メインメニューを開く

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』(アイフィールプリティ じんせいさいこうのハプニング、I Feel Pretty)は、2018年アメリカ合衆国コメディ映画。監督はアビー・コーン英語版マーク・シルヴァースタイン英語版、主演はエイミー・シューマーが務めた。コーンとシルヴァースタインにとって、本作は映画監督デビュー作となった。

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング
I Feel Pretty
監督 アビー・コーン英語版
マーク・シルヴァースタイン英語版
脚本 アビー・コーン
マーク・シルヴァースタイン
製作 マックG
メアリー・ヴィオラ
アリッサ・フィリップス
ドミニク・ラスタム
ニコラス・シャルティエ英語版
エイミー・シューマー
製作総指揮 ジャスティン・バーシュ
ケヴィン・ケイン
ジョナサン・デクター
ダニエル・ラパポート
出演者 エイミー・シューマー
ミシェル・ウィリアムズ
ローリー・スコーヴェル英語版
エミリー・ラタコウスキー
エイディ・ブライアント
トム・ホッパー英語版
ナオミ・キャンベル
ローレン・ハットン
音楽 マイケル・アンドリュース英語版
撮影 フロリアン・バルハウス
編集 ティア・ノーラン
製作会社 STXフィルムズ英語版
フアイ・ブラザーズ英語版
タン・メディア・プロダクションズ
ヴォルテージ・ピクチャーズ英語版
ワンダーランド・サウンド・アンド・ヴィジョン英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 STXエンターテインメント
日本の旗 REGENTS
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年4月20日
日本の旗 2018年12月28日
上映時間 110分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $32,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $94,539,426[2]
アメリカ合衆国の旗 $48,795,601[2]
テンプレートを表示

ストーリー編集

レネー・バレットは化粧品会社(リリー・ルクレア社)のウェブサイト管理を行っていたが、周囲を困惑させるほど卑屈な性格であった。自分の容姿に自信がなく、謝罪してばかりの人生ではあったが、自分のオフィスが本社ではなくチャイナタウンのビルの地下室にあることだけには不満を抱いていた。その頃、ルクレア社は新しい受付嬢を募集していた。自分に魅力がないと思っていたバレットは当然のごとく応募してみようという気にならなかった。

そんなある日、レネーはソウルサイクルで汗を流していたが、自転車から落ちて頭を強打してしまった。意識を取り戻したレネーは自身が魅力的になっていることに気が付いた。事故前後でレネーの体型は一切変化していないのだが、審美眼だけが大きく変わってしまったのである。予期せぬ事故によって、レネーは自分に対する自信を得ることができ、幸福感に包まれた。精力的になったレネーは周囲との関わり方も変えていった。その第1歩として、レネーはルクレア社の受付担当に応募することにした。面接でレネーの自信に溢れた姿を見たエイヴリー・ルクレア社長は彼女を受付担当に起用すると即断した。本人も自覚していなかったことだが、レネーの対人関係能力は非常に高いものであったため、広報の職はまさに彼女の天職とも言うべきものだった。レネーの仕事ぶりを見ていたエイヴリーの兄、グラントは彼女のセルフ・マネジメントのやり方に関心を抱いた。

ある日、レネーが通っているクリーニング店にテレビ業界で働く(イーサン)がやって来た。たまたま目が合っただけなのにも拘わらず、レネーはイーサンが自分に一目惚れしたと確信し、無理矢理電話番号を交換した。その後、イーサンから電話がかかってきた際に、レネーは勢いでデートの約束を取り付けた。デートの最中、イーサンはレネーの振る舞いに恐怖を感じていたことを認めた。バーでビキニコンテストが開催されていることを知ったレネーはそれに参加することにした。イーサンは「参加者の多くが細身なのに、太めの体型の彼女が参加して恥をかかないのだろうか」と心配になったが、まさかそれを口に出すわけにも行かなかった。ビキニを着たレネーは壇上で自虐ネタを披露し、太めの体型を逆手にとってワイルドなダンスを披露した。コンテストで勝てなかったレネーだったが、その表情はどこか晴れやかであった。その理由をイーサンが尋ねると、レネーは「自分は魅力的だと知っているし、他人の評価なんて気にしない」と答えた。自尊心を抱けずに長年思い悩んでいたイーサンは、この言葉を聞いてレネーに惚れ込んだ。レネーとイーサンは真剣に交際することになり、そのままベッドインした。

ある日の会議で、レネーは新製品を床に落としてしまった。慌てて拾い集めたレネーだったが、スポンジだけはどうしても見つからなかった。エイヴリーはルクレア社の製品にスポンジは付いていないと説明した。その説明を聞いてレネーは驚き、「一般的に、中流層の女性はメイク用の道具を揃えていません。だから、安価な化粧品を買う人たちはスポンジが付いているものだと思って買うんです」とエイヴリーに言った。今まで高価な化粧品を買ってきたエイヴリーら重役陣にとって、レネーの指摘は盲点だった。この一件で、レネーに対する社内の評価はますます高まることになった。

時間が経つにつれて、レネーが自信過剰であることの弊害が目立ってくるようになった。彼女は他者に対する配慮を欠くようになってしまったのである。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替[3]

公開編集

本作は2018年6月29日に全米公開される予定だったが、試写会での好評を受けて、配給元のSTXエンターテインメントは全米公開日を同年4月27日に繰り上げた[5][6]。しかし、その直後に『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の公開日が同日に設定されたため、競合を避けるべく、本作の全米公開が1週間前倒しされることとなった[7]

興行収入編集

本作は『セックス・トラフィック 悪夢の週末』及び『だめんず・コップ2』と同じ週に封切られ、公開初週末に1300万ドルから1500万ドルを稼ぎ出すと予想されていたが[8]、実際の数字はそれを若干上回るものであった。2018年4月20日、本作は全米3440館で公開され、公開初週末に1603万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場3位となった[9]

評価編集

本作に対する批評家の評価は伸び悩んでいる。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには122件のレビューがあり、批評家支持率は34%、平均点は10点満点で5.1点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』にはチャーミングな主役がおり、一見するとコメディの良作に思える。しかし、突然自信を持った主役とは異なり、同作は芯がないという事態に苦しんでいる。」となっている[10]。また、Metacriticには42件のレビューがあり、加重平均値は47/100となっている[11]。なお、本作のシネマスコアはB+となっている[12]

本作には主人公の体型に関するジョークが多数含まれるが、それがボディ・シェイミングとして機能しているのではないかという批判が多数上がった。『COSMOPOLITAN』は「エイミー・シューマー本人から大柄の女性に至るまで、ありとあらゆる人に対する侮辱である。」と述べている[13]。『ローリング・ストーン』のピーター・トラヴァースは本作に4つ星評価で2つ星を与え、「『体型なんて気にするな』という教訓を含んだ道徳的なエンディングがあるからといって、大柄な体型を揶揄するジョークを放っても良いのだろうか。体型をポジティブに捉えることと体型を揶揄することは両立しうるのか。」と評している[14]

なお、本作のストーリーが『青春の宿英語版』(1945年)と酷似しているという指摘がある[15]

出典編集

  1. ^ I FEEL PRETTY” (英語). BBFC. 2018年4月22日閲覧。
  2. ^ a b c I Feel Pretty” (英語). Box Office Mojo. 2019年1月17日閲覧。
  3. ^ “アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング”. ふきカエル大作戦!!. (2019年1月11日). https://www.fukikaeru.com/?p=10884 2019年1月17日閲覧。 
  4. ^ 渡辺直美が超絶ポジティブガールに!『アイ・フィール・プリティ!』日本語吹替初主演”. シネマカフェ (2018年9月13日). 2018年9月13日閲覧。
  5. ^ Anthony D'Alessandro (2018年2月14日). “Amy Schumer’s ‘I Feel Pretty’ Now Ready For A Spring Debut” (英語). Deadline. https://deadline.com/2018/02/amy-schumer-i-feel-pretty-spring-release-1202288904/ 2018年4月22日閲覧。 
  6. ^ Ashley Lee (2017年7月13日). “Amy Schumer Comedy 'I Feel Pretty' Gets Summer 2018 Release” (英語). Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/amy-schumer-comedy-i-feel-pretty-gets-summer-2018-release-1020846 2018年4月22日閲覧。 
  7. ^ James Grebey (2018年3月6日). “‘Infinity War’ Prompts Blockbuster Romance Movie to Change Release Date” (英語). Inverse. https://www.inverse.com/article/41932-avengers-infinity-war-rampage-movie 2018年4月22日閲覧。 
  8. ^ Pamela McClintock (2018年4月17日). “Amy Schumer's 'I Feel Pretty' Tracking to Open Behind 'Trainwreck,' 'Snatched'” (英語). Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/amy-schumers-i-feel-pretty-tracking-open-behind-trainwreck-snatched-1103257 2018年4月22日閲覧。 
  9. ^ Weekend Box Office Results for April 20-22, 2018” (英語). Box Office Mojo. 2018年8月8日閲覧。
  10. ^ I Feel Pretty (2018)” (英語). Rotten Tomatoes. 2018年4月22日閲覧。
  11. ^ I Feel Pretty Reviews” (英語). Metacritic. 2018年4月22日閲覧。
  12. ^ Anita Busch, Anthony D'Alessandro (2018年4月23日). “‘A Quiet Place’ Screams No. 1, ‘I Feel Pretty’ Debut, ‘Super Trooper 2’ Siren Success – Monday Final” (英語). Deadline. https://deadline.com/2018/04/i-feel-pretty-traffik-super-troopers-2-a-quiet-place-rampage-box-office-1202371111/ 2018年4月22日閲覧。 
  13. ^ Michael Cieply (2018年4月12日). “As Molly Ringwald Turns On ‘The Breakfast Club,’ Dare We Laugh At Amy Schumer’s ‘I Feel Pretty’?” (英語). Deadline. https://deadline.com/2018/04/i-feel-pretty-body-image-comedy-political-correctness-1202363366/ 2018年4月22日閲覧。 
  14. ^ Peter Travers (2018年4月18日). “'I Feel Pretty' Review: Is This Amy Schumer Comedy Fat-Shaming Away the Funny?” (英語). Rolling Stone. https://www.rollingstone.com/movies/reviews/peter-travers-i-feel-pretty-movie-review-w519215 2018年4月22日閲覧。 
  15. ^ Jeffrey Wells (2018年4月13日). ““Some People Just Don’t Do Carbs”” (英語). Hollywood Elsewhere. http://hollywood-elsewhere.com/2018/04/some-people-just-dont-do-carbs/ 2018年4月22日閲覧。 

外部リンク編集