^ a b アイドル活動を経てからレスラーとして活動。
  7. ^ AtoZ時代の後輩、栗原あゆみとのタッグチームは「カナアユ」。
  8. ^ リングネームは、前述のみなみ鈴香に肖っている。
  9. ^ グラビアアイドルとしても並行して活動している。
  10. ^ 華名(現:ASUKA)と共に「トリプルテイルズ」というユニットを組んでいた。
  11. ^ 2011年10月よりアイドルグループ「Apple Tale」のライブにゲスト参加するようになり、2012年1月にCDデビューをした。
  12. ^ 覆面レスラーでグラビア写真集などを出しているバンクーバーキャットの正体とも言われる。
  13. ^ 井上貴子プロデュース。
  14. ^ ファッションモデル、グラビアアイドル活動を経てからレスラーとして活動。
  15. ^ a b グラビアアイドル活動を経てからレスラーとして活動。
  16. ^ 愛川ゆず季とのタッグはチーム「BY砲」。
  17. ^ a b c d デビュー時の所属団体。
  18. ^ グラビアアイドル活動を経てからレスラーとして活動。

出典編集

関連項目編集