アイル・ゲット・ユー

ビートルズ > ビートルズの作品 > アイル・ゲット・ユー
ビートルズ > ビートルズの曲名一覧 > アイル・ゲット・ユー

アイル・ゲット・ユー」(英語: I'll Get You)は、ビートルズの楽曲である。1963年8月に発売されたシングル盤『シー・ラヴズ・ユー』のB面に収録された。レノン=マッカートニーの作品で、制作当初のタイトルは「Get you in the end[1]。A面曲の「シー・ラヴズ・ユー」と同様に「yeah」の繰り返しがフィーチャーされている。オリジナル・アルバムには未収録となっており、アメリカではキャピトル編集盤『ザ・ビートルズ・セカンド・アルバム』、イギリスではコンピレーション・アルバム『レアリティーズ』でアルバム初収録となった。

アイル・ゲット・ユー
ビートルズ楽曲
英語名I'll Get You
リリース
  • イギリスの旗 1963年8月23日 (1963-08-23)
  • アメリカ合衆国の旗 1963年9月16日
  • 日本の旗 1964年4月5日
規格7インチシングル
録音
ジャンルリバプールサウンド
時間2分04秒
レーベル
作詞者レノン=マッカートニー
作曲者レノン=マッカートニー
プロデュースジョージ・マーティン
ビートルズ シングル U.K. 年表
ビートルズ シングル U.S. 年表
ビートルズ シングル U.S. 年表
ビートルズ シングル 日本 年表
パスト・マスターズ Vol.1 収録曲
シー・ラヴズ・ユー
(4)
アイル・ゲット・ユー
(5)
抱きしめたい
(6)
ミュージックビデオ

背景・曲の構成編集

本作についてポール・マッカートニーは「ジョンと2人で書いた」と語っており[2]ジョン・レノンも1980年のPLAYBOY誌のインタビューで共作としたうえで「ポールと曲を書こうとして…うまくいかなかった」と語っている[3]

全編レノンとマッカートニーのデュエットとなっており、コーラスではジョージ・ハリスンハーモニーで加わっている。ギターソロがなく、リードギターが事実上2本目のリズムギターとなっている。

レコードではコーラスの歌詞を「Well I'm gonna change your mind」と歌うところを、レノンは「Well I'm gonna make your mind」と間違って歌っている。

本作は「Imagine I'm in love with you(想像してみて、僕が君に恋してるって)」と呼びかけるところから始まっており、この形式は後に発表された「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」やレノンのソロ曲「イマジン」にも見られる[2]。コード進行についてマッカートニーは、「It's not like me to pretend(そんなふりをするなんて、僕らしくないけれど)」というフレーズのコードをジョーン・バエズの「私の悩み英語版」から拝借したことを後に明かしている[2]

レコーディング編集

「アイル・ゲット・ユー」は、1963年7月1日にEMIスタジオでレコーディングされ[4]、同月4日にミキシングが行なわれた[5]。なお、レコーディングで必要となったテイク数や、ミキシング時に使用されたテイクは不明となっている[5]。また、当時はモノラル・ミックスを作成した後に、セッション・テープを破棄していたため、「ラヴ・ミー・ドゥ」、「P.S.アイ・ラヴ・ユー」、「シー・ラヴズ・ユー」と同様にステレオ・ミックスは存在しない[5]

リリース編集

「アイル・ゲット・ユー」は、1963年8月23日にイギリスで発売されたシングル盤『シー・ラヴズ・ユー』のB面に収録された[6]。アメリカでは、1963年9月16日に発売されたシングル盤『シー・ラヴズ・ユー』のB面曲[7]として発売された後、1964年5月21日に発売されたシングル盤『シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語)』のB面曲[8]としても発売された。その後、同年4月10日に発売されたキャピトル編集盤『ザ・ビートルズ・セカンド・アルバム』に収録された。イギリスにおいては『レアリティーズ』が『ビートルズ・コレクション英語版』内の1アルバムとして発表されるまではアルバム未収録のままだった。CD作品では、1988年に発売のコンピレーション・アルバム『パスト・マスターズ Vol.1』で初収録となった。

日本では1964年4月5日に発売されたシングル盤『シー・ラヴズ・ユー』のB面に収録されたのち、1978年4月5日に独自発売されたコンピレーション・アルバム『ザ・ビートルズ・ビート』に収録された。

1995年に発売された『ザ・ビートルズ・アンソロジー1』には、1963年10月13日にロンドン・パラディウム英語版で開催されたライブでの音源が収録された。なお、BBCラジオの番組でも演奏されており、1963年9月7日に放送された『Saturday Club』での演奏が2013年に発売の『オン・エア〜ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2』に収録された[9][注釈 1]

演奏編集

※出典[10]

カバー・バージョン編集

R・スティーヴィー・ムーア英語版は、1986年に発売されたアルバム『Man of the Year Volume 4』でカバーした[11]

マイケル・カーペンターは、2001年に発売されたアルバム『Soop #1: Songs of Other People』で本作をカバーした[12]

マッカートニーは、2005年に行った全米ツアーで本作を演奏した。この時の模様がライブ・ビデオ『ライヴ・イン・ザ・US 2005〜ザ・スペース・ウィズイン・アス〜英語版』に収録された。

スミザリーンズ英語版は、2008年に発売されたカバー・アルバム『B-Sides the Beatles』でカバーした[13]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 1963年7月16日放送の『Pop Go The Beatles』でも演奏されたが、こちらは現在もビートルズの公式作品には未収録となっている。

出典編集

参考文献編集

  • Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. ISBN 0-517-57066-1 
  • MacDonald, Ian (2005). All The Songs: The Story Behind Every Beatles Release (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). ISBN 1-84413-828-3 
  • Margotin, Philippe; Guesdon, Jean-Michel (2013). All The Songs: The Story Behind Every Beatles Release. Black Dog & Leventhal. ISBN 1-5791-2952-8 
  • Miles, Barry (1997). Paul McCartney: Many Years From Now. New York: Henry Holt and Company. ISBN 0-8050-5249-6 
  • Russell, Jeff P. (2006). The Beatles Complete Discography. Universe. ISBN 0-7893-1373-1 
  • Sheff, David (2010). All We Are Saying: The Last Major Interview with John Lennon and Yoko Ono. St. Martin's Publishing Group. p. 205. ASIN B0040ZN98G. https://books.google.co.jp/books?id=HL7X-YyrINUC&pg=PA205&dq=That+was+Paul+and+me+trying+to+write+a+song%E2%80%A6+and+it+didn%E2%80%99t+work+out..+PLAYBOY&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwjel5GtrdDuAhXPUt4KHflpBtoQ6AEwAHoECAYQAg#v=onepage&q=That%20was%20Paul%20and%20me%20trying%20to%20write%20a%20song%E2%80%A6%20and%20it%20didn%E2%80%99t%20work%20out..%20PLAYBOY&f=false 

外部リンク編集