メインメニューを開く

アイルランド国立美術館: National Gallery of Ireland)は、アイルランドの首都ダブリンにある美術館。14世紀から20世紀にいたるヨーロッパの絵画や彫刻を収集・展示している。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg アイルランド国立美術館
National Gallery of Ireland
National Gallery of Ireland 2006.jpg
National Gallery of Ireland
施設情報
収蔵作品数 約1万点
来館者数 755,557人(2016年)[1]
開館 1864年
所在地 ダブリン
外部リンク 公式ウェブサイト
プロジェクト:GLAM

目次

沿革編集

鉄道王であったアイルランド人ウィリアム・ダーガン(w:William Dargan)が1853年5月にダブリンで産業展示会(w:Great Industrial Exhibition (1853))を開催し、その収益とダーガンが所有していた絵画コレクションを元にして1864年、アイルランド国立美術館が開館した。開館時は120作品程の所蔵品であったが、1901年にミルタウン伯爵夫人が約200点の絵画を寄贈するなどし、現在は約1万点を所蔵している。

1990年、失われていたと考えられていたカラヴァッジオの『キリストの捕縛』がダブリン市内のイエズス会の施設で見つかり[2]、アイルランド国立美術館で公開されることになり話題になった。

収蔵品編集

スペイン編集

 
ディエゴ・ベラスケス『ラ・ムラタ』

フランス編集

 
ニコラ・プッサン『アーキスとガラテア』

イタリア編集

 
フラ・アンジェリコ『火刑を生き延びる聖コスマスとダミアン、その兄弟たち』
 
カラヴァッジオ『キリストの捕縛』(1602)

ドイツ編集

フランドル編集

オランダ編集

 
ヨハネス・フェルメール『手紙を書く婦人と召使』(1670年頃)
 
ハブリエル・メツー『手紙を描く男』

英国・アメリカ編集

アイルランド編集

ドローイング・水彩編集

参照編集

  1. ^ The Art Newspaper Ranking VISITOR FIGURES 2016 (PDF)”. The Art Newspaper. 2017年10月18日閲覧。
  2. ^ Walsh, Elaine. “A Picture Of Mystery”. irishletter.com. 2011年12月6日閲覧。

外部リンク編集