メインメニューを開く

アイ・ウィル」(I will)はビートルズの楽曲。

アイ・ウィル
ビートルズ楽曲
収録アルバム ザ・ビートルズ
リリース 1968年11月22日
録音 1968年9月16日
ジャンル フォークポップ[1]
時間 1分48秒
レーベル アップル・レコード
パーロフォン
EMI
作詞者 レノン・マッカートニー
作曲者 レノン・マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
その他収録アルバム

ザ・ビートルズ・アンソロジー3

ザ・ビートルズ 収録曲
A面
  1. バック・イン・ザ・U.S.S.R.
  2. ディア・プルーデンス
  3. グラス・オニオン
  4. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
  5. ワイルド・ハニー・パイ
  6. ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル
  7. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
  8. ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン
B面
  1. マーサ・マイ・ディア
  2. アイム・ソー・タイアード
  3. ブラックバード
  4. ピッギーズ
  5. ロッキー・ラクーン
  6. ドント・パス・ミー・バイ
  7. ホワイ・ドント・ウイ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード
  8. アイ・ウィル
  9. ジュリア
C面
  1. バースデイ
  2. ヤー・ブルース
  3. マザー・ネイチャーズ・サン
  4. エヴリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー
  5. セクシー・セディー
  6. ヘルター・スケルター
  7. ロング・ロング・ロング
D面
  1. レヴォリューション1
  2. ハニー・パイ
  3. サヴォイ・トラッフル
  4. クライ・ベイビー・クライ
  5. レヴォリューション9
  6. グッド・ナイト

目次

解説編集

1968年に発売されたアルバム『ザ・ビートルズ』(通称ホワイト・アルバム)に収録されているポール・マッカートニー作のアコースティックな曲。ポールは、リードボーカル、ギター、スキャット・ベースを担当。

ポールが当時の恋人で後に妻となるリンダ・イーストマンへの愛を歌った最初の曲[注 1]

イギリスアメリカではシングル・カットされなかったが、フィリピンでは「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」のB面曲としてシングル・カットされた。

録音編集

レコーディングはジャム・セッションになり、「Can you take me back?」[注 2]、「ロス・パラノイア」[注 3]、「ステップ・インサイド・ラヴ[注 4]、「The Way You Look Tonight」[注 5]を生み出した。

録音は1968年9月16日17日に行なわれた。16日の録音では67ものテイクが重ねられ、ベストテイクとされた第65テイクに翌17日、ポールによるベースを模したスキャット、アコースティック・ギターがダビングされた。ちなみに、ジョージ・ハリスンは参加していない。[2][3][注 6]

演奏編集

クレジットはイアン・マクドナルドによる[2]

ミキシング編集

モノラル・ミックスとステレオ・ミックスとではミキシングによる差異がある。ポールによるスキャット・ベースがステレオではイントロから入っているが、モノラルでは1回目の"I will"から入ってくる。

備考編集

テレビドキュメンタリーザ・ビートルズ・アンソロジー」内でリンゴはポールにインドでどんな曲を書いたか質問し、ポールは「アイ・ウィル」と答えた。それからジョージがウクレレを演奏し、彼とポールがコーラスを付けた。

第1テイクが1996年10月に『ザ・ビートルズ・アンソロジー3』に収録された。また第13テイクと第29テイク、セッション時のジャム「ステップ・インサイド・ラヴ」「ロス・パラノイアス」が2018年11月に『ザ・ビートルズ (ホワイト・アルバム) 50周年記念エディション』(DISC6)に収録された。

カバー編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 後に、「恋することのもどかしさ」「トゥ・オブ・アス」「ラヴリー・リンダ」「マイ・ラヴ」が生まれた。
  2. ^ クライ・ベイビー・クライ」の曲が終わってから流れる断片。
  3. ^ 1996年に発売された『ザ・ビートルズ・アンソロジー3』や2018年に発売された『ザ・ビートルズ (ホワイト・アルバム) 50周年記念エディション』に収録されている。
  4. ^ シラ・ブラックに提供された。この時に録音された音源は『ザ・ビートルズ (ホワイト・アルバム) 50周年記念エディション』に収録された。
  5. ^ 「アイ・ウィル」と同じ趣旨の楽曲。この曲は現在も未発表となっている。
  6. ^ ホワイト・アルバムの録音中、ビートルズはしばしば別々のスタジオで録音することが多かった。

出典編集

  1. ^ Lewis, Michael. 100 Best Beatles Songs: A Passionate Fan's Guide. p. 163. ISBN 1603762655. 
  2. ^ a b MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised Edition ed.). London: Pimlico (Rand). p. 315. ISBN 1-844-13828-3. 
  3. ^ マーク・ルウィソーン『ビートルズ/レコーディング・セッション』内田久美子訳、シンコー・ミュージック、1990年、193-194頁
  4. ^ John Holt - 2000 Volts Of Holt at Discogs”. Discogs.com. 2019年1月3日閲覧。
  5. ^ Live Phish, Vol. 13: 10/31/94, Glens Falls Civic Center, Glens Falls, NY - Phish”. AllMusic. 2019年1月3日閲覧。