メインメニューを開く

アイヌ文化の振興並びにアイヌの伝統等に関する知識の普及及び啓発に関する法律

アイヌ文化の振興・知識普及・啓発などを定めた法律

アイヌ文化の振興並びにアイヌの伝統等に関する知識の普及及び啓発に関する法律(アイヌぶんかのしんこうならびにアイヌのでんとうとうにかんするちしきのふきゅうおよびけいはつにかんするほうりつ、平成9年5月14日法律第52号)は日本法律。通称アイヌ文化振興法アイヌ文化法アイヌ新法1997年(平成9年)5月8日に成立、同年5月14日公布[1]、同年7月1日施行[2]。この法律の附則2条により、北海道旧土人保護法明治32年法律第27号)および旭川市旧土人保護地処分法(昭和9年法律第9号)は廃止された。この法律は、アイヌの人々の誇りが尊重される社会を実現するための施策の推進に関する法律(平成31年4月26日法律第16号)により2019年(令和元年)5月24日[3]に廃止された。

アイヌ文化の振興並びにアイヌの伝統等に関する知識の普及及び啓発に関する法律
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 アイヌ文化振興法、アイヌ文化法、アイヌ新法
法令番号 平成9年5月14日法律第52号
効力 廃止
種類 行政法
主な内容 アイヌ文化の振興・知識普及・啓発など
関連法令 北海道旧土人保護法国際人権規約アイヌの人々の誇りが尊重される社会を実現するための施策の推進に関する法律
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

目次

概要編集

この法律の目的は、1条に次のように定められている(条文中の括弧書きは省略)。

この法律は、アイヌの人々の誇りの源泉であるアイヌの伝統及びアイヌ文化が置かれている状況にかんがみ、アイヌ文化の振興並びにアイヌの伝統等に関する国民に対する知識の普及及び啓発を図るための施策を推進することにより、アイヌの人々の民族としての誇りが尊重される社会の実現を図り、あわせて我が国の多様な文化の発展に寄与することを目的とする。

立法に際しての朝鮮半島との関わり編集

この法律を作る運動には、当初からチュチェ思想研究会が関わっていたという主張がある[4][5]

この一方、北海道開拓史上における朝鮮人アイヌの歴史的な関わりの経緯、および蝦夷地への和人の本格的な入植以前の朝鮮人による同地への先住の可能性については苫小牧駒澤大学教授の石純姫による一連の学会報告[6][7][8][9][10]及び学術研究論文[11][12][13][14][15][16]がある。(アイヌと朝鮮人の関係についての歴史的経緯の仔細についてはアイヌ#アイヌと朝鮮人を参照のこと)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日本法令索引 国立国会図書館 会議録一覧 アイヌ文化の振興並びにアイヌの伝統等に関する知識の普及及び啓発に関する法律案
  2. ^ この法律の附則第1条及びこれに基づくアイヌ文化の振興並びにアイヌの伝統等に関する知識の普及及び啓発に関する法律の施行期日を定める政令(平成9年6月27日政令第218号)
  3. ^ アイヌの人々の誇りが尊重される社会を実現するための施策の推進に関する法律の施行期日を定める政令(令和元年5月22日政令第7号)
  4. ^ 篠原常一郎2019.8「沖縄、アイヌ、関西生コン… 影響拡大で国政撹乱 (チュチェ思想)」『正論』(574), 100-7
  5. ^ YouTube 【Front Japan 桜】衝撃!朝鮮反日革命集団「チュチェ思想研究会」篠原常一郎 / 韓国必死の言論統制 / G7「リブラ」つぶし / アイヌ問題、道新から返答[桜R1/7/18]篠原常一郎 36:55頃
  6. ^ 石純姫「北海道における「労務慰安所」の形成過程に関して」第6回東アジア教育文化学会国際学術シンポジウム2010年8月
  7. ^ 石純姫「近代北海道における朝鮮人労務者とアイヌ民族」オックスフォードー神戸ワークショップ「ヨーロッパと日本における国家と暴力」2009年3月
  8. ^ 石純姫「戦時下における北海道の朝鮮人」第5回東アジア教育文化学会国際シンポジウム2008年8月
  9. ^ 石純姫「戦時下北海道における朝鮮人」第4回東アジア教育文化学会国際学術シンポジウム2008年
  10. ^ 石純姫「北海道近代における朝鮮人の定住化とアイヌ民族」第3回東アジア教育文化学会国際学術シンポジウム2006年
  11. ^ 石純姫2010「北海道・穂別における朝鮮人の労務動員とアイヌ民族のつながり--重層的なアイデンティティの葛藤と韓国での受容状況について」『環太平洋・アイヌ文化研究』8:41-51
  12. ^ 石純姫2016「帝国と植民地における先住民と奴隷(強制的労務者) : 東アジアと北・中南米における比較」『苫小牧駒澤大学紀要』(31), 37,39-62,
  13. ^ 石純姫2014「近代期朝鮮人の移住と定住化の形成過程とアイヌ民族---淡路・鳴門地区から日高への移住に関して」『アジア太平洋レビュー』12:1-24
  14. ^ 石純姫2007「前近代期の朝鮮人の移動に関する一考察--北海道における在日朝鮮人の形成過程とサハリンアイヌの関係を中心に」『苫小牧駒澤大学紀要』18:145-66
  15. ^ 石純姫2012「アイヌ民族と朝鮮人をめぐる記憶と表象 : 日高地方を中心に」『大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター年報』(9), 41-48
  16. ^ 石純姫2017『朝鮮人とアイヌ民族の歴史的つながり』(寿郎社

関連項目編集