メインメニューを開く

アイ・ソー・ザ・ライト』(原題: I Saw the Light)は、2015年アメリカ合衆国の伝記ドラマ映画である。監督と脚本をマーク・エイブラハムが手がけている[4]トム・ヒドルストンハンク・ウィリアムズを演じ、エリザベス・オルセンオードリー・ウィリアムズを演じている[5]

アイ・ソー・ザ・ライト
I Saw the Light
監督 マーク・エイブラハム
脚本 マーク・エイブラハム
原作 コリン・エスコット
ジョージ・メリット
ウィリアム・マキュウェン
Hank Williams: The Biography
製作 ブレット・ラトナー
アーロン・L・ギルバート
マーク・エイブラハム
G・マーク・ロズウェル
製作総指揮 パティ・ロング
ジェイソン・クロース
ジョン・レイモンズ
ジェームズ・パッカー
出演者 トム・ヒドルストン
エリザベス・オルセン
チェリー・ジョーンズ
ブラッドリー・ウィットフォード
マディー・ハッソン英語版
レン・シュミット英語版
音楽 アーロン・ジグマン英語版
撮影 ダンテ・スピノッティ
編集 アラン・ハイム英語版
製作会社 ブロン・スタジオズ英語版
CW・メディア・ファイナンス
ラットパック=デューン・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
日本の旗 カルチャヴィル/ローソンHMVエンタテイメント
公開 カナダの旗 2015年9月11日(トロント国際映画祭
アメリカ合衆国の旗 2016年3月25日
日本の旗 2016年10月1日
上映時間 123分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $13,000,000[2]
興行収入 $1,646,788[3]
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

1940年代、アメリカにあって、カントリー・ミュージックの新鋭ハンク・ウィリアムズはその才能を見出され、順風満帆の日々を送っていた。もっとも彼が愛していた女性歌手オードリーは、その才能の欠落にもめげずハンクとともに舞台に立ち、同等の評価を認めるよう要求してハンクの母リリーにも嫌悪されていた。オードリーがハンクの子を宿したことで、彼らの家庭にも暖かな空気が満ちることとはなる。しかし、ハンクが独りミュージシャンの登竜門といわれるラジオ番組、『グランド・オール・オプリ』への招聘を受けたことで名声は絶対のものとなり、始まった多忙な日々のなか、家族の絆は失われてゆく。孤独のなか酒と女遊びに溺れてゆくにつれオードリーとの関係は冷え切り、離婚ののち彼はビリー・ジーンやボビーといった女性たちと関係を深める。自身の評価が高まる中、ハンクは肉体と精神を酒に蝕まれ、移動のための自動車で若い命を散らせてゆくのだった。

キャスト編集

上映編集

2015年9月11日、第40回トロント国際映画祭にてプレミア上映された[7]。アメリカ合衆国では、2016年3月25日に一般公開された[8]

評価編集

Rotten Tomatoesでは、126件の批評家レヴューで平均値は4.7点、支持率は21%だった[9]Metacriticでは、35件の批評家レヴューで平均値は47点だった[10]

本作に5点満点の3点を与えた『The Guardian』のピーター・ブラッドショウは、トム・ヒドルストンの外見からアクセント、歌唱までに至る役作りを称賛しつつ、エリザベス・オルセンの自然体でくつろいだ演技が彼の演技と調和しながらも十分に展開されていない点を批判している[11]。『The Independent』のジェフリー・マクナッブは、役者たちの演技を高く評価する一方、「本作はハンク・ウィリアムズの楽曲が持つ感情的な深みに達していない」と述べて、5点満点の2点を与えた[12]

脚注編集

  1. ^ I SAW THE LIGHT (15)”. British Board of Film Classification (2016年2月23日). 2016年10月28日閲覧。
  2. ^ Newman, Melinda (2016年3月25日). “Hank Williams Biopic 'I Saw the Light' Is First Film to License Country Legend's Music in 50 Years”. Billboard. 2016年8月13日閲覧。
  3. ^ I Saw the Light (2016)”. Box Office Mojo. 2016年10月28日閲覧。
  4. ^ Kosser, Michael (2015年9月11日). “‘I Saw the Light’ Director on Channeling Hank Williams’ Attitude”. Variety. 2016年8月13日閲覧。
  5. ^ Cohn, Paulette (2016年3月25日). “Elizabeth Olsen doesn't mind singing off key in 'I Saw The Light'”. Fox News. 2016年8月13日閲覧。
  6. ^ アイ・ソー・ザ・ライト Blu-ray【初回生産限定】”. 2016年10月28日閲覧。
  7. ^ Lee, Benjamin (2015年9月10日). “Toronto film festival 2015: 15 key films to watch out for”. The Guardian. 2016年8月13日閲覧。
  8. ^ Brayson, Johnny (2016年3月26日). “Elizabeth Olsen Really Sings In 'I Saw The Light', Joining An Impressive List Of Daring Actors”. Bustle. 2016年8月13日閲覧。
  9. ^ I Saw the Light”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2016年8月13日閲覧。
  10. ^ I Saw the Light”. Metacritic. CBS Interactive. 2016年8月13日閲覧。
  11. ^ Bradshaw, Peter (2016年5月5日). “I Saw the Light review – Tom Hiddleston croons a country curiosity”. The Guardian. 2016年8月13日閲覧。
  12. ^ Macnab, Geoffrey (2016年5月4日). “I Saw the Light review: Tom Hiddleston's exceptional performance is wasted in a dull and listless film”. The Independent. 2016年8月13日閲覧。

外部リンク編集