アイルランド時間

アイルランド時間(アイルランドじかん)ではアイルランドで使用されている標準時について記す。アイルランドでは夏期にはアイルランド標準時(アイルランドひょうじゅんじ、アイルランド語: Am Caighdeánach ÉireannachUTC+1)、冬期にはグリニッジ標準時アイルランド語: Meán-Am GreenwichUTC+0)を使用している[1]

欧州の標準時
冬:西ヨーロッパ時間UTC+0
夏:西ヨーロッパ夏時間UTC+1
空色 通年:西ヨーロッパ時間UTC+0
冬:中央ヨーロッパ時間UTC+1
夏:中央ヨーロッパ夏時間UTC+2
黄土 冬:東ヨーロッパ時間UTC+2
夏:東ヨーロッパ夏時間UTC+3
淡黄 通年:カリーニングラード時間UTC+2
通年:極東ヨーロッパ時間モスクワ時間UTC+3

アイルランドでは1968年の標準時法によって、国の汎用的な時間(標準時)として年間を通してグリニッジ標準時より1時間遅らせた時間を採用すると定められた[2]。この法律は、冬時間としてグリニッジ標準時を制定した改正標準時法1971によって改正された[1]。よって、冬期は時刻を標準時より1時間遅らせ、夏期は標準時に戻ることとなった。これは、他の欧州連合(EU)加盟国のとは異なっている(夏期に時刻を標準時より1時間進める)。ただし結果的には夏時間制と同じである。

夏時間への移行と冬時間(標準時)への移行は、ヨーロッパ内で同時に行われる。アイルランドでは、冬時間は10月の最終日曜日02:00 IST(01:00 GMTに変更)から始まり、3月の最後日曜日01:00 GMT(02:00 ISTに変更)で終了する[3][4]

下記の表は、アイルランドの標準時またはアイルランドの夏時間の過去および今後の開始日および終了日を示している。

開始 終了
2015 3月29日 10月25日
2016 3月27日 10月30日
2017 3月26日 10月29日
2018 3月25日 10月28日
2019 3月31日 10月27日
2020 3月29日 10月25日
2021 3月28日 10月31日
2021 3月27日 10月30日

歴史編集

 
アイルランド時刻法1916

1858年のCurtis v. Marchによる裁判によって、グレートブリテン及びアイルランド連合王国の法定時はそれぞれの地域の地方平均時と定義され、これは1880年まで続いた[5][6]。1880年の時刻法では、アイルランドの法定時としてダブリン平均時を定義した。これはダブリン郊外のダンシンク天文台の平均時で、グリニッジ標準時(GMT)より約25分21秒遅れており、これはイギリスの法定時と同じ法律によって定義されている[5][7][8]イースター蜂起の後、アイルランドとイギリスの時差は、電信通信において不都合であることが判明し、1916年の時刻法によってアイルランドの時間は、1916年10月1日午前2時からイギリスと同じ時間帯となった[5][9]。夏時間は、1916年5月に第一次世界大戦中の一時的なエネルギー節約のためにイギリス全土で導入され、ダブリン時間からグリニッジ標準時への切り替えは、夏時間から冬時間への切り替えと同時に行われた[10]ジョン・ディロン英語版は、アイルランド議会党英語版の議論なしに導入されたアイルランド時刻法案の第一読会に反対した。彼はまた、「我々が奇妙な国に来ているということを私に思い出させる」と発言した[10][11]ティム・ヒーリー英語版は、「夏時間法案は国民に昼間の長さをもたらしたが、それと同時にこの法案は国民に夜の闇の長さももたらした」として第二読会に反対した[12]

1922年アイルランド自由国が独立した後、アイルランドはイギリスを模倣して発展したため標準時においてもイギリスと同じ時間帯となった。これにより北アイルランドとの間に時差が発生することが回避された[3][13]。夏時間は、1923年1924年の法律[14][15]、そして1925年の夏時間法によって継続的に実施された[16]。1925年の法律では、夏時間の期間が定められた。ただしこれは、省令によって変更される可能性がある。二重夏時間導入も検討されたが、第二次世界大戦非常事態英語版の際には導入されなかった[17][18]

1968年から標準時(GMT+1)が通年採用され、冬時間への変更はなかった[2]。これはアイルランドの1973年欧州経済共同体(EEC)への加盟に向けた試みであり、1971年に中止された[1]。その年、アイルランド時間は中央ヨーロッパ夏時間(CEST)を採用したイタリアの夏期を除いて、6つのEEC諸国と同じとなった。

1980年代から、冬と夏の時間の切り替えの日付は、EU全体で統一されている[3][19]

標準時変更編集

アイルランドの標準時変更について、2011年11月のウラクタス(アイルランド議会)の両院共同委員会によって議論されたが[20]、政府は変更を予定していないと述べた[13]2012年11月、トミー・ブローアン英語版は、標準時を現行より1時間進め、冬期に中央ヨーロッパ時間(CET)、夏期に中央ヨーロッパ夏時間(CEST)採用することを3年間の試行を許可する議員提出法案を提出した[21]法務・平等大臣英語版アラン・シャッター英語版はこの法案の審議を両院共同委員会に委ねることとし、イギリスの議会を諮問することを提案、その後合意したためこの法案の第二読会は2013年7月5日に延期された[22][23]2014年7月、両院共同委員会は法案提出のための招致書を発行した[24]

その他の変更編集

アイリッシュ・パブでは夏期に閉店時間を30分遅らせて営業していたが[25]2000年には、夏冬の時間の変化を取り除くことによって、閉店時間が通年同じになった[26]1933年から1961年の間、夏期には点灯時間英語版は日の入りの1時間前から日の出の1時間前までとなっており、冬期と30分差があった[27]1961年以降、通年で点灯時間は日の入り30分前から日の出30分前となった。また、夜間飛行の定義の変更が1967年になされた[28]

IANA time zone database編集

tz databasezone.tab英語版には、アイルランドの標準時が1つ含まれている。

国コード 座標 TZ 注釈 協定世界時との差 冬時間 備考
IE +5320−00615 Europe/Dublin +01:00 +00:00

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c Standard Time (Amendment) Act, 1971
  2. ^ a b Standard Time Act, 1968
  3. ^ a b c Topical Issue Debate – Daylight Saving Time”. Dáil Debates. p. 19 (2011年10月26日). 2018年7月28日閲覧。
  4. ^ S.I. No. 506/2001 – Winter Time Order, 2001” (2001年10月24日). 2018年7月28日閲覧。
  5. ^ a b c ダイソン, フランク (November 1916). “Standard time in Ireland”. The Observatory 39: 467–468. Bibcode1916Obs....39..467D. http://adsabs.harvard.edu/full/1916Obs....39..467D. 
  6. ^ Whitrow, G. J. (7 December 1989). Time in History: Views of Time from Prehistory to the Present Day. Oxford University Press. pp. 164–165. ISBN 9780192852113. https://books.google.com/books?id=o8Nb5KLBxVQC&pg=PA164 2018年7月28日閲覧。 
  7. ^ Statutes (Definition of Time) Act, 1880 (43 & 44 Vict. c. 9)
  8. ^ Malone, David. “Dunsink and Timekeeping”. 2018年7月28日閲覧。
  9. ^ Time (Ireland) Act, 1916 (6 & 7 Geo. 5. c. 45)
  10. ^ a b Shorten, Ben. “Here comes the summer: how Daylight Saving Time came to Ireland”. Century Ireland. RTÉ.ie. 2018年7月28日閲覧。
  11. ^ Time (Ireland) Bill”. Hansard. pp. HC Deb vol 85 cc72–5 (1916年8月1日). 2018年7月28日閲覧。
  12. ^ Time (Ireland) Bill”. Hansard. pp. HC Deb vol 85 cc2222–36 (1916年8月17日). 2018年7月28日閲覧。
  13. ^ a b Dáil debates Vol.760 No.3 p.342
  14. ^ Summer Time Act 1923 Archived 22 October 2013 at the Wayback Machine. Irish Statute Book
  15. ^ Summer Time Act 1924 Archived 22 October 2013 at the Wayback Machine. Irish Statute Book
  16. ^ Summer Time Act, 1925”. Irish Statute Book. Ireland: Attorney General. 2018年7月28日閲覧。
  17. ^ Dáil debates Vol.93 No.8 p.11 c.1021 Oireachtas
  18. ^ Kennedy, Michael J. (30 July 2008). Guarding neutral Ireland: the Coast Watching Service and military intelligence, 1939–1945. Four Courts Press. p. 144. ISBN 9781846820977. https://books.google.com/books?id=NAkiAQAAIAAJ 2012年8月17日閲覧。 
  19. ^ Seanad debates Vol.111 No.13 p.6 c.1212–14 Oireachtas
  20. ^ Joint Committee on Justice, Defence and Equality (2011年11月30日). “Autumn and Spring Time Adjustments: Discussion”. 2018年7月28日閲覧。
  21. ^ Brighter Evenings Bill 2012 -PMB- (Bill Number 96 of 2012)”. Bills 1992–2012. Oireachtais. 2018年7月28日閲覧。
  22. ^ Brighter Evenings Bill – Second Stage”. Dáil debates (2013年7月5日). 2018年7月28日閲覧。
  23. ^ Written Answer No.1096: Daylight Savings”. Dáil debates (2013年9月18日). 2018年7月28日閲覧。
  24. ^ Oireachtas joint committee on Justice, Defence and Equality (2014年7月28日). “Invitation for submissions – Brighter Evenings Bill (Microsoft Word)”. Submissions. Oireachtas. 2018年7月28日閲覧。
  25. ^ Intoxicating Liquor Act, 1988 §§25,26,28 Archived 22 October 2013 at the Wayback Machine.; Intoxicating Liquor Act, 1995 §§4,5. Irish Statute Book.
  26. ^ Intoxicating Liquor Act, 2000 §§2. Irish Statute Book.
  27. ^ Road Traffic Act 1933 §3; repealed by Road Traffic Act 1961
  28. ^ S.I. No. 272/1967 — Air Navigation (Rules of the Air) (Amendment) (No. 2) Order, 1967