アイヌ神謡集(アイヌしんようしゅう)は、知里幸恵が編纂・翻訳したアイヌの神謡(カムイユカラ)集。

1920年11月、知里幸恵が17歳の時に、金田一京助に勧められて幼い頃から祖母モナシノウクや叔母の金成マツより聞いていた「カムイユカラ」を金田一から送られてきたノートにアイヌ語で記し始める。翌年、そのノートを金田一京助に送る。1922年に『アイヌ神謡集』の草稿執筆を開始。金田一の勧めにより同年5月に上京。金田一家で『アイヌ神謡集』の原稿を書き終える。校正も済ませ後は発行するだけの状態にまでに仕上げたが、同年9月18日、心臓麻痺により急逝。翌年の1923年に金田一の尽力によって『アイヌ神謡集』を上梓し、郷土研究社から発行された[1]

執筆の動機と「序」編集

『アイヌ神謡集』執筆の動機は、アイヌ語研究で有名な言語学者の金田一京助に、アイヌ口承文芸の価値を説かれ、勧められたからであるが、これは外面的なことであり、知里幸恵の内面的な動機は、『アイヌ神謡集』の「序」に書かれている。

大正11年3月1日の日付をもち、

その昔この広い北海道は,私たちの先祖の自由の天地でありました。

の書き出しで始まる「序」には、アイヌが制約を受けることなく活動できた北海道の大地が、明治以降、急速に開発され、近代化したことが記される。それは「狩猟・採集生活」をしていたアイヌの人々にとっては、自然の破壊ばかりでなく、同時に生活を追われることでもあり、平和な日々をも壊すものであった。その変動によるアイヌの精神的な動揺と日本社会に置かれた地位をこう綴る。

僅かに残る私たち同族は、進みゆく世のさまにただ驚きの眼をみはるばかり。しかもその眼からは一挙一動宗教的感念に支配されていた昔の人の美しい魂の輝きは失われて,不安に充ち不平に燃え,鈍りくらんで行手も見わかず、よその御慈悲にすがらねばならぬ、あさましい姿、おお亡びゆくもの……それは今の私たちの名、なんという悲しい名前を私たちは持っているのでしょう。

幸恵は

激しい競争場裡に敗残の醜をさらしている今の私たちの中からも、いつかは、二人三人でも強いものが出て来たら、進みゆく世と歩をならべる日も、やがては来ましょう。それはほんとうに私たちの切なる望み、明暮祈っている事で御座います。

と記すように「アイヌが滅び行く」という立場に同調しないながらも、「起伏す日頃互いに意を通ずる為に用いた多くの言語,言い古し,残し伝えた多くの美しい言葉」がなくなってしまうことを「あまりにいたましい名残惜しい事」として、本書を執筆したと述べる。

時代は下って2008年6月7日には、前日の国会におけるアイヌ先住民決議の採択を受けた朝日新聞の「天声人語」において、知里幸恵・『アイヌ神謡集』とともにこの「序」の一部が紹介された。

収録されたカムイユカラ編集

  1. シマフクロウ神が自らをうたった謡「銀の滴降る降るまはりに」 Kamuichikap Kamui yaieyukar, "Shirokanipe ranran pishkan"
  2. キツネが自ら歌った謡「トワトワト」 Chironnup yaieyukar, "Towa towa to"
  3. キツネが自ら歌った謡「ハイクンテレケ ハイコシテムトリ」 Chironnup yaieyukar, "Haikunterke Haikoshitemturi"
  4. 兎が自ら歌った謡「サムパヤ テレケ」 Isepo yaieyukar, "Sampaya terke"
  5. 谷地の魔が自ら歌った歌「ハリツ クンナ」 Nitatorunpe yaieyukar, "Harit kunna"
  6. 小狼の神が自ら歌った謡「ホテナオ」 Pon Horkeukamui yaieyukar, "Hotenao"
  7. 梟の神が自ら歌った謡「コンクワ」 Kamuichikap Kamui yaieyukar, "Konkuwa"
  8. 海の神(シャチ)が自ら歌った謡「アトイカ トマトマキ、クントテアシ フム フム!」 Repun Kamui yaieyukar, "Atuika tomatomaki kuntuteashi hm hm !"
  9. 蛙が自らを歌った謡「トーロロ ハンロク ハンロク!」 Terkepi yaieyukar, "Tororo hanrok hanrok !"
  10. オキキリムイが自ら歌った謡「クツニサ クトンクトン」 Pon Okikirmui yaieyukar, "Kutnisa kutunkutun"
  11. 小オキキリムイが自ら歌った謡「此の砂赤い赤い」 Pon Okikirmui yaieyukar, "Tanota hurehure"
  12. 獺が自ら歌った謡「カツパ レウレウ カツパ」 Esaman yaieyukar, "Kappa reureu kappa"
  13. 沼貝が自ら歌った謡「トヌペカ ランラン」 Pipa yaieyukar, "Tonupeka ranran"

テクスト編集

『アイヌ神謡集』の郷土研究社版は1923年の初版と1926年の再版があり、戦後には弘南堂書店から1970年と1974年に出版された。また、1978年には岩波文庫に収録されている。これら諸版の間には本文の違いがあることが指摘されている[2]

脚注編集

  1. ^ 知里 幸恵 編訳『アイヌ神謡集』郷土研究社〈炉辺叢書〉、1923年。
  2. ^ 佐藤知己「六種対照『アイヌ神謡集』 (一) : 校本作成のための資料と本文をめぐる諸問題」『北海道大学文学研究科紀要』第115巻、2005年、 103-127頁。

参考資料編集

  • 切替英雄『「アイヌ神謡集」辞典』北海道大学文学部言語学研究室、1989年
    • 切替英雄『アイヌ神謡集辞典』大学書林、2003年。上記の改訂版
  • 北道邦彦(編)『ノート版 アイヌ神謡集』、2000年
  • 『復刻版 アイヌ神謠集』知里真志保を語る会、2002年。郷土研究社版初版本の復刻。巻末に北道邦彦による「『アイヌ神謡集』の変遷と相違点」掲載。
  • 『復刻版「知里幸恵ノート」』知里森舎、2002年。知里幸恵直筆ノート4冊の復刻
  • 『「アイヌ神謡集」をうたう』うた:中本ムツ子、草風館、2003年。朗読CD
  • 片山龍峯『「アイヌ神謡集」を読みとく』草風館、2003年
  • 北道邦彦(編注)『注解 アイヌ神謡集』北海道出版企画センター、2003年
  • 北道邦彦(注解)『アイヌ神謡集を読む』北海道出版企画センター、2017年

外部リンク編集