メインメニューを開く

アイリスライト」は、SKY-HIの5枚目のシングルである。2016年1月13日発売。発売元はavex trax

アイリスライト
SKY-HIシングル
初出アルバム『カタルシス
B面 Enter the Dungeon
リリース
規格 シングル
ジャンル ヒップホップ
レーベル avex trax
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2016年1月度月間21位(オリコン)[1]
SKY-HI シングル 年表
Seaside Bound
2015年
アイリスライト
2016年
クロノグラフ
2016年
カタルシス 収録曲
Seaside Bound
(10)
アイリスライト
(11)
カミツレベルベット
(12)
ミュージックビデオ
「アイリスライト」 - YouTube
テンプレートを表示

目次

概要編集

チャート成績編集

CDシングルの発売前にiTunesで先行配信され、iTunes総合アルバムチャートで1位を獲得。CDシングルも2016年1月25日付のオリコンシングルチャートで週間2位を獲得し、シングル・アルバム通じて初のトップ10入りを果たした[2]

収録曲編集

CD+DVD①編集

全作詞:SKY-HI

CD

  1. アイリスライト
    中京テレビ日本テレビ系「㊙荷物!開封バラエティー ビックラコイタ箱」2016年1月度エンディング・テーマ。「」をテーマに制作されたSKY-HIとしては初のミッドバラード。この時代に必要な歌が作りたいと書かれた楽曲[3][4]。「なぜ生きるのか?」ということに対する答えを書こうと思ったとも語っている[5]
    自身の誕生日である2015年12月12日にPVが公開された。
    2016年1月15日放送の日本テレビ系「バズリズム」に出演し、アイリスライトをパフォーマンスしている[6]
  2. Enter the Dungeon
    テレビ朝日系「フリースタイルダンジョン」のエンディングテーマで、当番組の為に書き下ろされた曲。フリースタイルダンジョンというワードも楽曲中に登場し、キングギドラが1995年にリリースされたアルバム『空からの力』収録曲の「フリースタイルダンジョン」の世界を引き継いだと語っている。MCバトルや人生をRPGの世界に投影した楽曲として完成し、戦い続ける人達のアンセムになればという思いが楽曲に込められている[7]。RPGはダンジョンというワードから連想し取り入れ、番組の為だけの曲にしたくなかったと述べている。プロデューサーにはJHETTを迎えた。PVも制作された[8]
    サビの"戦って勝ってみせたって終わりなんて見えやしないダンジョン"というラインは、MCバトルに勝っても対社会や音源制作という違うダンジョンが待ち構えていることや、フリースタイルダンジョンの番組内でも強いモンスターに勝ってもラスボスが出てくるという意味合いなどを込めて書かれた[9]
    2015年11月17日にiTunesにて先行配信され、iTunesのヒップホップ/ラップカテゴリーでは1位を獲得した[10][8]
  3. アイリスライト (Instrumental)
  4. Enter the Dungeon (Instrumental)
  5. アイリスライト (Acappella)
  6. Enter the Dungeon (Acappella)

DVD

  1. アイリスライト (Music Clip)
  2. Enter The Dungeon (Music Clip)
  3. アイリスライト (Music Clip Making)
  4. アイリスライト (Music Clip Making with Audio Commentary)

CD+DVD②編集

CD

  1. アイリスライト
  2. Enter the Dungeon
  3. アイリスライト(Instrumental)
  4. Enter the Dungeon (Instrumental)
  5. アイリスライト(Acappella)
  6. Enter the Dungeon (Acappella)

DVD

  1. F-3 (Studio Live Session)
  2. アイリスライト(Studio Live Session)

CD編集

  1. アイリスライト
  2. Enter the Dungeon
  3. アイリスライト(Instrumental)
  4. Enter the Dungeon (Instrumental)
  5. アイリスライト(Acappella)
  6. Enter the Dungeon (Acappella)

CD編集

  1. アイリスライト

脚注編集

  1. ^ オリコン月間CDシングルランキング 2016年1月度 21~30位[リンク切れ] 2016年2月4日閲覧。
  2. ^ SKY-HI、「アイリスライト」がウィークリー2位を記録”. 2016年1月20日閲覧。
  3. ^ iTunes総合1位とオリコン2位本当に有難うございます。がしかし…【アイリスライト】 |SKY-HI(日高光啓)オフィシャルブログ「SKY'sTHE LIMIT」Powered by Ameba”. 2015年1月20日閲覧。
  4. ^ AAAと両立させるSKY-HI「分けられるのがすごく嫌いなんですよね」”. 2016年1月20日閲覧。
  5. ^ SKY-HI. “SKY-HI|インタビュー・プレイリスト|MUSICSHELF”. musicshelf. 2016年1月26日閲覧。
  6. ^ “「バズリズム」でスガシカオ、フォーリミ、片平里菜、SKY-HIがスタジオライブ”. 音楽ナタリー. (2016年1月14日). https://natalie.mu/music/news/172498 2019年3月31日閲覧。 
  7. ^ SKY-HI「ダンジョンへ、ようこそ」 “戦い続ける人々”へ贈る<コメント到着>”. モデルプレス. 2016年9月12日閲覧。
  8. ^ a b SKY-HI、MVも公開の新曲「Enter The Dungeon」がiTunes1位。「アイリスライト」新ビジュアル公開も”. BARKS. 2016年9月12日閲覧。
  9. ^ SKY-HIが明かす、エンターテインメントの強度を追求する理由「階段をおりたところに真のポップミュージックはない!」”. Real Sound. 2016年9月12日閲覧。
  10. ^ SKY-HI、新曲「Enter The Dungeon」配信開始&MV公開 「人生をRPGのゲームに捉えた面白い曲」”. Real Sound. 2016年9月12日閲覧。