メインメニューを開く

アウグスト・ユンケル(August Junker、1868年1月28日 - 1944年1月5日)は、ドイツ出身で日本で活動したヴァイオリニスト指揮者

アウグスト・ユンケル
August Junker
August Junker mit Familie in Tokyo 1912.jpg
1912年
基本情報
生誕 1868年1月28日
出身地 ドイツの旗 ドイツ帝国 タッヘン
死没 (1944-01-05) 1944年1月5日(75歳没)
学歴 ケルン音楽大学
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリン奏者
共同作業者 東京音楽学校
武蔵野音楽学校

略歴編集

1868年生まれ。ケルン音楽院ヨーゼフ・ヨアヒムにヴァイオリンを師事。1890年ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の第一ヴァイオリン奏者として入団(後にコンサートマスターに昇格)。

1899年来日し、東京音楽学校教師として1912年までヴァイオリンと管弦楽の教育にあたり、滝廉太郎山田耕作信時潔三浦環ら多くの音楽家を育てた[1]アーヘン音楽大学教授、アーヘン室内交響楽団指揮者として活動の後、1934年再来日。以後、武蔵野音楽学校教授となり晩年まで指導に当たった。1944年東京にて死去。

脚注編集