メインメニューを開く

アウグスト・エファーディング (August Everding, ドイツ語発音: [ˈaʊɡʊst ˈeːvɐdɪŋ], 1928年10月31日ボットロップ(ドイツ)-1999年1月26日ミュンヘン)は、ドイツのオペラ演出家、監督である。ボン大学ミュンヘン大学でピアノ、哲学等を学んだ後、1950年代にミュンヘン・カンマーシュピーレにおける下積みからキャリアを開始した[1]。なお、彼はドイツカトリック学生連盟協会(Kartellverband katholischer deutscher Studentenvereine)の母体であるボンのカトリック学生団体に所属していた。

1968年からハンブルクで演出家として活動を始め、1977年、ミュンヘンのバイエルン国立歌劇場総監督に就任。翌年バイロイト音楽祭におけるさまよえるオランダ人の演出を手掛けたほか、ベルリン・ドイツ・オペラチューリッヒ歌劇場でも演出を行っている。1983年には、バイエルン国立歌劇場のほか、ゲルトナープラッツ劇場、国立劇場(Staatsschauspiel)を含むミュンヘンの州立劇場総監督に就任した[1]

彼の作品は、ウィーン国立歌劇場ザルツブルク音楽祭ロイヤル・オペラ・ハウススカラ座シカゴ・リリック・オペラ英語版メトロポリタン歌劇場サンフランシスコ歌劇場オーストラリア・オペラといった多くの一流オペラハウスで上演された。

エファーディングには、妻と4人の息子がいた[1]1999年ガンにより死去[2]

録音編集

脚注編集

  1. ^ a b c Elizabeth Forbes (1999年2月15日). “Obituary: August Everding”. London: The Independent. http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/obituary-august-everding-1071004.html 2011年11月8日閲覧。 
  2. ^ GESTROBEN; August Everding (PDF)”. Der Spiegel (1999年2月1日). 2011年11月9日閲覧。[リンク切れ]

外部リンク編集